買いたいものを検索してください

精製されていない砂糖おすすめランキング9選

私たちの生活に欠かせない調味料と言えば、お砂糖ですよね。でも、お砂糖は甘くておいしいということが使われる理由でもありますが、摂取しすぎると肥満の原因になったり、虫歯になるということ、それから精製されている白いお砂糖については健康面でも疑問視される記事なども見受けられます。

そこで、健康志向の方や幼いお子さんのいらっしゃるママに注目されているのが精製されていない砂糖です。体にあまりよくないとされてしまうお砂糖ですが、精製されていない茶色の砂糖は、実は健康的だということで注目されています。今回は、体にやさしい精製されていない砂糖についてご紹介します。

 

そもそも砂糖の種類は?

砂糖というと甘いというイメージだけで、お砂糖の種類をあまり知らないという方がほとんどだと思います。でも、食品売り場の砂糖売り場コーバーを除いてみると、いろいろな種類の砂糖があります。

毎日砂糖は使うので主婦の方の場合は、まずはお値段を見て買うという節約志向の方も多いとは思います。でも、体に優しい健康面重視の砂糖を知ることで長い目で見ると健康になり医療費などもかからず節約につながるということもあるかもしれません。

今回は、砂糖のおおまかな種類についてご紹介します。

 

精製済みの分蜜糖

こちらはいわゆるよく見かける精製されている砂糖です。特売などで安くなるのも、こちらの精製済みの分蜜糖がほとんどだと思います。分蜜糖とは、サトウキビなどの砂糖の原料から混じった物を取り除いて主な成分であるショ糖の純度を高くした砂糖のことです。

一般的に日本のスーパーでたくさん売っていて、ご家庭でもよく使われているのが上白糖ですね。白いことから白砂糖といわれることも多いです。いわゆる、砂糖のイメージを考えると浮かぶのが上白糖だと思います。それから、コーヒーやお菓子作りで使われるサラサラとした砂のようなグラニュー糖も精製済みの砂糖です。氷砂糖やザラメ糖も同じく精製済みです。

間違いやすいのが三温糖ですね。こちらは白いお砂糖にカラメル色素をつけている砂糖ですね。諸説ありますが、よく私のママ友の中で話すのが三温糖は茶色だから健康に良さそうなイメージがあることです。

でも、実際は精製済みの白い砂糖に色をつけている砂糖です。三温糖も上白糖と一緒に特売をよくスーパーでされていることを考えると、お値段を下げやすい大量生産できる精製済みの分蜜糖であると言うこともなんとなくわかると思います。

 

精製されていない含蜜糖

それから、もう1種類は精製されていない含蜜糖です。こちらが今回のいわゆるこだわりの健康志向の砂糖ということになります。今回はこちらの砂糖について深く掘り下げて行きたいと思っていますね。最大の違いは、甘さの成分のショ糖を抽出するのではなく、原料から絞り出した蜜の成分を残して作られた砂糖だということなんですね。

そのため、何が良いかというと、ミネラルなどの体に必要だという成分が残っているということなんですね。ただの甘い味をつけるだけでなく、甘さもありながら必要な健康成分も取れるというところに注目されています。

見た目も白ではなく茶色っぽいのも特徴です。先ほど言いました三温糖のように改めて色づけをした砂糖ではなく、そのままの色も残してあるということになります。

砂糖は毎日使う調味料なので、せっかくなら栄養成分の高い物を摂取したいという健康志向の方や小さなお子さんのいるママの中で注目されているのがこの精製されていない含蜜糖です。

黒砂糖きび砂糖てんさい糖が主な種類です。上白糖などよりもお値段が高いのも理由があるということです。

 

精製されていない砂糖の種類は?

こちらでは、精製されていない砂糖を代表する3つの砂糖について掘り下げて行きたいと思います。それぞれどんな特徴があるのか、どんな栄養がふくまれているのか、価格帯などを比較しながらご紹介したいと思います。

 

てんさい糖(オリゴ糖)

てんさい糖の原料のてん菜は砂糖大根とも呼ばれています。主に北海道で生産されているようです。大根といえば大根役者を思い出しますが、あれは大根をたべておなかを壊す人がいないことから大根はあたらない、いわゆる役者でもあたらないというような嫌みも含まれたおもしろい言葉のようです。

それから、昔の戦争の時などにはお米がなかなかたくさんたべられないので大根汁などを食べていたと言うことも聞きますが、大根自体に栄養価が高いんですよね。

冬に甘く大きくなるイメージを思い出すとたくましい植物なんだろうなと思いますね。てんさい糖は大根が原料なので栄養タップリということがなんとなくイメージできますよね。

また、おなかの調子を整えるオリゴ糖もたっぷり含まれています。そして、今注目されているのが血糖値を下げるGI値が低いと言うこともあげられています。もちろん、個人差はありますが、てんさい糖は注目すべき砂糖であるかなと思います。

 

さとうきび糖(きび砂糖)

いわゆるきび砂糖ですね。わたしが小さいときに何かのアニメでサトウキビをそのまま生でかじって甘い、みたいなシチュエーションがあったのがとてもおもしろく頭に今でも残っています。砂糖といえばサトウキビと思う方も多いと思います。きび砂糖はサトウキビを原料をした砂糖です。精製途中の密液を煮詰めて作ります。

実は日本で最初に砂糖の原料として使われたのがサトウキビなんです。あたたかい地域である沖縄や鹿児島で栽培されています。

てんさいは北海道なので、寒いところと暑いところで原料が違えども同じ砂糖を作っていることもおもしろいですが、よく考えると砂糖は私たちの生活にかかせない幸せの甘みをもたらす食品と考えると、今自分の地域にある作物で工夫して作って広まっているということなのかもしれませんね。

適度な栄養分を持ちながら上白糖のような使いやすさも持ち合わせている精製されていない砂糖の中でも使いやすい砂糖です。

 

黒砂糖(黒糖)

実はサトウキビの絞り汁をそのまま煮詰めて砂糖にしたのが黒砂糖なんですね。原料はきび砂糖と同じ、サトウキだというところがおもしろいですよね。私は実をいうと子どものときは、祖母が黒砂糖を料理に使っていて、ちょっと香りというか味というか独特なところが苦手でした。

でも、大人になりダイエットブームのときに、おなかがすいたら黒砂糖の固形のものを少しなめるというのが私の周りで流行りまして、そのときに甘い物を他には抜いていたので大変楽しみになり大好きになったという経緯があります。

ダイエットに関しては、諸説あるので正しいとは言えないとは思いますが、甘い物をどうしても摂取したいときに砂糖の中でも栄養価が高い黒砂糖を推奨していたということは、なんとなく合点がいきますね。

ダイエットは、無理に食事制限をするのでミネラルやビタミン、それからタンパク質の摂取が減りがちですが、黒砂糖には全部この栄養分が入っています。それなのに、きび砂糖やてんさいに比べてもカロリーは低いのが特徴です。砂糖というくくりを超えて栄養摂取の面で黒砂糖を意識して摂るという方も健康志向の方には多いようです。

 

精製されていない砂糖を選ぶときのポイント

精製されていない砂糖を探してみると、健康志向の高まりも受けていろいろな国内外の食品会社から販売されていることもあります。種類が多いと迷いますよね。

今回は、精製されていない砂糖を選ぶときにぜひチェックしてほしいポイントをご紹介します。

 

どんな料理に使うのか考える

やはり砂糖は主役ではなく脇役だと考えるべきですよね。お料理やお菓子作り、それからコーヒーや紅茶の飲料などに甘みを付けるという調味料の役割があるからです。精製されていない砂糖は、精製されている砂糖よりも少し癖があるものもあります。

今回は、実際に調理などに使うときにおすすめするタイプについて砂糖の特徴もふまえてご紹介したいと思います。

てんさい糖なら、パンやケーキ

お菓子作りに使いたいならおすすめはてんさい糖です。理由は、砂糖の色が薄めなのでできあがりが綺麗に仕上がるからです。お菓子作りといえばグラニュー糖を使用するというようにレシピには書いてあることが多いですが、健康面や小さなお子さんが入る方はてんさい糖に切り替えるのもありかなと思います。

実際に、私は3人の子どもがおりますが、こどもが小さい頃のママ友の中にはてんさい糖をよく使っている方も数人いましたね。お子さんがアレルギーを持っているとか食が細いという悩みを持つママ友もなるべく普段から体にやさしく栄養分の高いてんさい糖を使っているという人も多かったように思います。

甘さが控えめなので、物足りないと言う場合もあるようなことをネットなどでは書いてあることもありますが、実際は手作りでパンやお菓子はすぐできて食べるということも多いと思います。その場合は、あたたかいとパンやお菓子はそれだけでおいしいのであまり気にならないのかなというのが私個人の意見です。

さとうきび糖は万能

上白糖に近い砂糖を選びたいならさとうきび糖です。たぶん、わたしの主婦人生の中で精製されていない砂糖で一番人気がさとうきび糖だと思います。たまにセールなども健康志向のお店ではありますよね。

それくらい人気の高い砂糖だといえるでしょう。ほどよい甘みとコクがあるのでお料理に使いやすいと思います。コクがあるので九州出身のわたしは甘めの煮物が郷土料理であるのですが、そういう場合もおいしいと思います。

コクがあってもそんなに癖がないのも特徴です。もちろん、上白糖と比べるとちょっとは癖は感じるかなとは個人的には思いますが、使い続けると気にならなくなります。お菓子作りでも問題なく使える万能な砂糖だと思います。最初に使って見るならサトウキビ糖が使いやすいかもしれませんね。

黒砂糖ならソースか固形をそのまま

黒砂糖はさきほど私の経験を書きましたが、やはり癖が強いのが特徴ですよね。そのため、好きな人は大好き、きらいな人はとことん苦手ということもあるようです。

なのでお料理に使う場合は、煮物などでは苦みが残る場合があるので、小さなお子さんがいる場合やはじめてのお客さんなどに使うとお料理自体を受け入れてもらえない場合もあるかなと思います。

それから、色も濃いので食材が黒っぽくなることがあります。なので色の濃い料理やソースなどをつくることがおすすめです。もちろん、ご家族で黒砂糖になれていれば普段のお料理に使ってもかまいません。

それから、やはり固形になってそのまま食べるタイプなどの黒砂糖も多く販売されています。そのまま食べるのもなかなかハマる味なのでおすすめかなと思いますね。癖もあり味も濃いので食べ過ぎるということもまずないと思います。

それからお菓子作りでもクッキーなどに黒砂糖を入れると一気に和風になりご年配の方が好むお茶菓子になる場合もあります。昔ながらの日本のご家庭でつくるお菓子などにも使うとおいしく懐かしいご年配の方が喜ぶお菓子ができますよ。

 

てんさい糖おすすめランキングTOP3

こちらでは、お菓子作りなどにも使いやすいてんさい糖についてご紹介します。

 

第3位 ムソー てんさい含蜜糖

No.3

出典: Amazon.co.jp

ムソー てんさい含蜜糖 500g×2袋
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-57163″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>500g*2</td></tr></table>

お得な2パック販売のてんさい糖

こちらの商品はお得な2パック販売です。てんさい糖などの特別なお砂糖はスーパーでも販売されていますが、やはり数が少ないですし、値段が高いです。今はネットでまとめ買いする方も多いようですね。

重量も砂糖は重いのでネットだと便利ですよね。北海道産てんさい原料から作られています。大根が原料ですね。蜜分とオリゴ糖を含んでいます。甘みがてんさいはまろやかなのも特徴ですね。

粉末タイプなので溶けやすいのでお菓子作りにも使いやすいです。お料理に使うとコクやテリが出るので照り焼き系にもいいかもしれないですね。そのままヨーグルトなどに入れるのもおすすめです。食感も少し舌で感じることができるので食べ応えもでますよ。

 

第2位 山口製糖 ビート糖(粉末タイプ)

No.2

出典: Amazon.co.jp

山口製糖 ビート糖(粉末タイプ) 600g
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-57161″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>600g</td></tr></table>

 

大根のマークで原材料もわかりやすい!溶けやすいてんさい糖

こちらの商品は、てんさい糖の原材料である大根の絵が印象的なパッケージに入っていますね。北海道産てん菜であるビート原料を100%使用しているてんさい糖です。大根が原料であるのでさっぱりとまろやかな味わいですね。

癖が少なく溶けやすいのでお菓子やパン作りに向いています。なかなかの人気のブランドでAmazonでは定期便もありますね。それから、海外にも人気があり海外用発送パッケージのものもAmazonなどで販売されています。

個別販売の他にも、10個パック販売などもある人気のてんさい糖です。

 

第1位 ホクレン てんさい糖

No.1

出典: Amazon.co.jp

ホクレン てんさい糖 650g
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-57160″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>650g</td></tr></table>

かわいい男の子のマークが有名!ママに人気のてんさい糖

こちらの商品は、てんさい糖の中では一番有名だと思いますね。スーパーや健康食品売り場などでも必ず置いてあるように思います。私の子どもが小さい時ですから、20年前からもママ友が使っていましたし、もっと前からも販売されている大ベストセラーと言っていいようなてんさい糖ではないでしょうか。

男の子のマークも有名ですよね。こちらも、もちろん北海道のてんさいであるビートを使用しています。てんさい100%ですね。おなかの中のビフィズス菌を増やすオリゴ糖もたっぷりと入っているので、お通じ改善などにもいいですね。

てんさい糖はお値段がやはり上白糖よりも高いですが、お子さんや家族の健康を思い切り替えるという方も多いようです。それほど癖がなく普段のお料理やお菓子作りに使えるというのも人気がある理由ですね。てんさい糖を買おうかなと思って迷うならまずはホクレンのてんさい糖から使ってみるのもいいと思いますよ。

 

サトウキビ糖おすすめランキングTOP3

こちらでは、どんな料理にも万能な使いやすいサトウキビ糖をご紹介します。

 

3位 波動法製造 極楽きび糖

No.3

出典: Amazon.co.jp

波動法製造 極楽きび糖 1kg
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-57288″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>1000g</td></tr></table>

種子島産のサトウキビに極楽塩をプラス

こちらの商品は種子島のサトウキビを使ったきび糖ですね。ミネラルや風味を残しつつ、完全に原料を精製しないで栄養分がタップリ残るように工夫されています。特徴は、なんと極楽塩を少しだけプラスしているところですね。

よく甘い物に塩を足すとより甘みを増すということがありますよね。そのようなイメージがわきますが、オリジナルな極楽塩を少し入れることで風味をさらにアップしています。

料理にコクが出ですので野菜、魚、肉などの煮物にとくにおすすめです。

 

2位 鹿北製油 国産 種子島産サトウキビ使用砂糖洗双糖

No.2

出典: Amazon.co.jp

国産 種子島産サトウキビ使用砂糖洗双糖(450g)
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-57289″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>450g</td></tr></table>

鹿児島県産のサトウキビで作られたキビ砂糖

こちらは鹿児島産のサトウキビで作られたきび砂糖ですね。種子島産です。漂白などの処理をしていないので、カルシウムや鉄分などのミネラルが多く含まれています。

精製されていないお砂糖の中でもサトウキビ糖は癖がすくなく使いやすいのも特徴ですね。コーヒーや紅茶にそのまま入れてもおいしいと思います。

カラメルのような甘い香りが好きという方もいますね。梅シロップを作ったらおいしかったというレビューも見ました。

 

1位 カップ印 きび砂糖

No.1

出典: Amazon.co.jp

カップ印 きび砂糖 750g
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-28439″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>750g</td></tr></table>

トウモロコシの絵が目印のメジャーなキビ砂糖

お砂糖の有名ブランドといえば、カップ印ですよね。いろいろな砂糖メーカーやちょっとマイナーな販売店からも精製されていない砂糖は販売されていますが、初めて買うのはちょっと不安という方は、精製された砂糖でも有名なカップ印のお砂糖から買ってみるのもありだと思います。こちらはサトウキビ糖の中ではかなり有名なきび砂糖ですね。

とても人気があるので、お店の開店セールで目玉としてセールがあったり、記念品として配っていることもあるくらい人気のあるサトウキビ糖です。さとうきびの風味が活きたまろやかな甘さのきび砂糖なのではじめてお試しするならこれかなと思いますね。

私は主婦歴、子育て歴20年以上になりますが、健康志向の方やお子さんが入る方が白砂糖やグラニュ糖の代わりに切り替えるという方もこのサトウキビ糖は多いように思います。

 

黒砂糖おすすめランキングTOP3

こちらでは精製されていない砂糖中でも最も栄養価が高いといわれている黒砂糖についてご紹介します。

 

3位 高橋ソース オーガニック黒糖

No.3

出典: Amazon.co.jp

高橋ソース オーガニック黒糖 400g
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-57290″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>400g</td></tr></table>

コスタリカの有機栽培のサトウキビから採れた黒糖

こちらの商品は、コスタリカ産有機さとうきびを100%使用しています。黒砂糖は国内製の商品もありますが、国外も商品も多くインターネットでは取り扱っています。日本製とは微妙に風味が違うこともありますが、もともとサトウキビは熱帯で栽培されているので海外のサトウキビも栄養たっぷりです。

含蜜糖特有の深いうま味とコク、それか黒糖の特徴といえる渋みがくせになる味です。販売者の高橋ソースは平成16年に有機JAS認定小分け工場を取得していることも安心ですね。

黒砂糖は栄養価が高いため虫などもつきやすい場合もあります。それから砂糖はニオイ移りもしますので、穀物、石鹸、漬け物等のそばを避けて保管するのが基本です。

 

2位 上野砂糖 焚黒糖 粉状

No.2

出典: Amazon.co.jp

上野砂糖 焚黒糖 粉状 500g
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-57291″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>500g</td></tr></table>

和洋菓子のコク出しに重宝

こちらの商品は、原料糖と沖縄黒糖を主とした黒糖を用いた加工黒糖ですね。ブレンド技術によって風味に工夫されているようです。黒砂糖はコクがあるのが特徴で少し色がつきやすいのですが、和洋菓子の材料としても人気があります。

ぜんざいやおはぎのあんこに使うのもおいしいと思いますね。砂糖の中で最も栄養価の高いといわれている黒糖は、お料理に少しずつ使っていくのもいいですし、色が濃く、味がしっかりしているようなお菓子に使うのもおすすめです。

おやつをたべるだけでもミネラルなどの栄養がとれるのはうれしいですよね。

 

1位 スプーン印 粉末 黒砂糖

No.1

出典: Amazon.co.jp

三井製糖 スプーン印 沖縄粉末黒砂糖 300g
ブランド
カテゴリ

<table id=”spec-item-id-57293″ class=”af-item-spec-table”><tr><th>内容量</th><td>300g</td></tr></table>

製造から包装まですべて沖縄産のこだわり

こちらの商品は有名砂糖メーカーであるスプーン印の黒砂糖ですね。黒砂糖については、国内外で製造しているメーカーも多く、黒砂糖自体を自社でアレンジしていたりとはじめて使う方にはどれを選べばいいかわかりづらいということがあるようです。その場合は、日本人なら日本の有名砂糖メーカーの商品からチャレンジしてみるのもいいかなと思います。

こちらは、国産ですね。沖縄の太陽で育ったさとうきびのしぼり汁を煮詰めて作ってあります。 製造から包装まですべて沖縄で行っていることも安心ですよね。独特でコクのあるこだわりの黒砂糖です。

黒砂糖を使ったお菓子は、コクが出るのでいつもの作り方でも美味しさも変わる楽しみもできますよ。

 

精製されていない砂糖の関連記事もチェック!

黒砂糖

 

毎日使う砂糖だからこそ無理なく健康に

砂糖をまぶす様子

現代社会は忙しくなかなか栄養を食品から摂ることはむずかしいといわれています。サプリメントで栄養を補うという方法もありますが、できれば自然に毎日の食卓から栄養を摂取できるのが一番安全安心なのではないかなと思います。外食が減り、自宅で食事を作ることも多くなっている現代だからこそ調味料にこだわるのもいいかもしれません。

ミネラルやビタミンそれからオリゴ糖なども豊富な精製されていない砂糖に変えることで、毎日効率良く栄養が摂取するのも今の世の名からだからこそ見直すべきなのではないでしょうか。砂糖は長期保存もききますし、ネットでまとめ買いでお得に販売されていることも今注目されています。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ムソー てんさい含蜜糖 500g×2袋

サイトを見る

山口製糖 ビート糖(粉末タイプ) 600g

サイトを見る

ホクレン てんさい糖 650g

サイトを見る

波動法製造 極楽きび糖 1kg

サイトを見る

国産 種子島産サトウキビ使用砂糖洗双糖(4…

サイトを見る

カップ印 きび砂糖 750g

サイトを見る

高橋ソース オーガニック黒糖 400g

サイトを見る

上野砂糖 焚黒糖 粉状 500g

サイトを見る

三井製糖 スプーン印 沖縄粉末黒砂糖 300g

サイトを見る

関連記事