スキムミルクって何?毎日食べる私が教えるおすすめスキムミルク

スキムミルクと聞いてどのようなことを思い浮かべるでしょうか。

昔の給食であった脱脂粉乳と何が違うの、と思った方もいるかもしれません。

今回はそんなスキムミルクを毎日食べる私が、スキムミルクの基本情報から、おすすめのスキムミルクまで紹介します。

 

スキムミルクとは?

スキムミルクとは「 脱脂粉乳」のことです。

その名の通り牛乳から水分とや脂肪分を抜いて濃縮し粉末にしたものです。粉末状なので牛乳より保存性も高く、値段は牛乳より安価で購入できます。

濃縮されているので、牛乳と比べてもたんぱく質、カルシウム、乳糖(ラクトース)などの栄養価が高め。

ですが脂肪分を抜いているので牛乳に比べてカロリーは低く、ダイエット食品としても適しています。

牛乳の余計な脂肪分を抑え、たんぱく質やカルシウムなどの栄養素を豊富に、手軽に取れるというのは、非常にありがたいですよね。

また牛乳にも含まれていますがカルシウムは体温を上げて、脂肪を燃焼する効果があると言われています。さらに乳糖は腸を整えてくれる効果が。身体に嬉しい食品です。

 

スキムミルクの基本情報

脂肪分が抜かれたスキムミルクのカロリーはどれぐらい?

スキムミルクのカロリーは、およそ牛乳の半分と言われています。

どの製造会社のスキムミルクもさほどカロリーは変わりません。だいたい100gで350~360カロリー程度です。

コップ一杯当たり牛乳は130~140キロカロリー程度、スキムミルクは70キロカロリー程度と考えてよいでしょう。

ダイエット中の方は特に、普段から牛乳を取り入れるよりはスキムミルクをとる方がおすすめです。

スキムミルクの使い方

スキムミルクは、基本牛乳と同じものとして使っていただけます。

つまりレシピに材料として牛乳が必要な場合は、スキムミルクで代用ができるというわけです。

そのまま牛乳のように飲むこともできますし、料理に使うのも美味しく楽しめます。

ただし、牛乳よりも味があっさりしているので、普通に牛乳の代用として飲む際にはひと手間加えるといいのかな、と個人的には思います。

そこで今回は、ダイエット中の方にもおすすめの、スキムミルクの風味を生かしたアレンジ方法を少しご紹介したいと思います!

 

スキムミルクを牛乳の代用として飲む

粉状のスキムミルクは、お湯や水に溶かすだけでドリンクとしても活躍します。

そのままでは味があっさりしすぎているので、個人的にははちみつやショウガを入れるのがオススメ。

きな粉やシナモンと混ぜ合わせる飲み方も風味がよくとても美味しいです。コーヒーや紅茶のミルク代わりとして使うのもいいですね。

カルシウムが高いので、妊婦さんにも安心の飲み物です。

はちみつ、生姜、きなこ、シナモンなどは単体としても体に良いので、ダイエット中の方にももちろんオススメの摂り方ですよ!

色々試して、自分のお気に入りの飲み方を見つけていただきたいと思います。

 

スキムミルクをお菓子やパンに使う

次にご紹介するのが、スキムミルクをパンやお菓子に使う方法です。

数日しか日持ちしない牛乳と比べて、年単位の保存性が望めるスキムミルクは、パンやお菓子作りの材料にとっても最適!

また、パンやお菓子作りの材料にスキムミルクを使うメリットはこれだけではありません。

スキムミルクは牛乳ほどのコクがないので、あっさりとしたの味わいに仕上がります。

なので、ホームベーカリーを使って継続してパン作りをする際にも、飽きのこない味わいのパンを作ることができるのです。

毎日の朝食用食パンの材料として使うのがおすすめですね。

実際のところ、お家でパン作りを行っているという方の多くが牛乳ではなくスキムミルクを使用しています。

 

また、最近「天然酵母パン」という言葉をよく聞きますよね。

天然酵母のパンとは、簡単にいうと果実や穀物についている酵母を利用して発酵させたパンのことで、ドライイーストを使ったパンと比べて独特の味、食感、風味を持っているという特徴があります。

このような天然酵母パンというと、なかなか自宅で作るのは難しい印象を受けますよね。

しかし、材料にドライイーストではなく天然酵母種を使うことで、ご自宅でも美味しい天然酵母パンを作ることができます。

ネットで調べると多くの天然酵母パンのレシピを見ることができますが、ほぼそのようなレシピには牛乳ではなくスキムミルクが使用されていると思います。

本格的な美味しいパンを作るには、スキムミルクは必要な材料であると言えますね。

 

それに加えて、先ほどもご説明した通りスキムミルクは牛乳を使うよりも低カロリー。

牛乳ではなくスキムミルクを使うことで、ダイエット中の方でもパンをより楽しむことができますよね!

いつもの牛乳で作ったパンより、カルシウム・タンパク質豊富で脂質は控えめなパンがスキムミルクで完成。

ご自宅でホームべーカリーやお菓子作りをするという方は、是非一度牛乳ではなくスキムミルクを使ってみてください。

ホームベーカリーでのパン作りやケーキ意外にも、牛乳を使用するクッキーやドーナツなどほとんどのスイーツに使用できます。

パン作り、ケーキ作りは少し難易度が高いので、まずは少ない材料で簡単にできるホットケーキ作りから初めてみてはいかがでしょうか。

 

スキムミルクをヨーグルトと混ぜる

良質な食品として毎日食べるなら、ヨーグルトと混ぜるのがオススメ。

スキムミルクのほんのりとした甘さが、ヨーグルトの酸味を消すので、酸っぱい味が苦手な人でも食べやすくなります。

ダイエット中で、無糖のヨーグルトを摂りたいけど苦手、なんて方も、これなら毎日続けられますね。

なんてったってスキムミルク自体も栄養価が高いのでダイエット促進にいいですよね!

また、朝食にスキムミルクを使用したパンと合わせて摂ると最強ですね。

 

スキムミルクをシチューやカレーの材料にする

お料理にスキムミルクを使用する際には、シチューやカレーの材料として使うと美味しく楽しむことができます。

ダイエット中の方は特に、カロリーが心配なボリューム料理でも、材料を牛乳ではなくスキムミルクにすると安心です。

またスキムミルクは牛乳ほどのクセがないので、スキムミルクを使用したミルクごはんや、ミルクおこわを作ってみるのもいいですね!食材の味や香りを消しません。

他にもコロッケやみそ汁、サラダやパスタ、小麦粉の代わりに使っておやきを作るなんてアレンジもできちゃいます。

その可能性は無限大ですよ!

 

人気のスキムミルク

一般的に購入しやすいスキムミルクは、雪印、よつ葉、明治、森永などおなじみの大手メーカーから販売されているものが人気。

それぞれの味、特徴をふまえて詳しくご紹介していきたいと思います!

 

雪印メグミルク 北海道スキムミルク

こちらはスキムミルクの中でもかなり人気の商品となっています。

今回アマゾンにてご紹介している商品は、容量が400gタイプのもの。

スーパーでは200gのものがよく販売されていますが、スキムミルクは保存に優れており、活用の幅も広いので400gタイプがおすすめです。

特に、健康を考えてスキムミルクを毎日取り入れたいと考えている方や、ホームベーカリーの材料として使いたいという方は、400gタイプのものを購入されることをおすすめします。

雪印メグミルクのスキムミルクは北海道産の乳を使用しているので風味豊かで、粉が細かく、溶けやすいということが特徴的な商品です。

なので、料理の材料としても邪魔することなく美味しく使えます。

また、こちらの商品はガゼットタイプ(ジッパー付き)なので、長期保存でも湿気にくくなっているので非常に扱いやすい設計となっています!

初めてスキムミルクを取り入れる方は、まずはこちらから試してみるのが良いのではないでしょうか。

 

雪印毎日骨太スキムミルク

こちらも先ほどのスキムミルクと同じく雪印メグミルクから販売されているスキムミルクになります。

こちらのスキムミルクでは、コップ一杯で一日に必要なカルシウムの半分が摂取できます。

普段の生活においてカルシウム不足を感じている方に特におすすめですね。

また、こちらのスキムミルクではさらにビタミンD,そしてMBPも効率的に摂取することができます。

このMBPとは、牛乳や母乳に含まれる機能素材のことで、牛乳には微量しか含まれていません。

加えて、特定保健用食品(トクホ)の認可を受けているという点も大きなポイント。

料理の材料としてではなく、何より健康を重視してスキムミルクの購入を考えているという方には、こちらのスキムミルクが非常におすすめです。

 

雪印メグミルク 毎日骨太MBPスキム スティックタイプ

こちらの商品に関しては、便利なスティックタイプのスキムミルクも販売されています。

なので、移動が多い日や旅行などの持ち運びにも便利ですし、より手軽に使うことができますよ。

ダイエット中の方は、小腹がすいたときなどにはちみつなどと一緒にとるのもいいと思います。

 

雪印メグミルク 毎日骨太スキム 鉄ラクトフェリンプラス

また、こちらのスキムミルクでは先ほどの商品に加えて鉄ラクトフェリンが含まれています。

先ほどのスキムミルクよりグレードアップした分お値段はお高めですが、鉄分の不足にも悩まれているという方にはとても便利な商品なのではないかなと思います。

料理の材料や、パン作りに使うというよりは、ダイエット中の方や、健康重視で毎日飲んでスキムミルクを摂取したいという方におすすめですね。

 

よつ葉 北海道脱脂粉乳 スキムミルク

こちらはよつ葉から販売されているスキムミルクです。

北海道産の生乳を100%使用しているので、他のスキムミルクと比べてコクがあり、味わいが深いというのが特徴です。

他社のスキムミルクの風味や味では物足りないという方にオススメですね。満足感が得られます。

また、こちらのスキムミルクは容量が1kgと大容量になっています。

このように、北海道産の生乳ということで高品質な上に大容量なので、毎日のパン作りに最適な大容量のスキムミルクを探しているといった方におすすめです。

ただし、こちらの商品の難点はチャックが付いていないということ。

大容量なのにチャックがないので、保存に苦戦している方も多くいるようです。

スキムミルクは湿気が大敵なので、その点に関しては注意が必要です。

保管の際には頑丈なダブルジッパーなどを事前に準備しておくようにしてくださいね!

 

森永スキムミルク

こちらは森永から販売されているスキムミルクになります。

あっさりとしていて甘すぎないような味わいのスキムミルクになります。

先ほどご紹介したよつ葉の北海道先生乳100%のスキムミルクが好みという方には、物足りなく感じるかもしれませんね。

ただし、たいていのスーパーで売っており、コスパの面では、ナンバーワン。

とにかく料理の風味づけに使いたい、もともとあっさりとしたスキムミルクの風味が好みといった方はこちらのスキムミルクがおすすめです。

 

~番外編~用途別おすすめのスキムミルク

ここからは番外編として、大手メーカーからのものではありませんがおすすめのスキムミルクをご紹介していきたいと思います。

用途に特化したスキムミルクなので、自身の使用用途に合わせて選んでみてくださいね!

 

パイオニア企画 お徳用スキムミルク

こちらの商品は、ホームベーカリー、ケーキ作り向けに販売されているスキムミルクです。

パン作りなどの材料として作られているということもあり、非常に使い勝手の良い商品だと思います。

まず便利なのが、一つ一つ個包装になっているということ。

一袋が6gになっており、大さじ1杯分になっているそうです。

なので、自分の作りたいレシピに合わせて手間無く使うことができます。

ちなみにこの6gとは、だいたい食パン1斤を作る際の量に当たります。なので、これ1箱で1ヶ月分に相当するのでとてもお得!

また、個包装は先ほどの毎日骨太でも紹介しましたが、毎日骨太は1箱7本だったのに対し、こちらの商品は1箱30本も入っています。

(ちなみに雪印メグミルクでもパン用のスキムミルクが販売されていますが、そちらは一箱12g×5本なので、こちらの方が扱い安くお得だと個人的に思います。)

何度もご説明してきたとおり、湿気が気になるスキムミルクにおいてこのように個包装されているというのは非常に扱いやすいです。

また、こちらのスキムミルクも北海道産の乳を使用して作られていますので、とってもおすすめです。

 

私の台所 スキムミルク 製パン用

ちなみに、「スキムミルクをパン作りにしか使うつもりはない」という方や、「普段の食パン作りに牛乳の代用としてスキムミルクを試してみようかな」とお考えの方にはこちらの商品が非常におすすめです。こちらのスキムミルクは製パン専用として販売されているもの。

こちらも1袋あたり6gの個包装になっているので、計量器なしで手軽に使うことができます。

製パン専用ということで、毎日の食パン作りに対しても、粉末が混ざりやすく使いやすくなっています。

また、風味豊かで焼きあがりも焼き色がよくなるのでおすすめです。

こちらは国産の牛乳を使用して作られています。

 

レインビオ スキムミルク・脱脂粉乳 相当 水牛ミルクパウダー

こちらはレインビオから販売されているスキムミルクになります。

こちらの商品は他の商品と少し違い、水牛の乳を使ったスキムミルクとなっています。

こちらのスキムミルクは、南アジアの地域などでよく食されている水牛からとれる牛乳を使用したヨーグルトである「ズーズーダウ」を作ることができます。ズーズーダウは、手作りバターのようにとてもクリーミーで甘みのある独特な味。

発酵食品が好きな方や、ダイエット中の方などは、小腹がすいたときに食べると健康的でいいと思います。

また、インドでよく食されている豆腐のような風味の「パニール」と呼ばれるチーズを作ることもできます。

しかし注意点としては、こちらのスキムミルクにはそれぞれのレシピが書かれた説明書も送付されていますが、別でヨーグルトの素や、ヨーグルトメーカーが必要になってきます。

なので、既にヨーグルトメーカーをお持ちの方には是非お試しいただきたい商品です。

ただ、そのような用途だけでなく、パン作りの材料やミルクティーとしても十分お楽しみいただけます。

特にミルクティーに入れると、コクがあり、濃厚な風味に仕上がりますので、ヨーグルトメーカーを持っていないという方でも、珍しい水牛スキムミルクの味を純粋に楽しみたいという方にはぜひ一度お試しいただきたいと思います。

 

まとめ

スキムミルクの風味を生かしたアレンジ方法から、おすすめのスキムミルクをご紹介していきましたが、自分に合った商品は見つかりましたか?

スキムミルクは体にもよく、ダイエット中の方にもおすすめの食材であるとご説明しましたが、摂りすぎには注意!

ダイエットのためと飲みすぎるのではなく、栄養は様々な食事からバランスよく摂るようにしてくださいね。

スキムミルクをうまく使って、より食生活の質が上がればいいなと思います。

記事内で紹介されている商品

雪印メグミルク 北海道スキムミルク

サイトを見る

雪印毎日骨太スキムミルク

サイトを見る

雪印メグミルク 毎日骨太MBPスキム スティ…

サイトを見る

雪印メグミルク 毎日骨太スキム 鉄ラクト…

サイトを見る

よつ葉 北海道脱脂粉乳 スキムミルク

サイトを見る

森永 スキムミルク

サイトを見る

パイオニア企画 お徳用スキムミルク

サイトを見る

私の台所 スキムミルク 製パン用

サイトを見る

レインビオ スキムミルク・脱脂粉乳 相当 …

サイトを見る

関連記事