和菓子好きライターが選ぶ おすすめかりんとう7選

ザクザクの食感なら、おせんべいやポテチだけでなくかりんとうもおすすめです。黒蜜などの甘さも濃厚で、私もついつい1袋食べてしまいます。糖分摂り過ぎは解っていても、やめられずに今も購入継続中。

そんなかりんとうですが、バリエーションが意外と多いんです。今回はそんなかりんとうの魅力をご紹介します。

 

かりんとうが好き!

かりんとう

私がかりんとうを推すのは、まずその食感。歯で噛み切れるほどよい固さで癖になります。

またしっかりした味付きも魅力です。和菓子ということもあって緑茶との相性は抜群ですし、甘味なのでコーヒーや紅茶、牛乳と合わせても美味しいですよ、

頭脳労働が多い方に、糖分の補給としてもおすすめします。

 

黒糖味だけではない!かりんとうの種類

かりんとうといえば黒糖をベースにした黒や茶色が印象的ですが、ほかにも様々な種類が存在します。

例えば白いかりんとう。白糖など甘さのもとが白い素材を使っているので、見た目もガラっと変わります。黒よりも可愛らしい外見なのも特徴です。

カラーは味付けに合わせて変化している商品も多く、例えばはちみつならオレンジ系、抹茶ならグリーン系のかりんとうも存在。家族や友達とおやつパーティをする際の彩にも使えます。

ちなみに味には唐辛子やわさびなど、甘くないものも多数あるので、甘味が苦手な人でも楽しめますよ。

また中身は普通、小麦粉などを練り合わせて作られていますが、ごぼうなどの野菜を置き換えた商品もあります。野菜嫌いの人に、おやつ感覚で栄養補給してもらうのにも良いですね。

 

かりんとうをお土産に!

色んなかりんとう

和菓子ゆえ、京都のイメージも強いかりんとうですが、東京のお土産としても最近は注目を集めています。

都内には和菓子屋さんだけでなく、かりんとう専門のショップも多数存在。ベーシックな味から野菜や果物の味を採用したものなど、お店によって種類も異なるため、ここだけのかりんとうが楽しめます。

東京在住の方は帰省の際、他道府県の方は東京に寄った際、お土産の候補に検討してみてはいかがでしょう?

 

かりんとうの相場はいくら?

私はかりんとうの相場は1袋100円から200円ぐらいかなと思っています。上記の専門店で売られているものや、特別な味付けがされているともう少し高いでしょうが、近所のスーパーやコンビニで買う程度なら、ほかのお菓子と大差ないです。

ちなみに1袋は80gから100gほどをイメージ。なので200gの大容量を購入するなら200円から400円ぐらいまでと思って良いです。

 

かりんとう選びなら食感にこだわって

かりんとう

食感はおすすめする理由でも挙げましたが、かりんとうもおせんべいと同じく揚げたてが美味しいお菓子。スーパーなどの市販品でも、最後までザクザク感が楽しめるものを選びましょう。

きちんと噛めるかりんとうなら、咀嚼回数のアップや唾液の分泌が見込めるので、ダイエットにも役立ちますよ。

ただ歯が弱い方や、生え揃っていない小さなお子さんには、あえて柔らかめのかりんとうを選ぶのもコツ。自分で食べるのではなく、お土産として持参する場合は、先方の好みにも配慮しましょう。

専門店なら試食ができるところもありますから、どの程度の食感なのか、直接確かめてから買うのもおすすめします。

 

おすすめかりんとうランキング

以降は私個人のおすすめかりんとう。メジャーな味だけでなく、種類も様々に選びましたので、甘いものが得意でない方もぜひチェックしてみてください。

 

第7位 サンヨーコーヒー 珈琲かりんとう

まずは7位の珈琲かりんとう。かりんとうにコーヒーの味をミックスした製品で、コーヒーの味もしっかりした苦甘なタイプです。

かりんとうは時に甘さがくどく感じてしまう人もいるでしょうが、コーヒーがプラスされていることで苦味とちょうど良くマッチ。甘いものが苦手な方にもおすすめです。

コーヒー味ゆえ、お供のドリンクもコーヒーや牛乳がよく合います。

 

第6位 夏目製菓 ベストチョイス黒かりんとう

6位は夏目製菓のかりんとう。味はベーシックな黒糖です。1袋が100gオーバーであり、お得感が魅力。ただ1袋一気に食べてしまうとカロリーも相当なものになるので、悩ましいものがあります。

食べやすい味かつかりんとう1本が太めなので、歯ごたえもしっかり感じられますよ。

 

第5位 製菓宮本 五穀かりんとう

製菓宮本の五穀かりんとうは、生地に大豆や大麦、ごまなどの穀物を練りこんで作られています。そのため通常のかりんとうよりも固くなく、どちらかというとサクサクした食感。おせんべいよりも、クッキーに近いですね。

あまり固さは求めたくないけれど、それでも噛む感触は欲しい方に向いています。

味も黒糖ではなくビートグラニュー糖を使っているので、かりんとうの中ではしつこくない味です。サトウキビではなくテンサイの糖なので、色もやや薄めの茶色をしていますね。

また形状が棒状でなく、真ん中がキュッと引き締まったリボン型。可愛い見た目なので、お客様用のお菓子としてもおすすめです。

容量は多めですが、五穀にこだわっているせいか、単価としてはやや高め。

 

第4位 山星屋 モントワールみんなのおやつ芋かりんとう

4位はモントワールブランドの芋かりんとう。さつまいもにかりんとうのコーディングを施した商品で、味としては芋けんぴに近いです。

中身がさつまいもなので、甘さが強いようにも見えますが、実際はほどよい甘さ。砂糖よりもさつまいもそのものの甘さが感じられて食べやすいです。

量は100gと普通サイズですが、値段はピカイチなのでリピート商品としては最適な1品でしょう。

 

第3位 千万味の逸品 みたらし風かりんとう

コスパは4位に劣ってしまうのですが、味としてはおすすめしたいのがみたらし風かりんとう。甘いというより、醤油による甘じょっぱさがポイントで、ついつい食べ過ぎてしまう可能性大です。みたらし団子が好きな方は要注意。

かりんとう自体が小さめに作られているので、口にたくさん頬張って食べたくなります。甘さよりもむしろしょっぱさを求める方におすすめです。

 

第2位 東京カリント 煉蜜かりんとう

2位に選んだのは東京カリントの煉蜜かりんとう。黒蜜という味付けはベターではありますが、2度がけによってより濃厚な味になっています。甘いもの好きの人でも少量で満足いくレベルではないでしょうか。

ゆえに食べる際は飲み物必須。食べ過ぎが心配なこともあるかりんとうですが、この甘さレベルまで来ると、少くてももう要らないと思えるかもしれません。それでも翌日には恋しくなってしまうやみつきさが魅力です。

180gという大容量にしてはコスパも良いので、たまにかりんとうのをつまみたくなるなら、1つ常備しておくことをおすすめします。

 

第1位 東京カリント 蜂蜜かりんとう

ベスト1は2位と同じく東京カリントの蜂蜜かりんとうです。味は黒糖をメインにした従来のかりんとうなのですが、そこにハチミツが追加。甘さの強さだけでなく、まろやかな感じもある商品です。生クリームが入っていることも理由かもしれませんね。

3回も揚げる手法ゆえ、食感もサクサクしていて食べやすくなっています。1本がちょうど良いサイズなのも魅力ですね。

ちなみに袋には不活性ガスを入れており、風味を損なわない工夫もしているのだそう。湿気て食感が無くなってしまうなどの心配もないので、まとめて買っておくのもありですよ。

 

まとめ

かりんとうは黒いものだけが全てではないので、色々な甘さを食べ比べてみるのも楽しいです。また味付けのみならず、五穀かりんとうのようにかりんとう本体の素材を変えているところもあります。甘さ以外の味や、食感に違いがでるのも食べていて面白いです。

今日は、かりんとうで糖分補給するのはいかがでしょう?

記事内で紹介されている商品

サンヨーコーヒー 珈琲かりんとう

サイトを見る

夏目製菓 ベストチョイス 黒かりんとう

サイトを見る

製菓宮本 五穀かりんとう

サイトを見る

みんなのおやつ 芋かりんとう

サイトを見る

千万味の逸品 みたらし風かりんとう

サイトを見る

東京カリント 煉蜜かりんとう

サイトを見る

東京カリント 蜂蜜かりんとう

サイトを見る

関連記事