血糖値をあげにくい!メープルシロップおすすめランキング10選

ここ数年、メープルシロップがお料理でも注目されています。メープルシロップは、パンケーキやホットケーキにかけると美味しいというだけではなく、血糖値を上げにくく栄養価も高いという特徴があるのです。

私の家では、メープルシロップを欠かした事が無く、いつもパンケーキに直接かけたり、お料理に調味料として使ったり、珈琲にお砂糖がわりに入れたりと、もうメープルシロップは大活躍しています。

メープルシロップの中には、可愛らしい瓶に入っていたり、飾っておけるような容器に入っている商品もあって、インテリアとしてキッチンに飾っておきたいぐらい素敵なものも多いのですよ。ビジュアル的にも心惹かれます。

メープルシロップには、グレードがあるので、「どれを選んだら良いのかわからない」という方も多いかもしれません。

ここでは、グレードが何を示していて、何を選んだら良いのかを説明していきたいと思います。

パンケーキ

メープルシロップのメリット

前述したように、メープルシロップは味が良くて美味しいだけではなく、血糖値を上げにくく栄養価が高いという特徴があります。甘味料として、メープルシロップを使うことで健康的な食生活が送れるようになるかもしれませんね。

砂糖等と比べると果糖の割合が大きいので、摂取した時の血糖値の上昇度が比較的低く、血糖値の上昇がゆるやかになります。そのため、血糖値コントロールにはとても役立つ甘味料と言えましょう。

また、カロリーを見てみると、砂糖より若干カロリーが低めなので、使い続けることでカロリーダウンにもつながると見られています。

さらに、メープルシロップは、カルシウムやカリウムなどのミネラル成分を多く含んでいて、亜鉛やマグネシウムも他の糖類よりも多く含んでいることから、栄養価が高いというメリットもあるのです。

 

メープルシロップの種類

原産国

メープルシロップの原産国としては、カナダが有名でよく知られています。カナダのケベック州が世界最大のメープルシロップの原産国で、全体の約7割を占めています。

カナダ以外にも、アメリカのニューイングランド州も原産国として知られています。日本では埼玉県秩父市や山形県金山町がメープルシロップの原産地です。

 

サイズ

使い切りのパックになった小さいサイズの商品もあれば、150g、250gぐらいの少量の家庭用のサイズも多く出回っています。業務用や沢山メープルシロップを使う御家庭用の1リットルサイズもあるので、自分に合ったサイズの商品が選びやすいと思います。

 

風味や香り

タイプによって風味や香りが違ってきます。以下に挙げますが、メープルシロップの収穫時期によってタイプが分けられていて、それぞれの風味や香りが感じられます。

 

タイプ

メープルシロップには、色や風味、光の透過度によって等級がつけられています。好みと用途によって区別しているものです。

「ゴールデン(Golden)」は、春のまだ浅い頃に採取された樹液から作られた商品で、透明度が高く、精細な味わい。パンケーキなどにそのままかけて楽しむのに適しています。旧表示のエキストラライトはこれに当たります。

「アンバー(Amber)」は、3月末頃に採取された樹液から作られた商品で、色は琥珀色。メープル独特の風味が感じられ、お砂糖の代わりに料理に使うのに適しています。旧表示のライトはこれに当たります。

「ダーク(Dark)」は、4月の春の季節に採取された樹液から作られた商品で、色がアンバーよりも濃く旨味が強く、メープルの風味も強めなので、お菓子作りに適しています。

「ベリーダーク(Very Dark)」は4月末頃に採取された樹液から作られた商品で、メープル独特の強い風味が特徴的です。販売されることは少なく、メープルクッキーの風味付けなど食品を加工するのに使われています。

 

メープルシロップを選ぶ時のポイント・注意点!

 

原産国

メープルシロップの原料はカエデの樹液。

メープルシロップを買おうと思う場合、大抵はカナダ産ケベック州産やオンタリオ州産の商品を購入しようと思うのでは無いでしょうか。

メープルシロップを探していくと、コーンシロップや水飴などに香料を加えただけの「メープル風シロップ」も出回っていることがわかります。

本物のメープルシロップには、保存料や添加物は一切入っておらず、「100 %Pure Maple Syrup 」と書いてありますので、確認してから買うようにすると良いでしょう。

 

サイズ

高品質のメープルシロップですが、最初から味を確かめずに1リットルもの大容量サイズを買ってしまったりしては無駄が多く勿体ないですね。

250g ~300g程度の使いきれるサイズの商品を購入してみて、どれぐらいのサイクルで自分が必要とするかを見極めていくのが良いでしょう。

自宅でどんどんとメープルシロップを使うというヘビーユーザーになったら、大容量の商品も検討していく、という感じにしていくと良さそうです。

 

風味や香り

パンケーキやトーストにそのままかけるというのであれば、あまりメープルのクセが強くない「ゴールデン」や「アンバー」がおススメです。ほんのりとメープルの香りが感じられて自然な甘さを楽しむのにぴったりです。

お料理やお菓子作りには、「アンバー」「ダーク」が向いていると思いますし、メープルの個性的な風味を試してみたいという通な方には、「ベリーダーク」もおススメしたいところです。

 

タイプ

「ゴールデン」「アンバー」「ダーク」「ベリーダーク」の4つのタイプに分けられているのですが、好みと用途によって選ぶグレードが違ってきます。

私が一番おススメしたいのは「アンバー」です。パンケーキやワッフル等に直接かけて美味しいですし、珈琲や紅茶に甘味料の代わりに入れるのにも適しています。

また、調味料として肉料理や煮物、魚料理にもどんどんと「アンバー」ならクセが無く自然に使っていけると思います。

販売されている数も多いですし、色も琥珀色で美しいのでお土産としてもコチラが一番良いでしょう。

珈琲写真:http://girlydrop.com/

 

メープルシロップおすすめ人気ランキング

 

10位 むそう  オーガニックメープルシロップ 330g

100%ナチュラルのオーガニックメープルシロップです。40 リットルのサトウカエデの樹液を1リットルにまで煮詰めています。グレードは旧表示でミディアムとなっているので、現在のアンバーかダークと思われます。

一番使いやすい風味で、パンケーキなどにかけたりするのはもちろん、お菓子作りや調味料としてお料理にも使える便利なタイプです。珈琲や紅茶に甘味料として入れていただいても美味しいです。容器もキレイですし、液ダレしないのでテーブルの上でそのまま出しておいて使えるのも嬉しいですね。

330gのメープルシロップと容量は少な目ですが、容器も可愛らしいですし使い勝手も良く、お味も万能なのでお値段以上の価値があると思います。

 

9位 アレガニ  有機メープルシロップ  ダークロバストテイスト 1320g

日本有機栽培認定食品(有機JAS)で、原材料は有機かえで樹液です。

カナダのアパラチア山脈で有機栽培された最高級のサトウカエデから採れる樹液を煮詰めただけの純粋メープルシロップです。1リットルと大容量ですが、この1リットルのシロップを作るために、約40リットルの樹液を使用しています。

こちらも、珈琲や紅茶に入れる甘味料として使う他、ホットケーキやワッフルに直接かけたり、煮込み料理に使う調味料として使うなどの用途があります。

カロリーは100g当たり260kcal で糖度は66~69度。

キッチンに置いておくと見栄えがするような可愛らしい容器に入っているのも良いですね。香りも良く珈琲に入れた時にメープルシロップの独特の香りがふわっと感じられます。

1リットルもの大容量なので、メープルシロップを沢山使う御家庭向けのお品ですが、お値段を考えるとお得感があるのも良いと思います。

 

8位 オーガニック ピュアメープルシロップ 330g

メープルシロップのグレードとしては採取時期が最後の「ベリーダーク」です。メープルシロップの中でもメープルの独特の風味を思いっきり感じたい、という方向けのお品です。

カナダケベック産のカエデの樹液を使用したピュアメープルシロップで、化学農薬不使用、化学肥料不使用、化学添加物無しで、有機JAS認定品取得というから、これは信頼出来そうですね。

普通にパンケーキにかけても濃厚なコクが楽しめ、珈琲に入れても少し苦みがある甘さがクセになりそうな美味しいお味です。「ベリーダーク」はなかなか市販されていないので、メープルシロップのコクや濃厚な味わいを楽しみたい方に良いと思います。

お値段はメープルシロップとしては普通なので、とても買いやすいですね。

 

7位 シタデール ピュアメープルシロップ アンバーリッチテイスト250g

カエデの樹液だけで作られた、100%ナチュラルなメープルシロップです。カナダのケベック州にあるメープルシロップ生産組合であるコープが製造しています。添加物、着色料は一切使用していないというから、これは安心出来ますね。

シタデールは有名で、日本でも人気があります。メープルシロップで迷ったら、こちらの商品を使うと間違いなく美味しいと思います。

グレードはアンバーなので、一般的に好まれている風味です。パンケーキに直接かけて食べたり、珈琲に入れたり、調味料がわりにお料理に使ったりと広範囲の用途が考えられます。

お値段もリーズナブルですし、容器もまさしくメープルシロップという印象なので、総合的におススメの逸品です。

 

6位 有機JAS オーガニックメープルシロップ  カナダNo.2  アンバー 250ml

有機JAS認定品です。カナダのケベック州より直輸入した、有機メープルシロップです。厳しい品質テストをクリアし、認定され、100%純粋で最高級の味わいに作られている商品だそうですよ。

アンバーなので、琥珀色がキレイでコクと甘みが感じられる味わいです。飲料に甘味料として入れても、料理に調味料として使っても美味しく味わえます。

容器がスタイリッシュでスッキリとしているので、どこにでも置きやすく場所をとらないところも良いと思います。お洒落なボトルに入っているメープルシロップは健康志向の方へのプレゼントにも良さそうです。

250ml入りの他に750ml入りの商品もあるので、沢山使う場合には750ml入りの方がお得感があって良いと思います。

 

5位 Canada No.2 メープルシロップ アンバー

894gも入っている大容量タイプです。メーカーの「アレガニーメープルファーム社」は1995年に設立された輸出専業のメープル製造業者ということで、その優れた品質とリーズナブルな価格により、日本でもシェアを伸ばしているのだそうですよ。

こちらもアンバーなので、パンケーキやワッフルに直接かけて食べたり、ヨーグルトに混ぜて食べたり、お料理の甘味料や製菓材料として幅広く使えるタイプです。

大容量サイズなのに、とても買いやすい価格で、しかもお味も美味しいのでリピートして買われている方も多いお品です。液体の色が濃い目で、味もコクがあります。コスパが良い商品なので、おススメ出来ます。

 

4位 オーサワの有機メープルシロップ

有機栽培のサトウカエデ樹液を濃縮した天然甘味料です。容器のボトルは見た目にも可愛らしく、サイズも大き過ぎないのでそのままテーブルに置いておけるのが嬉しいです。ワンタッチキャップが便利で液だれしないところも良いと思います。

旧表示のミディアムグレードということなので、現在のアンバーかダークに相当しています。直接パンケーキ等にかけて楽しむだけでなく、調味料の1つとしてお料理の際にも使えるタイプのメープルシロップです。

日本有機栽培認定食品(有機JAS)なので使っていても安心感がある上に、内容量250mlとお値段もリーズナブルで使いやすくお味も良いのでとても良いと思います。お試しとして購入しても良いのではないでしょうか。

 

3位 Canada No.1メープルシロップ ミディアム

カナダのケベック州で生産された、100%ピュアなメープルシロップです。旧表示のミディアムタイプということなので、現表示のアンバーかダークに相当すると思われます。

トーストに直接塗って食べたり、フルーツやヨーグルトにかけてもOK。甘味料として飲料に入れたり、料理に使っても美味しく味付けが出来ます。

価格がとてもリーズナブルなこともあって、リピーターも多く、高評価を得ているお品です。容器も可愛らしくテーブルの上に直接置いておけるのも良いと思います。

 

2位 KIRKLAND カークランド メープルシロップ 1326g

グレードAアンバーです。100%ピュアメープルシロップの1リットル入り大容量で販売されています。こちらはアンバーなので、一般的に好き嫌いがあまり無いタイプです。

飲料に甘味料として入れるにも良いですし、パンケーキやワッフルに直接かけるのにも向いていますし、お料理に甘みを加える際にも使っていけます。

大容量タイプなので、普段から甘味料としてメープルシロップを使っておられる方向きのお品です。

この大容量にしてはかなり割安なお値段なので、とても買いやすいです。容器も可愛らしくキッチンに飾っておいても心癒されるデザインなのも良いと思います。

 

1位 モン・ファボリ メープルシロップ

カナダ、ケベック州のピュアメープルシロップです。旧表示No.1 ミディアムグレードとあり、現表示ではグレードAアンバーというグレードに属します。

煮詰める過程で殺菌されるため、赤ちゃんからご年配の方まで安心して使っていけるというのが良いですね。

こちらもパンケーキに直接かけたり、ヨーグルトやアイスクリームに、珈琲や紅茶などの飲み物にも入れて楽しめて、普段の料理にも気軽に入れて味を調えていけます。容器も開閉しやすい口で使いやすく便利。

お値段も品質が良いのにとてもリーズナブルで、続けて使っていけるところが良いと思います。とても人気のあるお品です。

 

まとめ

メープルシロップは血糖値を上げにくく、栄養価も高いので、健康に良い食品と言えましょう。他の甘味料と比べてカロリーを低く抑えることも出来、栄養価も高いので、継続して摂取していくのも良いことだと思います。

普段のお料理にも積極的に採り入れていくのも健康に良さそうですね。

美味しくリーズナブル、しかもハズレが無い人気のメープルシロップをランキング形式で挙げさせていただきました。好みもあると思いますが、是非参考にしていただけたらと思います。

お気に入りのメープルシロップを見つけて下さいね。

記事内で紹介されている商品

むそう  オーガニックメープルシロップ

サイトを見る

アレガニ  有機メープルシロップ  ダーク…

サイトを見る

オーガニック ピュアメープルシロップ

サイトを見る

シタデール ピュアメープルシロップ アン…

サイトを見る

有機JAS オーガニックメープルシロップ  …

サイトを見る

Canada No.2 メープルシロップ アンバー

サイトを見る

オーサワの有機メープルシロップ

サイトを見る

Canada No.1メープルシロップ ミディアム

サイトを見る

KIRKLAND カークランド メープルシロップ

サイトを見る

モン・ファボリ メープルシロップ

サイトを見る

関連記事