買いたいものを検索してください

【2020年最新版】チョコレートおすすめランキングTOP10

永遠のご褒美である「チョコレート」。甘くてほろ苦いチョコレートを、口の中でゆっくり溶かして味わうことは、まさに至福の贅沢。いつものチョコやご褒美チョコ、どんなチョコレートでも、その甘美なささやきは、私たちを常に夢中にさせてくれます。

そんな魅力いっぱいのチョコレートには、どんな種類があるのか、製造国による味の違い、カカオの含有量は?など、チョコレートを徹底解説。また、2020年はどんなチョコレートが人気なのか、最新チョコレートTOP10を紹介します。

 

チョコレートを選ぶときのポイント

 

「ミルク」「ビター、ブラック」「ホワイト」どの風味がお好み?

チョコレートには、どんな種類があるのでしょう。また、チョコレートを選ぶときのポイントってどんなところ?チョコレートは、大きく分けて3種類。その3種類をわかりやすく表すと「ミルク=甘いチョコ」「ビター、ブラック=苦いチョコ」「ホワイト=カカオバターの白いチョコ」となります。

なんとなくそれくらいは知ってるよ、という方も多いと思いますが、では、どのような特徴があるのかを、それぞれみていきましょう。

 

ミルクチョコレートは、日本で最もポピュラーなチョコ

チョコレートの原材料は、カカオの実からとれる「カカオマス」と「カカオバター」。そこに、「砂糖」と「乳成分」を加えたものが「ミルクチョコレート」です。ミルクチョコレートのカカオマスの含有量は、20~40%のものが多く、苦みが少なく、甘くミルクのまろやかさが感じられるチョコレート。

日本で最もポピュラーなもので、いわゆる「普通のチョコレート」は、このミルクチョコレートと考えて良いでしょう。甘党の方におすすめ。

 

ビター派の方は、カカオ含有量がポイント

ビターチョコレートは、ミルクチョコレートとは異なり、原材料に「乳成分」を含まず、「カカオマス」「カカオバター」「砂糖」で作られたチョコレート。カカオ含有量は、40%以上。

特にカカオマスの含有量が60%以上のものを「ハイカカオ」と呼びます。カカオマスの含有量が高くなるほど、濃い色に。チョコレート好きの方にとって、カカオ含有量は、重要な選択ポイント。

カカオの含有量が多いほど、苦みやカカオ独特の香りや味を楽しむことができ、チョコレート好きの方に人気となっています。カカオマス独特の香ばしさが、珈琲好きの方に好まれる傾向も。少量の粉乳を含むこともあり、「ビター」の他にも、「ブラック」「ダーク」「スイート」などと呼ばれることもあります。

チョコ

 

チョコレートとは認めないという方もいる、ホワイトチョコレート

チョコレートの原材料である「カカオマス」の配合は0%。カカオマスの油分である「カカオバター」に、砂糖や乳成分などを加えて作られるため、色が白く作られることから「ホワイトチョコレート」と呼ばれます。

苦みの成分であるカカオマスが、まったく入っていないことにより、最も甘い味に仕上がりますが、カカオマスを使わないことから、チョコレートと認めないという声も。

 

バリエーション豊富!チョコレートの中に入っている食材

チョコレートには、中に他の食材を入れてチョコとのコラボを楽しめる商品も多くあります。どんな食材があるのか、チョコレートとの相性は良いのか、みていきましょう。

 

ナッツ入りは香ばしい!

チョコレートとナッツは相性が良く、アーモンド、ピーナッツ、くるみ、マカデミアナッツなどの商品があります。ナッツをチョコレートでコーティングするスタイルが一般的で、ナッツの香ばしさとチョコレートの香りと深い味わいが絶妙なコラボレーションを生み出します。

ハワイ土産の定番であるマカデミアナッツチョコレートは、日系人のアイディアから生まれ、大人気となりました。

贅沢ナッツショコラータ4種

出典: Amazon.co.jp

贅沢ナッツショコラータ4種
ブランド
カテゴリ

 

マカデミアナッツの殻取り

 

マシュマロは一番人気!

マシュマロをチョコレートでコーティングしたものも人気です。形は、楕円形やハートなどさまざま。ミルクチョコレートでコーティングされていることが多く、スイーツとして、見た目もお味も大人気。

甘くフワフワと食感も良いので、お子さんから年配のかたまで、年齢層は幅広く、多くの方に好まれることから、プレゼントにも最適。ひとつふたつと、思わず手に取ってしまうほど、やめられなくなるおすすめチョコレートです。

セモア(CEMOI) マシュマロハーツ

出典: Amazon.co.jp

セモア(CEMOI) マシュマロハーツ
ブランド
カテゴリ

 

ジャム入りチョコレートも!

甘酸っぱいジャムとくちどけの良いチョコレートも、相性抜群。ブルーベリージャム、ストロベリージャム、ローズジャムなどさまざまなジャムが、チョコレートとコラボしています。チョコレートの中から、ジャムがトロリと流れ出し、チョコとジャムそれぞれの食感により、素敵なハーモニーが楽しめます。

フルタ ブルーベリーチョコ

 

お酒入りはお好みで!

お酒入りのチョコレートは、大人のチョコレートとして人気です。ボトル型のチョコレートにお酒入りのソースが入っているものから、生チョコレートまで、さまざまなお酒入りチョコレートがあります。甘いチョコレートが苦手な方や、男性へのバレンタインプレゼントにも人気となっています。

お酒入りチョコレートは、お子さんや妊婦の方は注意してください。特にお子さんは、チョコレートとして安易に口に入れてしまうことがあるので、手の届かないところに置くなど、注意が必要です。

生チョコレイト ウィスキー入り [ ニッカウィスキー / 竹鶴ピュアモルト使用 ]

出典: Amazon.co.jp

生チョコレイト ウィスキー入り [ ニッカウィスキー / 竹鶴ピュアモルト使用 ]
ブランド
カテゴリ

 

製造国によるチョコレートの味や香りの違いを楽しむ

 

チョコレートは、伝統的に世界各国で作られています。ここでは、各国のチョコレートの特徴や風味の違いを解説していきましょう。

 

ベルギー産

チョコレートといえばベルギーと言われるくらい、伝統的な製法と技術が受け継がれ、品質の高いチョコレートが作られることが特徴です。

原材料は、南米や西アフリカから良質なカカオが集まり、チョコレート職人によって作られる品質の良いチョコレートは、「ベルギー王櫃御用達」として認められています。「ピエール・マルコリーニ」「ヴィタメール」「ゴディバ」「レオニバス」など、多くのトップブランドが、ベルギーのチョコレートです。

 

フランス産

美しいものを好むフランス人から愛されるチョコレートは、見た目に美しい宝石のようなチョコレート。そのため、フランスのチョコレートはひと口サイズの「ボンボン・オ・ショコラ」が主流で、職人技が光るものが特徴です。

「ボンボン・オ・ショコラ」は、口の中でゆっくり溶かして、カカオの味わいを楽しむものです。「ダロワイヨ」「ピエール・エルメ」や、日本人ショコラティエの「サダハル・アオキ」などが有名です。

 

イタリア産

イタリアのチョコレートは、イタリア人が好むエスプレッソコーヒーのような香りや香ばしさが感じられるものが特徴です。そのため、カカオ豆は、やや深煎り。

ヘーゼルナッツ入りのダークチョコレートも人気です。「カファレル」「コヴァ」「バビ」などのブランドがあります。

 

スイス産

ミルクチョコレートの発祥の地はスイス。大航海時代にヨーロッパに伝わったチョコレートは、貴族たちにドリンクとして楽しまれましたが、スイスでコンデンスミルクが開発された後、固形ミルクチョコレートが生まれました。

広大な牧草地で育った乳牛のミルクが使われ、クリーミーな味わいのチョコレートが人気です。「リンツ」「レダラッハ」などのブランドがあります。

 

おすすめブランドのチョコレート専門店3選

チョコレートブランドの、チョコレート専門店が人気なのはご存知でしょうか。ブランド特有の味や風味、歴史、出身国などによって、個性的なチョコレートが楽しめます。ここでは、専門店を3店ご紹介します。

 

Minimal

公式サイトはこちら

カカオと砂糖しか使わない、本物のチョコレートを作り出す職人技。 カカオの生産地によって、「フルーティー」「ナッティー」「セイバリー」といった、独特なチョコレートの香りと味わいの違いを楽しめます。産地で香りがまったく違う、「新しいチョコレート」を生み出すという、日本のものづくりに出会えるブランドです。

3種類のチョコレート

出典: Amazon.co.jp

Minimal Tasting Set
ブランド

 

リンツショコラカフェ

公式サイトはこちら

スイスのプレミアムチョコレートブランド「リンツ」のショコラ カフェ。ミルクチョコレート発祥のスイスチョコレートを使った、「フォンダン・オ・ショコラ」や「ショコラパフェ」、「ホットチョコレートドリンク」「アイスチョコレートドリンク」なども楽しめます。2019年1月からは、チョコレートを様々な角度から楽しむための「リンツ チョコレートテイスティングセミナー」が開催されています。

メートルショコラティエ セレクショントリュフ

出典: Amazon.co.jp

メートルショコラティエ セレクショントリュフ
ブランド
カテゴリ

 

ジャンポールエヴァン

公式サイトはこちら

ジャン=ポール・エヴァンのショコラは、厳密な冷蔵管理のもと、毎週パリから空輸されています。ワインの製造のように、厳選された原材料であるカカオ豆をブレンド。日本文化への理解、伝統的なしきたり、日本の現代の状況も織り交ぜて、ひとつひとつに想いを込めて作られたチョコレートです。ショコラ以外にも、焼き菓子やマカロン、ケーキも人気です。

ジャンポールエヴァン JEAN-PAUL HÉVIN JPH

出典: Amazon.co.jp

ジャンポールエヴァン JEAN-PAUL HÉVIN JPH
ブランド
カテゴリ

 

【2020年最新版】チョコレートおすすめランキングTOP10

第10位 ロイズ オリジンチョコレート

出典: Amazon.co.jp

ロイズ オリジンチョコレート
ブランド
カテゴリ
タイプ ビターチョコ
生産国 日本
アルコール度数 なし
カカオ含有量 70%

産地で異なるカカオの味わい

北海道のチョコレートといえば、ロイズ。四季折々の自然が魅力の北海道の工場で作られる、ロイズのチョコレート。エクアドル・ベトナム・ベネズエラ・マダガスカルの4つの産地のカカオを使い、それぞれ個性的なカカオの味わいを食べ比べることが出来る商品。

カカオ含有量は、カカオの魅力が際立つ70%。本物のチョコレートの味わいと香りを、じっくり舌の上で楽しむことができるチョコレートです。

 

第9位 ゴディバ カレ アソートメント

出典: Amazon.co.jp

ゴディバ(GODIVA)カレ アソートメント 16枚入
ブランド
カテゴリ
タイプ ホワイト、ミルク、ビターチョコ
生産国 ベルギー
アルコール度数 なし
カカオ含有量 50%、72%

シンプルにクオリティの高さを味わう

ベルギーチョコレートを日本に浸透させ、すっかり日本人の身近になったゴディバ。ホワイト、ミルク、ダーク2種の、4種類のチョコレートを味わうことが出来るカレ アソートメントです。

「カレ」とは、フランス語で「四角い」という意味。シンプルだからこそ、クオリティの高さがわかる食べ比べチョコです。

 

第8位 フェレロ ロシェ

タイプ ミルクチョコ
生産国 イタリア
アルコール度数 なし
カカオ含有量

ゴールドの丸型チョコといえばこれ

イタリアのフェレロ家が作り出したチョコレート菓子。フェレロ ロシェは、ウエハースの中に上品なチョコレートとクラッシュヘーゼルナッツが包まれた厳選されたヘーゼルナッツと、ココアヘーゼルナッツクリームが入ったチョコレート菓子。

パッケージの華やかさと、サクッとした食感は、一度食べたら虜になり、忘れられないおいしさです。

 

第7位 デカダンス ドュ ショコラ バレンシア

出典: Amazon.co.jp

デカダンス ドュ ショコラ バレンシア
ブランド
カテゴリ
タイプ ビターチョコ
生産国 日本
アルコール度数 なし
カカオ含有量 55%ブレンド

オレンジまるごとのピールチョコ

専用のショコラティエによる、手作りチョコレート。日本とフランスの融合を、チョコレートで表現しています。強い香りを持つエクアドル産チョコレートと、カカオ分55%ビターチョコレートをブレンドして、スペイン・バレンシアの太陽をたっぷり浴びて育ったシロップ漬けのオレンジにコーティング。

デカダンス ドュ ショコラを代表するチョコレートとして人気です。見た目にも美しく華やかなので、プレゼントにも。

 

第6位 伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコレート

タイプ ホワイトチョコ
生産国 日本
アルコール度数 なし
カカオ含有量 0%

口の中で京都を味わう

京都宇治に本店をかまえる老舗の「伊藤久右衛門」が、生チョコレートづくりのために抹茶を厳選。京都の多くの社寺の御用達として、伝統と信頼の茶舗の抹茶が、ホワイトチョコレートと出会いました。

抹茶生チョコレートを口に含むと、まるでお茶席でお抹茶を味わうときのような、優美な時間の流れを感じます。ゆっくりと舌で味わって、口の中に広がる日本の風景を実感してください。

 

第5位 資生堂パーラー ラ・ガナシュ

出典: Amazon.co.jp

資生堂パーラー ラ・ガナシュ14個入
ブランド
カテゴリ
タイプ ミルクチョコ
生産国 日本
アルコール度数 なし
カカオ含有量

2つの味が楽しめる資生堂パーラーの人気商品

資生堂パーラーの人気商品。ラ・ガナシュは、ベルギー産の上質なチョコレートで、ココアクランチを加えたなめらかなチョコレートを包み込み、さらにココアクランチを表面にまぶしたチョコレート。3層の味と食感を楽しむことが出来る、ひと口サイズのチョコレートです。

ノワール8個、ブラン6個のセット。フランス語で、「ノワール」は「黒」、「ブラン」は「白」の意味。2つのお味が楽しめます。冷蔵庫に入れると固くなるので、食べる前に出しておくと良いでしょう。パッケージデザインがキュートなので、プレゼントに最適。

 

第4位 森永製菓 カレ・ド・ショコラ

タイプ ビターチョコ
生産国 日本
アルコール度数 なし
カカオ含有量 70%

おなじみのメーカーのビターチョコ

日本人にはおなじみの「森永製菓」が、日本市場に初めて、カカオ70%の本格的なビターチョコレートとして誕生させたのが「カレ・ド・ショコラ カカオ70」。

ハイカカオチョコレートに、フランスのミルク成分をコラボさせ、高カカオならではのテイストに、まろやかさがプラスされました。日本のお菓子メーカーの老舗を侮るなかれ。一度食べたらクセになる、大人のチョコレート。パッケージデザインもおしゃれなので、気分も上がります。

 

第3位 リンツ (Lindt) チョコレート リンドール

出典: Amazon.co.jp

リンツ (Lindt) チョコレート リンドール
ブランド
カテゴリ
タイプ ミルクチョコ
生産国 スイス、イタリア
アルコール度数 なし
カカオ含有量 60%

スイスのミルクチョコレートの定番

ミルクチョコレートの発祥であるスイスのチョコレートブランドとして、世界中で愛されるリンツチョコレート。リンツのチョコの中で一番人気のアイテムが、リンドールです。

ボックスには、ミルク、ホワイト、ダーク、60%カカオ、キャラメル、ストロベリー&クリームの6種のフレーバーが入り、それぞれの味の違いを楽しむことが出来ます。口の中でとろけるフィリングは、魅惑のくちどけ。ギフトボックスのかわいらしさは、プレゼントにも最適。

 

第2位 パティスリー サダハル アオキ パリ ボンボンショコラ

出典: Amazon.co.jp

パティスリー サダハル アオキ パリ ボンボンショコラ
ブランド
カテゴリ
タイプ ミルクチョコ
生産国 フランス
アルコール度数 なし
カカオ含有量

サダハルアオキの定番人気ショコラ

サダハルアオキは、パリに拠点を構える、パティスリー・サダハルアオキ・パリのシェフパティシエ。 メイクパレットのように鮮やかな色彩を生むアオキの代表作「ボンボン ショコラ」は、サダハルアオキの定番人気ショコラ。パッケージを開けたとたんに感じるのは、華やかなパリの風。フレーバーによって、また製法によってショコラの原料を巧みに使い分けるという、日本人ならではの緻密な職人技が光ります。フランスのアトリエからの直輸入という、特別なチョコレート。ダイナミックでビビッドなチョコレートは、プレゼントにピッタリ。

 

第1位 Galler ガレー チョコレートコレクション

出典: Amazon.co.jp

Galler ガレー チョコレートコレクション
ブランド
カテゴリ
タイプ ビターチョコ
生産国 ベルギー
アルコール度数 なし
カカオ含有量 70%、85%

ベルギー王室御用達チョコ

ベルギー王室御用達職人に認定されている、ジャン・ガレー。6種類のフレーバーがそれぞれ2枚入り。カカオ含有量70%や85%のチョコレートを味わうことの出来るコレクションです。

ワインに合わせて口の中で溶かす、贅沢な夜の時間を楽しむことが出来ます。1枚1枚を大切に食べたいと思えるチョコレートです。パッケージにもインパクトがあるので、プレゼントにも良いでしょう。

 

to buy インフルエンサーおすすめのチョコレートもご紹介!

メリーチョコレート グレイシャスファンシーチョコレート 12個入

自分用に箱のパッケージが可愛くて買いました♡
#チョコ
#バレンタイン
#チョコレート
#バレンタインチョコ

 

板チョコアイス30個入り 森永製菓

この商品は板チョコ好きなら誰もがはまる板チョコアイス。冬前になると販売し数々のコンビニなどでも売り切れるアイス好きなら一度はハマったことあるアイス間違いない商品!

私も毎年このシーズンが来たらまとめ買いし家にストックしています。板チョコも食べたいし、アイスも食べたいという方にはまさにおすすめ!ミルク味のパリッとした分厚めのチョコの食感がたまらないです。

 

チョコレートの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、チョコレートの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

チョコレートの関連記事もチェック!

チョコレート
ブラックサンダー

 

気分やシーンで選びたいチョコレート

ご紹介したように、チョコレートにはたくさんの種類があり、選ぶのに迷ってしまうことも。そんな時は、気分やシーンに合わせて、最適なチョコレートを選んでみてくださいね。チョコレート選びに、少しでも役立てていただけたら幸いです。

プレゼントには、味はもちろん見た目やパッケージも大切。贈る相手を思い浮かべながら選んでみるのも楽しいと思います。チョコレートの魅力や種類を知って、いつでもご褒美気分になれるチョコレートのある日々を過ごしてくださいね。

 

記事内で紹介されている商品

贅沢ナッツショコラータ4種

サイトを見る

セモア(CEMOI) マシュマロハーツ

サイトを見る

フルタ ブルーベリーチョコ

サイトを見る

生チョコレイト ウィスキー入り [ ニッカ…

サイトを見る

Minimal Tasting Set

サイトを見る

メートルショコラティエ セレクショントリ…

サイトを見る

ジャンポールエヴァン JEAN-PAUL HÉVIN JPH

サイトを見る

ロイズ オリジンチョコレート

サイトを見る

ゴディバ(GODIVA)カレ アソートメント 1…

サイトを見る

デカダンス ドュ ショコラ バレンシア

サイトを見る

伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコレート

サイトを見る

資生堂パーラー ラ・ガナシュ14個入

サイトを見る

森永製菓 カレ・ド・ショコラ

サイトを見る

リンツ (Lindt) チョコレート リンドール

サイトを見る

パティスリー サダハル アオキ パリ ボン…

サイトを見る

Galler ガレー チョコレートコレクション

サイトを見る

メリーチョコレート グレイシャスファンシ…

サイトを見る

発泡梱包・板チョコアイス30個入り 森永製菓

サイトを見る

関連記事