エチケットを守りたい人必見!ミントタブレットおすすめランキング

ついうっかり歯磨きを忘れてしまう私。家にいても洗面台まで行くのがなんだか面倒に感じてしまい、気づけばもう次のご飯の時間なんてこともあります。

そんな時にお世話になっているのがミントタブレット。タブレットを食べるので唾液が出て口内ケアにプラスとなりますし、ミント味でスッキリした気分になれるのも良いですね。

とりあえず1個は家に置いておき、必要になったらその都度食べています。そんなミントタブレットの商品の魅力から、おすすめの商品まで今日は詳しくご説明していきたいと思います。

 

ミントタブレットの魅力

タブレット

おすすめの商品をご紹介していく前に、まずはミントタブレットの商品の魅力について紐解いていきたいと思います。

まずミントタブレットの商品は上でも触れたように、ミント味による爽快感が魅力。口の中がなんだか乾燥している、あるいはベタベタ感がある、そんな場合に食べるとスッキリさせてくれます。

またミントの強さやタブレットの固さゆえか、消化しようとして唾液がしっかり分泌されるのも魅力。虫歯や口臭は唾液の少なさが一因とされることもあるので、普段から出ていない人の対策用にもおすすめです。

 

ミントタブレットの種類

ミント

ミントタブレットの商品と一口に言っても、メーカーごとに商品の形状は様々です。タブレットである以上錠剤型をしてはいますが、1粒の大きさは商品によって違います。

ミントは苦手だけど、ケアアイテムとしてなら欲しい。そんな人は、1粒が小さいものの方が味を感じずに済むかもしれません。物足りないと思ったら、2粒3粒と1度に食べる量を増やすこともできます。

また商品の目的も異なります。例えば息や口臭ケアのための製品もあれば、眠気覚ましとして活用できるものなど。

ミントが入っていることは共通でも、提示されている目的が自分の求める効果と違った場合に、効果が期待できない可能性も出てきます。目的も同じ製品を選んで、しっかりケアしましょう。

 

ミントタブレットを選ぶ時のポイント・注意点!

タブレットを食べる

もしこれからミントタブレットを購入するなら、ミントの強さに気をつけましょう。製品によってはかなり強いものもあるので、ミントが好きではないと食べ続けるのが辛くなってしまいます。

食べることができなければケアにはならないので、自分に合う強さを見極めましょう。最初は普通タイプや、果汁入りなどミントが弱めのものから始めると良いです。

またミント以外の成分でメリットがないかも、余裕があればチェック。息、目覚めのほか、舌や歯のケアになる製品もありますよ。

 

私が選ぶミントタブレットおすすめ商品ランキング10選

タブレット

最後に私が気に入っているミントタブレットの商品をランキングでご紹介します。なお今回はミントタブレットの商品ですので、爽快感や口内ケアになるものを除き、素材にミントが入っていない商品は含めませんでした。

フリスク、ミンティアなど、様々な人気メーカーの商品も多くご紹介していますので、一度口にしたことがあるという人も多くいるのではないかなと思います。

ただ、同じ種類の商品であっても、味のフレーバーが違うとまた美味しさも異なってくるので、ご自身の好き嫌いを見つけていただけたらなと思います。

また、順位にかかわらずどの商品もそれぞれ魅力がたくさんですので、皆さんも気になる商品があればぜひお試しいただければなと思います!

 

第10位 ロッテ ブラック×ブラックタブレットストロングタイプ

出典: Amazon.co.jp

ロッテ ブラック×ブラックタブレットストロングタイプ

まず10位としてご紹介する商品がこちら。

ロッテから販売されている人気のブラックブラックタブレットです。こちらの商品は黒×2、なおかつストロングタイプと、清涼感はとても強いです。

味もミントが濃厚なので、独特な清涼感が苦手な人には要注意なぐらいかもしれません。反面、起きたいのにどうしても眠ってしまう時には重宝します。

スティックタイプであり、片手でケースの開閉ができるのも魅力。車など、両手が使えない時にも取り出しやすいです。

 

第9位 グリコ ブレオスーパー タブレットクリアミント

出典: Amazon.co.jp

グリコ ブレオスーパー タブレットクリアミント

第9位としてご紹介する商品がこちら。

こちらもスティックタイプで持ちやすさが魅力のミントタブレット。味や清涼感は10位ほど強くはないのですが、その分清涼感が良い意味で抑えられて食べやすいので上位にしました。

タブレットは噛み砕くことで効果を発揮するものも多いですが、ブレオは舐め続けることで舌のケアにもなります。舌磨きなど、普段から舌のケアをしていないならおすすめです。

 

第8位 アサヒグループ食品 ミンティアドライハード

出典: Amazon.co.jp

アサヒグループ食品 ミンティアドライハード

続いてご紹介する商品がこちら。

ミントタブレットと言えばミンティアを挙げる人は多いのではないでしょうか?そんなミンティアの中でも強力なハードタイプを8位にしました。

こちらも10位同様スッキリ感がすごいため、味わうよりも効果重視の人向け。味も辛口なので、甘さが必要な人にはキツイかもしれません。

一方1粒は小さいですが量が多く、眠気や口臭の度合いに応じて調節できるのもミンティアシリーズの魅力ですね。ケースもカード型なのでポケットにも入り、場所をとりません。

 

第7位 アサヒグループ食品 ミンティアブリーズシャイニーピンク

出典: Amazon.co.jp

アサヒグループ食品 ミンティアブリーズシャイニーピンク

7位の商品はミンティアからシャイニーピンク。ほかのミンティアに比べると内容量は少なめですが粒がやや大きめ。ミントの味がありつつ甘めで、私には食べやすかったです。

ケースのパッケージに5分継続と謳っている通り、清涼感・爽快感が長続きしやすいのも特徴。デートや仕事中など、しばらくケアできない時に、予め食べておくと息がスッキリさせやすいです。

 

第6位 クラシエフーズ フリスクペパーミント

出典: Amazon.co.jp

クラシエフーズ フリスクペパーミント

6位にご紹介させていただく商品は同じくミントタブレットして有名なフリスク。フリスク派の人も多いのではないでしょうか。ミンティアと違ってミントメインの味が多いフリスクだからか、ベーシックなタイプでも爽快感あるミントを強く感じます。

フリスクはケースのパッケージもかわいいですよね。

ただフリスクは全体的に値段がやや高めであること、リニューアル後のケースが、取り出しにくく感じることもあるのでこの位置としました。

 

第5位 アサヒグループ食品 ミンティアフレッシュクリアミント

出典: Amazon.co.jp

アサヒグループ食品 ミンティアフレッシュクリアミント

第5位としてご紹介する商品がこちら。

クリアミントタイプのミンティアは、甘味料としてキシリトールが入っている点に注目。息のケアや眠気覚ましとして使われることが多いミントタブレットですが、ちょっとだけ歯のケアになるのはありがたいですね。

イメージとしては、一般的な歯磨き粉に近い味。辛すぎず甘すぎずなので、ミントそのものの味が好きという人に向いています。

 

第4位 アサヒグループ食品 ミンティアグレープ

出典: Amazon.co.jp

アサヒグループ食品 ミンティアグレープ

第4位としてご紹介する商品がこちら。

目的がエチケット用でも、美味しさは外せない。そんな人にはグレープ味のミンティアの商品をおすすめします。私もミントばかりより何らかの味が欲しいタイプで、その中でも気に入っているのがグレープです。

ほかのタブレットと異なり、ミンティアでは巨峰果汁フリーズドライパウダーに巨峰果汁そのままのタイプ、さらに100%巨峰果汁入りアロマビーズを追加していて、よりジューシーな味が楽しめます。

タブレットそのものでケアするというより、美味しさゆえに唾液分泌が期待でき、結果口内ケアが期待できる印象です。

 

第3位 アサヒグループ食品 カルピス×ミンティア

出典: Amazon.co.jp

アサヒグループ食品 カルピス×ミンティア

第3位の商品としてご紹介するのがこちら。

人気のアサヒグループ食品から販売されている殺菌乳酸菌飲料粉末入りのミンティアです。カルピスの味が楽しめるだけでなく、カルピスを飲むのと同様に乳酸菌が得られます。

口の悩みに対処するだけでなく、お腹にもプラスになるのが良いですね。独特の甘酸っぱさで、食べやすい魅力もあります。

 

第2位 アサヒグループ食品 ミンティア ワイルド&クール

出典: Amazon.co.jp

アサヒグループ食品 ミンティア ワイルド&クール

なんだかんだと言いつつ、ミンティアの中ではやはりベーシックな味が1番かもしれません。2位の商品はワイルド&クールにしました。

カフェイン入りなので苦手な人は注意ですが、その分目覚め、爽快感は期待が持てます。価格も買いやすいですし、継続して利用するのにうってつけです。

 

第1位 ライオン キシリトール タブレット クリアミント

出典: Amazon.co.jp

キシリトール タブレット クリアミント

そして堂々の第1位としてご紹介する商品がこちら!

こちらの商品はライオンから販売されている商品です!ガムでお馴染みの爽快感あるキシリトール、そのタブレット版。ミント味でありながら、キシリトールが100%しっかり入っていますから、歯磨きを忘れて外出してしまった日に重宝します。

普段から飴を舐めている人は、置き換えすることで虫歯予防が期待できることも。

唯一の弱点はほかの製品に比べて高価な点。ブレスケアであればほかの製品に任せ、歯のケアが必要な日に使うのもありですね。

 

まとめ

別にミンティア信者というほどではないのですが、バリエーション豊富なのでいろいろ試してみたくなってしまうんですよね。もしミントが苦手だけどケアはしたいという人は、グレープやカルピスなど別の味が付いたものから始めてみましょう。

自分も周囲もスッキリできるミントタブレット、ポケットに1ついかがですか?

記事内で紹介されている商品

ロッテ ブラック×ブラックタブレットスト…

サイトを見る

グリコ ブレオスーパー タブレットクリア…

サイトを見る

アサヒグループ食品 ミンティアドライハード

サイトを見る

アサヒグループ食品 ミンティアブリーズシ…

サイトを見る

クラシエフーズ フリスクペパーミント

サイトを見る

アサヒグループ食品 ミンティアフレッシュ…

サイトを見る

アサヒグループ食品 ミンティアグレープ

サイトを見る

アサヒグループ食品 カルピス×ミンティア

サイトを見る

アサヒグループ食品 ミンティア ワイルド&…

サイトを見る

キシリトール タブレット クリアミント

サイトを見る

関連記事