種類も豊富で必需品!メガネケースのおすすめランキング10選

メガネを使っている人なら、誰でもひとつはメガネケースを持っているのではないでしょうか。メガネを購入するとお店でつけてくれますよね。特にメガネを持ち運ぶことが多い方は、購入時に付いてくるケースでは物足りないと感じている方も少なくないと思います。

別売りのメガネケースは、見た目がおしゃれで持っているだけでうれしくなる商品や、耐久性や機能性にすぐれており便利に使える商品、他にもさまざまな付加価値がついている商品があります。

筆者も学生時代からメガネを愛用しています。筆者の場合、メガネを常時かけていないので、メガネケースは家でも外出先でも必需品です。

今回は、そんな長年眼鏡を使っている筆者おすすめのメガネケースをランキング形式でご紹介します。おすすめの商品だけでなく、メガネケースの選び方も併せてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

メガネケースの選び方

メガネケース・ラウンド型

ひとことでメガネケースと言っても、様々な種類の商品があります。ここでは、メガネケースの種類と生活スタイルに合ったメガネケースの選び方をご紹介します。

 

強度を考えて素材を選ぶ

メガネケースはメガネを守るためのケースです。メガネをしっかり守りたい人にとって、気になるのはケースの強度でしょう。メガネケースは使われている素材は、ハードな素材とソフトな素材のふたつのタイプに大きく分けられます。素材によって、強度が大きく異なります。

ハードな素材には、アルミなどの金属やプラスティックなどがあります。素材が硬いため頑丈なことがメリットです。強い力が加わっても変形せず、大切なメガネを安心して保管できます。メガネを入れたまま落としてしまっても、メガネが傷つく心配はありません。ただし、比較的重いため持ち運びが不便であることがデメリットです。

ソフトな素材には、布や革などがあります。柔らかい素材でできていて、見た目におしゃれな商品も多いです。軽くて持ち運びに便利なことも、メリットでしょう。デメリットは衝撃に弱いことです。ケース自体が柔らかいため、外からの強い力がダイレクトにメガネに伝わります。落としたりぶつけたりすると、中のメガネが傷つくことがあるので注意が必要です。また、摩耗などによりケースがすり減ることもあるため、ハードな素材のケースに比べて劣化が早いです。

 

生活スタイルに合う形状を選ぶ

メガネケース三角型

メガネケースの形状は、開閉式・差込式・スタンド式・ロール式の4つに分けられます。形状によってメガネの入れ方や使い勝手が変わります。

一番よく目にする形状が、開閉式です。メガネを購入した時についてくるメガネケースのほとんどがこの形状です。開閉式のメガネケースは、蓋を上に開けてメガネを出し入れします。パカッとふたを開けるだけでメガネを出し入れでき、誰にでも使えます。子供の初めてのメガネにもよいですね。定番の形状なので、デザインも豊富です。ハードな素材でできていることが多く、頑丈で持ち運びに便利です。

差込式のメガネケースは、ケースの片側にメガネを入れる差込口があります。片手で口を開けることができ、サッと手軽にメガネを出し入れしたい人におすすめです。ソフトな素材でできおり、軽く外出などに気楽に持って行けます。

スタンド式のメガネケースは、メガネスタンドと言われることもあります。卓上でメガネを立てて収納することができ、自宅で使うのに適しています。メガネを2本収納できる商品や、スマホやテレビなどのリモコンも一緒に収納できる商品などがあります。平らな場所において使うことを想定された形状なので、持ち運びにくいです。

ロール式のメガネケースは、メガネを入れてくるくると巻いて使います。お洒落な革や布でできていることが多いです。メガネの出し入れが少し手間なので、あまり出し入れしない方や、普段は使わないメガネの保管などにおすすめです。商品のバリエーションはあまり多くありません。

 

さまざまなデザインのメガネケース

最近はさまざまな種類のメガネケースがあり、有名なファッションブランドのメガネケースなどもあります。好みの形状や素材が決まれば、あとは色やデザインなどで選ぶのと良いでしょう。

仕事中に使うなら、スーツで持ってもおかしくないシンプルで高級感のある革や金属製のメガネケースはいかがでしょうか。おうちでテレビを見るとき用のメガネを保管するのなら、テレビリモコンも一緒に収納できるスタンド式ケースがいいかもしれません。学生なら、面白い見た目の食べもの柄や、アニメキャラクターのデザインのメガネケースもいいかもしれません。

メガネケース 焼きそばパン

出典: Amazon.co.jp

メガネケース 焼きそばパン

生活スタイルや好みに合わせて、お好みのメガネケースを選びましょう。

 

メガネの手入れ方法

いろんなメガネケース

メガネを長く使うには、日々のお手入れが重要です。メガネケースに入れることも、メガネを傷つけずに保管するためなので、大きく言えばメガネのお手入れの一つと言えるかもしれません。

ここでは、メガネケースに入れるだけでない、メガネを長く使うための手入れ方法をご紹介します。

 

洗うなら、水と専用洗剤で

アルカリや酸性の洗剤はプラスティックレンズのコーティングを痛める可能性があります。洗うなら、メガネ専用洗剤が一番です。もしなければ、キッチンで使うような中性洗剤が良いでしょう。

 

ひずみ防止のために、着け外しは両手で

メガネを片手で着けたり外したりしていると、フレームにひずみが生じる可能性があります。ひずみが発生すると、着け心地が変わってしまいます。必ず両手で着けたり外したりしましょう。

 

置き方に注意

実はメガネは、着けているときよりも外している時に壊れることのほうが多いです。メガネを壊さないために重要なのが、外した時の置き方です。

一番よいのは、メガネケースに入れることです。メガネケースが手元にない時には、フレームをたたんでレンズを上にした状態でおきましょう。レンズ面を下に向けると、レンズに傷がつくことがあります。

 

メガネ店で定期的な点検を

メガネは毎日気を付けて使っていても、多少ひずみがでたり、蓄積した汚れが取れなくなったりすることがあります。メガネ店で定期的に点検・調整してもらうことをおすすめします。

 

メガネケースおすすめランキング10選

ここでは、筆者おすすめのメガネケースをランキング形式でご紹介します。商品のおすすめポイントも併せてご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

第10位 RONGUI メガネハードケース

出典: Amazon.co.jp

RONGUI メガネハードケース

高級感のあるアルミ製メガネケース

シンプルでクールなデザインのアルミ製ハードケースです。アルミ製で、とても頑丈です。色は、シルバーとブラックの全2色です。

かっこいい見た目でスーツにも合うデザイなので、男性に人気があります。無駄のない形状でコンパクトにできているので、持ち運びも便利です。

ビジネスでも使えるシンプルでコンパクトなメガネケースをお探しの方におすすめです。

 

第9位 MJY屋 シンプル メガネハードケース

出典: Amazon.co.jp

MJY屋 シンプル メガネハードケース

お洒落な木目調のハードケース

お洒落な木目調デザインのハードケースです。四角い形で、より木材っぽく見えます。カラーは、グレー、ブラウン、ライトブラウン、ダークブラウンの全4色あります。

木目調デザインが好きな方におすすめです。

 

第8位 Buttero ブッテーロ メガネケース

出典: Amazon.co.jp

Buttero ブッテーロ メガネケース

珍しい筒型の、牛ヌメ革製メガネケース

Butteroのイタリア牛ヌメ革を使った、珍しい丸い筒型のメガネケースです。Butteroは、世界的に有名なイタリア伝統レザーの名称で、生産数が限られているため、入手が難しい希少な革です。

Butteroを使ったこちらのメガネケースは、珍しい円柱型です。この形のメガネケースを持っている人は、あまり見かけませんよね。しっかり厚みがあるので、厚みのあるフレームのメガネでも大丈夫です。

高級牛ヌメ革を使ったメガネケースに興味がある方、円柱型のメガネケースで他の人と区別したい人などにおすすめです。

 

第7位 テーシーケース メガネケース

出典: Amazon.co.jp

テーシーケース メガネケース

メガネを2本収納できる、スリムケース

EVA素材を使った、2本収納ができるファスナー式のメガネケースです。軽量で柔軟にもかかわらず、弾力性があり丈夫です。オレンジ、レッド、ブラックの3色あります。

メガネが2本も入るのに薄くて軽いので、持ち運びが便利です。2本のメガネを持ち歩きたい方におすすめです。

 

第6位 おしゃれ デニム調 メガネハードケース

出典: Amazon.co.jp

おしゃれ デニム調 メガネハードケース

デニム調デザインの折りたたみケース

デニム調デザインの三角型のメガネケースです。男女問わず使えるシンプルなデザインです。四葉のクローバークロスが付いています。

折りたたみ式なので、メガネを入れていないときはコンパクトに折りたたむことができます

 

第5位 BRIT HOUSE コードバン メガネケース

BRIT HOUSEの馬革高級メガネケース

1頭の馬からわずかしか取れないため「革のダイヤモンド」とも言われるコードバン(馬のお尻部分にある特殊繊維組織部分)を使用した高級メガネケースです。コードバンは、耐久性があり、滑らかな美しい革です。ブラック、ダークブラウン、ウィスキー(キャメル)の3色あります。

熟練した職人が作った本革製のメガネケースです。本革なので、使い込むと色艶が増してきます。使いはじめは少しかたいと感じるかもしれませんが、徐々にしなやかになってきます。

お値段は2万4千円前後です。よくあるメガネケースの価格に比べると、びっくりするくらいのお値段ですが、本革製品で熟練職人の作品だと考えると、必ずしも高いとは言えないでしょう。

一生使える高級なメガネケースをお探しの方におすすめです。

 

第4位 メガネケース ウレタン セミハードケース

出典: Amazon.co.jp

メガネケース ウレタン セミハードケース

フック式で、吊り下げて持ち運べる

カジュアルに使えるファスナー式のメガネケースです。丈夫でシンプルなデザインです。色は、ブラック、ブルー、オレンジ、レッドの4色あります。

吊り下げ用フックが付いているので、かばんやジーパンのベルト通しなどに取り付けられます。バックに入れっぱなしだと、いざという時にすぐにメガネを取り出せず不便ですが、このメガネケースはフックでいろんなところに吊り下げされるので、そういった心配がありません。アウトドアにも便利です。

メガネをバックの中から出す際に手間取るのが気になっている方、アウトドアで使えるメガネケースをお探しの方などにおすすめです。

 

第3位 MOSSA メガネケース

高級志向のMOSSAシリーズ

サッと出し入れできる、革風素材の差込式片口ケースです。シンプルなデザインで、使う場面を選びません。軽く薄いので、スーツの内ポケットに入れることができます。色はブラックとブラウンの2種類です。

合皮なので、本革より扱いやすいです。内側にはフェルトがはられており、レンズをしっかり守ってくれます。

なんと500円以下で購入できます。合皮なので本革ほどの耐久性はありませんが、このお値段なら仕方がないでしょう。お洒落で持ち運びしやすい差込式ケースをお探しの方におすすめです。

 

第2位 茶谷産業 Elementum メガネスタンド

高級感のあるメガネスタンド

眼鏡2本を縦向きに収納できるメガネスタンドです。フサフサの毛が、眼鏡のレンズをしっかり守ってくれます。幅約14cm、奥行約6cmと省スペース設計なので、卓上の小さいスペースに置くことができます。高級感があり、家だけでなく職場のデスクに置いている人もいるようです。

人気のシリーズで、他にもメガネ2本とスマホなどの小物を収納できる商品や、メガネを横置きできる商品などもあります。

しっかりした作りでお値段は少し高めですが、愛用者の多い商品です。卓上用のおしゃれで高級感のあるメガネスタンドをお探しの人におすすめです。

 

第1位 コンパクト メガネケース

お洒落な革風で、低価格!

名古屋眼鏡のメガネケースです。質の良い合革にステッチがはいった、お洒落なセミハードタイプのメガネケースです。革の質感が良くて本革と見間違えるほどです。高級感があります。色は、エンジ、ブラウン、ブラックの3色です。

コンパクトタイプですが、ケースは厚みがあるので、普通のメガネなら入ります。

見た目の割に安い価格が魅力です。なんと600円程度で購入できます。合皮なので本革ほどは長持ちしませんが、お値段を考えるとかなりコストパフォーマンスが高いメガネケースではないでしょうか。

安くて見栄えのするメガネケースをお探しの方におすすめです。

 

眼鏡ケースの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、眼鏡ケースの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

お気に入りの眼鏡ケースをバッグにイン!

今回はたくさんのメガネケースをご紹介しました。気になる商品は見つかりましたか。

視力が悪い人にとってメガネは毎日必須のアイテムです。メガネケースはその大事なメガネを守るために重要で、持ち歩いている人も多いはずです。自分好みのメガネケースを手に入れることができれば、あなたの毎日の生活が今まで以上に快適になるかもしれませんよ。

今回の記事を参考にして、あなた好みのメガネケースを手に入れてくださいね。

記事内で紹介されている商品

メガネケース 焼きそばパン

サイトを見る

RONGUI メガネハードケース

サイトを見る

MJY屋 シンプル メガネハードケース

サイトを見る

Buttero ブッテーロ メガネケース

サイトを見る

テーシーケース メガネケース

サイトを見る

おしゃれ デニム調 メガネハードケース

サイトを見る

BRIT HOUSE コードバン メガネケース

サイトを見る

メガネケース ウレタン セミハードケース

サイトを見る

MOSSA メガネケース

サイトを見る

茶谷産業 Elementum メガネスタンド

サイトを見る

コンパクト メガネケース

サイトを見る

関連記事