ママライターが教える!!マザーズバッグおすすめランキング8選

子どもと一緒にお出かけするとき、ママの荷物だけでなく、子どものオムツ替え用品や着替え、母子手帳、その他にも必要に応じてミルクや哺乳類、離乳食や子どものおもちゃなども持ち歩かなければなりません。

なのでママは大荷物になってしまいます。

そんなときに活躍してくれるのが、マザーズバッグです。

現在のマザーズバッグは、シンプルなデザインのものだけでなく、おしゃれなデザインや可愛いデザインのものもあります。なので、可愛くないから、可愛い普通の大きなバッグを使おうかなと思っている人でも、マザーズバッグを一度見てみてほしいです。

マザーズバッグとひとまとめにして言っても、大きさ、形、機能性など、様々なタイプがあるので、その辺りも含め、詳しく紹介していきます。

 

ママにとってバッグ選びは重要

私は最初、普通の大きなバッグとマザーズバッグは一緒だろうと思い、大きなバッグを購入して使っていました。

でも、大きいが故に欲しいものをすぐに取り出せなかったり、キーケースや赤ちゃんの歯固めなど小さいものがどこにあるのかわからなくて探すのに時間がかかってしまって、使いづらいな〜と思いながら使っていました。

そんなとき、ママ友も大きなバッグを持っていたので「大きなバッグって使いづらくない?」と聞いたら、「え!何言ってるの!凄い使いやすくて便利じゃん!」と言われ、私は予想外の返答が返ってきて驚いてしまったんです。

その理由を聞いたら、ママ友はマザーズバッグを使っていました。

普通の大きなバッグと違い、マザーズバッグはポケットの数が多かったり、軽かったり、工夫がされて作られていて良いということを知りました。なので、私もマザーズバッグを探しに行ったんです。

マザーズバッグを選ぶときに、デザインを今の好みで選ぶか数年後のことも考えて選ぶか、迷いました。形も様々あり、どうしようか迷いました。あのときは凄い迷って選択しましたが、その選択の仕方は間違ってなかったなと思います。

それは、まずこれだけは必要だ!という機能を決め、その機能のあるものに絞り、軽いものがよかったので軽いものに絞り、デザインは子どもの荷物を持ち歩かなくてもよくなったときや、ひとりのときも使えるようなデザインで、数年後も使えそうなデザインで選んだことです。

読者様も、これだけは譲れない条件!というものを決めて探し、その中から次に譲れない条件に絞り、というふうにして選ぶと良いと思います。

子どもが一緒にいて、子どもの荷物も持って、そんな中道具を取り出すのは大変ですが、譲れない条件を決めておくと、大変なママの力になって、大変さを軽減させてくれるマザーズバッグに出会えると思います!

 

マザーズバッグ選びに外せないこととは

マザーズバッグは、子どもの荷物とママの荷物を持ち歩かなければならないママの負担を軽減してくれるアイテムです。

普通のバッグと同じだと思われがちですが、マザーズバッグは機能性や収納など、様々なことが優れているんです。

細かいところまで工夫されていたりするので、細かいところまでチェックして選んでほしいです。そのためにも、どのような工夫があるのか知っていただきたいので、詳しく紹介していきますね。

 

機能性

◉内側のポケットの数

キーケースや小銭入れ、ティッシュや子供のおもちゃなど小さいものはバッグの中で行方不明になりやすいですよね。

それを、子どもと一緒にいる時に探そうとすると、凄く大変です。

ポケットの数が多いと、小さいものはポケットの部分に分けて収納しておくことができるので、必要なときに必要なものを素早く取り出せますね。どこにあるかわからず急いで探したり焦らなくて済むようになるので、ママの負担が軽減されますね。

 

◉ショルダーストラップ付きのもの

普段は普通に持っていても平気でも、長時間子どもを抱っこして肩が痛くなってしまって大変なときや、お買い物をしたりして荷物が多いときには、ショルダーストラップを使って肩から斜めがけにしてショルダーバッグのように持つと、手が空いて大変さと、肩への負担も軽減されます。

 

◉防水性

雨の日に子どもを抱っこして傘を差していると、どうしてもバッグだけ傘の中に入らず雨に濡れてしまうということがあります。

他にも予想外のことで汚れが付いてしまったり、濡れてしまったりすることがあります。

そんなとき、防水のバッグを使っていればササッと拭き取るだけで綺麗になるので、バッグが汚れてしまったり、中まで水が染み込んでしまうことが無いので、防水加工を施してあるものや、防水素材のものを選ぶといいかもしれませんね。

 

◉耐久性

ママの荷物と子どもの荷物を入れるので荷物が多く重くなるのと、長い期間使うものなので、持ち手の部分と底面の部分、それぞれ生地の厚さと縫製がしっかりされていて丈夫に作られているのかを確認しましょう。

私も一度、しっかりと確認しなかったが故にお出かけ中に持ち手が切れてしまったことがあります。子どもも1歳未満の赤ちゃんで、お家から遠いところに電車でお買い物に行っていたので、とても大変でした。

そんなことになってしまわないように、しっかりと確認して選んでくださいね。

 

収納の多さ

上の、機能性の項目でもお話した「内側のポケットの数」が多いと凄い助かりますよね。

内側だけでなく、外側にもチャックのポケットがあると便利です。

縦に大きいバッグの方が多く入るように見えるかもしれませんが、深いとそれだけ取り出しにくくなるので、横に大きくてマチの幅が広いものを選ぶのをおすすめします。

なぜかと言うと、横幅がありマチの幅もあると、取り出しやすく、収納も多くなるからです。

 

デザイン

冒頭でもチラッとお話しましたが、現在のマザーズバッグはシンプルなデザインから可愛いデザインやお洒落なデザインのものがあります。

ママだから、マザーズバッグだからといって、お洒落を諦めたくないですよね。お洒落を諦めずに、好きなデザインを選び、お洒落を楽しみましょう。

マザーズバッグは、子どもが赤ちゃんの頃から使えて、子どもの荷物を持ち歩かなくてもよくなった頃もママの大きめなバッグとして使ったり、一泊二日くらいの旅行に行くときに旅行用バッグとして使ったりもできます。

そういったことも考え、今の好みのデザインを選ぶのか、長く使えて飽きるのことが無さそうなデザインを選ぶのか、考えると良いと思います。

 

軽さ

ママの荷物と子どもの荷物を持っているので、それだけでも重いと思います。子どものことを抱っこするときもあると思います。

そういったことを考えると、マザーズバッグも重たいものを選んでしまうと、更に重たくなってしまうので、マザーズバッグは軽いものを選ぶといいのではないでしょうか?

ナイロン素材は軽いのでおすすめです。軽いだけでなく、汚れにくく、強いのも良いポイントです。

ポリエステル素材も軽く、強い素材なので、良いと思います。

 

バッグのタイプはどれがおすすめ? シーン別に選ぶ!

マザーズバッグの中でも、トートバッグタイプ・ショルダーバッグタイプ・リュックタイプなど、様々な種類のバッグがあります。

どのタイプにしたらいいんだろうと悩む方もいるのではないでしょうか?

私の経験から、どのバッグのタイプが、どのようなシーンに向いているのか、おすすめなのか、お話していきます。

 

トートバッグタイプ

・ベビーカーで移動するとき、荷物をまとめてひとつにした方が楽だと思うので、ベビーカー移動が多いママには大容量のトートバッグがおすすめです。

・たくさん荷物を持ち歩きたいママ、荷物の多いママにおすすめです。

・混んでいるバスや電車に乗る場合、しっかりと自分の体にくっつけて持つことができるので、おすすめです。

 

ショルダーバッグ

・スリングを使って赤ちゃんを抱っこするママにおすすめです。

・両手が空くので、抱っこひもなど無しで抱っこが必要な子どもがいるママにおすすめです。

・ショルダーストラップの長さを調整してバッグを少し高い位置に持ってきて、バッグの上に抱っこしている子どもが座るような形にして抱っこすると、子どもの体重をバッグにかけるようにすると、抱っこしている腕の負担が軽減しますよ。

・お財布が出しやすいので、お買い物のときにおすすめです。

・子どもが転んでしまって起き上がらせてあげるときに邪魔にならないので、外で遊ぶときやお散歩のときなどにおすすめです。

 

リュック

・スリングを使って赤ちゃんを抱っこするママにおすすめです。

・両手が空くので、抱っこひもなど無しで抱っこが必要な子どもがいるママにおすすめです。

・子どもが歩き始めたら、リュックがおすすめです。

・子どもが走ったときに、1番追いかけやすいのはリュックです。

・子どもが転んでしまって起き上がらせてあげるときに邪魔にならないので、外で遊ぶときやお散歩のときなどにおすすめです。

・車が多い道など危険がある道を歩く場合におすすめです。

 

私が愛用していたマザーズバッグはコレ!

 

私は、GUCCIから出ているマザーズバッグを使用しています。

GGキャンバス・レザー・ウェビングラインが組み合わせられデザインされているので、可愛さは抜群です。

ママでもお洒落は楽しみたい、マザーズバッグとして使い終わったらトートバッグとして使いたいと思い、この商品の購入を決めました。

マチの幅も、高さもしっかりとあるので、収納量が多く、内側のポケットもしっかりあるので、小物も収納しやすいです。

内側には、ペットボトルホルダーがあるので、飲み物を立てて入れることができるのは嬉しいです。折り畳めるオムツ替えシートも付いていて助かっています。防水機能は無いので、撥水スプレーをかけて使っています。

見た目も、機能性も優秀で、このバッグを選んで良かったなと、購入して2年経った今でも思っています。

 

ママライターが教える!!マザーズバッグおすすめランキング8選

私の経験してきたことや見てきた中から、良いなと思った、おすすめのマザーズバッグを、特徴や機能性などにも触れながら紹介していきます。

 

1. 『ジェラート ピケ マザーズバッグ』

可愛くて柔らかく気持ちの良い素材のルームウェアが有名な、ジェラートピケ。ベビーグッズやママグッズもあるんです。

ジェラートピケのベビーグッズとママグッズの特徴は、優しい色合いで描かれた可愛い動物の絵柄です。どんなテーマでも、毎回とても可愛いです。

マチの幅も広く、外側にも内側にもポケットがあります。内側には、ペットボトルホルダーがあります。飲み物を立てて入れることができるのは嬉しいなと思います。

斜めがけもできるように、ショルダーストラップも付いています。バッグはファスナーで閉じれるようになっています。素材は、表地が綿100%、裏地はポリエステル100%です。

ビニールでコーティングされているので、雨の日でも安心して使えますね。汚れがついてしまってもらササッと拭き取ると綺麗になるので、汚さずに使えて嬉しいですね。カラーは、ピンクとブルーの2色展開です。

価格は、5,184円(税込)です。機能性も考えると少し高く感じますが、こんなに可愛いデザインなので、誘惑に負けて買ってしまいますね。

 

2. 『コアルー ニューラフィー 5WAY マザーズバッグ

出典: Amazon.co.jp

コアルー ニューラフィー 5WAY マザーズバッグ

5WAYと、様々な形で使うことのできるマザーズバッグです。

トートバッグ、ショルダーバッグ、リュック、前抱え、メッセンジャースタイルに変化するので、時や場所によって使い分けれるのは嬉しいですね。

ショルダーストラップは、クッションが入っていて、肩が痛くならないように工夫されています。クッション入りのパッド(40cm×55cm)も付いていて、オムツ替えシートとして使えたり、お散歩のときに芝生やベンチに敷いて座ることもできます。

バッグはファスナーで閉じれるようになっています。素材は、ポリエステル100です。

カラーは、ブラックに内側ピンク・ネイビーに内側パープル・レッドに内側カーキー・グレーに内側ライム・カーキに内側ベージュの5色展開です。

価格は、8,424円(税込)です。5WAYで使えて使い勝手も良さそうなのにこの価格は、とてもありがたいですね。

 

3. 『KLOKOL マザーズバッグ』

大容量でポケットの多さが魅力な、KLOKOLのマザーズバッグです。

ポケットは、内側に5つ、外側に5つあります。マチの幅も、高さもしっかりとあるので、沢山収納できます。

ショルダーストラップが付いているので、持ち手を持ってトートバッグとしても、斜めがけにしてショルダーバッグとしても使用できます。

1680Dオックスフォード素材という、丈夫で撥水加工が施してある生地なので、水や汚れに強く、雨の日でも安心して使えますね。傷も付きにくい生地なので丈夫で、耐久性も優れてます。長く使えそうですね。

保温機能があり、冷めにくく、ぬるくなりにくいボトルポーチが付いているので、ミルク用のお湯も持ち歩くことができ、3時間保温可能です。

マザーズバッグ本体の重さは400gと、とても軽いです。ママの負担にならなくて助かりますね。パパと兼用しても使用できるデザインなのも嬉しいですね。

価格は、2,999円(税込)です。機能性・耐久性・防水性・収納力どれも優れているのに、この価格は驚いてしまいました。お値段以上で、とても優れていますね。

 

4. 『DORACO 超軽量 マザーズバッグ エアリーボストン』

出典: Amazon.co.jp

DORACO 超軽量 マザーズバッグ エアリーボストン

可愛くて、とても軽いマザーズバッグ、エアリーボストンです。

生地も厚く、部品も丈夫なものを使って作られているのに超軽量というのは魅力的ですよね。

なんと、バッグの重さは540g〜600gで、500mlのペットボトル1本分程度の重さなんです。バッグが軽いと、ママの負担が軽減され助かりますね。

持ち手は肩に食い込まないように工夫され、ロープ上の芯材の糸をほぐした柔らかい素材で作られています。斜めがけもできるようにショルダーストラップも付いています。

背面ポケットは、長財布を入れることができるように作られているので、お買い物のときに素早くお財布を取り出すことができて助かりますね。

内側には、ペットボトルホルダーがあります。飲み物を立てて入れることができるのは嬉しいなと思います。バッグはファスナーで閉じれるようになっています。

素材は、日本製のナイロン素材で、雨の日でも大丈夫なように撥水加工が施してあるものを使っているので、雨の日でも安心して使えますね。併用して撥水スプレーをこまめに使用すると、さらに効果的だと思います。

カラーは、ブラック・グレーブラウン・ダークデニム・ブロンド・ボーダーブラック・カモフラの6色です。

価格は、16,956円(税込)です。

 

5. 『CROSS WALKER マザーズバッグ』

出典: Amazon.co.jp

CROSS WALKER マザーズバッグ

ポケットの数が多く、内側に7つもあります。ポケットが多いのは助かりますね。マチの幅も広いので、収納力が優れています。

バッグの下にもポケットがあり、内側が防水になっているので、折り畳み傘のような濡れたものや、汚れたものを入れることができます。

持ち手部分は、肩にかけれるように少し長くなっていて、斜めがけもできるようにショルダーストラップが付いています。バッグは、ファスナーで閉じれるようになっています。ベビーカーにぶら下げれるように、ベビーカー用の吊り下げベルトも2本付いています。

カラーは、ブルー・カーキ・レッド・グリーンの4色展開です。水玉のデザインなので、どれも可愛いと思いました。

価格は、3,129円(税込)です。

 

6. 『BabySuper 2WAY マザーズバッグ』

出典: Amazon.co.jp

BabySuper マザーズバッグ 2way

付属品が付いてきて2WAYで使える、BabySuperのマザーズバッグです。
マチの幅もあり、高さもしっかりとあるので、収納量は多いです。外側にはファスナー付きのバッグポケットとフロントポケットがあり、内側にもポケットが6つあります。

肩にかけれる持ち手部分が長くなっていて、斜めがけもできるようにショルダーストラップも付いています。また、肩に負担がかからないように、肩にかかる部分は幅が広くなっています。こういったママを気遣った工夫は嬉しいですね。

ボトルバッグ、オムツ替えシート、ベビーカーにマザーズバッグをぶら下げるためのフックが付いています。バッグはファスナーで閉じれるようになっています。

素材は、表地はマイクロファイバーで、裏地はポリエステルになっています。デザイン展開は無く、ホワイトとブラックのストライプ柄のみになります。

価格は、2,488円(税込)です。軽量に作られていて、大容量&お洒落でこの価格は嬉しいですね。

 

7. 『Ticent マザーズバッグ リュック』

出典: Amazon.co.jp

Ticent マザーズバッグ リュック

ママへの気遣いがあり工夫されている、リュック型のマザーズバッグです。

私がこのマザーズバッグの1番の魅力だと思うのは、哺乳瓶を入れるためのポケットがあるところです。

保温断熱効果があり、保温に優れています。そして、取り出しやすいようにリュックの内側にあるのではなく、前部分のポケットにあり、そこのポケットは哺乳瓶専用のポケットになっているんです。専用だと衛生的にも良いですよね。

リュックの中が全て見えるように、大きく口が開くので、中を見渡せていいなと思いました。内側にもポケットが5つあり、そのうち1つだけファスナーポケットになっています。

背面部分の下の方にもファスナーがあり、そこから物を取り出すこともできるようになっています。リュックを下ろすのが面倒なときや、下の方に入れてしまった物を取り出すときに便利ですね。

背面部分の上の方にもファスナーがあり、そこには携帯電話・キーケース・パスケース・チケット・お財布などの小物を入れることができるように作られています。

側面部分には、ティッシュポケットがあるので背負ったままリュックを取れます。

素材は、ポリエステルがメインになっています。防水になっているので、雨の日でも安心し使用できますね。ポケットは合計で12個も付いています。

カラーは、オレンジ・グレー・ネイビー・ブラック・ライトブルーの5色展開です。

価格は、2,480円(税込)です。お洒落な見た目で機能性も優れていて、お値段以上の商品だなと思います。

 

8. 『Yunimo マザーズバッグ 』

マザーズバッグでは珍しい、保冷も可能なYunimoのマザーズバッグです。

上部と下部の素材が違くなっているんですが、その間にファスナーがあり、開けてみると保温・保冷機能のあるスペースがあります。

内側の素材に600Dオクスフォードを使っているので、防水で汚れにくく、洗いやすくなっています。メッシュポケットがあります。

離乳食を持ち歩くときに別の保冷バッグを一緒に持ち歩いているので、マザーズバッグと保冷バッグが一体になっているものは良いなと思いました。荷物が減るのはママには助かりますよね。

マチの幅もあり、高さもしっかりとあるので、たくさん入れることができそうです。内側には小さいポケットが2つ、外側にも1つポケットがあります。

バッグはファスナーで閉じれるようになっていて、チャックがた2つあるので開きやすくなっています。肩にかけれるように、持ち手部分は少し長くなっています。

素材は、上部はナイロンで、下部と底部はナイロンとオクスフォードになっています。デザイン展開は無く、ホワイトとブラックのストライプ柄のみになります。

価格は、1,799円(税込)です。お安くて助かりますね。

 

まとめ

子どもの荷物と自分の荷物、とても多い量の荷物を持ち歩くのは大変です。荷物が多いので、鞄の中から出したいものをすぐに出すのも大変です。

そんなママのためのマザーズバッグ。自分にはどのくらいの大きさが良く、どんな形が合い、どんな機能が付いていたらいいのか、想像はできましたか?

とても種類が多いので迷ってしまうと思いますが、大きさ、形、機能、デザインと、細かいところもチェックして、慎重に探しましょう。

ママを少しでも楽にしてくれ、力になってくれる、ピッタリのマザーズバッグに出会えますように。

記事内で紹介されている商品

ジェラート ピケ マザーズバッグ

サイトを見る

コアルー ニューラフィー 5WAY マザーズバ…

サイトを見る

KLOKOL マザーズバッグ

サイトを見る

DORACO 超軽量 マザーズバッグ エアリーボ…

サイトを見る

CROSS WALKER マザーズバッグ

サイトを見る

BabySuper マザーズバッグ 2way

サイトを見る

Ticent マザーズバッグ リュック

サイトを見る

Yunimo マザーズバッグ

サイトを見る

関連記事