通勤をもっと楽に!3wayビジネスバッグおすすめランキング!

仕事に必要な書類などを入れるカバン。

フォーマルスーツでの通勤が求められる人は、ビジネスバッグの中で選ぶ人も多いでしょう。イメージはブリーフケースのような手提げカバンが強いビジネスバッグですが、通勤中の動きやすさ、出張などの長距離移動においてはリュックやショルダータイプの方が便利です。

ゆえにそれらを備えた3wayビジネスバッグであれば、様々なパターンに利用することができます。取引先への訪問ならば手提げタイプに切り替えることも可能。そんな3wayビジネスバッグの魅力をご紹介します。

 

3wayビジネスバッグの使い分け

ビジネスバッグ

 

3wayビジネスバッグの3wayは、上でも触れたように手提げ、リュック、そしてショルダーバッグの3パターンを示すことが多いです。

バッグのカラーや生地、形状はメーカーによって違いますから、ここではまず3パターンの使い方を見てみます。

 

礼儀正しさが引き立つ手提げタイプ

まずは手提げタイプ。ブリーフケースのような長方形からトートバッグ型まで様々ですが、いずれもフォーマルな印象を与えてくれるのが魅力です。他社を訪問する際や、会社役員など上司を交えたプレゼンなど、引き締めが求められる場所では相手に良いイメージを与えてくれます。

リュックやショルダーの場合、後述するメリットがあるもののどこかカジュアル、私的な雰囲気が出てしまうのが弱点。ゆえに大事な場では手提げタイプに切り替えて使える3wayが役立ちます。

ただし手提げタイプは手で持つことから、重い荷物を入れるのには適していません。一方電車内では体から外して荷棚や足元に置きやすいというメリットもあります。

 

手ぶら可能なショルダー

続いてはショルダー型。リュックに共通する部分もありますが、手ぶらになるのが最大のメリットです。手荷物を増やすこともできますし、傘やスマホなどを持つのにも苦労しません。また肩に負荷をかけることになるため、手下げよりも重い荷物を持ち運びしやすくなります。

リュックとの区別では、中身の取り出しが便利というポイントがあります。リュックは背負うものですから、中の荷物を取りだそうと思ったら、一旦下ろさなくてはいけません。しかしショルダーであれば、肩にかけたまま取り出すことが容易に行えます。

 

自転車通勤にはリュックが便利

ショルダーの利便性が高いので、「リュックは不要で2WAYにすれば良いのでは?」と思うかもしれません。しかしリュックにも固有のメリットがあります。それは自転車通勤に便利なところ。

ショルダーの場合、片方の肩にしかかけられないので、自転車に乗っていると荷物の部分が揺れてズレやすいです。背中に回すこともできますが、両肩で背負うリュックと比べると安定さはダウン。またこちらも両肩ゆえ、片肩よりもさらに重い荷物の持ち運びに向いています。

 

ブリーフケースとの比較

ブリーフケース

 

一方ビジネスバッグと言えば、特に男性はブリーフケースを持ち歩いている人も多いでしょう。

もし3wayビジネスバッグを新たに購入しようと思っているなら、メリット・デメリットが自分のビジネスライフにどの程度影響するか考えましょう。

 

荷物は書類がメインか

例えば形状。ブリーフケースの場合はトートバッグ型のビジネスバッグよりも形がかっちり決まっています。そもそもが書類カバンとして作られているブリーフケースですから、長方形以外のものを入れにくいというデメリットがあるんです。

例えばお弁当や飲料、女性ならメイク道具など、形がブリーフケースに当てはまりにくいものを入れたいなら3wayビジネスバッグの方が便利と言えます。

またショルダーやリュックの項でも触れたように、長方形であっても荷物が多い、自転車通勤などで手ぶらが求められる場合は3wayビジネスバッグの方が良いでしょう。

 

書類カバンゆえのメリット

反対にブリーフケースのメリットは、手提げタイプの項で触れたフォーマルさと、書類が安定しやすいことにあります。

形が定まっていないバッグでは、移動中にごちゃごちゃになり、大事な書類が折れ曲がってしまう懸念が拭えません。3wayビジネスバッグを買うにしても書類用のポケットなど、安心できる要素が求められます。

機能性が高いものは値段も高くなりやすいですから、ブリーフケースにおけるデメリットと自分が関係ないと思ったら、ブリーフケースのままでも良いかもしれません。

無理に1つにまとめる必要がない、複数のバッグを持っても良いという人も、多機能型にこだわる必要はないと言えます。

 

3wayビジネスバッグの機能

ビジネスバッグの中身

 

3way以外の特徴についても触れておきましょう。こちらは製品によって有無が異なるので、自分が求める機能を予め知っておくと、購入時に便利です。

バッグゆえの機能としては、マチ付き、防水などがあります。マチは底の幅ですから、たくさん入れる人ほど広い方が良いですね。また防水は、紙や電子機器への対策として、あって損はない機能です。

一方ビジネス向けの機能であれば、先ほどあげた書類ポケットのほか、クッション素材の有無が挙げられます。書類用ならばマチ付きと併せて備わっていると、より形が安定しやすいですよ。

クッションに関しては防水と同じく電子機器、主にノートパソコンやタブレットを持ち運ぶ方向け。水に濡れるのも問題ですが、衝撃で壊れてしまうのも避けたいですよね。

 

プレゼントとしての3wayビジネスバッグ  

仕事、あるいは学業にも役立つということから、3wayビジネスバッグを贈り物にする人もいます。もし検討中であれば、候補としてEIGHTMANのビジネスバッグ3wayをおすすめ。

ターボリン素材やレインカバーによる防水機能のほか、キャリーオンというキャリーケースの上に安定して置くことのできる機能が備わっています。出張の機会が多い人にも重宝しますね。バッグのみの重さは1kgないので、バッグ自体が負担になることもありません。

外見は全体的に黒なのですが、表面に逆L字のラインが走っており、その色がグレー、ホワイト、レッドで選択可能。

フォーマルさであればグレーが無難ですが、贈る方の勤務先が自由なところであれば白や赤もおすすめします。

インナーポケットが備わっているので、筆記具などこまごましたアイテムの収納も容易です。

 

3wayビジネスバッグを選ぶポイント

 

様々なバッグ

 

選び方はここまでのポイントを踏まえて、自分の中で優先順位をつけていくとスムーズです。さらに3wayビジネスバッグならではのポイント上げるとすれば、各形態への切り替え方法が1つ。

例えば手提げからショルダーにする際、取っ手部分やベルトは取り外し可能か。特に手提げとして使う際に、ショルダーやリュックのベルトが出ていると、フォーマルさを損ねるかもしれません。外すことはできないとしても、せめてカバンの中に目立たないよう収納できるものがおすすめです。

またバッグの開閉ですが、チャックかつ、コの字に開けるものを推奨します。チャックがバッグの側面まであり、キャリーケースのように180度開くタイプですね。通常のバッグのように上部だけしかないものに比べ、大きな荷物もしまいやすくなります。

フォーマルさによりこだわるのであれば、素材はやはり本革がベスト。

値段は高いですが、耐久性も良く、むしろ使うほど味わい深いものになるのが魅力です。コストを重視したいなら、ナイロンがおすすめ。ナイロン自体に防水効果があるので、耐水性が気になる人にもぴったりです。

 

3wayビジネスバッグおすすめ5選

 

最後に特に良いと感じた3wayビジネスバッグを5つ、ランキング形式でご紹介します。あくまで3way限定で、4以上や2以下のタイプは除外しました。またメンズ、レディース、どちらも可能と利用者の幅も様々にピックアップしています。

 

第5位 ELOMBK レデイース リュック

まずはELOMBKの3way。フェイクレザーですが高級品ということもあって、フォーマルさが際立っています。形状としてはリュックがベースで、上部に手提げがついており、リュックのベルトがショルダーにもなるというタイプ。

小さそうに見えますが、A4サイズの書類であれば収納可能です。仕事用としては黒がおすすめですが、赤や青などカラーバリエーションも豊富なので、プライベート用にもう1つ持っておいても良いかもしれません。

 

第4位 EASTBOY School 3WAYバッグ

続いてはイーストボーイのバッグ。合成皮革で、基本はスクールバッグとして作られていますが、ビジネス向けとしても○。高校生や大学生の贈り物としてあげて、社会に出てからも使ってもらうなんてこともできそうです。

またレディースジャンルですが、シンプルデザインゆえ男性にも問題なく使えそうなところも魅力的。12cmのマチと、内側に6個あるポケットで収納も簡単に行えます。ショルダー部分は取り外しが可能ですから、手提げカバンの印象を強めたい時にもおすすめ。

 

第3位 サンワダイレクト 3WAYビジネスバッグ

電子機器メーカー発のバッグなだけあって、機能性重視の内容です。マチがもともと17cm備わっているだけでなく、さらに6cm、合計23cmまで拡張可能。水はもちろん汚れにも耐性のある生地で、見た目の維持にも貢献してくれます。

中身は9個ほど、大小さまざまなポケットで区切られており、大きいところならポケットの中に書類やノートパソコンを入れることも可能。クッションや、中身を固定するフリップも付いています。

容量は最大で25l入りますから、仕事道具はもちろん、ちょっとした旅行もこれ1つで補えてしまいます。

 

第2位 AKAUMA 3WAYビジネスバッグ

2位も多機能型のバッグ。防水性や耐久性だけでなく、通気性にも優れています。中身だけでなくショルダーのベルト部分にもクッション材が使われているので、移動中の負担も軽減。

またキャリーケースの上に乗せやすいよう、ケースの取っ手を通せる箇所が備わっています。このバッグだけでもポケットが多く大容量ですが、キャリーケースとセットで使うのにも楽。A4書類や14インチサイズのノートパソコンもしまうことができます。

カラーはグレー、ブラック、ブルー、パープルとあり、黒以外も捨てがたいです。

 

第1位 THE NORTH FACE Shuttle3way

ベストはザノースフェイスのバッグ。Shuttleブランドゆえ値段がそれなりに高いのですが、25lという大容量と、パソコン用ポケットや書類用スリーブ、小物用のセカンドポケットなど機能性は抜群。見た目のシンプルさとのギャップもすごいですね。

横幅は44.5cmもあり、17.3インチのノートパソコンも入ってしまう大きさ。大きめのノートパソコンゆえ、カバンに入らないと難儀している方にもおすすめです。

ショルダーの取っ手などは取り外しも可能で、手提げなら手提げと、3WAYに見られにくい点はフォーマル用として役立ちますね。カラーはブラックのほかコスミックブルーとミディアムグレーヘザー、さらにベージュのようなケルプタン、茶に近いティンバーウルフ、カーキに似たミリタリーオリーブと、独特なラインナップです。

 

まとめ

使い方によっては、1WAYや2WAYよりも便利な3WAYビジネスバッグ。ブリーフケースにはフォーマルっぽさという魅力がありますが、3WAYなら形がしっかりしている、ショルダーなどほかパターンの取っ手を取り外せるなどの機能で補うことが可能です。

たくさんの荷物や重さで苦労しているなら、3WAYでショルダーやリュック機能も取り入れて、毎日を快適に過ごしてみるてはいかがですか?

記事内で紹介されている商品

EIGHTMAN 3way ビジネスバッグ

サイトを見る

ELOMBK レデイース リュック

サイトを見る

EASTBOY School 3WAYバッグ

サイトを見る

サンワダイレクト 3WAYビジネスバッグ

サイトを見る

AKAUMA 3WAYビジネスバッグ

サイトを見る

THE NORTH FACE Shuttle 3way

サイトを見る

関連記事