買いたいものを検索してください

お出かけからビジネス用まで!服装に合わせやすいデイパックおすすめ8選

デイパックはカジュアルにもスポーティーな洋服にも合い、デザインによってはきれいめな服装にも使えて通学やビジネスシーンまで大活躍するバッグです。

デイパックは両肩で支えるので荷物が多少重くても実際よりも軽く感じる事、そして片方に重さが偏らないので歩きやすい事、ポケットが多く使い勝手が良い事が魅力です。

普段使いはもちろん、両手が開くので自転車やバイクなどの乗り物に乗る方にとっては必須アイテムです。

 

デイパックとは?

デイパックとは、英語で『daypack』と書き、日帰りハイキングに使う、その名の通り1日分の荷物が入る程度のリュックサックのことです。

『リュックサック』はドイツ語で、『荷物を入れて担ぐための袋』という意味です。

同じような用途で、『バックパック』という言葉もよく耳にしますが、そちらはアメリカで使われる言葉で前述のドイツの『リュックサック』と同じ意味です。

 

お出かけから通勤通学にもデイパックがおすすめ

容量が大きいから旅行やお出かけに最適

デイパックは日常使いからアウトドアにおいて使いやすく、用途により異なりますが、だいたい14リットルから30リットルくらいのものが普段使いに好まれます。

日帰り旅行には荷物が少なければ14リットル程度の小型の物から25リットル程度のものが使いやすいです。

あまり大きいとついつい入れ過ぎてしまいますが、1日歩く体力を考えると少し小さめで歩きやすい様に体にフィットしやすく、デイパック自体も軽いものが良いでしょう。

通学で使うものは一日中背負って歩き回るわけではないので、30リットル前後の物がよく使われています。容量が大きく中身が見やすいので教科書が多く荷物の仕分けが必要な学生にも使いやすいです。

 

耐久性が抜群

ナイロンやポリエステルは軽くて耐久性が高く、登山用としてよく使われる素材です。

汚れにも強く、汚れても洗いやすく乾きやすいい素材なので、日常生活でも登山用でも使いやすい素材です。

素材的に耐久性が高いですが、デザイン重視のものは縫い目が細かったり生地が薄かったりするのでその場合は縫い目からほつれる場合もありますので同じナイロン素材であっても厚みのある生地を選ぶと長く使えます。

 

カジュアルでスポーティなデザインがおしゃれ

シンプルな色、カラフルなもの、種類はたくさんありますが、スポーツカジュアルな格好によく合うのでタウンユースとして使いやすいです。

タウンユース用のデイパックの素材はナイロン・ポリエステルなどの登山用と同じものから綿素材のものがよく使われています。

他の素材ではバイカラーや一部に合皮や革、(エナメル・スエードなど)の異素材を組み合わせた物は、服装がシンプルでもそれ一つでコーディネートが決まるのでどんなものを使ったら良いのか分からない場合におすすめです。

 

オフィスワークにも使える

オフィスでも使いやすいようにシンプルなデザインのデイパックもあります。

一見デザインはカジュアルなデザインのものでも内側にPCの入るポケット(PCスリーブ付きのもの)やUSBポート付きのもの、ペンを挿せるポケット付きのものもあります。

素材はナイロン・ポリエステル、綿、革(合皮)など様々ですが、色はダークカラーのシンプルな物が多く販売されています。

オフィス用で使えるものは、どのデザインを選んでもシンプル男女問わず使えるので家族で共有して使えるので便利です。

 

デイパックはこのブランドがかっこいい!

シンプルで可愛いデザインが人気!収納力も抜群「MILKFED」

MILKFEDは1995年にアメリカで設立された「 カリフォルニア・クール」をコンセプトにしたレディースブランドです。映画監督としても有名な ソフィア・コッポラが幼馴染のステファニー・ハイマンと立ち上げました。

シンプルで可愛く、流行に左右されずに着られる服や小物が持ち味のカジュアル女子の定番ブランドです。幅広い年齢の女性に支持を受けています。赤いボックスロゴが特徴的です。

出典: Amazon.co.jp

MILKFED ミルクフェド BACK PACK BAR Jr
ブランド
カテゴリ

 

男女ともに人気!スタイリッシュで軽い「GREGORY グレゴリー」

GREGORY は1977年にアメリカ カリフォルニアで生まれたバックパックブランドです。世界的なクライマーとして有名だったウェイン・グレゴリーが1970年に自らデザインした「グレゴリー・パック」がオリジナルで、アウトドアシーンだけでなく日常使いにも適したデザインに人気があります。男女問わず支持されているブランドです。

バックパック専用ブランドとして、快適な背負い心地やフィット感、耐久性、充実した機能性、豊富な商品バリエーションが魅力です。

 

商品バリエーションの豊富さが魅力「JANSPORT ジャンスポーツ」

JANSPORTは、アメリカ シアトルで1967年に設立したキャンプ用品ブランドです。無地のシンプルなデザインから、コーディネートのアクセントにもなる個性的でユニークな柄物まで豊富なデザインが魅力です。日本ではおしゃれに敏感な学生に人気があります。

とにかく商品バリエーションが豊富なブランドです。数千円程度のリーズナブルな値段のデイリーユース仕様の商品から、登山など本格的なアウトドアシーンで便利な商品まで、さまざまなシーンで使える商品がラインナップされています。他の人とはかぶらないデザインをお探しの方におすすめです。

出典: Amazon.co.jp

JANSPORT ジャンスポーツ リュック スーパーブレイク
ブランド
カテゴリ

 

大人可愛い!北欧生まれの「marimekko マリメッコ」

marimekkoは1951年にフィンランドで生まれた、鮮やかな色使いや大胆なプリント柄が魅力のライフスタイルブランドです。「マリメッコ」は、1951年にフィンランドで生まれたブランドです。家の中にひとつmarimekkoの商品を取り入れるだけでおしゃれな北欧スタイルになると、幅広い年代から愛されています。服、バック、インテリア用品や食器 など幅広い商品ラインナップがある、女性に人気のブランドです。

そんなmarimekkoのデイバックは、ポケットがたくさん付いていて、見た目よりも物がたくさん入るので使い勝手抜群です。マザーズバックとして使ってもよいでしょう。

軽いナイロン素材でできている商品も多く、可愛さだけでなく、機能性も兼ね備えたバックとして人気があります。

出典: Amazon.co.jp

marimekko マリメッコ リュック バックパック エリカ ウニッコ
ブランド
カテゴリ

 

カジュアルなファッションに合う「Arc’teryx アークテリクス」

アークテリクス(Arc’teryx)はカナダのブリティッシュコロンビア州ノースバンクーバーで設立されたアウトドア用品メーカー。

設立時1989年はロックソリッドRock Solid社だった社名を1991年にアークテリクスに変更。

社名は始祖鳥の学名であるArchaeopteryxに因んだもの。コンセプトは「最高のマテリアル、最高の技術、そして革新的なデザインで商品を作り上げること」。

「アロー22」はタウンユースにもアウトドアにも使える防水仕様ロングセラーデイパックです。

価格は2万円前後と安くはないですが、人間工学に基づいて作られたリュックは背負い心地抜群。一度使うとリピートしたくなること間違いなしのおすすめデイパックです。

出典: Amazon.co.jp

ARCTERYX アークテリクス Blade 28 Backpack
ブランド
カテゴリ

 

スポーティでかっこいい「The North Face ザ・ノース・フェイス」

ザ・ノース・フェイス(The North Face)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに設立されたアウトドア・登山用具メーカー。

社名の由来はヨーロッパアルプスの難壁である、アイガーの北壁に因んでおり、また、山の征服困難なルートのことをThe North Faceと呼ぶことによる。

ロゴの3重の円は、ヨセミテ国立公園のハーフドーム北壁がモチーフ。BOX型のデイパックはタウンユースにも学生にも人気です。定番の商品で、街中でもよく見かけるタイプです。

汚れにくい素材、使い勝手がよく値段も1万円ほどで購入できるのでお手ごろで、普段使いにぴったりです。

出典: Amazon.co.jp

The North Face ザ・ノース・フェイス ノベルティBCヒューズボックス
ブランド

 

デザインor収納性?自分に合ったデイパックの選び方&おすすめ2選

服でも靴でもバッグでも、どんなに一目ぼれして購入したとしても、服装に合わなかったり使い勝手が良くなかったらせっかく買ったのに残念ながら使わなくなる可能性があります。

私も今までに買い物ではたくさん失敗してきて箪笥のこやしを増やしてきましたので、ここではバックパックを購入する際に必要なポイントをご紹介します。

 

サイズ感

自分が普段持ち歩く物が全て入るサイズのものを選ぶのはもちろん、年中使いたいなら季節によって増える荷物が入るか考慮すると良いでしょう。

ぴったり入るものは見た目はコンパクトですっきり見えますが、実際使うと取り出しにくいことがあるので、出し入れがしやすい様に少しだけ余裕のあるサイズがおすすめです。

男女ともに最低限必要なものは財布・携帯くらいですが、ハンカチティッシュ、あとはポーチを持ち歩く方はそれが入る大きさは必要です。

季節柄必要になるのは夏は水筒、冬はマフラー・手袋などの防寒具です。サブバッグを持たない方はそれも考慮して購入するといいでしょう。

 

ポケットの有無

よっぽど荷物が少ない方以外は、ある程度仕分けができるものが使いやすいです。旅行用に考えているならパスポート・携帯・カメラ・財布・チケット類・鍵を別に入れられるものが良いです。

理由としては、仕切りが無く全て同じところにしまっておくと、財布や携帯など使用頻度の高いものを出す度に他のものが一緒に出てきて落としてしまうことがあるからです。

実際私は鍵を落としてしまい、幸運にも音ですぐに気づいたのですが夜で真っ暗なために見つけるのに苦労しました。

もしそれが騒音の多いところだと落としたことにも気づかなかったかと思うので、仕切りがあって必要な物だけを取り出せるものが便利です。

 

ファスナーの金具の素材

残念ながら、私はこれで失敗してしまいました。とても可愛いデザインの金具で気に入って購入したんですが、金具同士が当たって歩くたびにカチャカチャと音が鳴りすごく気になります。

毎日使うものなので、デザインが気に入るかはとても大事ですが、それよりも使い心地が一番大事です。

普通のものなら特に気にならないと思いますが金具が少し厚めだったり変わったデザインだと音が鳴りやすいので選ぶ際に気を付けてみてください。

 

コーディネートに合うものを

自分が普段しているコーディネート、もしくはこれからしたいと思うコーディネートに合うものを選ぶことが大事です。

バッグは服とのトータルコーディネートが必要なので、あまりに普段との服装と合わないものだと手持ちの服を買い換えるまで使えません。

普段合わせたい服に合ったものを購入することが大事です。

 

KELTY GIRLS DAYPACK

女性用でフィット感が抜群

KELTYの女性向けデイパックです。女性のために作られたデザインで、女性の体にフィットし使いやすいことが特徴です。男女兼用のデイパックだと肩紐がずれやすいという方に、ぜひ使ってほしい商品です。

おしゃれな見た目も魅力です。レトロ感溢れるスリムな見た目で、美しいフォルムが特徴。デザインバリエーションも豊富です。本体に小さいポケットが多く、小物を多く持ち歩く人も便利に使えます。

 

Asltoy リュック

出典: Amazon.co.jp

Asltoy リュック
ブランド
カテゴリ

デイリー使いにピッタリの多機能パック

持ち歩く荷物が多い人や、仕事などでパソコンを持ち歩く人におすすめの多機能バックです。

TSA錠付きの盗難防止リュックです。背面には隠しジッパーポケットがあり、蛍光夜間反射素材も付いており、安全性が高い商品です。小さく見えますが大容量です。180度まで大きく開くので、荷物の出し入れが楽です。

ヘッドフォンポートとUSB充電ポートも搭載されており、音楽鑑賞やスマホの充電をしながら歩けます。

 

to buyインフルエンサーおすすめのデイパックもご紹介!

DANTON ダントン コットンキャンバス2WAY リュックデイパック

DANTONのデイパック。ママバッグとして使っています。ブラックは夫とも共用しやすくて◎両サイドのポケットがとても便利で、すぐ取り出したいウエットティッシュやガーゼ、小さめの水筒、ちょっとしたお菓子など入れてます♩バッグ自体軽めなので助かります。
#DANTON #デイパック #ママバッグ

 

タウンユースにおすすめ!デイパックおすすめ2選

1:PORTER デイパック リュックサック

出典: Amazon.co.jp

PORTER デイパック リュックサック
ブランド
カテゴリ

迷ったらこれをおすすめします!定番中の定番なので、おすすめするまでも無いのですが、とにかく使いやすいです。

大きさはB4サイズが入る大きさなので、小さめの鞄にこだわりのある方以外はこちらで満足していただけるのではないかと思います。

肩ベルトもしっかりしていて、クッション性もあるので重さによる負担を軽減してくれます。フロントポケットの仕切り、収納力さらにシンプルで男女ともに使いやすいデザイン、全てにおいてパーフェクトです。

 

2:anello 公式 ポリキャンパス口金リュック

出典: Amazon.co.jp

anello 公式 ポリキャンパス口金リュック

サイズ感的に女性に使いやすいタイプのデイパックです。

口が大きく開くので中がとても見やすいです。背面・左右・表と中にもポケットが付いていてDカン付きで機能性抜群です。

一つ難があるとすれば、メリットでもある大きく開く口部分。とても見やすいのですが、人によっては閉めるのにコツがいることも。

荷物を入れ過ぎた場合、片手でまず口を閉めてからでないとファスナーが閉まらないので、慣れるまでは少し不便に感じるかもしれません。

 

通勤、通学におすすめ!デイパックおすすめ3選

1:エース ビジネスリュック イグニス A4サイズ

出典: Amazon.co.jp

エース ビジネスリュック イグニス A4サイズ
ブランド
カテゴリ

日本の老舗メーカー、エースのビジネスリュック。デザインも良く、軽くて使い勝手も申し分ない商品です。

ハンドル持ちをする際にはショルダーをベルト収納してすっきりしたシルエットを保てます。さらにそのベルトはスーツケースにセットすることが出来るので出張の際にもとても便利です。

スーツケースを作っているメーカーだからこそ分かる、痒いところに手が届く作りのビジネスリュックです。

 

2:ザ・ノース・フェイス リュック Shuttle 3way Daypack

ショルダー付きでリュック・手持ち・肩掛けと3wayで使えます。

シンプルなデザインですが、PCスリーブ、ポケットが全部で8つ付いていて機能性に優れています。

30Lまで入るので外見よりも多く入る印象です。

学生さんからビジネスシーンまで長く使えるので、実用的な進学時のプレゼントとしてもおすすめです。

 

3:ザ・ノース・フェイス リュック Scrambler Daypack

出典: Amazon.co.jp

[ザ・ノース・フェイス]リュック Scrambler Daypack ブラック

ボックス型の定番デイパック。蓋が大きく開き中が見やすく、すっきりとした外観からは想像もつかないほど収納ポケットも多く使い勝手が良いです。

トップ・フロントのポケットは止水ジッパーが使われていて雨の日でも安心して使えます。

形はシンプル、スタイリッシュでロゴが目立たないタイプのデザインなので誰にでも使いやすいです。

少し大きめサイズですが、チェストベルトが付いていて安定して持てるので、女性でも比較的使いやすいタイプです。

 

アウトドア、旅行におすすめ!デイパックおすすめ3選

1:コールマン ウォーカー33 ウォーカー

出典: Amazon.co.jp

コールマン ウォーカー33 ウォーカー

容量が33Lと、少し大きめで数日間の荷物が入るようになっているので、アウトドアや旅行に行かれる際にちょうどいいサイズです。

機内手荷物でも入るサイズなので近場の海外旅行、数日間のLCCでの旅行でもよく使われています。

仕切りも多くペンホルダー、スマホケースが中に付いているので、大きめサイズですが鞄の中で物が行方不明になりません。

とにかく旅行で使いやすいサイズなので年に数回旅行に行く方は持っておいて損のないバッグです。

 

2:カリマー デイパック VT day pack F

登山用品メーカーのカリマーなので、小さめサイズながらチェストベルト、ウエストベルトが付いていて、荷物の重さを感じさせません。

容量は20Lで見た目はとても小さいのですが、ハイキング・登山などにちょうどいいサイズです。

小ぶりで普段にも使えるサイズなのでタウンユースと兼用で使いたいミニマリストの方にもおすすめ。

カラー展開が豊富なんですが、どの色も合わせると意外と落ち着いていてどれを選んでも間違いありません。

耐久性も高く値段もお手頃なので、これからアウトドア、ハイキングを始めようという方にぴったりです。

 

3:Columbia ランドオブピークス20Lバックパック

出典: Amazon.co.jp

Columbia ランドオブピークス20Lバックパック

容量は20Lと小さめですが、こちらも前述のカリマーデイパックと同じくタウンユースが可能なスタイリッシュなデザインです。

アウトドア、旅行用とするとどうしてもカリマーのフロントポケットが使いやすく感じますが、このコロンビアの商品はウエストベルトは取り外し可能かつ側面から中身を取り出せるようになっているので、タウンユースでの供用を考えるとこちらの方が使い勝手は良いかもしれません。

 

デイパック の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、デイパック の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

鞄を変えると視点が変わる!

実は昔はハンドバッグ派だったんですが、デイパックを使いだすと、鞄を持っていることを忘れるくらい身軽でいられることに気づきました。

両手が開いて自由が利くということもあり、気持ちも開放的になるのか旅に出ることが多くなっていきました。

鞄を変えるだけで自分の行動が変わっていくとは思っていなかったので自分でも驚いていますが嬉しい誤算です。

短時間背負っているだけでは分からないかもしれませんが、長時間背負うとやはり有名なメーカーのものは持っていても疲れません。

アウトドア・登山メーカーはデザインだけではなく実用性も高いので普段使いにもおすすめです。

もちろん、旅にはおすすめなので、是非お気に入りの1つを見つけてみてください。

記事内で紹介されている商品

MILKFED ミルクフェド BACK PACK BAR Jr

サイトを見る

GREGORY グレゴリー バックパック

サイトを見る

JANSPORT ジャンスポーツ リュック スーパ…

サイトを見る

marimekko マリメッコ リュック バックパ…

サイトを見る

ARCTERYX アークテリクス Blade 28 Backpa…

サイトを見る

The North Face ザ・ノース・フェイス ノ…

サイトを見る

KELTY VINTAGE GIRL\'S DAYPACK H

サイトを見る

Asltoy リュック

サイトを見る

(ダントン) DANTONコットンキャンバス2WAY…

サイトを見る

PORTER デイパック リュックサック

サイトを見る

anello 公式 ポリキャンパス口金リュック

サイトを見る

エース ビジネスリュック イグニス A4サイズ

サイトを見る

ザ・ノース・フェイス リュック Shuttle 3…

サイトを見る

[ザ・ノース・フェイス]リュック Scramble…

サイトを見る

コールマン ウォーカー33 ウォーカー

サイトを見る

カリマー デイパック VT day pack F

サイトを見る

Columbia ランドオブピークス20Lバックパ…

サイトを見る

関連記事