気持ちもリラックス!ノンワイヤーブラおすすめ8選

皆さん、普段から下着は何を着用していますか?最近、ブラジャーは素肌感を謳った商品が多く販売されていますよね。

メイクやファッションなどと同じように、下着もナチュラルなものが好まれるような気がしますよね。そんな下着の種類として人気が高いのが、「ノンワイヤーブラ」。

普通のブラジャーは胸をしっかり固定するため、素肌に当たる部分にワイヤーが付いています。でも反対に胸への締めつけが気になってしまうことも。

私も記事を書きながら、胸の締め付けが窮屈でもうちょっとゆったりしたいなと思うことが多々あります。かと言ってノーブラでは、胸が垂れてしまってよくありません。

一方でノンワイヤーブラの商品なら、ワイヤーほど胸への締めつけがなく、それでいてブラジャーとしてきちんと胸を支えてくれるので、デスクワークはもちろん、夜や休日に自宅でリラックスしたい時に役立つ下着だといえます。

まるで素肌感のようなつけ心地のノンワイヤーブラ。気になっている方も多くいるのではないでしょうか。

ということで今回はそんなノンワイヤーブラの商品の魅力と、商品購入時の選び方などをご紹介します。

 

ノンワイヤーブラの特徴

ブラジャー

まずはノンワイヤーブラの商品の特徴について知っておきましょう。必ずしも全ての人、全てのタイミングでおすすめの商品というわけはないので、自分にとっての商品の使いどきを見極めるのも大事です。

 

ノンワイヤーブラの特徴って?ワイヤーブラと何が違うの?

では、下着の中でもノンワイヤーとはどのような特徴があるのでしょうか。

それは、名前の通り中にワイヤーが入っていない商品がノンワイヤーブラです。

ノンワイヤーブラの商品は、ワイヤーブラのような下着の商品と異なり、アンダー部分にホックが付いておらず、ほかの衣類と同じように頭から被って着用する商品が多いです。

ワイヤーブラの商品の場合、左右の胸に対してカップ部分の周囲を覆うような形で、1つずつ入っています。

しかしノンワイヤーブラの商品の場合はそれがなく、ブラ全体に使っている布地や、肩紐のゴムなど別の素材によって胸を支えています。

ノンワイヤーの商品は、別名ワイヤレスブラと呼ばれることもありますね。

 

ノンワイヤーブラのメリット

では、ノンワイヤーブラの商品のメリットとは、どういったことなのでしょうか。

まず、ノンワイヤーブラの商品は、胸を支えるワイヤーがないことで肌への負担を軽減してくれます。

胸を支えるワイヤーは何もしなければ違和感もないのですが、体を捻ったり運動をしてブラがずれると、擦れて肌に痛みを感じることがあるんです。

またワイヤーは布地よりも固いため、布地を破って飛び出てしまうことも。

使い古して布げ破れやすくなっていたという理由だけでなく、洗濯を雑に行うなどの理由で、新品同然の商品でも起こりやすいです。

しかし、ノンワイヤーブラの商品であれば、そんな心配はありません。

 

ノンワイヤーブラのデメリット

一方で、ノンワイヤーブラの商品のデメリットとはどこにあるのでしょうか。

それは、ノンワイヤーになる分ワイヤーブラの商品に比べて胸のホールド力が劣ってしまうことです。

ワイヤーがないことで、胸をきちんと支えられないというデメリットも生じています。

胸が垂れてしまうこと自体は加齢など内面の問題だそうですが、ノンワイヤーだけに頼ってしまうと綺麗なバストを維持しにくいです。

体型が解りやすい服を着る時やちょっと盛りたい時は、ノンワイヤーだとバストの型くずれする可能性もあると覚えておきましょう。

ただノンワイヤーブラでも、バストの形状維持しやすい商品が作られている昨今です。もしノンワイヤーの商品で形もキープしたいという方は、そのような形の形状にこだわりを持つ商品を探してみてください。

 

ノンワイヤーブラがおすすめなのは、こんな人!

では、ノンワイヤーブラの商品がおすすめな人とは、いったいどのような人なのでしょうか。

上記の有利不利を踏まえて、ノンワイヤーブラの商品を使うのに適した人を考えてみました。

 

ワイヤーブラのがっちりとした締め付け具合に違和感を感じる人

まずはやはり、ワイヤーでのバストの締めつけがキツイ、不快という方。

バストがキツイだけであればサイズ変更で対応できることもあるでしょうが、オーダーメイドではなく既製品のブラジャーの場合、自分にぴったりなサイズを見つけるのは大変です。

その点ノンワイヤーであれば、多少のサイズ違いはゴムの伸縮でカバーしてもらえますし、バストへの締めつけもワイヤーほどキツくはありません。

 

もっとリラックスしたいと感じる人

そして毎日の生活の中で、なんとなくバストに息苦しさを感じている人。普段から緊張感やプレッシャーに苛まれていませんか?

ブラジャーの所為と一概には言えませんが、胸を締め付けることで呼吸が苦しくなっていることもあります。

ノンワイヤーに切り替えて深呼吸し、素肌から気持ちを落ち着かせてみませんか?

 

ノンワイヤーブラを使い分ける

ブラジャー

ブラジャーは毎日使うもの。ゆえに複数枚の所持は当たり前ですよね。ノンワイヤーブラにするか迷っているなら、ワイヤーブラとの併用もありです。

上でも触れましたが、ノンワイヤーでもメリットデメリットがあるため、メリットが生じる時にだけ使い、デメリットばかりになりそうな時はワイヤー入りにするとより快適に過ごせますよ。

 

スポーツをするときはノンワイヤーブラがおすすめ

ワイヤーブラではワイヤー部分が擦れて運動がしにくい。ゆえにスポーツを行う際はノンワイヤーに変えるのがおすすめです。

学生時代、スポーツブラを着けたことはないでしょうか?あれもノンワイヤーブラの1種です。

私も体育の授業時、胸を気にして思いっきりできなかったことがあったのですが、体育がある日はノンワイヤーにしたことで、授業に集中できるようになりました。成績にも影響しますから、変えてよかったと思いましたね。

大人になってからの運動は成績こそ無関係ですが、筋トレやダイエット、あるいは健康など目標があるはず。

実際に、ヨガやジムなどで運動する際には、ノンワイヤーブラが主流ですよね。やはり、肌がすれる環境にありますし、体を動かす際にワイヤーブラは相性が悪いからなのではないかと思います。

しっかりやり遂げる意味でも、ノンワイヤーブラがおすすめです。

 

家でリラックスしたいときはノンワイヤーブラがおすすめ

また自宅でのんびりする場合もワイヤーは無しにしましょう。動かないからワイヤーブラでも良いと思うかもしれませんが、リラックスタイムと言えど、意外と動くものです。

例えば昼寝。ゴロゴロと寝返りをうつ度に、ワイヤーがバストに擦れていたら肌に違和感を感じて眠れません。私の場合は横向きになるとバストにワイヤーが当たりやすく、難儀していました。その意味では夜もノンワイヤーの方が、素肌に近いので快適に眠れるでしょう。

また座っている状態でも、リラックスタイムは正しい姿勢でなく、自分が過ごしやすい体勢を重視するもの。場合によってはワイヤーと相性が悪いポーズもあります。

 

ノンワイヤーブラの選び方

ブラ着用中の女性の背中

ではこれからノンワイヤーブラを買いに行くという方、ちょっと待ってください。選び方についても私の場合を例に挙げましたので、参考までに。

 

カップ部分のサイズの選び方

下着もベストは試着することなので、可能なら購入前に自分のバストサイズに合っているかを確認しましょう。

ワイヤー入りと同じバストサイズの商品を見つけたら、バストトップがカップ部分の中に自然と収まっているかを見ます。

自分でバストを寄せなくてはいけないものは、バストサイズが合っていないと思ってください。またちゃんと着た状態で、胸を押しつぶすようなタイプもNG。それでは結局バストを圧迫しているのと同じです。

せっかく商品を買っても、自分のバストサイズに合っていなくては意味がありませんから、しっかりバストサイズに合っているか確認してくださいね。

 

アンダー部分のサイズ

一方アンダー部分も、緩すぎず締め付けすぎずで選びましょう。お肉が食い込んでいるなら、気持ちが苦しくなくてもサイズが小さいです。

特に調節不可能なタイプは重視してください。また前後いずれかにホックがついている場合でも、油断は禁物。留め金が1箇所しかなければ調節できませんので、必ず数を確認しましょう。3段階ほどあるのがベストです。

最初は中央の留め金を使うのがちょうど良いものを選び、サイズが増えても減っても使えるようにすると重宝します。

 

肩紐の広さと調節機能

ノンワイヤーブラは、肩紐部分の調整ができないものが多いです。

 

ついているものであればもちろん問題ないのですが、そうでない場合は少しでも幅が広いものを選びましょう。肩紐があまりに細いと、バストのカップ部分を支えきれずに伸びきってしまうからです。

また調整機能があっても、バストが大きい方はその分肩紐に負担がかかることも。買い換える頻度を減らす意味でも、肩紐にはある程度の大きさを求めましょう。

 

おすすめのノンワイヤーブラ

では最後に、商品ごとのおすすめをご紹介します。

商品のサイズは個々に適したものを選んで欲しいですが、デザインや値段などから、これから着け始める方にぴったりな商品を探しました。

 

第8位 cecile フルカップブラジャー

まずはセシールのノンワイヤーブラ。こちらの商品はバストを覆うカップがフルカップで、しっかりと胸を覆ってくれるタイプです。

素材はナイロンとポリウレタンで、薄手が特徴。バストラインが強調されるような服には重宝しますね。

ただしバストサイズがCカップからEカップと大きめバストの方向けであることや、カラーがパールグレーとパールピンクの2種など、条件が限られているのがネックです。

 

第7位 cecile 背中すっきりブラ

こちらの商品は8位とは逆に、バストサイズがAカップからCカップまでの方向けの商品となっています。前でホックを留めるタイプゆえ、背中がキレイに映えるのが魅力。ゴムを使っていないため、後ろ側で圧迫されることもありません。

素材はポリエステルとナイロン。今まで後ろでは留めにくかったという方にもおすすめです。

こちらもカラーがシェードピンクとセレストブルーの2色なので、カラーよりも機能重視という方に。

 

第6位 BELLUNA スーパーストレッチカップブラ

6位の商品はベルーナのスーパーストレッチカップブラ.。こちらの商品はポリエステルとポリウレタンという伸びやすい素材を使っており、カップ部分も伸縮するのが特徴。

もちろんサイズは適したものを選ぶことが前提ですが、多少のズレはカバーしてもらえます。後ろで留めるタイプですが、ホックが3段階用意されていますから、こちらも自由に調節できます。

バストサイズはAカップからDカップまでと幅広いく、カラーもブラック、グレー、ベージュ、そしてパープルの4色。色違いで複数持っておくのも良いですね。

 

第5位 GUNZE キレイラボノンワイヤーブラジャー

5位の商品はグンゼのノンワイヤー。ハーフトップとしても使えるので、スポーツ時のウェアとしてもぴったりです。こちらの商品は綿が入っているので、柔らかい素材かつブラにしては汗の吸収が良いのもポイント。

バストサイズはカップではなくMからLLまでで表記。例えばMならバストサイズが79から87cmまでを該当としています。

カラーは全部で8色とバリエーション豊富で、今回のランキングの中では値段も安いですから、とりあえずノンワイヤーブラがどんなものか試したいという方に始めやすい商品と言えます。

 

第4位 GUNZE ノンワイヤーブラジャー Tuche フューチャーブラ

4位の商品もグンゼから。グンゼの商品はカラーバリエーションの豊富さと、コスパの良さが魅力ですね。こちらの商品は全部で10色用意されています。

ブラとしてはバストのカップサイズがBからD、素材にポリウレタン、ナイロン、ポリエステルを使用しています。

上でも少し触れた、ノンワイヤーでも形成がしやすいブラの1つ。カップが立体的になっており、胸を潰したり横にずれさせる懸念をなくしています。リラックスタイムでも形はキープしたいという方におすすめ。

 

第3位 Wacoal  Wingきちんと楽ブラデイリーType

トップ3の商品はワコールのノンワイヤーが揃う結果になりました。まずは3位の楽ブラデイリーType。こちらの商品はナイロンがメインで、ポリウレタンも入っている素材です。

カラーは4色と少なめですが、こちらも形をキープしたい方に向いているタイプ。伸びやすい生地なので、窮屈さも少ないです。また吸汗速乾性も魅力で、スポーツブラとしてもおすすめします。

バストサイズはSからLLまで4段階。例えば今Bカップなら、アンダーが65以下ならSサイズが適しています。

 

第2位 Wacoal  WingGracesきちんと楽ブラ綿混デイリーType

2位に選んだ商品はWingの下着シリーズの中でもGracesブランドに属するブラ。素材には綿も入っていて、フルカップタイプになっています。胸をしっかり覆って支えたい人におすすめですね。

その仕組みは中に入っている上胸整えパッドによるもの。その他の部分はフラットな構造なので、締め付けに煩わされにくい作りとなっています。

カラーはブラック、ブラウン、ラズベリー(ピンク系)、メロン(グリーン系)の4色。バストサイズは3位と同じです。

 

第1位 Wacoal  Wingきちんと楽ブラ デイリータイプフルカップ

ベストの商品は3位の商品のバスト部分がフルカップになっているタイプです。これは私の印象もあるかもしれませんが、ワイヤーはノンワイヤーよりも、しっかり胸をカバーしてくれるものだとありがたいです。

こちらも脇高パットによって形の維持も対応してくれるので、オフタイムでの型崩れが心配な方におすすめ。また下部分のサポート力が良く、下側のめくれも起こりにくいです。

カラーは4色、サイズはMからLLまでの3段階。ブラにしては珍しく、黒が無いのは人によっては気になるかもしれませんね。一方シンプルな1色でなく、外周部分に花柄がデザインされているので、オシャレ感を求める方にはぴったりです。

 

まとめ

ノンワイヤーはワイヤーが内分、ブラ自体のカバー力やパッドで胸を支えます。

ホックや肩紐の調整機能など、ワイヤー入りに比べて無い機能も目立ちますが、反面着脱が容易であったり、締め付けがなく程よい感触で胸の高さや形を維持してくれるなど魅力もたくさん。

いつもワイヤー入りでオフを過ごしている方、たまにはノンワイヤーで、胸も気持ちもリラックスしてみましょう。

記事内で紹介されている商品

cecile フルカップブラジャー

サイトを見る

cecile 背中すっきりブラ

サイトを見る

BELLUNA スーパーストレッチカップブラ

サイトを見る

GUNZE キレイラボノンワイヤーブラジャー

サイトを見る

GUNZE ノンワイヤーブラジャー Tuche フ…

サイトを見る

Wacoal  Wingきちんと楽ブラデイリーType

サイトを見る

Wacoal  WingGracesきちんと楽ブラ綿混…

サイトを見る

Wacoal  Wingきちんと楽ブラ デイリータ…

サイトを見る

関連記事