他シーン用との違いを抑えて印象アップ!メンズ就活スーツおすすめランキング5選

学生でも、制服がない場合など冠婚葬祭用としてスーツを持っている男性は多いと思います。また私たち女性からすると、就活用スーツは冠婚葬祭用はもとより、仕事など普段着として使うスーツとあまり変わらないイメージですよね。

しかし着用シーンに応じて、細かな違いがあることを、弟の就活スーツ購入に付き合った際に知りました。既にスーツを持っている方でも、それが就活用でなかった場合、面接に影響する可能性があります。

一方女性でも、兄弟やお子さん、親戚の方などにプレゼントとしてあげる際は、スーツの用途による違いを理解するのが大事です。今回はメンズ就活スーツにおいて、改めて特徴やほかのスーツとの違いを振り返ってみました。

 

普通のスーツとの違いとは?

面接する男女

就活スーツ(リクルートスーツ)は、ショップなどで銘打っている商品を選ぶのが無難ですが、一方でマナーをわきまえていれば持っているスーツでも大丈夫なケースがあります。

交通費など、意外とコストがかさむのも就活。買わなくて済むなら費用をほかに回せますから、念のためにチェックしてみましょう。

 

カラーのベストはネイビー

まずはスーツの色。公的なイメージを与えてくれるのは黒ですが、就活においてはネイビーがおすすめ。もちろん無地です。黒もNGということは無いのですが、どちらかというと若い人だけの見解になっています。ただ黒であれば冠婚葬祭に回すことができるので、スーツを複数枚持つのが厳しい方は、無理をせず選ぶのもあり。

就職希望先の役員が若い年代というのでなければ、むしろ黒にこだわらない方が上手くいくかもしれません。一方でちょっと年配の方たちの定番はダークグレー。正直、誠実なイメージもあるカラーなので、金融など真面目さが求められる業界なら検討する価値はあります。

 

ボタンは少なくパンツはノータック

部分ごとにも見てみましょう。上着のポイントはボタンです。前で留めるボタンは、あまり多いものを選ばず2つ程度にしましょう。3つ4つとあるスーツは就活用としては不向きです。またパンツはウエストから下方向に入っているヒダ(タック)が無い商品が基本。

スーツは上下セットになっていることが多いですが、上下両方の条件を満たしている商品が望ましいです。

 

スーツと合わせて選びたいネクタイ

ベルトとネクタイ

就活時はシューズにカバンなど様々な小物も必要です。中でもネクタイは、スーツの真ん中で目立つ存在。就活スーツに見合うものを探しておきましょう。

 

暗めの赤や青が無難

カラーはエンジやネイビーのような、暗めを選びましょう。無地であれば落ち着きのある印象を、チェックなど柄付きであれば元気さや若さをイメージさせてくれます。

 

派手さはとにかくNG

反対に避けたい条件は、派手であること。濃くどぎついピンクや、1つ1つが大きな模様などは派手で遊んでいるイメージを持たれてしまいます。

ピンクを選びたい場合は、白に近い薄いネクタイを選びましょう。特に春であれば、季節感がでる色としてむしろおすすめです。模様は迷ったら無地で、取り入れるなら線の細いレジメンタルやチェックを中心に。

 

商品を選ぶポイント

メンズ就活スーツ

普通のスーツとの違いとも重なりますが、メンズの就活用スーツを選ぶ上でのポイントもご紹介します。

 

着心地より耐久性重視

スーツであっても、着ていて快適に過ごすならやはり綿がベストです。しかし毎日のように着用し、説明会や面接、各試験などで必要な就活スーツは、ほかのシーンで使うスーツに比べて摩耗が激しくなりがち。

どうしても綿でないと嫌でないなら、ポリエステルなど耐久性ある素材を優先しましょう。

 

ボトムは靴を履いて長さ確認

パンツの長さは靴を履いた上でチェックするのがコツ。ワンクッション程度空く長さがベストなので、裸足になった時はやや長いと感じるかもしれません。

 

・価格は2、3万円から

スーツの価格はピンからキリまでありますが、就活を乗り切るなら2、3万円程度で十分。10万円以上もする高級スーツを選ぶ必要はありません。数万円程度でも、しばらくは社会人として使える商品も多いので、初任給をもらってから新たにスーツを買い足しても遅くはないですよ。

一方新品で1万円未満のスーツは、デザインや素材が良くても1年近い就活を乗り切る前に破損する可能性大。必ずしも全てのスーツが当てはまるとは言い切れませんが、安物買いの銭失いにならないよう注意。

もし金銭面で余裕がないなら、古着屋やリサイクルショップなどを活用することも考えましょう。逆に言えば1年程度しか着ないので、質の良いスーツが販売されていることもあります。

 

購入を決めたメンズ就活スーツはこれ!

就活中の男性

弟の就活スーツにと決めたのは、KONAKAのウルトラウォッシュスーツです。

出典: Amazon.co.jp

[コナカ] ウルトラウォッシュスーツ  

自分で洗えるウォッシュタイプなので、ちょっとした汚れを作ってしまっても、クリーニングに行かなくてOK。2ボタンにノータックなど、就活に適した作りになっています。

素材は綿とポリエステルで半々。魅力が多いだけあって値段は高めですが、期待に応えてくれるスーツです。

 

おすすめメンズ就活スーツランキング5選

また、プラスして最近のメンズ就活スーツについてもチェックしてみました。お手頃価格のものでもリクルートに見合ったデザインなので、参考までに見比べてみてください。

 

第5位:KONAKA ウルトラライトスペックスーツ

出典: Amazon.co.jp

[コナカ] ウルトラライトスペックスーツ  

まずはコナカの就活スーツ。2ボタンかつノータックは上で紹介したスーツと同じですが、綿の割合が61%と高めで着心地の良さが優先されています。

またサイズがSからXLまで幅広く用意されているので、大きい方や細身の方でも合わせやすいです。英国デザイナーズブランドのジョンピアースによるスーツであり、上着の軽さは夏でも苦しさを感じさせないほど。

その分高額ですが、快適な就活を送りたい方におすすめです。

 

第4位:ORIHICA スーツ

出典: Amazon.co.jp

ORIHICA(オリヒカ) 15AF29 

4位、ORIHICAのスーツは黒が特徴。様々な業界を目指す方、冠婚葬祭などほかのシーンでも使いまわしたい方におすすめです。

素材は綿とポリエステルが半分ずつ。3万円台と平均の価格なのも良いですね。

 

第3位:TAKA-Q メンズスーツ

出典: Amazon.co.jp

[タカキュー] TAKA-Q 2ボタン レールストライプ スーツ 
ブランド
カテゴリ

TAKA-Qのスーツも黒。2ボタンや、スマホも入れやすい内ポケット、さらに自宅で洗えるウォッシャブル加工など、見た目と機能性を備えています。

素材は綿30%に対してポリエステル70%とポリエステル多め。他地方の企業にも足を運ぶなど、よりアクティブな就活を予定している方にぴったりです。

 

第2位:HARUYAMA シングル通年物スーツ

出典: Amazon.co.jp

HARUYAMA シングル 通年物
ブランド
カテゴリ

2位にはHARUYAMAのスーツを選びました。カラーは黒とネイビーを選べるので、お財布に余裕があれば両方用意して使い分けるのもおすすめです。3位同様綿30%、ポリエステル70%とシワができにくい、耐久性重視の素材になっています。

パンツはノタックでプリーツ加工、上着は2ボタンタイプです。

 

第1位:P.S.FA スリムモデル パンツスーツ

出典: Amazon.co.jp

P.S.FA スリムモデル パンツウォッシャブル

1番良いと感じたのは、P.S.FAのスーツです。上着は2ボタンで、パンツはノータックに加え、ウォッシャブル付きでメンテナンスがしやすく、スタイルが映えるスリムモデルタイプになっています。体型が気になる人におすすめ。

素材は2位と同じく綿30%、ポリエステル70%で構成されています。

 

まとめ

就活において、自身の知識や性格が活かせるのはほぼ終盤かもしれません。どんなときでも第一印象は見た目。内に秘めた要素は初対面の相手に伝わりにくいのも理由です。

身だしなみとともに、スーツからも好印象を与えられるよう、ぴったりな1着を探しましょう。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

[コナカ] ウルトラウォッシュスーツ  

サイトを見る

[コナカ] ウルトラライトスペックスーツ  

サイトを見る

ORIHICA(オリヒカ) 15AF29 

サイトを見る

[タカキュー] TAKA-Q 2ボタン レールスト…

サイトを見る

HARUYAMA シングル 通年物

サイトを見る

P.S.FA スリムモデル パンツウォッシャブル

サイトを見る

関連記事