“美容法を探すのは、運命の相手を見つけるのと同じ!”美容家・深澤亜希さんインタビュー

今回インタビューしたのは、雑誌でおなじみの美容家、深澤亜希さん。「自分に合った正しい美容法を行えば、誰でも必ずキレイになれる」をモットーに活動されています。

正しい美容法って、いったい何? 詳しく伺いました!

深澤亜希/@aki_fukasawa

美容家/ビューティスキンスペシャリスト

美容家。一般社団法人 日本コスメティック協会認定 スキンケアマイスター、コスメマイスター。著書は『白ツヤたまご肌のつくり方(三空出版)』『人より輝く魔法(宝島社)』『7日間で恋もキレイも手に入る!魔法も美人プログラム(大和書房)』他。

 

「女性は美容に励むことで、チャンスが増えて、人生が輝く!」

ー深澤さんのこの考え、私とっても大好きです!これって、ご自身のご経験があったからなのではないかな、と思ったのですが。

私は、「毎日がオーディション」だと、思っています。肌をキレイにすることで、素敵なお誘いや仕事のオファーが来やすくなったり、人脈が広がるということが、職業柄ではありますが、より実感しています。新しい仕事から大きな仕事まで、美容がその扉になっている気がします。

また、私が40歳で結婚したのも、美容の力が大きいのではないかな、と思っています(笑)。

美容って、単にキレイになることだけが目的じゃなくて、私は、その先にある女の子の願いを叶いやすくしてくれるものだと思っています。美容を、チャンスを増やすツールとして考えたほうが、モチベーションになると思うんです。

 

「自分らしく生きること」を、美容を通じて求め続けた

ー美白を活動のメインにしたのは、どのようなきっかけがあったのでしょうか。

今から12年前(28歳)、美容家としてはじめてから、だんだん同業の方が増えてくる中で、自分の特徴がないと埋もれてしまうと思って。自分の特徴ってなんだろう?って思った時、みんなからよく、「白い!」って言われていたのを思い出したんです。

それで、美白は自分の特徴なのかもしれない、と思って、やっていこうと決めました。

でも、白く白く!ではなく「透明感」を目指すのが、私の美白です。お肌を老化させる原因の8割は、紫外線なので、まずはそのダメージを受けにくくする美容方です。

お肌は化粧品だけでできているわけでなく、睡眠やストレスケア、食事、ライフスタイルなどすべてに関わってくるので、研究すると、とっても深くておもしろいんです。

 

ー美容家になったきっかけは、どんなことだったのですか?

高校がアメリカで、そこではすごく「個」を問われました。あなたはどう生きていきたいの?、って。そして、日本に帰ってきたら、ものすごく自己主張の強い女になっていました(笑)。

社会に出ても、「自由に自分らしく生きたい!会社の色に染められたくない!」って思ったので、就職せずに、自分の力で生きることを考えました。

キレイになれる情報を知ることと、書くことが好きだったので、はじめは美容雑誌のライターになろう!と。しかも、「最初からメジャーな雑誌でやりたい」と思って、ある美容雑誌の編集部に、直接自分で電話をかけました。

履歴書送ってくださいって言われたんですが、「返事なんて待てません!編集部に行きます!」って突入しちゃいました。そして、君おもしろいねって言われて、翌月からライターとして働き始めたんです。

 

ーすごい度胸です!(笑)美容ライターはしばらくされていたんですか?

やっていくうちに、客観的な記事を書くよりも、自分が本当に良いと思ったものを、自分の言葉で伝える方が向いているかも、と思い、美容家に転身することを決意しました。

 

自分の発信が、誰かの「美容を好きになるきっかけ」になれた

ー「自分で本当によいと思った美容法やコスメ」を発信するようになってから、どんな反響があったか教えてください。

「美容が好きになるきっかけになりました」、とよく反響をいただきます。私の発信する情報は、コスメの情報がとにかく好きという方よりは、美容に興味はあるけど、どうしたら良いかよくわからない……という方が多い気がします。

情報を知ることで、だんだん美容を好きになっていただけたというのは、美容家をやっていてよかったと感じました。

また、生き方が自由なので、「元気でました」「勇気もらいました」と、おっしゃっていただくことも多いです(笑)。誰かをポジティブな気持ちにできるというのは、やっぱりいちばん嬉しいですね。

 

自分に合うコスメや美容法を探すのは、「運命の人探し」と同じ

長年美容に携わってきて、これは本気で感動した!というコスメや美容法ってありますか?

よいコスメや美容法はたくさんありますが、美容って、ひとつのものだけで成立するものではないんです食事・睡眠・運動・スキンケア・ストレスケアなどの、バランスが大切。また、スキンケアについては、過度にケアしすぎないことですね。

ニキビができてるからといって、すごく洗顔すると、逆に悪化させてしまったり。肌が荒れると、びっくりしていろいろやってしまいがちではありますが、逆効果だったりするんです。

自分に合ったもので正しくケアをすれば、絶対肌はキレイになります。引き算スキンケア、シンプルケア……美容家が言うと、ちょっと新鮮かもしれないですね(笑)

 

ーどうしたら、自分にぴったりの美容法を見つけられるのでしょうか?

自分に合うコスメや美容法を探すのは、「運命の人探し」と同じかもしれません。あなたが好きな人を、私も好きかはわからないのと同じ。自分に合ったもの、キレイな人を真似するというのも良いけれど、本当に合うコスメや美容法は、最終的には自分で探すというのが、美しくなる近道だと思っています。

朝晩、自分の肌をよく観察する。吹き出物ができてないかとか、生理前だから肌が荒れているとか……。観察しながらそれに対して、コスメや美容法を試すうちに、「こういう時期に、これを使ってみて、すごくよかった!」などがわかってきます。

20代はもちろん、30代もまだまだ、さまざまなコスメや美容法を試してみてほしいですね。

「レコーディングダイエットの美容版」を、やると良いですよ!自分が使ったスキンケア、メイクアップコスメ、体調、食べたもの……書き出していくと、より早く深く、自分の肌を理解できます。

 

物事の「ポジティブな面」を見つめることで、自分の気持ちも運気も上がる

ー深澤さんのやわらかい雰囲気が、とっても素敵です。笑顔でいるために実践されていることって、ありますか?

世の中のものは、すべて表裏一体。すごくハッピーなことが起こっても、次にそれを失うかもしれない。良いことと悪いことは常にセットなので、どんな物事も、ポジティブな面を見ようと思っています。

そして、つまらなかったり、嫌なことがあっても、ニコって笑うようにしています。口角を上げると、人の脳って楽しいって勘違いするらしいんです。不気味ですけど、鏡の前で笑ってます(笑)。

そんな私も、もちろんストレスを感じることはあります。発散法は、明るく前向きな友達と定期的に会うこと。よい気をもらえるのと、自分だけが大変なわけじゃない、みんなもそうって思える。女子会は大事!

 

ー肌やメイクも美しいのですが、深澤さんはファッションも、とても素敵です!今日のお洋服やアクセサリーについて、伺ってもよろしいでしょうか?

今日着ているワンピースは、PHILOSOPHY(フィロソフィ)です。ワンピースは、1枚で可愛く見えるので、ワンピースばかりです。コスメで言えば、オールインワンみたいなものですよね。

ピアスは、これ、スワロフスキーなんです。お手頃だし、華やかでいいですよね!実は、夫が買ってきてくれたんです。自分で買うより、夫が選んだものの方が、みなさんから褒められることが多い気がします(笑)。

 

キレイになることって、自分を探すこと。

コスメの口コミランキング、つい見てしまいますが、どの世代の女性も、「自分に合うコスメや美容法」がわからなくて困っている現状があります。そのため、有名な方やキレイな人がオススメしているモノに、つい飛びついてしまったり……

そして、効果を感じられないと、ガッカリしてしまいがちですが、みんなに合うコスメや美容法って、存在しないと思うんです。新しいコスメを試したら、同時に自分の肌やライフスタイル、心の状態を、しっかり見つめてみましょう。

まずは今日の夜から、レコーディング美容法を始めてみたいと思います。深澤さん、ありがとうございました!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。