高性能な機能が充実!高音質有線イヤホンのおすすめはどれ!?

スマートフォンを使って音楽を聴きたい場合、どのような機器を使って聞きますか?イヤホンジャックにコードを接続してイヤホンやヘッドホンで聞くという人、最近ではワイヤレス対応の製品が充実し、Bluetooth接続して楽しむなんていう人も多いかもしれません。

今回はワイヤレス製品とは対照的な有線タイプの高音質イヤホンについて有線高音質イヤホンのメリットデメリット、ライターが愛用している有線高音質イヤホンをはじめとしたおすすめ有線高音質イヤホンを紹介していきたいと思います。

 

有線イヤホンタイプのメリット

有線イヤホン

イヤホン・ヘッドホン市場は最近ではワイヤレス化が急速に進んでいる流れですが、まだまだ有線タイプの製品が充実しているのも事実です。

一見、コードがある有線タイプのイヤホンだとワイヤレス製品に比べて時代遅れな感じがするかもしれませんが、有線タイプのイヤホンならではのメリットも存在します。

 

無線通信を使わないので使用環境に左右されない

有線接続タイプのイヤホンでは、無線通信を使わないのでイヤホンジャックに差し込むと音楽が再生されます。

電波使用が制限される場所として代表的な場所が飛行機搭乗中ですが、Bluetooth通信が制限されている場所でも、有線タイプのイヤホンなら関係なく音楽を聴けるので、普段利用しているイヤホンをそのまま使って音楽を楽しむことができます。

 

設定不要で接続が簡単

これもワイヤレスタイプとの比較になってしまいますが、有線タイプのイヤホンは何と言っても接続が簡単です。ワイヤレスタイプの再生機器だと、Bluetoothによる接続がほとんどなので、初回起動時にスマートフォンとペアリング操作をしてから音楽を再生する必要があります。慣れている人にとってはペアリング操作は簡単なものかもしれませんが、設定操作が苦手な人にとっては音楽を聴く前の初回のペアリングは迷うものとなるかもしれません。

そんな心配も有線タイプのイヤホンであれば全く問題ありません。利用したいスマートフォンに差し込むだけでそのまま直ぐに高音質な音楽を楽しむことができます。この接続の手軽さも有線タイプのイヤホンが人気の理由です。

 

音質が安定している

有線タイプのイヤホンは、音楽再生しているスマートフォンとコードで繋がることにより常に物理的な接続をしています。つまり、再生する端末の音質をそのままにイヤホンで再生することができるので、音質が安定しています。

ワイヤレス端末でたまにある接続悪化による音飛びや通信混線による雑音といった音質が劣化してしまうようなことがありません。

また、有線タイプのイヤホンの商品は非常に様々な商品が販売されています。音質の特徴も商品によってさまざま。商品によってはお店などで音質を確かめることもできるので

音質に特徴を持っている商品に関しては、是非その音質を試してみていただきたいと思います。

 

ほとんどの機種では充電の必要もなし

機種にもよりますが、ほとんどの有線タイプのイヤホンでは充電が必要ありません。いざ、使いたいときに充電を忘れていた等の理由により音楽を聴くことができないというトラブルもないので、持ち歩いているだけでいつでもどこでも高音質な音楽を楽しむことができます。

 

安価なタイプのものから高性能製品まで充実

昔から利用されてきた有線タイプのイヤホンであるので、基本的な性能を搭載した安価なシリーズが多くあるのも有線タイプのイヤホンの特徴。

もちろん、ノイズキャンセリング機能やハイレゾ対応しているといった高性能タイプの製品も展開されているので、ユーザーのニーズに応じた幅広い製品ラインナップの中から選ぶことができます。

また有線タイプのイヤホンには「カナル型」と「インナーイヤー型」の種類があります。

カナル型は耳に装着した時に、密閉できるので高音質な音を外に逃がさずに音楽を楽しむことができます。

インナーイヤー型はカナル型に比べて密着度は低いですが、高音の音質が良く、コスパがいいメリットがあります。ただ、カナル型に比べて密着度が劣るので音質がいいですが音漏れすることが多いです。

筆者もカナル型とイヤーインナー型の両方のイヤホンを使用してきましたが、音質や使用感は使う人次第だと感じます。

またカナル型とインナーイヤー型のそれぞれの耳のフィット感に対しても、人によって好みが異なるかと思います。

是非一度意識してカナル型とイヤーインナー型をお試しいただき、自身の耳に合った好きなタイプのイヤホンを選択してみてください。

 

有線タイプのイヤホンのデメリット

有線イヤホン

メリットばかりでなく筆者が考えるデメリットも挙げておきます。

 

コードが煩わしく感じることも

ワイヤレス製品との決定的な違いは有線タイプのイヤホンという言葉にもあるように物理的なコードのケーブルが存在することです。

接続している端末とイヤホンの間はケーブルで結ばれているので、外出時に使用するときや、フィットネスで使用する場合など、接続されたコードを煩わしく感じることがあるかもしれません。筆者も高音質な音楽を楽しんでいる反面、コードのわずらわしさに困ったことが何度かあります。

この点に関しては有線コードの最大の難点ですよね。音質をとるか、価格や機能性をとるのか。

ご自身の優先順位やシチュエーションをイメージしながら、有線タイプの商品にするか無線の商品にするか選択していただきたいと思います。

 

コードが劣化することもある

物理的に接続されたコードは、何度も使用を続けていく内にコード自体が劣化してしまい、場合によっては断線してしまうこともあります。特に、スマートフォン接続部分や、イヤホン本体の接続部部分といった所では負荷がかかりやすいので、音質がそれによって低下してしまうといったリスクもあります。

 

インフルエンサーが愛用している有線イヤホン

 

to buy編集部

to buy編集部

ここで、to buyに登録しているインフルエンサーが愛用している有線イヤホンを紹介します!

 

NINO

NINOのイチオシ!

おすすめしたい有線タイプのイヤホンは、BOSE QuietComfort 20です。BOSE製品な周囲の騒音を打ち消すことができるノイズキャンセリング機能に優れいますが、QuietComfort 20も、このノイズキャンセリング機能を搭載しています。

普段、バスや電車といった公共交通機関で移動しているときは走行音や周囲の環境音が大きい状況です。その周囲の雑音が聞こえなくくらいついつい大音量で聞いてしまうと、音漏れが発生しやすく周囲にいる人への配慮を欠く行為につながりかねません。

ノイズキャンセリング機能は、このような場面での利用にとてもおすすめです。周囲のノイズを解析し、それを打ち消す逆位相の音を出すことにより周囲の環境音を完全にシャットアウト。装着してノイズキャンセリング機能をONにすると無の世界が広がります。飛行機の中もジェット機のエンジン音がごぉーっと鳴り響いていると思いますが、このような音もスッと瞬時に消してくれる役に立つ機能です。

また、ノイズを消すと飛行機の機内アナウンスや電車のアナウンスまでかき消されますが、「Awareモード」に設定すると、環境雑音は消去しながらも人の声だけは聞こえやすくすることができるので、移動中も安心です。

周囲の雑音を消した上で、イヤホンから再生される音楽を聴けるので、適正な音量で高音質なサウンドを楽しむことができます。

有線イヤホンとしては高級な価格帯に分類されますが、持っておいて損はない1台です!

 

他にもおすすめの有線イヤホンを紹介!

 

Beats by Dr.Dre urBeats3

出典: Amazon.co.jp

カナル型
特徴:重低音◎
人間工学に基づくデザインにより、一日中装着していても快適

オシャレなデザインが特徴的なBeats by Dr.Dre製品で、今ではAppleグループの一員として、Apple Stroreにも公式アクセサリーとして陳列されているほどの人気ブランドです。

urBeats3は、シリーズの中でも有線タイプのイヤホンであることが特徴。カナル型のイヤホンを採用し、耳に装着したときに空間を密閉できるので、しっかりとした重低音や細かな音響設計をもとにして高音質を楽しむことができます。

また、人間工学に基づいたデザインが採用されているので、耳への抜群のフィット感を得られます。

 

SONY XBA-N3BP

出典: Amazon.co.jp

カナル型
特徴:ハイレゾ対応で高音質◎
ケーブルの長さ 120 cm
インピーダンス (Ω) 16 ohm
カラー ブラック

安心と信頼の国内メーカーであるSONY製品です。

XBA-N3BPは何と言っても高音質を求めたい人にはおすすめの製品。こちらもカナル型で密着感がよく、ハイレゾ対応しているのは勿論のこと、HDハイブリッドドライバーシステムを採用しているので、解像度の高い高音域や、低音から中音のバランスが良い音質を楽しめます。

拡張音響空間を利用した精密なコントロールで、中音域や低音域・高音域がスムーズに奏でられ広がりある音を奏でることができるのも特徴です。

 

ONKYO E900M

出典: Amazon.co.jp

カナル型
特徴:重低音・高音
OFCケーブルを採用
ハイレゾ対応

こちらも国内の音響メーカーとしては大手となるONKYO製品です。こちらもカナル型で密着タイプ。

E900Mはデュアル・バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載し、明快で深みのある低音域や再現性の高い高音域を奏でることが可能。ケーブルは音楽信号を損なわないような伝送性の高いOFCケーブルを採用し、原音そのままに忠実に再現してくれます。ハイレゾに対応しているので、特に音質にこだわりたいという人にはおすすめのイヤホンです。

 

まとめ

有線タイプのイヤホン、いかがでしたでしょうか。

1,000円以下の安価な海外製品だとすぐに壊れてしまったり、ノイズが走ったり、ケーブルが断線してしまったりと思わぬトラブルに遭うこともあります。

種類も豊富な有線タイプのイヤホンですが長い間使用することを考えて、しっかりと音質と機能面を考慮した有線タイプのイヤホンを選ぶことをおすすめします!お気に入りのイヤホンをぜひとも見つけてみてください!

 

イヤホン・ヘッドホンの人気売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、イヤホン・ヘッドホンの人気売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon人気売れ筋ランキング 楽天人気売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピング人気売れ筋ランキング

to buy編集部

to buy編集部

無線×ヘッドホン派の方にはこちらの記事もおすすめです!

記事内で紹介されている商品

関連記事