静かな環境で純粋に音楽を楽しめるノイズキャンセリングヘッドホンのおすすめ4選

スマホに保存した音楽ファイルや、YouTubeなどのオンラインコンテンツをストリーミング再生する場合、スマホ本体のスピーカーを使うとはすぐに再生して楽しめる一方で、スマホ搭載のスピーカーでは音量やそもそもの音質といった面で物足りないと感じたことはないでしょうか!?

音楽が持つ本来の迫力や音響、世界感といったものを存分に感じるには、外部接続のイヤホンやヘッドホンが欠かせない存在となります。

スマホに搭載された出力の小さなスピーカーではなく、耳に一番近い場所で最適な音質を提供できるイヤホンやヘッドホンは、音楽を楽しむための最高のアイテムです。

中でも、「ノイズキャンセリングヘッドホン」は周囲の余計な音を除去してクリアな環境で音を楽しめるのでおすすめです。

 

「ノイズキャンセリング」とは?

普段、電車に乗っていると電車の走行音や車内での話し声などの喧噪が必ず耳に入ってきます。飛行機の中では、ジェットエンジンの運転音がゴーと鳴り響いていますよね。これらの騒音をノイズとして、あたかも全く音が消えたかのように打ち消してくれるのがノイズキャンセリング技術です。

音は波として我々の耳に聞こえてきます。もちろん、ノイズひとつひとつにも波があり、それらの波が集まり騒音として耳に入るのです。

ノイズキャンセリングは、これらの周囲で発生した騒音の波をユニット内で解析し逆位相の波をスピーカーから発することにより、騒音のみを強制的に打ち消す技術です。

ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンを最初に装着しその機能をONにすると、周りの喧噪がスーッとかき消されることが実感できます。

電車の中でも、飛行機の中でも、街中でも、これまで周りで聞こえていた騒音が、あたかも無くなってしまったかのように見事にひいていきます。そして、「無」の世界がヘッドホン内部で完成します。

この効果により、音楽を純粋に静寂な環境で楽しむことができるのです。

通常のヘッドホンの場合、周りの雑音が大きいと、ヘッドホンを装着していてもその音が耳に入ってきてしまうので、その音に勝つくらいの音量を出さないと、満足のいく音を楽しむことができません。大きめの音が好みな人であれば、音量を上げすぎてしまい音漏れの原因にもなってしまう可能性もあります。

ノイズキャンセリングヘッドホンでは、周りの騒音を打ち消し、静かでクリアな環境で再生できるので、無理に出力をあげなくても最適な音量で聴くことができ、バックグラウンドで聞こえる周りの雑音もほとんどないので、耳への負担も軽くなります。

 

ノイズキャンセリングヘッドホンの選び方

ノイズキャンセリング技術を搭載したイヤホンやヘッドホンの中でも、筆者が特にオススメしたいのはノイズキャンセリングヘッドホンです。

イヤホンよりもヘッドホンの方が大口径ユニットを搭載しているので、物理的に考えてもイヤホンよりも音質の良い出力を持っているからです。

最近では高性能なイヤホンも多く登場していますので、一概には断言できませんが、一般的にはイヤホンよりもヘッドホンの方が音質が良いと思います。

そこで、ノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドホンを選ぶ際のポイントを紹介します。

 

ヘッドホンのタイプ

ヘッドホンには主に耳を完全に覆ってしまうオーバーイヤー型のものと、耳の上に載せるオンイヤー型のタイプと大きく分けて2種類があります。

オーバーイヤー型では耳を囲うように覆うので、直接圧迫されることなく耳や頭部への負担が少ないです。また、付け心地も安定しているので長時間装着に向いています。その分、ヘッドホン本体が大きくなりがちです。

一方のオンイヤー型は、ハウジング部分を耳の上にのせ左右のバンドの締め付けにより装着する構造なので、耳や頭部への負担が少しかかりますが、オーバーイヤー型よりもコンパクトで軽量になるというメリットがあります。

ヘッドホンを長く使用する上では、装着感は重要な要素なのでよく検討しましょう。

 

ノイズキャンセリングの多機能性

製品によって、騒音を消すノイズキャンセリング機能にもいくつかの種類があります。

完全に周囲の音を消す通常のノイズキャンセリング機能に加えて、人の声だけ通して他の騒音のみを消す機能を搭載したノイズキャンセリングヘッドホンも存在します。

騒音の中にある人の声だけを通すことにより、例えば電車内での利用であれば、走行音をノイズキャンセリングでかきけしつつも、時折入る車内アナウンスはしっかりと聞くことができるといった使い方ができ、ヘッドホン自体に入ってくる透過音を可変させることができます。

 

接続方式

ノイズキャンセリングヘッドホンには、通常のヘッドホンと同じように有線タイプのものとBluetoothを使った無線ワイヤレスタイプのものが存在します。

有線タイプのヘッドホンであれば飛行機など電波が使えない場所でも使える、ワイヤレスタイプと比べ安価で手に入るといったメリットはありますが、ケーブルが煩わしく感じてしまうこともあるかもしれません。

一方、ワイヤレスタイプであれば、ケーブルを必要とすることなく再生機器とはBluetoothによって接続できるので便利です。その分、製品価格が少し高くなります。

ワイヤレスタイプのノイズキャンセリングヘッドホンであっても、有線接続できる製品もあり、状況によって使い分けできるものもあります。

 

電池持ち

ノイズキャンセリングをするために、ヘッドホンのユニット内で周囲からマイクで拾った環境騒音に対して逆位相波を出力するため、ノイズキャンセリングヘッドホンには必ず充電による駆動が必要です。

特にワイヤレスタイプの製品となると、再生端末との通信でも電力を消費するので、電池持ちも選ぶ上で考慮したいポイントです。

最低でも10時間程度はもつ製品であれば、1日日中の使用には耐えられるスタミナで都度充電する手間が省けるので楽です。長いものだと24時間を超えるような電池持ちの製品もあります。

 

筆者おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン「BOSE QuietComfort 35」

NINOのイチオシ!

音楽アクセサリーとしては絶対外せないのがBOSE製品。音響老舗メーカーとして、高音質・迫力のあるサウンドが特徴的な同社の製品は、店舗での天吊りスピーカーでもよくみかけます。中でもBOSE製品のワイヤレスヘッドホンはノイズキャンセリング機能において技術的に優れている製品が数多く展開されています。
BOSE製のBleutoothヘッドホンでは、ノイズキャンセリング機能を搭載対応した「QuietComfort 35(QC35)」 がオススメです。

世界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載対応したQC35は周囲環境の不快な音をかき消し、スイッチ一つで静寂の世界へいざなってくれます。この消音機能により、音楽を静寂な環境で楽しむことができます。
さらに音質が全体的に彩り豊かで、重低音ではかなり迫力のある音がでます。
装着感も違和感なく、オーバーイヤータイプのワイヤレスヘッドホンが耳を優しく包み込んでくれます。
最高に静寂な環境で純粋な音楽を楽しみたい人にオススメのBluetoothヘッドホンです。

 

他にもまだある!おすすめのノイズキャンセリングヘッドホン

 

SONY MDR-1000X

SONY製のノイズキャンセリングヘッドホンです。

ユーザーごとに若干聞こえが異なる騒音に対して、パーソナルNCオプティマイザーの効果により最適なノイズキャンセリングが可能なノイズキャンセリングヘッドホン。

ハイレゾ相当の音源にも対応しているだけでなく、MP3やCD音源をハイレゾ相当の音質にアップスケーリングする技術も搭載。

とにかく高音質で楽しめる仕様となっています。

ノイズキャンセリング中であっても、ハウジング部分を手で覆うと瞬時にキャンセリング効果と音量を下げて周囲の音を聞こえるようにできるクイックテンションという機能や、周囲の音取り入れながら音楽を楽しめるアンビエントサウンドモードも搭載しています。

ハウジング部分のタッチセンサーにより、片手で曲送り/曲戻しや、音量の調節も可能。

多機能なノイズキャンセリングヘッドホンでおすすめです。

 

JVC ワイヤレスステレオヘッドセット HA-S88BN

出典: Amazon.co.jp

JVC ワイヤレスステレオヘッドホン HA-S88BN

ノイズキャンセリングヘッドホンの中では比較的安い価格帯で購入できるアイテム。

リーズナブルな価格とは裏腹に、ワイヤレスイヤホンでありながらも周囲で発生する騒音をしっかりと打ち消すノイズキャンセリング機能を搭載しています。

40mmの高音質ドライバーを積んでいるので、高音域や低音域においてその効果を存分に発揮してくれます。

バッテリーもたっぷりと27時間駆動、ノイズキャンセリングをONにしている状態でも16時間駆動してくれるので十分なスタミナです。

 

JBL EVEREST ELITE 700

Bluetoothでワイヤレス接続できるヘッドホンでありながらノイズキャンセリング機能も搭載したオーバーイヤー型のヘッドホンです。

独自に開発された40mm径ドライバーにより、パワフルで迫力あるサウンドを再生可能。

ノイズキャンセリングでは、ハイブリット方式が採用され、より精密な騒音低減効果を実現しています。

最大15時間の電池持ちでワイヤレスヘッドホンとしても十分に活躍してくれる1台です。

 

まとめ

普段生活している日常のあらゆる場面には、いろいろな騒音である環境音が存在します。

ノイズキャンセリングヘッドホンを使うと、これらの喧噪から全て解放され、静寂な空間を作り出すことができます。

純粋にそしてクリアに、音楽本来が持つ良さを存分に引き立ててくれるので、音楽を120%楽しむことができるヘッドホンです。

ぜひともお気に入りのノイズキャンセリングヘッドホンを探してみてください。

記事内で紹介されている商品

JVC ワイヤレスステレオヘッドホン HA-S88…

サイトを見る

関連記事