Bluetoothスピーカーの選び方やおすすめ機種を紹介!

「自宅でスマートフォンに入った音楽を再生したい」あるいは「スマートフォンを使って動画コンテンツを再生したい」という時に、スマートフォン内蔵のスピーカーでも十分楽しめますが、ワイヤレスで接続できる「Blueotoothスピーカー」を活用するとさらに臨場感ある高音質で楽しめます。

今回は、「Bluetoothスピーカー」の特徴や選ぶポイント、おすすめの機種を紹介します!

 

「Bluetoothスピーカー」の特徴

 

一昔前に自宅で音楽を楽しみたい時には、CD・MDなどのデジタルコンテンツが録音された媒体をコンポデッキに直接セット、あるいはiPodやMP3プレーヤーをコンポデッキに直接接続し再生するというスタイルが主流でした。

しかし、今では音楽ファイルの送信側と受信側の接続技術も進歩し、スマートフォンとワイヤレスに接続し音楽を再生することができる「Bluetoothスピーカー」が次々に登場しています。

シンプルに音楽だけを再生するものから、音質を重視したもの、通話可能なヘッドセット機能がついた多機能なものまで種類はさまざま。ユーザーが使いたいシーンに合わせて、最適なBluetoohtスピーカーが豊富に揃っています。

Bluetoohtスピーカーの主な特徴は以下のとおりです。

 

ワイヤレス接続できるスピーカー

Bluettothスピーカーの最大の特徴は、再生側の機器とワイヤレスで接続できるということ。コードをスピーカーに接続することなく音楽の再生ができるので、コード長やコードの取り回しを考える必要が一切ありません。

設置場所を選ぶことなくどこにでも置いておくことができ、ワイヤレスで接続された手元の端末から全てコントロールできるので非常に便利です。

 

持ち運び可能な小型タイプも豊富

スピーカーというと家庭内で使用する据え置き型のものが一般的ですが、近年スマートフォンやデジタルオーディオコンテンツが復旧してきたことにともない、気軽に持ち運びできるような小型タイプのラインナップも豊富になってきています。

アウトドアシーンや自宅の部屋間を持ち出しながら移動したい場合など、ワイヤレスで高音質なBluetoothスピーカーは活躍できるシーンが多いです。

 

スマホでの再生より音質が良い

スマートフォンで音楽を再生すると当然その端末に搭載したスピーカーから音が流れます。最近では、音質がかなり向上したスピーカーが採用されるようになり、スマホのスピーカーやはり、外部接続されたスピーカーからの音出力には、音量的にも音質的にも叶わないとおもいます。スピーカーを通すことにより、音の幅がより豊かになり、臨場感をもった迫力ある音質に変わります。

小型モデルのBluetoothスピーカーであっても高級モデルではかなり高い音質の音を楽しめます。

通常の再生スピーカーより厚みのある音を楽しみたいなら、やはりBluetoothスピーカーは必須アイテムとなってくるでしょう。

 

Bluetoothスピーカーの選び方

 

ワイヤレスで簡単に接続できるBluetoothスピーカーですが、さまざまな種類のものが展開されているので、どれにしようか悩むことも多いと思います。

ここでは、Bluetoothスピーカーを選ぶ際のポイントを紹介します。

 

利用用途を考慮したサイズ

Bluetoothスピーカーはワイヤレス接続であるので、持ち運んで使いたいという利用用途が人気です。

かばんや荷物の中にコンパクトに収まるようなサイズであると、場所を選ばずBluetoothスピーカーを通して音楽を楽しめます。

コンパクトなサイズであっても、高価格帯モデルになると迫力ある重低音やクリアな高音まで再現できるものもあります。

家庭内の据え置き型スピーカーとして考えているのであれば、少し大きめのサイズで音質を重視した方がよいかもしれません。

利用用途によって、サイズを選ぶことはポイントになります。

 

音質を重視したいなら高級モデル

Bluetoothスピーカーの中には、低価格帯の比較的入手しやすいモデル、音質や機能性にこだわった高級価格帯のモデルなどさまざま。

音楽を純粋に楽しみたい、特に室内でゆっくりと聞きたい場合には音質が重要になってきます。

アンプの出力が大きければ大きいほど音質が良くなりますが、価格もそれに伴って高くなります。

価格が良ければ音質が良いという絶対的な関係はありませんが、高音質を求めるのであれば、ある程度の価格帯以上のアンプ出力の大きいモデルを購入した方が良いです。

 

筆者が愛用する、おすすめのBluetoothスピーカー

 

BOSE SoundLink MINI Ⅱ

BOSE SoundLink MINI Ⅱ
SoundLink Mini Ⅱは、音響メーカーとして老舗のBOSE製。サイズこそ手の平サイズでとてもコンパクトな印象ですが、音を奏で始めた瞬間にその印象が大きく変わります。
小さい筐体とは思えないほどの迫力ある音が出力され、特に重低音域が強い力強いサウンドが特徴的です。
ロックやオルタナティブ、ポップ系ミュージックまで万能に適している最適なスピーカーです。
満充電で10時間使用することができるので、1度充電したら日中ずっと使用していても問題無く使えるスタミナ。
ポータブル性に優れているので、かばんの中に入れて外出先に持ち出すような利用方法も可能。BBQといったアウトドアシーンでも大活躍してくれます。
価格帯は2万円超えの機種となりますが、自宅用にまた持出用にぜひとも持っておきたい1台です!

 

厳選のおすすめBluetoothスピーカー

 

Anker SoundCore Sport

アウトドアシーンや水周りで使うなら絶対におすすめなスピーカー。お風呂でも音楽を楽しむことが可能です。

本体はIP7X規格の防水性能を有し、水深1mの水に30分沈めておいても問題なく使えるほどの優れた防水性。

また、本体は3Wのドライブオーディオとバッシブ型サブウーハーにより、音質もクリアかつ低音域も十分。本体も携帯製に優れたサイズで気軽に持ち出せます。

価格は3,000円前後で手に入るので、コストパフォーマンスの高いエントリーモデルといえるでしょう。

 

JBL PULSE 3

JBL PULSE 3は、単なる音を再生してくれるだけのスピーカーでなく、見た目も演出してくれるスピーカー。本体のアクリルボディ内部にマルチカラーLEDを搭載し、専用アプリから数種類のテーマに沿ったイルミネーションを点灯させることが可能。曲の雰囲気や気分に合わせて視覚的にも盛り上げてくれるスピーカーです。

見た目だけでなく性能面もばっちり。IPX7相当の防水性能を有しているので水周りでの使用も安心です。

さらにJBLコネクトプラスという機能を搭載し、同じJBLコネクトプラスを搭載した100台以上のスピーカーと同時接続も可能。利用シーンとしては珍しいかもしれませんが、複数台のスピーカーとセットで使えば、視覚的なイルミネーションと、複数台による迫力あるサウンドが楽しめます。

 

BOSE SoundLink Revolve

BOSE製というだけで音質には安心感を持てます。

SoundLink Revolveは、先ほど筆者が愛用品として紹介したSoundLink Mini Ⅱと同じBOSE製で、コンパクトな持ち運びができるサイズ感です。

このスピーカーの最大の特徴はスピーカーに指向性がないことであり、360度の方向に音が広がります。音を奏でたい方向にスピーカーを向けるのではなく、その場所に置くだけで周囲360度に自然なサウンドを再生してくれます。

さらに、本体はIPX4相当の防滴使用。軽く水がかかっても壊れることはなし。

BBQといった皆が集まるようなアウトドアシーンでも、テーブルの上に置いて360度に再生されるので持ってこいな1台です。

 

SONY SRS-ZR7

ハイレゾ音源にも対応した高音質スピーカー。前面に45mmフルレンジスピーカーを2基、背面には62mmのサブウーファーも搭載。最大出力は92Wにもなるとてもパワフルなサウンドを楽しめます。

Bluetooth接続だけでなく、Wi-Fiネットワークによる接続にも対応し、ホームネットワーク上にある対応機器から音楽再生ができます。

さらにHDMI端子も搭載しているので、自宅テレビ用の据え置きスピーカーとしても利用できます。

低音域から超高音域まで再現性の高いクリアでパワフルなサウンドを楽しめる1台です。

 

まとめ

Bluetoothスピーカーはワイヤレスで接続ができるので、スマートフォンの音楽をより楽しいものにしてくれるアイテムです。

持ち運びを重視するのであれば、コンパクトで防水性能を搭載してくれるようなスピーカーがおすすめです。

また、ポータブル性能も大事ですが、スマートフォンから接続し、より大きいスピーカーで再生する意義として、やはり音質は重視したいところ。

長期的に使用していくのであれば、多少価格が高いモデルでも音質にこだわった選択をする方が良いかもしれません。

ぜひ、利用シーンにあったお気に入りの1台を探してみてください!

記事内で紹介されている商品

関連記事