【初心者必読】商品選びのポイントは?ガジェット好き厳選のスマートスピーカーおすすめ5選

今や音楽を再生するスピーカーは単なるスピーカーではなく、人口知能であるAIを搭載した「スマートスピーカー」と呼ばれる製品が広く普及しはじめています。

「スマートスピーカー」という言葉を1度は聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

一言で「スマートスピーカー」といってもこれから購入を検討しようとしている人からすると、LINE ClovaやAmazon Echo、Google Homeなど、いくつかあるスマートスピーカーをどのような基準で選んでよいのか分からないかと思います。

そこでこの記事では、スマートスピーカーの概要やできること、購入時の注意点、おすすめ製品に至るまで紹介します。

ぜひ、スマートスピーカー購入時に参考としてください!

 

スマートスピーカーとは?

スマートスピーカーと通常のスピーカーの一番大きな違いは、人工知能とよばれるAI機能を搭載しているかいないかという点です。

そのため、人工知能であるAIを搭載したスマートスピーカーでは、テレビで見たり聞いたりしたことがあるように、人間が話しかけると指示に従って応答してくれたり、指示内容を実行してくれたりしてくれるのです。

 

すでに各社から発売されるスマートフォンにはAIを使ったアシスタント機能が備わった製品も多く展開されています。

それぞれのAIシステムごとにウェイクワードと呼ばれる特定の言葉を話しかけると、自動的にAIアシスタントが起動します。

Android端末であれば「Googleアシスタント」が搭載され「OK Google」もしくあ「ねぇグーグル」と呼びかけると音声認識によるアシスタント機能が起動しますよね。

Apple端末であれば「Siri」です。「Hey Siri」(ヘイ シリ)と呼びかけるとAIアシスタントが要件を聞いてきます。

 

このようにスマートフォンで使えるAIアシスタント機能が、スピーカー仕様になったものがスマートスピーカーです。

現在では、LINEが扱う「Clova」やAmazonの「Echo」、Googleの「Google Home」といった製品が主力モデルとなっている他、日本ではまだ未発売であるAppleの「Home Pod」もいずれ発売開始する予定となっています。

 

スマートスピーカーでできること

呼びかけると反応してくれて、何かを調べてくれて・・・と色々便利な機能が備わっているスマートスピーカー。

これを活用するとどのようなことができるのか、共通する機能を紹介したいと思います。

 

話しかけるだけでニュースや天気といった調べ物をしてくれる

スマートスピーカーの代表的な機能と言えばコレ。

AIアシスタントがあなたに代わって調べ物をしてくれます。

例えば、明日の天気が知りたい時、「○○(ウェイクワード)、明日の××(地名)の天気を教えて」とスマートスピーカーに喋りかければ、指定した場所の明日の天気・気温などの情報をAIアシスタントが喋って教えてくれます。

この調べものはほんの一例。

この他、ニュースを聞いたり、今日のカレンダー予定を聞いたりすることもできます。

わざわざスマートフォンを開かなくてもスマートスピーカーと会話するだけでわかるため、手元とが忙しいデスク作業中や朝の支度時にも便利です。

 

アラームやタイマーをセットする

目覚ましのアラームやタイマーを声でセットできるのもスマートスピーカーの特徴的な機能。

料理をしている時に「10分したら教えて」といえば10分経過後にスマートスピーカーが終了したことを教えてくれます。

朝起きる時の目覚ましをかけたいのであれば、例えば「朝7時に起こして」を話しかければ、朝7時に目覚ましアラームをかけてくれます。

 

ネットラジオやストリーミング音楽配信再生ができる

radiko.jpなどのネットラジオサービスや、Google Play MusicやSpotifyといったストリーミング音楽配信サービスをスマートスピーカーから再生することも可能。

無料版の機能を使ってシャッフル再生もできるので、好みのラジオや音楽を声だけで簡単に再生できます。

スマートスピーカーの性能によって音質が変わるので、より綺麗な音で楽しみたい人は、スマートスピーカー自体の音質性能も購入時に考慮するようにしましょう。

 

対応製品同士なら声で家電を操作することも可能

まさにスマートな機能がコレ。

音声認識に対応しているloTという分野の家電製品をスマートスピーカー経由で操作することも可能です。

代表的な機能が照明の照度調整です。

対応しているスマート家電の照明であれば「リビングの電気を付けて」と言えばボタンを押さずとも消灯ができたり、スマート家電のエアコンであれば「20度に設定して」といえば、設定温度の変更をできたりもします。

もうこれでリモコンを探す必要もありませんね!

 

ここで紹介したのはスマートスピーカーでできるほんの一例の機能。

この他、ユーザーの使い方次第でさまざまな便利な使い方ができますよ!

 

ここだけはチェック!購入時の注意点

各メーカーから発売されているスマートスピーカーですが、基本的な機能はどれも一緒なので、一体どれを選んでよいのかよく分からないという人も多いはず。

ここでは、スマートスピーカーの基本的な選び方や購入時の注意点について紹介します。

 

AIアシスタントのプラットフォームは?

スマートスピーカーはあらゆるメーカーから発売されている製品ですが、スマートスピーカー自体に搭載しているAIのプラットフォームは、現状ではLINE「Clova」、Goolgle「Googleアシスタント」、Amazon「Alexa(アレクサ)」の3種類です。(Siriを搭載したAppleのHome Podは日本未発売)

SONYやBOSEなど各メーカーから発売されているスマートスピーカーは上記プラットフォームのいずれかを搭載しています。

使う前に判断することはなかなか難しいと思いますが、連携している機能や日本語の認識能力などの使い勝手をよく事前に調べて、3つの中から一番使いやすいAIプラットフォームを搭載したスマートスピーカーを選ぶ様にしましょう。

 

接続できる距離を確認しよう

スマートスピーカーがAIプラットフォームを使うためには、自宅に通信できるWi-Fi環境が必ず必要です。

Wi-Fiの電波が届きにくいような部屋では、うまく動作してくれません。

スマートフォンでWi-Fiの受信状況などを事前によく把握した上で、Wi-Fiが安定して繋がるネット環境にスマートスピーカーを設置するようにしましょう。

 

音量はどれくらい?

スマートスピーカーの大きさにより本体から出力できる音量の大きさは変わります。

コンパクトな本体は場所を取らずにシンプルに設置できる一方で、スピーカー自体の音量に不満を持ってしまうことがあるかもしれません。

スマートスピーカーの性能を最大限に発揮したいのであれば、出力の大きいスピーカーを選んだ方が無難です。

 

防水対応のスマートスピーカーならお風呂でも楽しめる!

スマートスピーカーの中には防水対応の製品もあります。このようなスマートスピーカーは水に強いため、スピーカー本体が濡れてしまうような環境でもしっかりと動作し、水濡れによる故障の心配もありません。

お風呂は音響が響きやすい環境であり音楽を流すのには最適。カラオケのようにエコーが効いた環境で大好きな音楽を楽しむことができます。

加えてスマートスピーカーにしゃべりかけるのが、少し恥ずかしいという方でも周りの方を気にせずに利用できますよね。

1点注意しておきたいのが、防水対応とはいっても製品ごとに基準があることを覚えておきましょう。

JBL製のスマートスピーカーは最高の防塵防水対応製品が展開されています。一方で他社製品でも防水対応製品はありますが、水がかかる程度は問題なくても、水の中に沈めてしまうとアウトになってしまうスピーカーも存在します。

水周りでのスマートスピーカー使用を考えているのであれば、どの程度の防水対応なのかよく確認しておきましょう。

 

筆者愛用のスマートスピーカーをご紹介!

 

Amazon echo dot(第3世代)

Amazonが発売しているスマートスピーカーの中でも一番コンパクトなタイプのスマートスピーカーです。

AIアシスタントにはAmazonのアレクサが搭載されています。

日本語の認識能力はそれなりに良く、こちらが指示したりお願いしたりする内容を正確に把握し、実行に移してくれます。

スピーカーに「アレクサ」と話しかけるだけで、すぐにAIアシスタントが起動しスマートスピーカーらしい使い方を簡単にできます。

ニュースや天気といった調べごとはもちろん、Amazonの有料会員サービスである「Amazonプライム」に加入しているため、100万曲以上が聴き放題となるプライムミュージックも、このecho dotで楽しめます。

インターネットへの接続や設定は専用アプリ化から簡単に行えるので初心者でも難しいことはないと思います!

価格帯も安価なので、初めてのスマートスピーカーにもおすすめですよ!

出典: Amazon.co.jp

Echo Dot 第3世代 Newモデル

87時間のビッグセール 開催中!

Amazonで価格を見る

 

スマートスピーカーのおすすめ4選

Amazon echo spot

出典: Amazon.co.jp

Echo Spot

スマートスピーカーでは数少ないスクリーン付きモデル

スマートスピーカーの価格帯としては1万円を超えるモデルですが、スクリーンが付いているという大きな特徴があります。他のスマートスピーカーには中々ない仕様です。

待ち受けには好きな画面での時計表示が可能。デスク周りやテレビボード上、ベッドサイドテーブルに置いても違和感なく溶け込むデザインです。

目覚まし時計として使うのはもちろんのこと、ニュースや天気のチェック、アレクサ対応の家電製品のコントロールもこれ1台で可能。

フロントカメラに写る画像を外出先でスマホアプリを使って、echo spotのフロントカメラに写る映像を確認することもできます。ペット様子を確認する等、使い道はさまざま。

スクリーン付きのスマートスピーカーを求めている人におすすめです!

 

LINE Clova

出典: 楽天市場

LINE スマートスピーカー Clova Friends mini BROWN NLS200JP

LINEをかしこく活用できるスマートスピーカー

LINEのClovaというAIアシスタントを搭載したスマートスピーカーです。

他社のスマートスピーカー同様に、ニュースのチェック、天気の確認、家電操作、音楽再生といった機能ももちろん使えます。

LINE Clovaの特徴は、LINEの操作をこのClovaで完結できるということ。

特定の友だちへのLINEメッセージ送信、新着のLINE読み上げなど、スマートスピーカーでLINEを使えるというメリットがあります。

スピーカー自体のデザインもかわいらしいの仕上げで、キャラクターデザインの製品もこれまで多く発売されています。子どもや友人へのプレゼントにも最適です!

 

Google Home

出典: 楽天市場

Google Home グーグル スピーカー グーグル ホーム

Google提供のサービスを使いたい人におすすめ

Googleが提供するGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカーです。

Googleが扱うYouTube、翻訳、地図、各種検索といった機能を普段から多く活用していると言う人にはこのスマートスピーカーがおすすめです。

本家の翻訳サービス技術を利用しているからかはわかりませんが、日本語の解読能力が非常に高いことで有名です。

Google Homeにしゃべりかけると難解な日本語であってもしっかりと聞き取ってくれます。

Googleの検索エンジンを利用した適正かつ正確な検索回答も優れものです。

 

SONY スマートスピーカー SRS-XB501G

出典: Amazon.co.jp

ソニー AI対応 重低音ワイヤレススピーカーSONY SRS-XB501G

音楽再生が高音質なSONYブランドの安心スマートスピーカー

スピーカーで音楽を再生するのであれば、どうしても音質にこだわりたいという人におすすめなのが、このSONY製スマートスピーカーです。

搭載しているAIは、Googleアシスタントです。

直径45mm径のフルレンジスピーカーユニットを2基、125mm径のサブウーファーを搭載するという、スマートスピーカーでは桁外れな仕様。迫力ある重低音かつ大音量で音楽再生が可能です。

約5時間の充電で最長16時間使えるので、自宅据え置きのスマートスピーカーとしてだけでなく、外出先に持ち運んで利用するのにも最適です。

IP65の防塵防水性能で外出先での利用も安心です。

商品画像
商品名 Echo Dot 第3世代 Newモデル Echo Spot LINE スマートスピーカー Clova Friends mini BROWN NLS200JP Google Home グーグル スピーカー グーグル ホーム ソニー AI対応 重低音ワイヤレススピーカーSONY SRS-XB501G
リンク 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

 

スマートスピーカーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スマートスピーカーの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

まとめ:スマートスピーカーで日常をスタイリッシュ&快適に

ようやく日本市場でもスマートスピーカーが多く発売され始め盛り上がりを見せていると思います。

なかなかスマートスピーカーに向かって喋りかけるというのは恥ずかしいことかもしれませんが、自宅で使うなら思い切って使ってみると非常に便利な用途がたくさん実感できると思います。

ぜひともお気に入りのスマートスピーカーを探してみてください!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

Echo Dot 第3世代 Newモデル

サイトを見る

LINE スマートスピーカー Clova Friends m…

サイトを見る

Google Home グーグル スピーカー グーグ…

サイトを見る

ソニー AI対応 重低音ワイヤレススピーカ…

サイトを見る

関連記事