買いたいものを検索してください

コスパ重視か音質重視か?Bluetoothイヤホンタイプ別おすすめ8選+1

通勤電車でスマートフォンをいじりながら気軽に音楽やゲームの音を楽しめる、Bluetoothイヤホンの人気が高まっています。人気モデルによっては量販店でもなかなか手に入らないものもったあり、ただ音楽を聞くだけにも関わらずやたらと高額なモデルもあり、どれを選べばいいのかお悩みの方も多いでしょう。

スマホの機種や使う用途などご自分の事情に見合ったBluetoothイヤホンはどれか、ツボお抑えたおすすめのモデルを紹介していきましょう。

 

Bluetoothイヤホンとは!?

Bluetoothイヤホンは、スマートフォンやウォークマンなど携帯音楽プレーヤーと、ワイヤレス規格の1つで消費電力が低いBluetooth方式接続して手軽に楽しむイヤホンです。特に、iPhone7以降、スマホの本体からイヤホンジャックが廃止され、一気に注目されるようになりました。

 

Bluetoothイヤホンのメリット・デメリット

メリット

邪魔なコードがない

Bluetoothイヤホンは、スマホや音楽プレーヤーを無線で結ぶため、かばんに入れたスマホからコードを伸ばす必要がなく、服などに引っかかることも、コードがこんがらがって見た目がかっこ悪くなることもありません。コードが服に擦れて起きるノイズも発生しません。

 

自由度が高い

コードがないことで、少し離れた場所でも音が聞けます。プレーヤーは充電器に挿したまま、ベッドで寝転びながら大音量で音楽を楽しむと言ったことも可能です。またスポーツをしながら音楽を楽しむこともできます。

イヤホン

 

デメリット

バッテリー切れに注意

Bluetoothイヤホンは、プレーヤー本体から電波で音声信号を飛ばし、耳に指すイヤホン部で受信するのが基本的な仕組み。音を送る側、受ける側ともに電力を消費する必要があり、再生時間はその分制限されます。

 

環境によって音切れも

満員電車やイベントの長い行列に並んでいるような状況では、多くの電波が飛び交うため、音が途切れやすくなります。また、プレーヤーからあまり離れすぎると受信状態は悪くなり、バッテリーの消耗を早めます。

 

Bluetoothイヤホン選びのポイント

おさぁ

自分に見合ったBluetoothイヤホンを選ぶは、上記のメリットをできるだけ生かし、デメリットをなるべく軽減するモデルかどうかが鍵となります。

 

最大再生時間

バッテリーがどれだけ長持ちするかは、Bluetoothイヤホンのタイプ、すなわち左右別々になっている完全ワイヤレス型か、左右がつながっている一体型かで大きく違います。

分離型は小型な分、バッテリー容量は少な目。一方、一体型の方は大きめのバッテリーを内蔵できるため長持ちしやすいと言えます。一般的に前者が3〜4時間、後者は5時間前後です。

また、分離型には充電ケースがついているものもあり、使わない時間は収納しておけばその後十分再生時間が確保できます。

 

音質

Bluetoothイヤホンの音質の決め手となるのはオーディオコーデックです。標準的なコーデックはSBCと呼ばれる規格です。高音質のコーデックには、iPhoneに対応している「AAC」や、Androidの一部の機種に対応している「aptX」があります。高音質のイヤホンを選ぶなら、使っている機種がどのコーデックに対応しているかを確認して選ぶようにしましょう。

 

利用シーン

主に通勤時の電車やバスの中で使うなら、周囲の雑音を打ち消してくれるノイズキャンセリング機能やマナーを重視した音漏れ防止機能があるものが最適です。一方、ジョギングなど運動をしながら使うことを想定するなら、スポーツタイプを唱った、耳から落ちにくいモデルを選びましょう。特に気になるようなら、実際にお店で試着してみることをおすすめします。

 

防水

スポーツタイプも含め、屋外での仕様を考えるなら防水機能があるかどうかも大きいポイントになります。不意の事故も考えれば生活防水レベルは対応できるモデルを選びたいですね。

 

種類・タイプ

aki

Bluetoothイヤホンの形状は左右分離型と一体型があるとざっくり触れましたが、もう少し詳しく説明します。

 

完全左右分離型

完全ワイヤレス型とも呼ばれる左右分離型は、AppleのAirPodsの登場により今最も注目されているモデルです。コードが完全になくなり、圧倒的な自由度が最大の魅力。

反面、耳から落ちやすい(落ちやすい気がする)、どちらか片方を紛失しそうといった不安がなくもありません。

また、前述のとおりバッテリーの持ちで劣るのも難点です。完全ワイヤレス型を選ぶなら、充電ケースがついているものを選びたいものです。

 

左右一体型

左右のイヤホンがコードで繋がった一体型は、最も標準的なBluetoothイヤホンのタイプです。有線イヤホンと完全ワイヤレス型との中間的なタイプと言え、自由度は完全ワイヤレスに劣りますが、比較的価格が安いというメリットがあります。

 

ネックバンド型

ネックバンド型は左右一体型の派生形で、コードではなく硬い素材で左右を繋いでいるのが特徴です。首にかける部分に大きめのバッテリーを内蔵しているため稼働時間は長いのがメリット。装着したときの安定感も魅力の1つです。

 

片耳型

スマホでのハンズフリー通話を重視するなら片耳型を選ぶのもアリです。音声はモノラルなので音質的には劣ります。

 

【筆者愛用】おすすめ Bluetoothイヤホン

AirPods with Charging Case 第2世代 MV7N2J/A

 

対応コーデック SBC、AAC
装着部分の形状 完全分離型
防水 ×
最大再生時間 約5時間

iPhoneユーザーなら抑えておきたい純正定番

Bluetoothイヤホンブームに火をつけたApple純正の完全ワイヤレスイヤホンです。iPhoneのために開発されたこともあり、Siriにも対応しているなど、iPhoneユーザーにとって安定感があります。

私が使っている、2019年3月発売の第2世代モデル(MV7N2J/A)は、連続再生時間が先代モデルより50%向上しています。iPadやMacへの切り替えも容易で、Appleマニアには本当に重宝します。

なお、私が使っているLightningケーブルからのみ充電するタイプのほか、充電ケースがワイヤレスに対応しているタイプがあり、こちらは5000円高くなります。

 

【コスパ重視編】BluetoothイヤホンおすすめランキングTOP4

4位 JBL REFLECT FLOW

 

対応コーデック SBC
装着部分の形状 完全分離型
防水
最大再生時間 約10時間

高い防水対応のスポーツタイプ

IPX7と極めて高い防水規格に対応し、突然の雨や汗でも安心なスポーツタイプの完全分離型モデルです。トレーニング中などで隣の人と会話をする際、イヤホンを外さなくても話ができるトークスルー機能も便利です。

連続再生時間は約10時間。カラーバリエーションは4色から選べます。

 

3位 ANKER Soundcore Liberty Air 2

対応コーデック AAC、SBC、aptX
装着部分の形状 完全分離型
防水
最大再生時間 約7時間

アプリで自分だけの音質調整が可能

cVc8.0ノイズキャンセリングを搭載し、クリアなリスニング感が自慢のモデルです。専用アプリで音の聞き取りやすさを測定し、自分だけの快適な環境が設定できます。

完全分離型ながら連続再生7時間と高水準。AirPodsを意識したかのような可愛らしい充電ケースは、この価格帯では珍しくワイヤレス充電器に対応し、フル充電で28時間再生が可能というスグレモノです。

 

2位 SONY WI-C310

対応コーデック SBC、AAC
装着部分の形状 一体型
防水 ×
最大再生時間 約15時間

簡低価格なのに長時間連続再生

SONYの低価格一体型モデルです。一体型の特性を生かした大容量バッテリー搭載で、連続再生は最大15時間というスタミナが目を見張ります。充電機能も高性能で10分充電で60分連続再生が可能。

再生、一時停止、曲送り/曲戻しなど一般的な操作と、スマホのワイヤレス通話に対応。カラバリは4色。価格は4000円前後です。

 

1位 JVC HA-A10T

対応コーデック SBC
装着部分の形状 完全分離型
防水
最大再生時間 約4時間

簡単操作可能の入門モデル

左右それぞれのボタン1つで再生、一時停止、曲送り/曲戻し、ボリューム調整が行える簡単操作が魅力。自動でON/OFF、ワイヤレス接続が出来るなどオート機能が充実しており、初心者でも安心して扱えます。

連続再生約4時間。付属の充電ケースで10時間(2.5回)分の再生が可能です。防水規格はJIS保護等級5級(IPX5)相当。価格は6000円前後です。

 

【高音質重視編】BluetoothイヤホンおすすめランキングTOP4

4位 SONY WI-1000XM2

 

対応コーデック SBC、AAC
装着部分の形状 ネックバンド型
防水 ×
最大再生時間 約15時間

簡単ネックバンド型の最高峰クラス

SONYの上位モデルの一つで、こちらはネックバンド型。「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載し、高いレベルでのノイズキャンセリングを実現。

左側にボタンが集約されたリモコンに加え、ボイスアシスタント機能も搭載し、状況に応じた操作が可能です。

ノイズキャンセリング機能をオンにしたままでも連続10時間再生が可能。高音質と長時間再生で選ぶならおすすめのモデルです。

 

3位 オーディオテクニカ SOLID BASS ATH-CKS5TW

対応コーデック aptX、AAC、SBC
装着部分の形状 完全分離型
防水
最大再生時間 約15時間

高音質でも優れたコスパ

重低音再生を重視した完全ワイヤレスイヤホンです。最大の魅力は完全ワイヤレスでありながら連続再生が15時間も可能なこと。充電ケースを併用すればトータル45時間まで伸びます。

AAC、aptXと高音質コーデックに対応しながら標準価格帯は15,000円前後とコスパの高さも大きな魅力。出張や旅行などが多い方にはおすすめです。

 

2位 Apple AirPods Pro MWP22J/A

対応コーデック AAC、SBC
装着部分の形状 完全分離型
防水
最大再生時間 約4.5時間

iPhoneユーザー垂涎のフラッグシップモデル

2019年10月発売の、Apple純正完全ワイヤレスイヤホンの最上位モデルです。アクティブノイズキャンセリング機能を搭載し、外部の雑音排除と快適な装着感を両立。

アダプティブイコライゼーションによる自分好みの音質調整が可能。iPhoneのほかiPad、MacなどApple製デバイスとの簡単ペアリング、Qi規格の充電器対応のワイヤレス充電に対応するなど欲しいスペックが満載です。

唯一の難点は連続再生時間が短めなこと。

 

1位 SONY WF-1000XM3

対応コーデック SBC、AAC
装着部分の形状 完全分離型
防水 ×
最大再生時間 約6時間

高機能ノイズキャンセリング搭載で上質のクオリティ

SONYの完全ワイヤレス型上位モデル。航空機の低爆音から人のおしゃべりといった高音域の雑音まで幅広く対応するノイズキャンセリング機能が最大の売り。

CDやMP3など圧縮音源をハイレゾレベルにまでアップコンバートする高音質技術「DSEE HX」を搭載するなど、オーディメーカーならではのクオリティは大きな魅力です。連続再生時間は約6時間。

 

キーボードとイヤホン

 

to buyインフルエンサーおすすめのBluetoothイヤホンもご紹介!

提供品

すっかり必需品化してるsudioのTOLV(トルブ)

こんなにコンパクトでデザイン性も抜群やのに、約7時間の連続再生が可能で付属の充電ケースを使用すればなんと最大35時間の再生が可能!

毎日のバッグに忍ばせるのはもちろん、最近はお家の中で装着するのがマイブーム!
好きな音楽を聴きながら家事をすると集中力が増すのかめちゃくちゃはかどる ⋆*

#sudio #ワイヤレスイヤホン #tolv #日用品 #新生活に揃えたい便利グッズ

提供品

スウェーデン初sudioの
ワイヤレスイヤホン
アクセサリー感覚でつけられる
スタイリッシュな見た目と
丸くてかわいいケースで
気軽に持ち歩きたくなります。
こちらの充電ケースを使えば
最大17.5時間再生可能だそう!
音もクリアで快適です♩

#sudio #niva #ワイヤレスイヤホン

提供品

コードがないって、とっても快適♪
持ち運びも楽ちんなワイヤレスイヤホン!
使わないときは、コンパクトのようなこのケースで充電もでき便利です。
そして見た目もシンプルで可愛いので、プレゼントにも良さそう!
ブラックもあるようです!

 

Bluetoothイヤホンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、Bluetoothイヤホンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ニセモノにダマされないように

NINO

AirPodsの登場で今最も熱い視線が注がれているBluetoothイヤホンとあって、有名メーカー以外からも膨大な種類のモデルが市場に溢れ出ています。

中には、一部の人気機種と見た目そっくりなかなり怪しいブツも紛れ込んでいることも。自分の用途をなるべくはっきりさせ、確かな情報と、できればお店まで足を運んで自分の目で実機を試着して、間違いのない清貧を選ぶ慎重さが、失敗しない一番の近道と言えるでしょう。

記事内で紹介されている商品

AirPods with Charging Case 第2世代 MV7N…

サイトを見る

ANKER Soundcore Liberty Air 2

サイトを見る

オーディオテクニカ SOLID BASS ATH-CKS5TW

サイトを見る

Apple AirPods Pro MWP22J/A

サイトを見る

Sudio Bluetooth 完全ワイヤレスイヤフォ…

サイトを見る

【 国内正規品 】 Sudio Bluetooth 完全ワ…

サイトを見る

関連記事