買いたいものを検索してください

【キャンプ・大容量】最強ポータブル電源おすすめ人気10選|ソーラーパネルタイプも紹介!

ポータブル電源とは、持ち運んで使うことができる電源のことです。コンセントがない場所でも電化製品に給電することができ、アウトドアや災害時に大活躍するアイテムとして人気があります。

一言でポータブル電源と言っても、様々な商品があります。

機能性だけでなく、出力ポートの種類、バッテリー容量や重量も商品ごとに大きな差があります。ポータブル電源は安くても数万円はする高価なアイテムです。購入前にしっかり調べておかないと、後で後悔することになるかもしれません。

そんな悲しいことにならないために、購入前にしっかりポータブル電源について知っておきたいですよね。今回の記事は、そんな人必見です。

ポータブル電源に関して知っておいてほしい情報を余すところなくご紹介していきます。今売れているおすすめ商品も併せてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

ポータブル電源とは?

ポータブル電源とは、その名の通り持ち運べる電源です。

ポータブルバッテリーやポータブル蓄電池と呼ばれることもあります。コンセントが使えない場所で、電化製品やスマートフォンの充電をしたいときに活躍する電源で、アウトドアや防災だけでなく、テレワークでも昨今需要があります。

ポータブル電源を知らない人は、スマートフォンの充電のために多くの人が持ち運んで使っているモバイルバッテリーが大きくなったような商品とイメージすると良いでしょう。実際、ポータブル電源はモバイルバッテリーが大容量になり、USB以外の出力もできるようになったような商品です。

ポータブル電源はたっぷり電力を蓄えることができるため、スマートフォンだけでなく様々な電化製品に給電できます。1つ持っておくと、キャンプなどのアウトドアで大活躍しますよ。自分だけでなく、家族や友達などグループ全体の電力を賄うことも可能です。

最近のポータブル電源は、出力もACコンセントだけでなく、USBポートやシガーソケットなども備えています。ノートパソコン、ビデオカメラ、小型の冷蔵庫や扇風機、ゲーム機など、ポータブル電源がなければすぐに充電が切れてしまう多数の機器も、ポータブル電源があれば思う存分使うことができます。

 

ポータブル電源を選ぶときのポイント

ここでは、ポータブル電源の選び方をご説明します。

 

容量で選ぶ

ポータブル電源の容量は、商品ごとに様々です。容量はWhという単位で表されます。Whの数値が高いほうが、多くの電力を蓄えることができます。

ここでは、容量ごとにおすすめの使用シーンについてご説明します。

夜釣り・ピクニックなどには200Wh

夜釣りやピクニックなどをする方におすすめなのが、容量が200Wh程度の小型のポータブル電源です。

軽くてコンパクトの商品が多く、男女問わず持ち運びがしやすく使いやすいことが魅力。価格も低く、買いやすいのも嬉しいポイントです。

ピクニックでは、スマートフォンやビデオカメラ、ポータブルスピーカーなど、家族や友達のデバイスも気軽に充電することができます。たとえば、200Whのポータブル電源なら、消費電力が12Wのスマートフォンを16回も満充電できます。

夜釣りの場合、ヘッドライトだけでは、手元が見えにくく心もとないですよね。ポータブル電源があればランタンを使うことができ、明るく照らすことができますよ。

ランタンの消費電力は10W程度なので、200Whのポータブル電源なら20時間も使えます。夜のバーベキュー大会などの照明としても、活躍するでしょう。

キャンプ・車中泊などには400Wh

キャンプや車中泊などをする場合は、400Whを超える大容量のポータブル電源があると便利でしょう。大容量の商品は重くて大きいことが多く携帯性が劣

使用する電化製品の消費電力を確認し、余裕がある電力容量のポータブル電源を選んでおくと、電池切れに悩むことがなくなるでしょう。

 

重さで選ぶ

ポータブル電源は、軽いもので1Kg程度、重いもので10Kgを超える重量があります。バッテリー容量が増えるほど、本体重量が重くなる傾向があります。

重さの感じ方には個人差がありますが、5Kgを超えてくると楽に持ち運べないと感じる人も増えてくるのではないでしょうか。

重ければ重いほど携帯性が悪くなるため、あちこちに持ち運んで使いたい人には不向きです。しかし、軽さ重視で商品を選んでしまうと、思っていたよりバッテリー容量が低く、使っている最中に充電が尽きてしまうかもしれません。

商品を選ぶ際は、重さだけでなく、バッテリー容量も必ず確認しましょう。重さとバッテリー容量のバランスが取れた商品を選ぶと、満足度が高くなるはずです。

 

出力ポートで選ぶ

ここでは、ポータブル電源についている出力ポートについてご説明します。

AC電源ポートの数で選ぶ

家庭にある多くの電化製品は、電源供給にACコンセントが必須です。AC電源ポートがあると、こういった普通の電化製品に給電できます。

例えば、家で使っているサーキュレーター、電気毛布、ドライヤーなどを、キャンプや車中泊で使うことができますよ。AC電源ポートの数は、同時に給電したい電化製品の数を念頭に考えると良いでしょう。

注意してほしいのは、AC電源ポートの対応周波数です。日本国内で使われている電化製品の電源周波数には、50Hzと60Hzの2種類があります。

現在販売されている多くの電化製品は、どちらの周波数でも動く「 ヘルツフリー 」 機器です。ヘルツフリー機器の場合は、AC電源ポートの電源周波数を気にせずに使用することができます。

しかし、どちらか一方の周波数しか対応していない電化製品の場合、AC電源ポートも同じ周波数である必要があります。

周波数が一致しない場合は、給電できないだけでなく、最悪の場合は故障の可能性もあるので注意しましょう。

USBポートがあるかで選ぶ

USBポートがあると、USBで充電できる機器へ給電できます。スマートフォンやタブレットを充電したい場合は、USBポートは必須ですよね。他にも、電子書籍やイヤホンなど、USB充電に対応する機器は数多くあります。USBポートがあれば、これらの機器に給電することができ、電池切れの心配がありません。

複数の機器を同時に充電したい場合は、複数のUSBポートを搭載した商品がおすすめです。複数の機器を一緒に充電できるので、家族全員のスマホを同時に充電するといった使い方もできます。

商品選びの際は、あらかじめ同時に充電したいUSB充電機器の数を数えておき、必要な数のUSBポートを搭載した商品を選びましょう。

 

出力波形で選ぶ

ポータブル電源のAC出力は、正弦波と矩形波の大きく2種類に分けられます。

実際にオシロスコープで波形を見ると、正弦波はなめらかな波型です。家庭用コンセントとほぼ同じ出力波形で安定しているので、精密機械やマイコン制御の電気製品でも使えます。

これに対し、矩形波はブロックのような直線的な波形です。家庭用の電化製品は正弦波に最適化して作られているため、矩形波では動かないことがあります。

一般的には、矩形波で出力する仕組みのほうが簡単なため、矩形波を出力するポータブル電源のほうが安価であることが多いです。

しかし矩形波では動かない電化製品があるため、正弦波を出力するポータブル電源を選んでおく方が安心です。ただ、最近の売れ筋のポータブル電源のほとんどが正弦波を出力するので、売れ筋商品を選べばまず問題ないでしょう。

 

その他の機能で選ぶ

重さや容量以外にも、防水機能やバッテリーマネジメントシステムなど、最近のポータブル電源には様々な機能が搭載されています。用途によって、必要な機能がついている商品を選びましょう。

防水機能で選ぶ

防水対策が取られていないポータブル電源に水が触れてしまうと、故障の恐れがあります。特に屋外や水回りで使用する方は、防水仕様のポータブル電源を選んでおくと安心です。

防水仕様のポータブル電源なら、水のかかるような場所でも気にせずに使用できるだけでなく、濡れた手で操作することもでき便利です。防水性能が高ければ、水没しても慌てる必要はありません。水場や水回りでポータブル電源が使えると、使い方の幅も広がるのでおすすめですよ。

バッテリーマネジメントシステムで選ぶ

バッテリーマネジメントシステムとは、バッテリーを安全に使用するために状態を管理するシステムのことです。略して、BMS(Battery Management System)と言われることもあります。電流・電圧・温度・電池残量など、バッテリーの状態を監視し、過充電、過放電、過電流などが起きないように制御します。

ポータブル電源を購入する際は、バッテリーマネジメントシステムが搭載された商品を選ぶと、より安全です。

 

災害用ならシガーソケット・ソーラーパネル付きがおすすめ

災害用電源として購入するのなら、シガーソケットやソーラーパネルに対応した商品がおすすめです。

シガーソケットは、もともとは車内でタバコに火をつけるために使われていたものです。12Vの直流電流が流れており、今ではスマートフォンの充電、ドライブレコーダーや空気清浄機などの電源としても使われています。ポータブル電源にシガーソケットがあれば、こういった電化製品に給電できます。

さらに、シガーソケットからの充電に対応しているポータブル電源なら、災害時に停電してしまっても車が動けば充電することが可能です。

ソーラーパネルが使えれば、天気が良い日に太陽の当たる場所に置いておくだけで充電できます。停電してしまっても、晴れれば充電でき安心です。

 

ポータブル電源おすすめメーカー

こちらでは、ポータブル電源で有名なメーカーについてご紹介します。

 

Jackery

ポータブル電源の売れ筋ランキングを見ると、常に上位に入っているのがJackeryの商品です。Jackeryは、米国のポータブル電源メーカーです。リチウムバッテリーを使用したポータブル電源を、世界で初めて開発したことで知られています。

ポータブル電源は、小型から大型まで幅広い商品ラインナップがあります。また、ポータブル電源向けのソーラーパネルも販売しており、エコにポータブル電源を利用したい人に人気です。

 

SUAOKI

SUAOKIは、中国のポータブル電源ブランドです。2015年に誕生した比較的若い会社ですが、コストを抑えながらも高い品質で、安全性にも定評があります。携帯しやすい小型からアウトドアや防災向けの大型の商品まで、幅広い製品ラインナップも魅力です。

SUAOKIは、安価ながらも使えるポータブル電源をお探しの方におすすめです。

 

Anker

AnkerはGoogle出身のエンジニアを中心に、2011年に設立されたメーカーです。モバイルバッテリー、スピーカー、充電器など、スマートデバイス向け周辺機器の製造を手がけています。ポータブル電源は、小型から中型までの商品ラインナップがあります。

Ankerのポータブル電源といえば、様々な自治体で非常時の電源供給用として採用されていることが有名です。実績のある商品をお探しの方には、Ankerの商品がおすすめです。

 

【大容量タイプ】ポータブル電源おすすめランキングTOP4

こちらでは、大容量のポータブル電源をご紹介します。

 

第4位 ECOFLOW ポータブル電源

容量 1260Wh
重量 13.6Kg
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート×6、USB-Aポート×2、USB-Aポート(急速充電)×2、USB-Cポート×2、シガーソケット×1
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 防災、非常用電源、キャンプ、DIY
その他の機能 BMS、LCD液晶表示、パススルー充電、50/60Hz切替可能
保証期間 24か月

高機能で大容量。非常時にも安心

1260Whの大容量ながらも、たったの2時間で急速充電できるポータブル電源です。ECOFLOWのソーラーパネルと併用すれば、太陽光で充電できます。

充電方法は3種類。ACケーブルからだけでなく、ソーラーパネルやカーチャージャーからも可能です。パススルー充電に対応しているので、充電しながら電化製品への給電を同時に行うこともできます。

使用中のワット数や使用可能な時間は、リアルタイムで液晶画面に表示されるので、急な充電切れの心配もありません。

高機能で大容量なため値段は高めですが、1つ持っていればアウトドアから災害時まで安心できるでしょう。

 

第3位 SUAOKI ポータブル電源 PS5B

No.3

出典: Amazon.co.jp

SUAOKI ポータブル電源 PS5B
ブランド
カテゴリ
容量 400Wh
重量 5.6Kg
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート×2、USB-Aポート×4、シガーソケット×1、DCポート×2、ジャンプスタート出力×1
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 キャンプ、車中泊、災害時、釣り
その他の機能 BMS、ジャンプスターター機能、LCD大画面表示、50/60Hz切替可能
保証期間 2年間

コンパクトながらも大容量。ジャンプスターター機能もあり

23×14×23cmのコンパクトなボディーながらも、400Whの大容量ポータブル電源です。出力は、5種類10口あります。充電も、AC・ソーラー・車からの3種類が可能。電池残量、放電、充電状況などの使用状況が、LCDスクリーンに見やすく表示されます。様々な使い方ができるコンパクトサイズのポータブル電源です。

ポータブル電源としては珍しく、ジャンプスターターを搭載しています。寒い冬など、車のバッテリーが上がってしまった時も、これがあれば安心ですね。

軽量でコンパクトながらも、大容量で使いやすいポータブル電源をお探しの方におすすめです。

 

第2位 JVC ポータブル電源 BN-RB10-C

容量 1002Wh
重量 10900g
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート(60Hz)×3、USB-Aポート×2、USB-Cポート×2、シガーソケット×1
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 DIY、屋外イベント、リモートワーク、アウトドア、災害時、車中泊
その他の機能 BMS、残量・W数値表示、パススルー充電
保証期間 24か月

瞬間最大2000W出力のポータブル電源

ハイパワー設計の大型ポータブル電源です。1000Wの最大出力(瞬間最大2000W)で、大きな電力を必要とする電気毛布やポータブル冷蔵庫なども安心して使えます。JVCのポータブル電源の中で、最も強力なモデルです。

携帯性の良さも魅力。折りたたみ式のハンドルを内蔵し、持ち運びが楽です。ACアダプターやシガーアダプターを収納できる専用ポーチもついています。

使い方も簡単です。あらかじめ充電しておけば、後は使いたい電源のボタンを押し、コンセントを挿入するだけです。

ポータブル電源の限界をあまり気にせずに使える、便利で持ち運びやすいポータブル電源です。

 

第1位 Jackery ポータブル電源 1000

容量 1002Wh
重量 10.6Kg
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート(60Hz)×3、USB-Aポート×1、USB-Cポート×2、QC3.0×1、シガーソケット×1
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 キャンプ、アウトドア、災害時、車中泊、釣り、DIY
その他の機能 BMS、ポートには防塵ゴムキャップ付き、パススルー充電
保証期間 24か月

電化製品をたっぷり使える強力モデル

圧倒的な電気容量を誇る強力なポータブル電源です。正弦波を採用し、家電製品に安定して給電できます。ノートパソコンやなどの精密機器にも給電可能。

充電しながら、電化製品に給電することもできます。一般社団法人 防災安全協会の定める防災製品等推奨品認証を取得している商品です。

ハンドル付きのボックス形状で、持ち運びやすいです。屋外使用中に汚れやすいコネクタ部分を守るため、防塵ゴムキャップが付いているので、ホコリや砂がコネクタに入る心配はありません。

お値段は高いですが、大容量ながら持ち運びしやすく、幅広いシーンで使いやすいポータブル電源です。

 

【比較】おすすめ人気大容量タイプ・ポータブル電源の比較表はこちら

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

商品名 Jackery ポータブル電源 1000 JVC ポータブル電源 BN-RB10-C SUAOKI ポータブル電源 PS5B ECOFLOW ポータブル電源
容量 1002Wh 1002Wh 400Wh 1260Wh
重量 10.6Kg 10900g 5.6Kg 13.6Kg
出力波形 正弦波 正弦波 正弦波 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート(60Hz)×3、USB-Aポート×1、USB-Cポート×2、QC3.0×1、シガーソケット×1 正弦波AC出力ポート(60Hz)×3、USB-Aポート×2、USB-Cポート×2、シガーソケット×1 正弦波AC出力ポート×2、USB-Aポート×4、シガーソケット×1、DCポート×2、ジャンプスタート出力×1 正弦波AC出力ポート×6、USB-Aポート×2、USB-Aポート(急速充電)×2、USB-Cポート×2、シガーソケット×1
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット ACコンセント、ソーラー、シガーソケット ACコンセント、ソーラー、シガーソケット ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 キャンプ、アウトドア、災害時、車中泊、釣り、DIY DIY、屋外イベント、リモートワーク、アウトドア、災害時、車中泊 キャンプ、車中泊、災害時、釣り 防災、非常用電源、キャンプ、DIY
その他の機能 BMS、ポートには防塵ゴムキャップ付き、パススルー充電 BMS、残量・W数値表示、パススルー充電 BMS、ジャンプスターター機能、LCD大画面表示、50/60Hz切替可能 BMS、LCD液晶表示、パススルー充電、50/60Hz切替可能
保証期間 24か月 24か月 2年間 24か月
リンク Amazon Amazon楽天Yahoo! Amazon Amazon楽天Yahoo!

 

【ソーラータイプ】ポータブル電源おすすめランキングTOP3

ポータブル電源を購入する際に、ソーラーパネルを一緒に購入する方も多いでしょう。ソーラーパネルを別途選んで買うのも良いですが、ポータブル電源とセットになっていれば購入時に悩む必要がありませんよね。

こちらでは、そんなソーラーパネル付きのポータブル電源をご紹介します。

 

第3位 Jackery ポータブル電源 700、Jackery SolarSaga 100

容量 700Wh
重量 6.3Kg
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート(60Hz)×2、USB-Aポート×3、シガーソケット×1、DCポート×2
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 キャンプ、アウトドア、災害時、車中泊、釣り、DIY
その他の機能 BMS、パススルー充電
保証期間 24か月

純正ソーラーパネルなら、使い勝手も安心感も抜群!

大人気のJackeryのポータブル電源。人気の秘密は、ソーラーパネルにもあります。Jackeryには60Wと100Wのソーラーパネルがあり、Jackeryポータブル電源との相性抜群。ポータブル電源のオプションとして購入でき、簡単に接続できます。

パススルー充電も可能なので、ソーラーパネルから充電しながら、電化製品への給電も可能。AC出力は正弦波を採用しており、ほとんどの家電製品が安心して使えます。

すでに、Jackeryのポータブル電源をお持ちの方は、追加でソーラーパネルだけを購入することもできますよ。ソーラーパネルがあれば、使い勝手が格段に上がるはずです。

ポータブル電源を、特に太陽光が降り注ぐ屋外で使用する方におすすめです。

 

第2位 グッドグッズ ポータブル電源 500W ソーラーパネル セット

No.2

出典: Amazon.co.jp

グッドグッズ ポータブル電源 500W ソーラーパネル セット SET-14520A
ブランド
カテゴリ
容量 540Wh
重量 約6Kg
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート×2、USB-Aポート×2、USB-Aポート(急速充電)×1、USB-Cポート×1、シガーソケット×1、DCポート×2
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 キャンプ、車中泊、ハイキング、災害時
その他の機能 高輝度LEDライト、ソーラーパネル付き
保証期間 1年

非常用電源としておすすめ。最適なソーラーパネルとのセット

災害や停電時など、何かあったときにのみポータブル電源を使用したい人にとって面倒なのが充電ですよね。ポータブル電源は充電が不可欠です。

常備していても充電できていなければ、使いたい時に使えず、宝の持ち腐れになってしまいますよね。最適なソーラーパネルがはじめから付属しているこちらの商品なら、そんな心配は要りません。

大容量のポータブル電源に、相性抜群の折り畳み式のソーラーパネルがセットになっています。ソーラーパネルを自分で選ぶ必要がなく、お買い物が楽に済みますよ。540Whの大容量かつ瞬間最大出力1000Wと、性能もばっちりです。

非常用電源としておすすめの商品です。

 

 

第1位 BLUETTI ポータブル電源

容量 2000Wh
重量 27.5Kg
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート×6、USB-Aポート×4、USB-Cポート×1、シガーソケット×1、DCポート×3、ワイヤレス充電×2
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット、発電機、鉛蓄電池
使用用途 車中泊、アウトドア、災害時、医療機器、電気自動車給電
その他の機能 タッチ式LCDパネル、超高速充電、ソーラーパネル付き、50/60Hz切替可能、ワイヤレス充電対応、BMS
保証期間 2年

超大容量で電気自動車への給電も可能!

アウトドアや災害時に、圧倒的な安心感を与えてくれる超大容量2000Whのポータブル電源です。高出力のソーラーパネル付きで、蓄電と発電がこれ1セットで完了。キャンプや車中泊を思いっきり楽しんだり、何かあったときに不自由なく生活できる便利なアイテムです。

最大17台の電化製品に同時給電可能、出力は合計2000Wで、電気自動車にも給電できるから驚きです。ワイヤレス充電にも対応しています。

お値段はかなり高額です。でも、これ1台あれば、災害時やアウトドアでも電気を気にする必要はほとんどなくなるはずですよ。

 

【比較】おすすめ人気ソーラータイプ・ポータブル電源の比較表はこちら

商品画像
No.1

No.2

No.3

商品名 BLUETTI ポータブル電源 グッドグッズ ポータブル電源 500W ソーラーパネル セット SET-14520A Jackery ポータブル電源 700・Jackery SolarSaga 100
容量 2000Wh 540Wh 700Wh
重量 27.5Kg 約6Kg 6.3Kg
出力波形 正弦波 正弦波 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート×6、USB-Aポート×4、USB-Cポート×1、シガーソケット×1、DCポート×3、ワイヤレス充電×2 正弦波AC出力ポート×2、USB-Aポート×2、USB-Aポート(急速充電)×1、USB-Cポート×1、シガーソケット×1、DCポート×2 正弦波AC出力ポート(60Hz)×2、USB-Aポート×3、シガーソケット×1、DCポート×2
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット、発電機、鉛蓄電池 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 車中泊、アウトドア、災害時、医療機器、電気自動車給電 キャンプ、車中泊、ハイキング、災害時 キャンプ、アウトドア、災害時、車中泊、釣り、DIY
その他の機能 タッチ式LCDパネル、超高速充電、ソーラーパネル付き、50/60Hz切替可能、ワイヤレス充電対応、BMS 高輝度LEDライト、ソーラーパネル付き BMS、パススルー充電
保証期間 2年 1年 24か月
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon Amazon楽天Yahoo!

 

【持ち運び対応】ポータブル電源おすすめ人気ランキングTOP3

こちらでは、持ち運びに便利な軽量タイプのポータブル電源をご紹介します。

 

第3位 ANKER PowerHouse II 400

容量 388.8Wh
重量 約4.62Kg
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート(60Hz)、USB-Aポート×3、USB-Cポート、シガーソケット×1、DCポート×2
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット、USB-C
使用用途 車中泊、キャンプ、旅行、屋外撮影、災害時
その他の機能 大型LEDディスプレイ、PowerIQ3.0(Gen2)50/60Hz切替可能、SOS用フラッシュモード搭載、BMS
保証期間 24か月

使える機能たっぷりのコンパクト電源

軽量コンパクトでのポータブル電源です。正弦波を出力し、パソコンやスマートウォンなど様々な電化製品に使用できます。さらに、Ankerの独自技術PowerIQの最新バージョン3.0に対応しているので、急速充電も可能です。

本体の充電が早いことも魅力。最短4時間で満充電でき、ポータブル電源には珍しいUSBポートから充電も可能です。大きな画面に様々な情報が表示され、便利ですよ。

さらに、明るさの異なるライトモードやSOS用のフラッシュモードなど、災害時や緊急時に照明や救命信号として使える機能も搭載しており、使い始めてからあって良かったと感じる機能が充実しています。

小さい本体に、スマートフォンの充電などに使えるUSBポートが4つあります。AC出力ポートが1つしかないので、USB対応機器の充電がメインの人におすすめです。

 

第2位 Jackery ポータブル電源 240

容量 241.9Wh
重量 3200g
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート(60Hz)×1、USB-Aポート×2、シガーソケット×1
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット、ジェネレーター
使用用途 キャンプ、車中泊、アウトドア、災害時
その他の機能 BMS、LCDディスプレイ、MPPT方式
保証期間 24か月

手に取りやすい価格で、災害時の備えに!

Jackeryの軽量小型のポータブル電源です。主要なブランドのポータブル電源は、小型でも3万円くらいの価格の商品が多いです。そんな中、こちらの商品は2万円以下という目を引く価格が魅力です。

値段の安さに目が行きがちですが、質の良さもこちらの商品の嬉しいポイントです。正弦波を出力するので、パソコンなどの精密機器への給電も問題ありませんよ。

対応ポートは3種4口と少なめですが、買いやすい価格と品質の良さで人気のある商品です。アウトドアはもちろん、災害時の備えとして1台持っていると安心でしょう。

 

第1位 JVC ポータブル電源 BN-RB3-C

容量 311Wh
重量 3500g
出力波形 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート×1(60Hz)、USB-Aポート×2、シガーソケット×1
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット
使用用途 DIY、屋外イベント、リモートワーク、アウトドア、災害時、車中泊
その他の機能 BMS、残量・W数値表示、パススルー充電
保証期間 24か月

国内メーカーの品質管理で、安心感あり

ポータブル電源は、決して安い買い物ではありません。万が一に備えて、サポートが充実している商品を選びたい人も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、こちらの商品です。JVCには国内に手厚いサポートセンターがあり、トラブルが発生しても安心ですよ。

Jackeryのポータブル電源を、日本の家電メーカー「JVC」が独自の品質管理基準で検証した「Jackery Tuned by JVC」シリーズの商品なので、ポータブル電源自体の品質もばっちりです。出力200W(瞬間最大400W)で、大きな電力が必要な電気毛布なども安心して使用できます。

国内メーカー品質にこだわりたい方、サポートの手厚さなどにこだわる人におすすめです。

 

【比較】おすすめ人気持ち運び対応タイプ・ポータブル電源の比較表はこちら

商品画像
No.1

No.2

No.3

商品名 JVC ポータブル電源 BN-RB3-C Jackery ポータブル電源 240 ANKER PowerHouse II 400
容量 311Wh 241.9Wh 388.8Wh
重量 3500g 3200g 約4.62Kg
出力波形 正弦波 正弦波 正弦波
ポート 正弦波AC出力ポート×1(60Hz)、USB-Aポート×2、シガーソケット×1 正弦波AC出力ポート(60Hz)×1、USB-Aポート×2、シガーソケット×1 正弦波AC出力ポート(60Hz)、USB-Aポート×3、USB-Cポート、シガーソケット×1、DCポート×2
充電方法 ACコンセント、ソーラー、シガーソケット ACコンセント、ソーラー、シガーソケット、ジェネレーター ACコンセント、ソーラー、シガーソケット、USB-C
使用用途 DIY、屋外イベント、リモートワーク、アウトドア、災害時、車中泊 キャンプ、車中泊、アウトドア、災害時 車中泊、キャンプ、旅行、屋外撮影、災害時
その他の機能 BMS、残量・W数値表示、パススルー充電 BMS、LCDディスプレイ、MPPT方式 大型LEDディスプレイ、PowerIQ3.0(Gen2)50/60Hz切替可能、SOS用フラッシュモード搭載、BMS
保証期間 24か月 24か月 24か月
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

ポータブル電源の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ポータブル電源の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ポータブル電源が気になる人はこちらの記事もチェック

一眼レフのアクションカメラ

 

1つあると、災害やアウトドアで大活躍

ポータブル電源は、アウトドアだけでなく災害時に大活躍します。便利なだけでなく、何かあったときの安心感もあり、買っておいて損はないアイテムです。

ポータブル電源と一言で言っても、ポートの数だけでなく、持ち運びやすさや最大出力電流など、様々な特徴のある商品が多数販売されています。ぜひ今回の記事を参考にして、あなたのライフスタイルに合う優秀なポータブル電源を探してみてくださいね。

あなたにピッタリのポータブル電源が見つかることを願っています!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ECOFLOW ポータブル電源

サイトを見る

SUAOKI ポータブル電源 PS5B

サイトを見る

JVC ポータブル電源 BN-RB10-C

サイトを見る

Jackery ポータブル電源 1000

サイトを見る

Jackery ポータブル電源 700・Jackery Sol…

サイトを見る

グッドグッズ ポータブル電源 500W ソーラ…

サイトを見る

BLUETTI ポータブル電源

サイトを見る

Jackery ポータブル電源 240

サイトを見る

JVC ポータブル電源 BN-RB3-C

サイトを見る

関連記事