高画質・大容量!PCで使えるおすすめの外付けブルーレイドライブ4選

世間的に汎用性のあるディスクとして流通しているDVDですが、DVDよりも高画質で大容量データが保存できるブルーレイディスクについても、随分と普及してきたように感じます。

しかし、PCに標準的に搭載されているディスクドライブはまだまだDVDが主流です。

ブルーレイディスクを読み込んだり書き込んだりするためには、外付けのブルーレイディスクドライブを接続することにより、実行可能となります。

今回は、おすすめのブルーレイディスクドライブを紹介します。

 

外付けブルーレイディスクドライブを利用するメリット

ブルーレイディスクは、DVDよりも記録領域が遙かに大きく、大容量データを書き込むことができるメディアです。

映画作品の販売では、DVD版とブルーレイ版があり、ブルーレイ版の方が少々値段が高いですが、ブルーレイ版の映像はDVD版の映像よりもかなりきめ細かく非常に鮮明な画像を楽しむことができます。

同じ作品であっても、DVDよりブルーレイディスクの方がより多くの情報を書き込めるため、高画質映像が再生可能となるのです。

しかし、一般的に流通しているPCでは、このブルーレイディスクドライブを搭載していない製品がほとんどです。フラッグシップモデルではブルーレイディスクに対応したドライブを搭載している製品もありますが、標準PCや廉価版PCではDVDドライブのみで、ブルーレイディスクドライブまで搭載されない場合が多いです。

また、昨今のノートPCでは薄型・軽量化を求める傾向にあり、ノートPC自体にディスクを読み込めるドライブすら搭載していない製品も多く存在します。

よって、PCでブルーレイディスクに対応したドライブがない場合は、外付けブルーレイディスクドライブを接続すると、ブルーレイメディアを読み込めたり、書き込み作業ができるようになり便利です。

PC本体にブルーレイディスクドライブが搭載されている場合でも、外付けのブルーレイディスクドライブを接続し2台体制にする使い方もあります。

例えば、PC本体に搭載されたブルーレイディスクドライブを使って、映画などのブルーレイ映像作品を再生しながら、外付けのブルーレイディスクドライブにセットしたディスクでデータの読み込みや書き込みを行うといったマルチタスクな使い方もできますね。

その他、外付けの据え置き型のブルーレイディスクドライブであれば、PC本体に搭載されたものよりも高性能であるものが多く、製品によっては読み込み速度や書き込み速度が大きく向上します。ブルーレイディスクは中に納められるデータ量が大きいので、読み込み速度や書き込み速度が速いと作業をより効率的に行うことが可能となります。

 

外付けブルーレイディスクドライブの選び方

据え置き型かポータブル型か

外付けブルーレイディスクドライブには、自宅やオフィスのデスク上で使うような据え置き型タイプのものと、持ち運び可能なポータブル型のものが存在します。

前者タイプの据え置き型では、本体サイズが大きく、外部電源からの電力供給が必要となる製品が多いですが、そのぶん、読み込み速度がや書き込み速度が標準的なものよりも高速で、ディスク取り扱い時も安定した動作を期待できます。

一方で、後者のポータブル型の場合、読み込み速度や書き込み速度は標準的な速度に落ち着きますが、本体サイズが小さく軽量なため、かばんなどに入れて簡単に持ち運ぶことができますし、電源も外部電源が必要なく、USB接続したPCからの電源のみでバスパワー駆動する製品が多いです。

両者ともメリットやデメリットがあるので、どのように使いたいか目的を考慮した上で、製品を選ぶと良いと思います。

 

読み込み速度や書き込み速度

ディスクドライブの読み込み速度や書き込み速度は、ドライブ性能を表す重要な仕様です。

一般的に、これらの速さは「○○倍速」という値で製品紹介されている場合が多いです。

ブルーレイディスクの標準書き込み速度は4.5MB/sであり、DVDの1.385MB/sという速度と比較すると約3倍強の値です。さらにブルーレイディスクドライブの製品によって、この標準速度が何倍にも可変するということになります。

2倍速なら9.0MB/s、6倍速なら27MB/sという速さです。

もちろん、理論値なので、必ずこの読み込み速度や書き込み速度がでるというわけではありませんが、数値が大きいほど、より速い処理が可能となるので、時間効率が上がります。

 

取り扱い可能なブルーレイディスクの種類

ブルーレイディスクもDVDと同じように、いくつかの種類が存在し、BD-R、BD-R DL、BD-R XL、BD-RE、BD-RE、BD-RE XL、BD-ROMなどたくさんの規格があります。

外付けブルーレイディスクドライブによっては、対応していないメディアもあるので、使いたいブルーレイメディアがドライブに対応しているかどうか、事前によく調べておきましょう。

 

電源

外付けブルーレイディスクドライブの電源も考慮しておくことをおすすめします。

一般的に、ポータブルタイプの外付けブルーレイディスクレコーダーでは、USB接続によりPCより電源が供給されます。

据え置き型タイプの外付けブルーレイディスクレコーダーでは、外部電源の供給が必要となります。

もちろんバスパワー駆動の方が電源要らずで便利ですが、外部電源供給が必要な据え置き型ではディスク書き込み速度の速さが期待できるので、利用したいシーンを考慮すると良いと思います。

 

筆者おすすめの外付けブルーレイディスクドライブ「I-O DATA ブルーレイドライブ BRD-UT16WX」

NINOのイチオシ!

PCアクセサリー類で大手のI-O DATA製品です。

据え置き型の外付けブルーレイディスクドライブでサイズ感としては大きい部類に属しますが、仕様はとてもパワフル。

大容量のブルーレイディスクでありながら、最大買い込み速度は16倍。ポータブルタイプのものよりも遙かに速いスピードで書き込み作業が実施できます。

ブルーレイディスクに書き込めるデータ容量は、大きいため、データ書き込みの際にあれこれと追加し、飽和状態に近くなることもしばしばありますが、16倍速の恩恵は非常に大きく、ストレスフリーな作業を実現してくれています。

USB3.0対応かつ、独自の高速規格であるオーバースピード機能も搭載していて、大容量のデータ転送も楽に行えます。もちろん、USB3.0対応でないPCであってもUSB2.0に対応しているので安心です。

電源は外部AC電源が必要です。単にON/OFF機能だけでなく、AUTOモードを搭載しているので、PCに接続し電源が必要な状態で自動的にONとなり、PCの電源がきれていればブルーレイディスクドライブの電源も切れます。これにより、適切なタイミングで電源を入れられるので省電力にも繋がります。

また、データ書き込みや編集するソフトがない方には嬉しい特典もついていて、データのバックアップやオリジナルディスクを作成することができる「B's Recorder」というソフトも付属品として添付されています。

ホームビデオカメラでよくあるような、AVCHD規格にも対応しているので、子どもの様子を撮影した映像も、ハイビジョン画質のままブルーレイディスクに残せて便利です。

デスク周りに置いて速い処理を行えるブルーレイディスクドライブを探している方におすすめです!

 

 

他にもまだある!おすすめのブルーレイディスクドライブ

ロジテック ポータブル外付けブルーレイドライブ LBD-PVA6UCMSV

出典: Amazon.co.jp

ロジテック ポータブル外付けブルーレイドライブ LBD-PVA6UCMSV

良質なPCアクセサリーを多く取り扱うロジテック製品です。

ポータブルタイプのブルーレイドライブで、Macシリーズ向けに接続コードがUSB Type-C対応となっています。

9.5mmの薄型ボディは持ち運ぶに最適でカバンに入れていつでも持ち出せます。最大書き込み速度はDVD−Rなどで8倍速。

電源もバスパワー駆動で、コンセントの心配をする必要もありません。

非常に多くのブルーレイディスクに対応していて、大容量データが扱えるBD XLも使えます。

 

ロジテック ポータブル外付けブルーレイドライブ LBD-PUD6U3VBK

出典: Amazon.co.jp

ロジテック ポータブル外付けブルーレイドライブ LBD-PUD6U3VBK

ポータブルタイプのロジテック製外付けブルーレイドライブです。

Windows向けのモデルとなっていて、USB3.0に対応しています。

動画編集やデータ書き込みが行えるコーレル社製のRoxioシリーズが付属されていて、データを扱うソフトがない人でも安心です。

対応しているブルーレイの種類も多く、大容量データの新規格であるBDXLにも対応しています。

 

パイオニア クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ BDR-AD07R

出典: Amazon.co.jp

パイオニア クラムシェル型ポータブルブルーレイドライブ BDR-AD07R

大手家電メーカーであるパイオニア製のブルーレイドライブです。

クラムシェル型の構造を採用し、航空機の中など、狭いスペースでも無駄なくディスクの出し入れが可能です。

ポータブルタイプなので重量は230gと軽量。いつでも持ち運びができ携帯性に優れています。

別売りのワイヤレスドックと接続すると、Android端末やiPhone端末も接続可能となる拡張性も特徴的です。

 

まとめ

大容量データを扱えるブルーレイディスクに対応した外付けドライブは、PCがブルーレイに対応していない場合に重宝するツールです。

近年はカメラ類も高画質なものが増え、データ容量も肥大化しています。

DVDではまかなえないような大きなデータ類もブルーレイディスクでは扱うことができるので、外付けブルーレイディスクドライブが活用できる場面も多いと思います。

まだ外付けブルーレイディスクドライブを所持していない人はぜひとも導入を検討してみてください!

記事内で紹介されている商品

ロジテック ポータブル外付けブルーレイド…

サイトを見る

ロジテック ポータブル外付けブルーレイド…

サイトを見る

パイオニア クラムシェル型ポータブルブル…

サイトを見る

関連記事