買いたいものを検索してください

動画や音楽に電子書籍!データ管理に悩む人必見のポータブルHDDおすすめランキング

文書ファイルに画像、音楽、動画と、パソコンを使っている場合公私に渡ってたくさんのデータを得ますよね。定期的に消せるものなら良いですが、仕事で必要な書類や好きな作品はいつまでも残しておきたくなります。

それだけなら、外付けHDDを増設すれば良いでしょう。しかしプライベートとなれば、旅行で撮影したたくさんの写真を保存したり、道中も音楽や動画を楽しみたいことだってあります。

外出時に大きなHDDを持ち歩くのは不便。でもSDカードやUSBメモリでは容量に限界がある。悩んだ私の前に現れてくれたのが、ポータブルHDDでした。名前の通りHDDではあるため、容量も大きい商品が多数あり、それでいて持ち歩きしやすい携帯サイズ。

良いとこ取りのポータブルHDDの魅力を、今回は改めて振り返ってみました。

 

まず必要な容量はどれくらい??

HDDの内部

ポータブルHDDはSDカードやUSBメモリに比べれば大容量とは言うものの、そこまでデータを保存しないなら、より小型の記録媒体の方が便利です。そこでまずは、自分がどれぐらいの容量を求めているのかを確認してみましょう。

 

そもそもHDDが必要なレベルか?

商品によって様々ですが、ポータブルHDDは数百GBからTB単位で販売されているケースがほとんど。対しUSBメモリは数十GB程度のものが多く、SDカードも大容量で128GBと差があります。つまり100GB未満で十分なら、HDDである必要はないんですね。

 

映像ファイルは容量を食う

一方100GB以上必要な場合でも、どんなファイルを保存するかでポータブルHDDに求める容量は変わってきます。例えば映像ファイルが中心の場合、1時間の動画でおよそ4GB必要。フルHDなど画質が良い動画であれば、倍の8GBは必要です。

ダウンロードするのが連ドラのような話数の多い作品であれば、仮に100GBのポータブルHDDを購入したとして1話1時間と考えると多くても25話。2クールにしかならず、それ以上の作品では1つのHDDに収まりきらないんです。

 

ポータブルHDDの平均と大容量

もっともポータブルHDDの容量は500GBから1TBが主流なので、それを踏まえると125話から250話は可能ですが、複数の作品をダウンロードしたり、何年も放送を続けていたような長寿作品であればあっという間に容量限界になってしまうでしょう。

一方音楽や画像ファイルであればMB単位なのでHDDにはかなりの数保存が可能となりますが、映像、特に今後も増やし続けるのが分かっているなら、予め大容量のHDDを探しておくと便利です。

ちなみにポータブルHDDで言う大容量は、4TB以上。通常でも1000話、画質が良くても数百話収まると考えれば、確かに安心できますね。

 

ポータブルHDDは衝撃に弱い??

HDDの内部

ポータブルHDDはコンパクトさを重視した作りなので、落下を始めとする衝撃に弱いデメリットを持っています。ゆえに移動中は衝撃材付きのケースを用意するなど、対策が必要。

一方でポータブルHDD自体が対衝撃性を備えていることもあるので、移動が多い使い方をするなら持っておいて損はありません。

出典: Amazon.co.jp

Transcend USB3.0/2.0 2.5インチHDD ポータブルハードディスク 
ブランド

いくつか種類はありますが、例えば360度あらゆる方向のダメージに強いTranscendのM3シリーズがおすすめ。本体は米軍の落下試験規格をクリアーしていますし、ラバーケース付き。それでいて300gほどなので、頑丈だから重いなんてこともありません。

 

ポータブルHDDの転送速度はこれで決まる!!

USB端子

データ管理を行う機器である以上、ポータブルHDDはパソコンからの転送速度にも注目したいところ。ポイントとなるのはパソコンに接続する際に用いるUSBの規格です。

USBの規格の中では、2018年現在2.0、3.0、3.1の3種類が主流とされています。転送速度は数値が高いほど早く、3.0は2.0のおよそ10倍、3.1は3.0の2倍で実行可能。

ゆえにスピードだけを考えると3.1が望ましいのですが、併せて確認したいのが持っているパソコンのUSB接続箇所。まだまだ3.1対応の機種は少ないようで、最近購入したのでなければ3.0止まりの可能性もあります。

せっかく買ったのにパソコンに繋げなかったとしたら本末転送ですから、自分の持っているパソコンにとっての最大速度はどれなのかをしっかり把握してくださいね。

 

実際に買ってよかったポータブルHDDおすすめ

パソコンにつなげたポータブルHDD

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO USB3.0ポータブルHDD 2TB

もし迷っているなら、候補としてBUFFALOのポータブルHDD、HD-PNF2.0U3-GB/Nを検討してみることをおすすめします。個人的なおすすめではありますが、USB3.0対応で2TBの大容量、340gの軽さと見た目も中身も魅力が詰まっています。

ちなみにパソコンだけでなくテレビにも接続可能なので、地上波などで録画番組が多いという方にもおすすめです。

 

次買うならこれ!気になるポータブルHDDランキング

最後に、私が今後追加するなら…という想定で、現在発売されているほかのポータブルHDDもチェックしてみました。大手メーカーや経験上の安心感もありBuffaloが中心となっていますが、ほかのメーカーや衝撃耐性、容量など、バリエーションに富んだ商品が揃っていると思います。

気になっている商品との比較にもどうぞ。

 

第7位:Seagate ポータブルハードディスクSTEA4000400 4TB

出典: Amazon.co.jp

Seagate ポータブルハードディスク 4TB USB3.0
ブランド
カテゴリ

7位はSeagateのポータブルHDDを選びました。USB3.0対応で4TBという大容量が魅力です。最大辺が約12cmほどで、重さは170gとコンパクトなところも良いですね。

Windows 10及びWindows 8、Windows 7であれば接続可能。セットアップも簡単にできるので、初心者にもおすすめです。

 

第6位:BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用ポータブルHDD HD-PA1.0TU3 1TB

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブルHDD 1TB 
ブランド
カテゴリ

6位はBUFFALOのHDD。Macの最新パソコンで使えるThunderboltの通信方式にも対応しているのが特徴です。USB2.0の20倍を誇る転送速度どのことですから、USB3.1レベルと言えます。

もちろんUSBも3.0で対応なので、Macの古い機種やWindowsパソコンの人にも安心。

 

第5位:ADATA HV300 外付けハードドライブAHV300-1TU31-CBK 1TB

出典: Amazon.co.jp

ADATA Technology HV300 外付けハードドライブ 
ブランド
カテゴリ

コンパクトさとコスパが魅力のADATA製HDDを5位にしました。1万円を切るポータブルHDDはなかなか無いので、コスパ重視の方にはおすすめ。通信はUSB3.0だけでなく3.1にも対応しています。

形状は長さが13cmほどですが、厚さが1cm程度しかないため、カバンなどの収納に便利。また衝撃に対するセンサーが備わっており、検知すると動作停止。機能し続けてデータが消えてしまうリスクを防いでくれます。

 

第4位:MARSHAL 外付けハードディスクMAL22000H2EX3-MK 2TB

出典: Amazon.co.jp

MARSHAL 外付け ハードディスク 2TB ポータブル HDD USB3.0/2.0 【簡単接続】 テレビ録画対応 バスパワー 放熱性に優れたアルミボディ MAL22000H2EX3-MK
ブランド
カテゴリ

MARSHALのポータブル HDDもコスパは◎。接続はUSB3.0と2.0に対応しているので、パソコンが古い方にもおすすめです。買い替えなどで一時的にデータを保管しておきたい時に便利。 パソコンだけでなくテレビ録画用としても使えます。

本体はアルミで、放熱性が良いのも魅力。夏場など高温になりやすい時に重宝しますよ。

 

第3位:BUFFALO ミニステーション エアHDW-PD1.0U3-C  1TB

3位は再びBUFFALOのHDD。最大の特徴は、Wi-Fi接続によってワイヤレスでデータ転送ができるポータブルHDDである点です。Windows10及び8.1、7、またスマホでも利用でき、最大8台の接続を可能としています。

USBも3.0と2.0に対応しているので、有線でも接続可能。スマホの場合、この商品とWi-Fi接続していても、この商品が普段使っているWi-Fiルーターと繋げていれば、スマホの通信も途切れることなくインターネットができます。

 

第2位:シリコンパワー 2.5インチポータブルHDD SP030TBPHDA60S3K 3TB

2位は外からのダメージに強いシリコンパワーのHDDです。USB3.0及び3.1にも対応している転送速度や、3TBの大容量も魅力ですが、何より衝撃からデータを守りやすいのが魅力。

防水等級はIPX4 で生活防水、つまり日常で得やすい水ならば耐えることができ、耐衝撃やキズに強いボディでもあります。耐衝撃は衝撃に強い商品の項で挙げたような米軍規格をクリアしているのも良いですね。

 

第1位:BUFFALO ポータブルHDD HD-PZ2.0U3-BC 2TB

出典: Amazon.co.jp

BUFFALO 耐衝撃 【米軍納入品規格 MILスタンダード「MIL-STD-810F 516.5procedure IV」 準拠】 ポータブルHDD 1TB ダークシルバー HD-PZ1.0U3-SC

1番買いたいと感じたのは、BUFFALOの耐衝撃機能が備わったHDDでした。 2位同様米軍の落下試験規格をクリア、特にMILスタンダード規格を達成しています。

USBは3.0対応。13cmほどで300g未満というポータブルさも良いですね。ちなみに2TBとなっていますが、セーブモードによるファイル圧縮機能を使うことで、容量を1.2倍に増やすことが可能。急に足りなくなった時に役立ちそう。

データの暗号化など、外側のみならず中身のセキュリティが良いのも魅力です。

 

まとめ

負担になりにくい重さのポータブルHDD。それでいてSDカードやUSBメモリ以上の大容量を誇り、たくさんのデータを管理するのにはうってつけです。

持ち歩きという意味では、仕事のデータを持ち帰る時にも、パソコン本体を移動させずに済むのでおすすめ。全データのバックアップ用としても役立つので、家に1つ、用意して置くのも良いですよ。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

Transcend USB3.0/2.0 2.5インチHDD ポー…

サイトを見る

BUFFALO USB3.0ポータブルHDD 2TB

サイトを見る

Seagate ポータブルハードディスク 4TB US…

サイトを見る

BUFFALO Thunderbolt&USB3.0用 ポータブル…

サイトを見る

ADATA Technology HV300 外付けハードドラ…

サイトを見る

MARSHAL 外付け ハードディスク 2TB ポー…

サイトを見る

BUFFALO ミニステーション エア 

サイトを見る

シリコンパワー 2.5インチ ポータブル 

サイトを見る

BUFFALO 耐衝撃 【米軍納入品規格 MILスタ…

サイトを見る

関連記事