買いたいものを検索してください

便利な無線接続で入力作業を快適に!BluetoothキーボードおすすめランキングTOP7

パソコンの使用頻度が高い方は『キーボード』にこだわりのある方も多いのではないでしょうか。

筆者の場合はライティング作業をしていると必然的にタイピングする機会が増えますし、ノマドワークする機会も多いことから、キーボードはモバイル性を重視したBluetoothキーボードを愛用しています。

キーボードとデバイスを繋ぐには、大きく分けると有線と無線接続の2つの方法がありますが、筆者のおすすめは何と言っても、煩わしい配線が不要になるBluetooth接続です!

今回は、どんなデバイスも簡単接続で使いこなせるBluetoothキーボードの特徴と、コスパ重視で選ぶBluetoothキーボードのおすすめランキングをご紹介します!

 

そもそもBluetoothとは一体なに!?Wi-Fiとの違いって?

皆さんは、Wi-Fiと一緒に”リボンのアイコン”を目にしたことはありませんか?それが『Bluetooth接続』を表しています。

まず『Bluetooth』とは無線通信規格の一種の事を指します。元々はスウェーデンのエリクソン社の技術者が「乱立する無線通信規格を統一したい」と考えたのがきっかけで開発されました。

50m~100mほどの長距離通信が可能で、複数の機器を同時接続させることが得意な『Wi-Fi』とは違って『Bluetooth』は5m~10mほどの短距離通信を得意としています。

Wi-Fiのデメリットとしては、複数のデバイスと1度に同時通信するので消費電力が大きくなり、配線や電力が必須となる点にあります。

一方でBluetoothは1対1の通信を想定して開発されているので、通信容量も少なく、消費電力も抑えて通信できるというメリットがあります。

このようなBluetoothならではの強みを活かして、昨今ではイヤホンやマウスなど少ない電力で長時間使用する機器にBluetoothは導入されています。今回ご紹介するBluetoothキーボードもその一つです。

 

筆者がBluetoothキーボードをおすすめする理由2選

まだBluetoothキーボードについてご存知ではない方も多いかと思います。そこでここではBluetoothキーボードを愛用している筆者が、Bluetoothキーボードを取り入れるメリットについてご説明していきます。

 

【メリット①】ストレスの無い文字入力が可能になる

基本的に、スマホ・タブレットで長文を打ち込むのは向いていません。時間をかければ打ち込むことは可能でしょうが、フリック入力だけでは時間も労力もキーボードの倍近くかかってしまいます…。

ところがBluetoothキーボードがあれば、スマホ・タブレットへのペアリングも簡単に行える上に、ノートPC感覚でサクサク文字入力が行えるので、作業効率が上がり、ストレスを感じる事も少なくなりました◎

 

【メリット②】ゴチャゴチャした配線が不要になる

基本的に、デスクトップパソコンで使用するキーボードは有線タイプですので「デスク上がごちゃごちゃしてしまう…」という不満を抱えてお仕事をしている方も多いはずです。

Bluetoothキーボードは無線通信で接続可能なので、ごちゃごちゃとした配線が不要になり、すっきり快適なデスクを実現するのです◎

邪魔であればサッと片づけたりできるという点も、Bluetoothキーボードならではの魅力と言えるでしょう。

 

Bluetoothキーボードはどんなデバイスで使えるの?

Bluetoothキーボードは無線通信によってデバイスと接続する特徴があります。

配線や面倒な設定が不要な無線接続だからこそ、自宅・職場のPCで共有することも可能になりますし、スマホ、タブレット、ゲーム機器など、Bluetoothに対応してさえいればどんなデバイスでも同期できる互換性の高さが魅力です。

このように簡単に使い回す事ができるBluetoothキーボードですが、具体的にはどのようなデバイスで使うことができるのでしょうか。

 

【据え置きで使える】デスクトップパソコン

デスクトップパソコンと同期して使えば、デスク上の配線を無くし、快適な環境での作業が可能となります。

据え置いて使いたい場合には、モバイル性には劣りますが、使い勝手が良いフルサイズレイアウトのキーボードを選ぶと良いでしょう。

 

【PCの代わりとしても使える】タブレット

タブレットとBluetoothキーボードを組み合わせれば、簡易的なノートパソコンのようにして作業することが可能になります。

タブレット用でキーボードを選ぶのなら、薄型・軽量であることにこだわると良いでしょう。

 

【サクっと作業したい方も使える】スマートフォン

LINEやSNS、ブログの更新など、ライトな入力作業には、スマホとBluetoothキーボードの組み合わせが最適です。

スタンド付きのキーボードを選べば、小さなスマホでもモニターのように扱うことができ、作業効率がグンとアップすることでしょう!

 

Bluetoothキーボードそれぞれにも特徴がある

Bluetoothキーボードにはそれぞれ細かな特徴が存在しています。キーボードの特徴を理解しないまま購入すれば、思わぬ点で後悔するかもしれません。ここではBluetoothキーボードの種類とその特徴についてご説明します!

 

キーボードの感知方式にも種類があるって知ってた?

キーボードは『感知方式』によって押し心地がかなり違ってきます。まずは安価なキーボードで使われる代表的な2つの方式と特徴を学び、自分に合ったキーボードを探しましょう。

 

柔らかな押し心地!『メンブレン方式』

低価格帯PCなどでも採用されているのがこちらのタイプ。単純な構造なので低コストで大量生産されています。「フニフニ」とした沈み込むような押し心地が特徴で、比較的消耗しやすい傾向にあります。

 

軽い押し心地!『パンタグラフ方式』

薄型キーボードや、ノートPCに多く採用されているのがこのタイプ。キーストロークが浅く、軽いタッチでも力が伝わりやすいので、パンタグラフ方式を採用していると打ちやすいキーボードといえるでしょう。

 

「キー配列」も種類によって違うって知ってた?

見落としがちなのですが、キーボード選びにおいては『キー配列』も重要なポイントです。

代表的なJIS配列キーボード(日本語配列)は、全角/半角・変換などのキーがありますが、US配列キーボード(英語配列)には存在しないので、ショートカットキーで代用することになります。

普段からApple製品などのUS配列をお使いの方や、プログラミングに精通している方ならばUS配列の方が都合が良いという意見もありますが、基本的にはJIS配列キーボードをおすすめしています。

普段お使いのPCとキー配列が違ってしまうと微妙にストレスです。(私も過去にキー配列を理由にBluetoothキーボードを買い換えた事があります)

価格だけではなく、JISなのか、USなのか、という点も購入前にしっかりチェックしておくことが重要となります。

 

Bluetoothキーボードを選ぶ際に重要なポイントとは?

様々なメーカーから様々な種類が発売されているBluetoothキーボードだからこそ、どのようなポイントに重点を置いて商品を探すべきなのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、Bluetoothキーボード選びの際に見落としがちな2つのポイントを順を追ってご説明していきます!

 

快適なタイピングを叶えるには『キーピッチ』と『キーストローク』に注目!

キーピッチとは?

キーの中央と隣接するキーの中央までの感覚のことを指します。一般的には19mm程が標準となってますが、小型キーボードではキーピッチが詰まって配置されている事も多く、誤入力が多くなることでしょう。誤入力を防ぎたい場合は出来る限り大きいサイズのキーボードを選びましょう。

 

キーストロークとは?

ボタンを押した際にどれだけ沈み込むかを表す数値です。3mmが標準となっていますが、ストロークが深いとしっかりとしたタイピングが行えますし、ストロークが浅ければ高速タイピングが可能となります。これらは好みによって選ぶと良いでしょう◎

 

持ち運んで使うなら給電方法にも注目しよう!

スマホ・タブレットと一緒に持ち運んで使うのならば、給電方法についてもしっかり把握しておきましょう。

Bluetoothキーボードの基本的な給電方法は「充電式」と「乾電池式」の2種類。乾電池式は完全コードレスになり、電源が切れても電池を替えるだけで使えます。

ただし、あまり電池用量が少なすぎても扱いにくいので、1回の充電や電池交換で長く使える製品を選ぶとストレス無く屋外での作業が可能になるでしょう!

 

外出先で使うなら持ち運び楽々な『折り畳み式』がおすすめ!

Bluetoothキーボードを外出先で使いたいという方も多いのではないでしょうか。

Bluetoothキーボードは元々かなり薄型として作られていますが、外出先でもBluetoothキーボードを使いたいという場合には、更に持ち運びが楽になる『折り畳み式』の商品を選ぶ事をおすすめしています。

 

折り畳み式Bluetoothキーボードはコンパクトに持ち運べる点が最大の魅力!

たとえば、スマホなどのコンパクトな画面や、7~8インチタブレットは大きいキーボードを持ち歩いていてはバランスが悪いですよね。コンパクトな画面に大きくて重いキーボードでは、スマホやタブレット本来の”モバイル性”も台無しです。

そこでおすすめなのが「折り畳み式」のBluetoothキーボード。作業する時は通常のキーボードと同じく大きなキーボードが使えて、持ち運びの際に折りたためばコンパクトになります。

たとえばiClever(アイクレバー)のBluetoothキーボードは重量約185gの軽量さで、スマホ・タブレットと共にバッグに入れても苦ではない重さを叶えます。

出典: Amazon.co.jp

キーボード Bluetooth 折りたたみ式 薄型 ワイヤレス ブルートゥース android スマホ タブレットiPhone/iPad/Andriod専用 軽量 携帯便利 pink ローズゴールド IC-BK03
ブランド
カテゴリ

Ewin(エウィン)の折り畳みキーボードは重厚感溢れるデザインが魅力的。折り畳みキーボードは、このようにデザインにもこだわりを見せる事ができる点もビジネスマンや女性にとって嬉しいポイントでもあります。

出典: Amazon.co.jp

Ewin 新型 Bluetoothキーボード 折りたたみ式 157g 超軽量 薄型 レザーカバー 財布型 ワイヤレスキーボード USB 薄型 IOS/Android/Windows に対応 スマホ用 スタンド付 【日本語説明書と18月保証付き】 (ブラウン)
ブランド
カテゴリ

タブレットをケースに入れて持ち運んでいる方も多いと思いますが、折りたたみ式ならそのケースにもすっぽり入るのでスッキリ便利に持ち運べます◎

 

折り畳み式Bluetoothキーボードのデメリットは?

折り畳み式Bluetoothキーボードには、コンパクトに持ち運べる、というメリットの一方で、折り畳むことにより設計上キー配列が特殊になってしまう事が多い点がデメリットと言えます。

最初のうちは違和感があって慣れない…という方も多いのですが、タッチタイピングに慣れていくうちに違和感も解消されると思います。

気になるようでしたらキー配列に大きな差異がない商品を選ぶと良いでしょう。

 

文章作成が断然楽になる!ライターが選ぶBluetoothキーボードおすすめランキングTOP7

どうでしたか?これまでご説明した内容で、Bluetoothキーボードについて知ることができましたか?

説明だけではイマイチ「買いたい!」と思えないでしょうから、ここからは実際に筆者が使った商品や、クチコミで評価の高い製品を含め、機能だけではなくコスパ面でも大満足できる3,000円以下の商品をランキング形式でご紹介します!

 

7位 Niwawa 折り畳み式 防水シリコンキーボード

出典: Amazon.co.jp

Niwawa 折り畳み式 防水シリコンキーボード
ブランド
カテゴリ

くるっと巻いて収納できる!新感覚やわらかキーボード

皆さんは「あっ!キーボードにコーヒーをこぼしてしまった!」なんて経験はありませんか?

このBluetoothキーボードは、液体の侵入を防ぐ密封設計となっており、飲み物をこぼしてしまっても濡れたタオルでサッと拭くだけお手入れが可能です!

キーボード自体はシリコン製ですので折りたたみは勿論、くるっと巻いた状態で持ち運ぶことも叶います。

しかし、シリコン製キーボードにはキーボードの反応も悪く、ホコリが付きやすく、独特な『ふにゃっ』とした感触がどうしても慣れないという欠点もありますので、気になる方は避けた方が良いでしょう。

 

6位 Logicool Bluetoothワイヤレスキーボード K380BK

最大3台をラクラクペアリング!マルチデバイスで使うならコレ!

Android、iOS、Windowsなど幅広いデバイスで使う事ができ、さらにワンタッチで最大3台分を簡単にペアリングできる点が魅力的!重量は432gで持ち運びしても苦ではありませんね。

キーストロークは1.5mmと浅い設計となっておりますので「キーが沈み込む感触が苦手…」という方にはピッタリのモデルといえるでしょう。

一般的なキーボードと違い、丸みを帯びたキーとなっており、クセがあるので第6位となりました。

 

5位 WloveTravel スタンド付きBluetoothキーボード 折り畳み式

出典: Amazon.co.jp

WloveTravel スタンド付きBluetoothキーボード 折り畳み式

タッチパット付きの便利なモデル!モバイル性に特化した1台!

3つに折り畳むことができ、とてもコンパクトに持ち運べる便利なBluetoothキーボードは、なんと重さ200g以下の超軽量ボディ!Bluetoothキーボードでは珍しいタッチパットが付いているので、スマホ・タブレットでもノートPCと変わらない操作感を実現しました。

iOS、Android、Windowsなど幅広いデバイスで使用できますが、スタンド付きなのでスマホ・タブレット用として使うのがおすすめです◎

折り畳みならではの欠点としてキー配列が独特ですので、慣れるまで時間を要する事でしょう。薄型・軽量でとても便利なのですが、キー配列のデメリットから5位にランクインとなりました。

 

4位 Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード

出典: Amazon.co.jp

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード ホワイト
ブランド
カテゴリ

Apple製品に慣れている方におすすめ!軽量なので持ち運びも◎

Bluetoothキーボードを持ち運びたい方にはコレがおすすめ!

薄型軽量かつスタイリッシュなデザインで人気を集めているBluetoothキーボードです。

こちらはiPhoneやiPadとの互換性が高いキー配列になっているので、Appleユーザーであるも大満足の使い心地を叶えてくれる利点があります。筆者もiPadairと組み合わせて使用しています◎

スタンド付きではない点は残念ですが、iPhone・iPadとの相性がとても良いので、Appleユーザーの方はこちらを選んでみると便利に使える事でしょう!

 

3位 EC Technology Bluetooth3.0無線キーボード 超薄 7カラーLEDバックライト

出典: Amazon.co.jp

EC Technology Bluetooth3.0無線キーボード 超薄 7カラーLEDバックライト
ブランド
カテゴリ

光るキーボードでタイプミスを減らす!デスクを彩るお洒落さもお気に入り!

暗い場所でもしっかりタイピングが行える、7色のLEDバックライトはデスクを機能的&お洒落に演出してくれます。人間工学に基づいたデザインで、手首に負担がかからず快適なタイピングが行えます。

薄型軽量でコンパクトなデザインで非常に扱いやすい製品なのですが、充電式の電池は約5時間程度しか持たず、更にはマルチペアリング機能も無いのでキーボードをどんなデバイスでも使い倒したい方には不向きでしょう。

 

2位 Elecom BluetoothワイヤレスキーボードTK-FBP052BK

コスパで選ぶなら断然コレ!小型軽量でモバイル性抜群!

薄さ6.5mm、重量264gの薄型軽量さが特徴で、3,000円以下のプチプラさも魅力の一つです。Newモデルは3台までのペアリングが可能になり、電池の持ちもかなり向上しました!

安価ながら全体的にバランスの良い性能を叶えるキーボードですが、小型ゆえの弱点もいくつか存在します。

まずキー配列が独特なこと。さらには時間が経つとデバイスとの接続が切れてしまい、繋ぎ直す必要があることです。集中して本格的なタイピングが行いたい方は1位でご紹介する商品をおすすめします。

このように、普段からPCに慣れている方はストレスに感じることも多い仕様になっていますが、はじめてのBluetoothキーボードならばこの商品で充分だと思います。

 

1位 Logicool マルチデバイス ワイヤレス キーボード&スタンド セットモデル

出典: Amazon.co.jp

Logicool マルチデバイス ワイヤレス キーボード&スタンド セットモデル
ブランド
カテゴリ

文字入力が多い方におすすめ!テンキー付きでビジネスシーンにも活躍!

最大3台までのデバイスを「Easy-Switchボタン」を押すだけで簡単に切り替える事ができる、便利なキーボードです。

テンキーが付いたフルサイズレイアウトなので、モバイル性にはやや劣りますが、それでも使い心地はピカイチ!耐水設計でどんなシーンでも使える点が魅力的です。

ロジクール製キーボードは6位にもランクインしていますが、6位の商品と比べてこちらはキーが打ちやすく、普段使っているPCと変わらない使い心地を叶える点が1位の理由となりました。

さらには滑りにくいラバー素材のスタンドも付属しているので、スマホ・タブレットでの文字入力もラクラクこなせる便利なキーボードです!

 

ワイヤレスキーボードの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング

 

Bluetoothキーボードがあれば文字入力もラクラク!

ランキングでご紹介した商品は、使い心地がよく、価格も抑えられているのでBluetoothキーボードを初めて使う方にもおすすめできる製品ばかりです。

1台あるだけで、文字入力の煩わしさから解放されるBluetoothキーボードがあれば、ビジネス・プライベート双方の作業時間がグッと短縮できるでしょう。

ぜひこの記事を参考に、自分に合ったBluetoothキーボードを探してみてください!

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

キーボード Bluetooth 折りたたみ式 薄型 …

サイトを見る

Ewin 新型 Bluetoothキーボード 折りたた…

サイトを見る

Niwawa 折り畳み式 防水シリコンキーボード

サイトを見る

Logicool Bluetoothワイヤレスキーボード …

サイトを見る

WloveTravel スタンド付きBluetoothキーボ…

サイトを見る

Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレ…

サイトを見る

EC Technology Bluetooth3.0無線キーボー…

サイトを見る

Elecom BluetoothワイヤレスキーボードTK-…

サイトを見る

Logicool マルチデバイス ワイヤレス キー…

サイトを見る

関連記事