買いたいものを検索してください

PCやゲームが爆速!ポータブル外付けSSDおすすめランキングTOP8

パソコンやスマホなどの媒体において、容量不足を補うためにSDカードやメモリースティック、外付けのHDDなどを用いることがあります。容量だけであれば、いずれかで好みのサイズを探せば済む話です。

しかしもし、溜まったデータをすぐ移動させたい、短時間で転送を完了させたいと思ったら、SSDもチェックしてみましょう。SSDなら容量だけでなく、データの転送速度も高機能の商品が探しやすいです。転送がすぐ終われば、パソコンなどで同時に作業をしたい時など、負担をかけにくくなります。

今回はそんなSSDのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。またSSDとはいったい何なのか、選び方なども併せてお話しします。

 

そもそも、外付けSSDとは?

パソコンと外付けSSD

SSDとは、Solid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略称です。Hard Disk Drive(ハードデイスクドライブ)ことHDDとは違い、内部には半導体メモリを搭載、データを記録します。見た目はHDDに似ていますが、その中身はメモリースティック・USBメモリに近いです。

外付けと敢えて表記するように、SSDも本来はパソコンの内部にあるパーツ。同じく搭載されているHDDに比べて転送速度が2~3倍、あるいはそれ以上になるため、パソコンの中でも高機能商品に使われていることが多いです。

転送速度の速さは外付けになっても変わらないので、大量のデータを一気に移してしまいたい時には重宝します。

 

外付けSSDと内蔵SSDは何が違う?

SSD

SSDは本来パソコンなどの内部にあるパーツとしましたが、外付けタイプと内蔵タイプでは機能性に違いはありません。

しいて言えば、外付けSSDと内蔵SSDはそれぞれの使い方に合わせて作られています。ゆえに外付けをパソコンの中に入れたり、内蔵タイプをそのままの状態でパソコン外に出して使うことはできません(内蔵SSDは専用ケースなどを介し、外付けSSDとして使うことは可能)。

一方で換装キットを使えば、HDD内蔵だったパソコンにSSDを入れ替えて使うことも可能。同じパソコン本体で内蔵HDD+外付けSSDに比べると、内蔵SSDの方がパソコン本体の機能性を高めやすい点で、転送速度も多少速いです。

ただ入れ替えは手間がかかりますし、内蔵SSDは外付けの〇倍というほどのスピードアップはありません。また最初からSSD内蔵の高スペックパソコンを買うならコスパも高くなります。

と考えると、外付けSSDをプラスする方が容易にデータ転送・管理をしやすいです。

 

外付けSSDの選び方のポイント

さまざまなSSD

 

外付けSSDを追加するなら、以下のポイントを踏まえて商品を探してみましょう。

 

書き込み速度・読み込み速度

まずは外付けSSDへの書き込み及び、書きこんだデータを確認する際の読み込み速度。HDDの倍以上というだけでも魅力的ですが、外付けSSDとパソコンなどを接続する際に使う、USBのバージョンをチェックしておくとより早い商品を探せます。

USBは1.0から始まり、2019年現在は3.0もしくは3.1が主流。数字が大きいほど転送速度も早まり、3.1が最も早い規格です。また目安としては、最大レベルでの理論値が1秒あたり400MB前後の外付けSSDがおすすめです。

低くても1秒あたり350MBだとスムーズに感じます。500MBクラスを選べればベストです。

ちなみに早くもUSB3.2が話題になっていますが、技術規格としては3.0や3.1も3.2と表記するという変更が注目されています。3.0ならばUSB3.2Gen1、3.1なら3.2Gen2、そしてスペックとしての3.2は3.2Gen2×2とややこしい表記になるのだそう。

つまり3.2と表記されていても、実際はまだ3.1や3.0のUSBである可能性が高いので注意しましょう。

 

容量は使う目的で考える

続いても重要な外付けSSDの容量です。容量も大きければ大きいほど価格が高くなるので、コスパを気にするなら自分は何のために外付けSSDを買うのかを考えてみましょう。

例えば撮影した動画や音楽など、1つあたりのデータ容量が大きいファイルを保存するなら、256GBは欲しいところです。将来も撮影し続ける、音楽のダウンロードをするならば、今保持しているデータ容量ギリギリではなく余裕を持たせたいところ。

画質・音質がよいデータの場合はさらに多い512GBクラスも視野に入れましょう。

一方内蔵SSDのように、OSのアップデートや更新ファイルの保存などを行うなら、128GBがおすすめ。更新ファイルは古いものになると削除することができますが、Windows10のアップグレードなど、インストール時に10GBほどの余裕が求められることもあります。

 

 

外付けSSDの対応規格はUSB

外付けSSDの多くは、転送速度のところでも触れたようにUSBケーブルでパソコンと接続します。ただ一口にUSBと言っても、一般的なtypeAからスマホなどにも使われるtypeB、Cとその形は様々。

ここでチェックするのは両者をつなぐケーブル。パソコン側と外付けSSD側の規格が異なっても、ケーブルが対応していればつなぐことができます。

例えば外付けSSDがtypeCの端子で、ケーブルがCtoAなら、パソコンはtypeAの端子であることが求められます。別途対応したケーブルやアダプタを購入する手もありますが、付属品の方が相性もよく、1本で済むため、購入前に確認しておいた方が便利です。

 

持ち歩くなら耐衝撃性も

最後にチェックしておきたいのが耐衝撃性。地震などの災害に備えるのはもちろん、持ち歩く場合はうっかり落とした際のデータ保護につながります。専用ケースでカバーするとしても、外付けSSD本体も耐性がついていればより安心です。

使う場所によっては耐水性や、防塵などの機能を備えた外付けSSDも役立ちます。

 

外付けSSDおすすめランキングTOP8

外付けSSD

 

ここからは、おすすめの外付けSSDランキングです。特徴はわかっても具体的にどの外付けSSDが良いかわからないという方は、以下の商品からチェックしてみてください。

 

第8位 エレコム 外付けSSD ESD-EC0960GBK

容量 120・240・480・960GB
対応規格 USB3.1(Gen1)
最大 読み込み410MB/s、書き込み400MB/s

ケーブル一体型で持ち運びに便利!

まず8位は、エレコムの外付けSSD。最大の特徴は、本体にケーブルがくっついていることで、使わない時は外付けSSD本体に収納しておけます。ケーブルを別途束ねてしまう手間が省けるので、自宅での保管はもとより、持ち運びにも便利です。

容量や転送速度などから考えると値段はやや高め。より大容量・高速で安い外付けSSDもあるので8位としましたが、コンパクトさにこだわる方にはおすすめです。

 

第7位 シリコンパワー 外付けSSD

容量 256・512GB・1TB
対応規格 USB3.1(Gen1)
最大 読み込み:440MB/s、書き込み430MB/s

衝撃に強い外付けSSD

続いてはシリコンパワーの外付けSSDです。機能は8位と似ていますが、コスパが良い上、耐衝撃性も加わっていることから上位にしています。ただし容量は216GB、512GBと来て次がいきなり1TBになるので、この中間サイズが欲しいという方は注意してください。

また本体にはデータのバックアップなどに役立つSP Widgetというソフトが同梱。大事なデータの保管用として使いたい方に向いています。

 

第6位 エレコム 外付けSSD ポータブル  ESD-ED0120GBK

容量 120・240・480・960GB
対応規格 USB3.1(Gen1)
最大 読み込み300MB/s、書き込み50MB/s

カードサイズでポケットにも

8位に引き続き、エレコム製の外付けSSDから、名刺サイズのESD-ED0120GBK型を6位に選びました。8位と容量のパターンは同じながら、1cmもない厚みで手のひらサイズと薄さにこだわっています。

ケーブルは別途収納する必要がありますが、ポケットなどにも入れやすいのが魅力。

またIT機器にしてはぺらぺらな方なのに、衝撃と振動にも強い特徴も備えています。反面転送速度においては8位よりも遅いので、大容量のデータをやりとりするには不向き。外出時の一時的なデータ管理に適した外付けSSDです。

 

第5位 I-O DATA ポータブルSSD

容量 480・960GB
対応規格 USB3.1(Gen1)
最大 読み込み:440MB/s、書き込み430MB/s

落下に強いラバー素材

5位は、手裏剣を丸っこくしたような形が特徴の、アイ・オー・データ製外付けSSDです。サイズとしては8cm四方なので、やはり6位同様コンパクトさ重視の方にはおすすめ。

また耐衝撃性においては、1.2mの高さからの落下でも安心のラバー素材を使っています。性能の有無だけでなく具体的な成果がある分、外付けSSDへのダメージが心配という方に向いています。

 

第4位 BUFFALO ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL

容量 120・240・480・960GB・1TB・1.9TB
対応規格 USB3.1(Gen1)
最大

PS4のデータ管理にも

バッファローの外付けSSDが4位です。ランキングでご紹介してきた外付けSSDの多くはWindows、Mac両対応の商品がほとんどですが、こちらの外付けSSDはプレイステーション4も接続可能。

ゲームソフト始め、コンテンツはダウンロードが主体という方にぴったりです。

容量は手ごろな120GBから最大1.9TBまで選択できるため、目的に応じた容量を選び、コスパも抑えやすいと言えます。

 

第3位 BUFFALO  外付SSD SSD-PGM960U3-B/N

容量 120・240・480・960GB・1TB・1.9TB
対応規格 USB3.1(Gen2)
最大

耐衝撃から見守り機能まで安全対策はばっちり

3位も4位に引き続きバッファローの外付けSSDを選びました。対応規格がUSB3.2(Gen2)となっていますが、厳密には3.1と思ってよいでしょう。

とはいえ4位に比べて転送速度は速くなっており、外見も一回り小さく、重さが半分ほどにまで抑えられているなど性能は上がっています。

また耐衝撃、耐振動に加えて、故障予測サービスの利用が可能。内部の異常や故障しそうな状況に陥った時に知らせてくれるので、対処がしやすいです。

新しい外付けSSDである分値段は高いものの、容量のパターンは4位と同じなので、より早い転送を求めるならこちらの外付けSSDがおすすめです。

 

第2位 Samsung 外付けSSD

容量 250・500GB・1TB・2TB
対応規格 USB3.1(Gen2)
最大 540MB/s

赤や青のデザインも魅力

黒や白など味気ないカラーの外付けSSDが多い中、赤や青のカラーも選べるのがサムスンの外付けSSDです。転送速度も最大540MB/sと、400台が多いランキング中においては最高レベル。

2mからの落下に耐えうる衝撃性と、暗号化やパスワードロックと言ったデータガードと、SSDの内外で保護機能が働いているのも嬉しいポイントです。

カード型の手のひらサイズで50gほどと軽量であり、WindowsやMacのほかAndroidにも対応しているので、スマホやタブレットなど携帯機器用の媒体としても使うことができます。

 

第1位 SanDisk ポータブルSSD

容量 250・500GB・1TB・2TB
対応規格 USB3.1(Gen2)
最大 550MB/s

最軽量で最速のSSD

1位に選んだのは、サンディスクの外付けSSDです。38gの重さと最高速度550MB/sはランキング中最高。本体右上には持ち手なのか穴が開いており、ポケットや収納ケースから取り出しやすい形になっているのも便利です。

2mからの落下に耐える耐衝撃性のほか、IP55規格の防塵・防滴性も備えており、少しの汚れや水にも強く移動中も安心。

同梱のケーブルはCtoCですが、typeAの変換アダプタが同梱されているので、パソコンにもつなげられます。アダプタを含めてもさほど大きくなく、収納の邪魔になりません。

また個人差はあるかもしれませんが、稼働中はほかの外付けSSDに比べて熱くなりにくいという特徴もあり、夏場や連続使用のデメリットが起こりにくい外付けSSDです。

 

おすすめの外付けSSDの比較表もチェック!

第8位 第7位 第6位 第5位 第4位 第3位 第2位 第1位
商品画像 '' '' '' '' '' '' '' ''
商品名 エレコム 外付けSSD ESD-EC0960GBK シリコンパワー 外付けSSD エレコム 外付けSSD ポータブル ESD-ED0120GBK I-O DATA ポータブルSSD BUFFALO ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL BUFFALO 外付SSD SSD-PGM960U3-B/N Samsung 外付けSSD SanDisk ポータブルSSD
容量 120・240・480・960GB 256・512GB・1TB 120・240・480・960GB 480・960GB 120・240・480・960GB・1TB・1.9TB 120・240・480・960GB・1TB・1.9TB 250・500GB・1TB・2TB 250・500GB・1TB・2TB
対応規格 USB3.1(Gen1) USB3.1(Gen1) USB3.1(Gen1) USB3.1(Gen1) USB3.1(Gen1) USB3.1(Gen2) USB3.1(Gen2) USB3.1(Gen2)
最大 読み込み410MB/s、書き込み400MB/s 読み込み:440MB/s、書き込み430MB/s 読み込み300MB/s、書き込み50MB/s 読み込み:440MB/s、書き込み430MB/s 540MB/s 550MB/s
リンク 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る 詳しく見る

 

外付けSSDの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、外付けSSDの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

外付けSSDでスマートにデータ管理

Macブックパソコン
NINO

HDDでもそれなりに転送速度は出ますが、時は金なりと言います。ちょっとでも時間に余裕ができれば、ほかの仕事ができたり休息に回せるなど効率もアップ。ぜひ外付けSSDで溜まったデータもパパっと移動させて、限られた時間を賢く使ってください。

記事内で紹介されている商品

エレコム 外付けSSD ESD-EC0960GBK

サイトを見る

シリコンパワー 外付けSSD

サイトを見る

エレコム 外付けSSD ポータブル ESD-ED01…

サイトを見る

I-O DATA ポータブルSSD

サイトを見る

BUFFALO ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B/NL

サイトを見る

BUFFALO 外付SSD SSD-PGM960U3-B/N

サイトを見る

SanDisk ポータブルSSD

サイトを見る

関連記事