買いたいものを検索してください

【フリー・有料】2020年パソコンデータ消去ソフトのおすすめ人気ランキングTOP5

パソコンや携帯電話は、1台を半永久的に使えるとは限りません。例えば内蔵しているソフトのアップグレードは、機種によって限界が生じることもあり、例え破損していなくても買い替えが必要になるからです。

そして買い替えの際、古い機種は使わなければ捨てたり、中古ショップに持ち込んだりします。新しい機種の販売店で下取りという手もありますね。要は手放すわけですが、こちらの情報漏洩を防ぐ意味で、中身は全てデリート、あるいは初期状態にリセットしなくてはいけません。

詳しくは後述していますが、パソコンに内蔵されている初期化システムでは、全てのデータを削除してはくれないと噂に聞いたのが、専用ソフトを知るきっかけでした。

メールの内容やサイトのID、パスワードと言ったものから、ネットバンキングの口座、通販でのクレジットカード履歴など、見られたらどんな利用をされるかわかりません。それをより確実に防いでくれるのが、データ消去ソフトというわけです。

 

デリートのはずが本当は残ってる!データ消去ソフトを使った方が良いワケ

デリートキー

データや設定において、ゴミ箱からも無くし初期化を施せば、持ち主がバックアップでもしていない限り、元の状態にすることは一見不可能に思えますよね。

しかし実際は、パソコンで読み取ることを不可能とするだけで、データ自体、あるいは跡のようなものは残っているケースが多いんです。

もちろん読み取ることはできないので、そのままの状態では確認不可能なのですが、特殊な機器やソフトを入れることで簡単に読めてしまうのが現状。

そこで活躍するのがデータ消去ソフト。データ消去ソフトは、初期化などと違ってデータを無意味な別のデータで上書きすることで消します。ゆえに特殊なソフトを用いて情報を露出させることができたとしても、そこには意味不明な文字の羅列ばかりとなるわけです。

元のデータの暗号化というわけでもないので、情報の羅列を解析してもどうにもならず、対策としてはバッチリと言えます。

個人情報など情報が全てデータ化されるようなご時世になった今、自分の情報は自分で守っていく必要があります。

手間ではありますがしっかりとデータ消去を行うことをおすすめします。

 

フリーソフトでも大丈夫?購入する場合との違いは?

パソコンのプライバシー

様々なソフトには無料版、フリーソフトがありますが、データ消去ソフトも同じ。もしコストをかけたくないなら、無料のものを探すのもありです。

機能は有料無料問わずソフトによって違いがありますが、無料のソフトは有料に比べると削除完了までに時間がかかったり、特定のソフトのみ削除できるなどの制限付き。

時は金なりなんて言いますが、無料にするかわりにこちらで行う操作や時間が必要なので、面倒に感じるなら有料ソフトでぱぱっと片付けてしまう方が良いかもしれません。

 

データ消去ソフトの選び方のポイント

 

対応OSで選ぶ

まずはデータ消去ソフトがどのOSで使えるかです。WindowsかMacかもそうですし、場合によってはWindowsの特定のバージョンでしか使えないことも。製造環境の問題もあると思うのですが、古いソフトだとソフト誕生時になかった新しいOSでは起動できない可能性大。また逆に、新しいソフトでは古いOSが受け付けない場合も考えられます。

全部消すのに対応とかあるのか、と思うかもしれませんが、非対応のOSでは消去どころかインストールもできませんから、購入前に必ず確認しておきましょう。

 

機能で選ぶ

データ消去ソフトが持っている機能にも注目です。特にCDブートなど、外部機器を用いて消去する機能は便利です。パソコン本体が起動しなくなってしまったとしても、CD-Rやメモリスティックなどの外部機器からアクセス・消去作業を行うことができるんです。

パソコン自体を操作できない状況でも、データを読み取ってしまうことは可能ですから、消去も外から行って漏洩を防ぎましょう。

またデータ消去がどれだけハイスペックかも注目。その分値段が高かったり、消去し終えるまでに時間がかかることもありますが、より確実にデータを消してもらえます。どんなにパソコンのプロ、凄腕の人にも暴かれたくないデータが入っているなら、コストと手間をかける価値はあるでしょう。

ちなみに目安としては、DoD5220.22-M方式以上が安心と言われます。データ消去ソフト機能の1つに、消去レベルの選択もあるので、複数レベルから決められる商品にするのもおすすめです。

パソコン本体だけでなく、USBメモリなど外付け機器のデータ消去ができるソフトも存在。これもデータ消去ソフトによって対象範囲が異なるので、メモリースティックやSDカード、対象、CD-ROM、外付けハードディスクなど、データを削除したい機器が該当するかを確認しましょう。

 

消去範囲で選ぶ

ソフトによっては、複数台のパソコンのデータ消去に対応していることもあります。古いパソコンが2台以上ある場合や、自分だけでなく家族のパソコンも破棄するときには複数対象のデータ消去ソフトを選び、コスパも節約しましょう。

複数台については、2台などの具体的な数字のほか、ライセンス式のため所有者が同じであれば可能、家族など身内・私用であれば可能といった条件もあるので注意してください。

また先ほど外部機器から消去を行う機能についてお話ししましたが、消去の対象がパソコン本体だけでなく外部機器も含んでいるソフトもあります。パソコンの容量増設で使っていたハードディスクや、そのパソコンでしか使えないデータを入れていたCD-Rなど、データを消したい外部機器があるならおすすめです。

 

CDブート機能があればOSが動かなくても大丈夫!

パソコンの故障で破棄する場合、パソコンの起動自体ができないこともありますね。そんな時でも役立つのがCDブート機能です。内蔵もしくは外付けのCDドライブからデータ消去ソフトを入れると利用できます。

またダウンロード版などソフトの形態がCD出ない場合、USBメモリなどにデータを移して起動するUSBブートなども存在します。

 

データの消去方法をチェック!

データの消去は、方法によってレベル(どれだけ徹底した消去ができるか)も異なっています。個人情報など重要なデータは、よりレベルの高い消去方法がおすすめです。

代表的なものでは米国国防省のDoD5220.22-M方式や、最高レベルとされるGutmann(グートマン)方式など。官公庁などでも消去用に選ばれている方式です。データ消去ソフトによっては複数レベルの方法を備えた商品も多いですが、いずれかを含んだものだと個人用だけでなく企業用としても使えます。

 

一味変わったデータ消去ソフト

個人情報など一部のデータだけを消去できるソフトも

データ消去ソフトというと、丸ごとパソコン内のデータを全て消すイメージがありますが、中には特定のデータだけを消してくれるソフトもあります。パソコンはまだまだ使うけれど、プライバシー情報など外に漏らしたくないデータがある時に便利です。

最終的なパソコンの処分時には全データの消去を専用ソフトで行うとしても、それまでの間にうっかり漏洩してしまっては一大事。不要なデータであればセキュリティソフト頼みにするのではなく、消去ソフトで無くしてしまいましょう。

 

データ消去のスケジューリング

一部のデータ消去と関連した機能で、消去を定期的に行うことが可能な商品もあります。手動ではついつい忘れてしまう方も、予め月1や特定の日付を設定しておけばあとはソフトが勝手に行ってくれるので便利です。

 

法人用なら対応台数が多いものがおすすめ

個人ではなく法人用としてデータ消去ソフトを購入する際は、ソフトの対応台数に注目しましょう。1ソフト1台では、時に何十台ものパソコンに使いたい時には不便です。

できるだけ対応台数の多いソフトを探したり、お気に入りのメーカーでも、より多い人数向けのソフトが無いか確認してみましょう。

 

データ消去ソフトのメーカーおすすめ2選

パソコンのセキュリティ

データ消去ソフトは多くのメーカーで発売されていますが、特に人気なのがAOSテクノロジーズ及びジャングルの2社。ほかにもアイ・オー・データやフロントラインなどのメーカーが有名ですが、この2社はソフト自体の評判はもちろん、ランキングサイトなどでも上位に来ていることが多いです。

 

AOSテクノロジーズ

AOSテクノロジーズの場合は、ソフトの指示に従って操作すればよいので、パソコンは素人という方でも使いやすいのが魅力。USBなど外付け媒体のデータ消去にもおすすめです。

加えてデータの復旧を扱っているメーカーでもあるからか、ソフト次第によってデータ消去は最大レベル、復元不可能なぐらいに落とし込んで、徹底的に消してくれます。個人用パソコンはもちろん、仕事用・企業用パソコンのデータ削除にもぴったりです。

ソフトによっては低レベルの消去を選ぶことも可能で、レベルが低い分対処が早いのもメリット。状況に応じて使い分けましょう。

 

ジャングル

一方ジャングルの場合は、1度CDを入れたらインストールなどを行う必要がないデータ消去ソフトが魅力。CDを入れることができるパソコン、あるいは周辺機器の用意は必要ですが、パソコンそのものが操作不可能、故障している場合にも使えます。

操作するタイプのデータ消去ソフトでは、ファイル単位など細かい調整ができるタイプもあり、パソコン全体の抹消はしたくない、残したいデータがある時に便利です。

パソコンのみならず、USBメモリや外付けハードディスクなどにも対応。比較的機種・OSの古いパソコンでも利用できるデータ消去ソフトが多く、ずっと使い続けていたパソコンを手放す時におすすめです。

 

実際に使ってよかったデータ消去ソフトおすすめ

完全データ消去ソフト

古いパソコンのデータ消去に便利!

私の個人的なおすすめは、アイ・オー・データの完全データ消去ソフトです。2008年のものなので、対象となっているのがWindows98からVistaまでのOSですが、古いパソコンを手放そうと思っているならおすすめ。

ハードディスクはもとより、USBメモリなどのデータもしっかり消してくれます。また同一機器であれば何度も利用できるので、古いパソコンを手放すのではなくOSのアップグレードを行う時や、万が一消去に失敗した時でもやり直せるのが魅力。

CD-ROM形式なので、挿入できる環境かだけ確認してくださいね。

 

【2020年最新版】これを使えば安心!データ消去ソフトおすすめランキングTOP5

私が利用していたソフトは古いものなので、比較的新しいソフトからもおすすめをチェックしてみました。

 

第5位 フロントライン 完璧・データ消去3 Windows10対応版

出典: Amazon.co.jp

フロントライン 完璧・データ消去3 Windows10対応版 48936
ブランド
対応OS Windows10・8・8.1・7・Vista・XP・Me・2000・NT4.0・98・95 CDブート ×
メディア CD-ROM データ消去レベル グートマン方式
データ消去台数 1台 その他機能 ファイル選択可・自動スケジュール

最新パソコンから古い機種まで低価格でデリート!

5位は完璧・データ消去3。Windowsの対象範囲が95まで遡れるなど、より古い機種を使っていた方におすすめのソフトです。ソフトあたり1台のみしか使えませんが、その分コスパは低め。

パソコン内全体はもちろん、特定のファイルやフォルダなど、一部だけを完全消去したい場合にも役立ちます。また自動スケジュール機能もあり、1台しか使えないと言っても期間は限られていないので、顧客情報などの重要なデータを削除する際に重宝します。

 

第4位 アーク情報システム HD革命/Eraser_Ver.7

対応OS Windows7・8・8.1・10 CDブート
メディア ダウンロード・CD-ROM データ消去レベル グートマン方式
データ消去台数 無制限 その他機能 外付けドライブ対応・USBブート可・ファイル選択可

必要なデータはパソコン内に残せる

4位はHD革命/Eraser_Ver.7。対応OSは5位に比べて限られますが、利用台数無制限やCD及びUSBメモリなど外部機器でのブート、また外部機器のデータ消去と、パソコン丸ごとのリセットに適したソフトです。

また消去したいデータの選択と、パスワード設定ができる点も魅力。パスワードをかけておくことで、消したくないデータを守ることもできるため、部分的な消去をしたい場合にも便利です。

 

第3位 AOSデータ 電子データシュレッダー2

対応OS Windows7・8・8.1・10
Server2016・2017・2008
CDブート ×
メディア ダウンロード・CD-ROM データ消去レベル グートマン方式
データ消去台数 1台 その他機能 データの選択可能

同じパソコンを内部データが変わっても使い続けたいならおすすめ

電子データシュレッダー2は、2018年発売の最新ソフトの1つ。ダウンロード版とパッケージ版から選べるので、利用しやすい方を選択しましょう。コストはちょっとだけ、ダウンロード版の方が安いです。

ライセンス1つが永続となっているため、1つのパソコンに限って何度も利用が可能。

対象OSはWindowsの10から7、またServer2016から2008にも使えます。消去だけでなく、消去確認ツールも搭載されているので、きちんと消すことができたかを確かめられるのも魅力です。

 

第2位 AOSテクノロジーズ ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版

出典: Amazon.co.jp

AOSテクノロジーズ ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版
ブランド
対応OS WindowsXP・Vista・7・8・8.1・10
Server2003・2008・2012
CDブート
メディア ダウンロード・CD-ROM データ消去レベル グートマン方式
データ消去台数 無制限(個人利用限定) その他機能 USBブート可

パソコンの台数無制限で利用可能!

2位はAOSテクノロジーズのターミネータシリーズから。こちらもダウンロードとパッケージから選べ、ダウンロードの方が安いです。対象OSはWindows10からXP、Server2012から2003までと3位より豊富。

加えて個人での利用に限り、台数無制限で利用できます。家族の機器も行いたいなど、複数のパソコンを一斉消去する時には便利ですね。

 

第1位 ジャングル 完全ハードディスク抹消17

出典: Amazon.co.jp

ジャングル 完全ハードディスク抹消17
ブランド
対応OS WindowsXP・Vista・7・8・8.1・10 CDブート
メディア ダウンロード・CD-ROM データ消去レベル グートマン方式
データ消去台数 無制限 その他機能 外付けドライブ対応

パソコンからUSBメモリまで一括で消去

有料ソフトでのベストは、ジャングルの完全ハードディスク抹消17。2位同様、台数制限なく使えるのが魅力で、USBなど外付け機器にも有効。もちろんダウンロード版、パッケージ版から選べます。2位よりもコスパが良い点もポイント。

対応OSはWindows10からXPまでですが、CDブート機能を使うならOSは問いません。より古いパソコンで、機動自体が困難でも使えます。ただしCDを挿入できることと、x86系(32bit版)CPU搭載パソコンであることが条件なので、64bit版は注意。

どの程度削除するか、レベル別で6段階から選べるのも便利ですね。

 

フリーソフトのおすすめはこれ!

有料ソフトはちょっと…と思っている方は、フリーソフトから探してみましょう。個人的なおすすめは、以下の2つです。

 

DESTROY

公式で見る

手間いらずのソフトで個人利用に便利

タダでデータ消去を行いたい時に便利なこちら。データ消去ソフトにも無料の商品があります。例えばDESTROYもその1つ。無料ということもあり、稼働させると数時間から数日に及ぶこともありますが、システム内のデータを丸ごと消してくれます。起動後は複雑な手順もなく進むのは嬉しいですね。

ただフリーなのは個人利用の場合であり、法人用として利用したい場合は作者とのライセンス契約を必須としています。

 

Kakasoft.com File Shredder

no image
Kakasoft.com File Shredder

不要なデータだけドラッグ&ドロップ

対象OSが最新でもWindows8、最古で2000までのパソコンのみ対応ですが、ドラッグ&ドロップでファイル削除ができるのが魅力。ハードディスク全体を一括でとなると、内部のファイルやフォルダを全部ドラッグ&ドロップする手間がかかりますが、コマンド入力や特別な操作は必要なく行えます。

ただ表示は英語なので、deleteやclearなどの単語も読めない方は注意してください。

 

Vector ディスク消去ユーティリティ

no image
Vector ディスク消去ユーティリティ

外付けをメインにパソコン内のHDデータもしっかり消去

もう1つはVectorのディスク消去ユーティリティ。主に外付けHDDなどの外部機器のデータ消去を行います。ドライブ単位での消去なので、ファイル単位がまどろっこしいという方におすすめ。

では内蔵HDDの消去は不可能なのかというと、多少コストがかかるかもしれませんが、Windows自動インストールキットによるWinPEブートメディアの作成で可能に。もともと持っている人は内蔵HDDも無料で消去できます。

 

パソコンの保護をするならこちらの記事もチェック!

パソコンとスマホ

 

個人情報を保護するためにしっかりとデータ消去は行おう

パソコン
NINO

最新機種にこだわりたいという方は、ソフトのアップグレードや故障に関係なく、頻繁にパソコンのリセットを行うことが多いと思います。デスクトップなど大型の機器なら置き場所にも困りますから、売買や廃棄をすることになるはず。

しかし個人情報はいつどこで、誰の目に触れるかわかりません。手放す際はデータ消去ソフトで確実にデリートし、プライバシーを保護しましょう。

記事内で紹介されている商品

完全データ消去ソフト

サイトを見る

フロントライン 完璧・データ消去3 Window…

サイトを見る

アーク情報システム HD革命/Eraser_Ver.7

サイトを見る

AOSデータ 電子データシュレッダー2

サイトを見る

AOSテクノロジーズ ターミネータ10plus デ…

サイトを見る

ジャングル 完全ハードディスク抹消17

サイトを見る

Kakasoft.com File Shredder

サイトを見る

Vector ディスク消去ユーティリティ

サイトを見る

関連記事