実用性重視!ノートパソコン用インナーケースおすすめランキング8選

インナーケース-1

皆さん、ノートパソコン用のインナーケースはお使いでしょうか?

私の場合、旅行にノートパソコンを持っていくときに、そのままバッグに入れて持ち運ぶのは不安だなぁと思ったのが使い始めたきっかけですが、「安心してノートPCを持ち運ぶ」ため、旅行グッズのマストアイテムのひとつとなっています。

また夫は仕事でノートパソコンを毎日持ち運ぶので、通勤バッグの中には常にノートパソコン用のインナーケースが入っています。

バッグを多少雑に扱ってもパソコンにキズがついたり、物理的に壊れるといったことがないのは、インナーケースのおかげかなと思っています。

そんなノートパソコンを衝撃やキズから守ってくれる「インナーケース」ですが、いざ購入しようかな?と商品を探すと種類の多さに迷ってしまうことも。

今回は私の経験から、実用的にしっかり使えるおすすめインナーケースをランキングにしてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

ノートパソコン用インナーケースのメリットって?

 

1)衝撃・キズから守れる

これがいちばんのインナーケースのメリットとなります。

衝撃から守ることで、物理的な破損やキズから守るだけでなく、衝撃による内部の精密機器を守ることで、パソコンに保存されている大切なデータなども守ってくれます。

特に持ち歩くことが多い人は、「衝撃吸収」性の高い素材でできたインナーケースを選ぶようにするとより安心ですね。

 

2)マウスなどの付属品などを整理して一緒に持ち運べる

インナーケースの種類にもよりますが、収納ポケットが付いている商品を選べば、ポケット数に応じてマウスや電源コード、スマホ、筆記具などをまとめて整理して持ち運ぶことができます。

パソコンを守るだけでなく、バッグ内で入れ場所に困る小物の整理整頓もできるの点が、私にとって2番目に大きな魅力になっています。

 

3)サブバッグとして使える

持ち手が付いている「バッグタイプ」を選べば、インナーケース単体でも持ち運びやく、会社の会議など、ノートパソコンが必要なときにノートパソコン用のサブバッグとして活用することができますよ。

サブバッグとしても使いたい場合は、デザインにもこだわりたいですね。

 

4)ホコリよけになる

家の中でもインナーケースに入れて保管しておけばホコリよけになるので、持ち運ばないけど、家でも頻繁にノートパソコンを使わないという人にもおすすめです。

ちなみに私は旅行先の宿泊先では、慣れない部屋でうっかり落としてしまっても大丈夫なように、旅行バッグから出したら基本的にインナーケースに入れたままの状態で保管し、使うときだけケースから出して使っています。

 

インナータイプとバッグタイプの違いは?どっちがおすすめ?

大まかにざっくりと言うと、「インナータイプ」は開け閉めするフタ(ファスナー等)がないタイプで「バッグタイプ」は持ち手となるハンドルが付いているタイプとなります。

私はおっちょこちょいなので、バッグを落としたりしたときでも、インナーケースからノートパソコンが飛び出したりする心配がないファスナー付きの「バッグタイプ」を選ぶようにしていますが、皆さんもそれぞれのメリットとデメリットを加味して選ぶようにしてみてくださいね。

 

それぞれのメリット・デメリット

 

インナータイプ

【メリット】

  • ファスナー等のフタがないのでノートパソコンの取り出しがしやすい
  • スリムに設計されていることがが多いので、バッグ内で場所をとらない
  • 価格が安い

 

【デメリット】

  • フタがないので、ケースから抜け落ちてしまう可能性がある
  • あまりデザインのバリエーションがない

 

バッグタイプ

【メリット】

  • 持ち手があり、バッグの形状をしているので、持ち歩きやすい
  • フタがあるので、ケースが逆さになってもパソコンが抜け落ちない
  • デザイン性の高い商品が多い

 

【デメリット】

  • フタを外してからでないとノートパソコンを取り出せない
  • バッグ内で場所をとる
  • インナータイプと比べると高価なことが多い

 

こんな人におすすめ

インナータイプ

1日に何度もノートパソコンを取り出す人

 

バッグタイプ

インナーケースを単体で持ち歩くことが多い人

 

ノートパソコン用インナーケースを選ぶポイントは5つ

「インナータイプ」と「バッグタイプ」のどちらにするかを決めた後は、以下の5つのポイントに注意しながらさらに絞っていき理想のインナーケースを探しましょう。

インナーケース-2

1)「内寸」サイズに注意する

ノートパソコンには、11.6インチ、13.3インチ、15.6インチと様々なサイズがありますが、同サイズでも、幅や厚みなど、微妙に異なります。

そのため「○インチ用」という表記に当てはまっても、ノートパソコンによっては入らなかったり、ピッタリすぎて出し入れがしにくくなってしまうことも。

かならず「自分のノートパソコンの実寸」と、「商品サイズの内寸サイズ」を確認してから購入しましょう。

ちなみに「大は小を兼ねる」というのはノートパソコンのインナーケースにおいては当てはまりません。パソコンをしっかり保護するために、ケースの中でパソコンがなるべく動かないようなサイズを選ぶことが大切です。

 

2)「素材」で選ぶ

インナーケースに使われている素材にはノートパソコンを「キズ」や「衝撃」から守るために「ポリウレタン」などのクッション性のある素材が使われています。

普通に持ち歩くぶんにはそうした素材が使われている「インナーケース」を選べば問題ありませんが、自転車など衝撃が強く加わるような持ち運びをする人は、強い衝撃から守るために、外側がEVA樹脂素材の「セミハードタイプ」やABS樹脂素材の「ハードタイプ」など外側が硬い素材で覆われていて、中にしっかりクッションのあるタイプの商品を選ぶと安心ですね。

ただし、「セミハードタイプ」や「ハードタイプ」の商品はインナーケース自体が一般的なタイプの商品と比べて重いことが多いので、ケースの重さもチェックするようにしましょう。

また雨の日でも安心して持ち歩きたい人は、商品説明欄に「撥水」「防水」といった記載がある商品を選ぶこともポイントとなります。

 

3)持ち運びやすいバッグタイプなどの「形状」から選ぶ

先の項目で触れた「バッグタイプ」には、インナーケース自体に「ハンドル」や「ショルダー」が付属していて単体でバッグのように使える商品や、バッグの中に入れて運ぶときには「ハンドル」が邪魔にならないように折り畳んだり収納できるようになっているなど、商品ごとに様々な趣向が凝らされています。

バッグのように単体で使える商品は、嵩張るものが多いのでインナーケースとして使いたい場合にはやや不便ですが、スーツケースが必要になる出張や旅行先では、ノートパソコンや最低限の荷物だけを持ち歩くサブバッグとして使えて便利です。

用途に合わせて、複数の形状のインナーケースを持っていると重宝すると思います。

 

4)「収納性」で選ぶ

シンプルにノートパソコンだけを収納するようなインナーケースよりも、個人的には周辺機器(マウス・バッテリー・電源コード・USBメモリなど)や、筆記具を一緒に収納しておけるケースが便利です。

関連するアイテムをひとまとめにしておくことで、ノートパソコン使用時の利便性アップだけでなく、細々したアイテムの整理もできるので一石二鳥。

自分が一緒に収納しておきたいアイテムに合わせて、ポケットの数やポケットの大きさにも注目して選ぶことをおすすめします。

 

5)好みの「デザイン」や「カラー」で選ぶ

ビジネスで使うのであれば、ブラックなどのモノトーン系が職場でも浮かずおすすめです。

プライベートで使うのであれば、ファッションアイテムの一部として、自分好みのブランドやデザイン、カラーを選ぶのも良いと思います。

ちなみに、女性でしたら北欧の人気ブランドの「マリメッコ」をはじめ、イギリスのブランドの「キャスキッドソン」、「ローラアシュレイ」、ユニセックスなところで、香港の人気バッグブランド「Hellolulu」、カナダのバッグブランド「ハーシェル」、イタリアのブランド「モレスキン」、「フェリージ」などでもインナーケースを見つけることができますよ。

 

13~13.3インチ対応で探す!ノートパソコン用インナーケースおすすめランキング8選

 

第8位 Mosiso ラップトップ スリーブケース EVA 高品質 PUレザー ハードシェル インナーバッグ ポータブル

出典: Amazon.co.jp

Mosiso ラップトップ スリーブケース EVA 高品質 PUレザー ハードシェル インナーバッグ ポータブル

参考販売価格: ¥ 2,499
サイズ:内寸 : 約W330×D20×H235mm・外寸 : 約W350×D20×H255mm

衝撃耐久性:★★★★☆
収納力:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

EVA + PUレザー製のセミハードタイプのインナーケースです。

衝撃耐久性に優れているだけでなく、防水性にも優れているのがこの商品の素材の特徴。セミハードタイプとしては軽量で、スリムなつくりとなっているのでバッグの中でも嵩張らないのが◎

外側にはポケットはありませんが、内部にメッシュのポケットがあるので電源コードなども一緒に収納しておくことが可能。

カラーは「ブラック」の他に「ネイビーブルー」も選ぶことができます。一年の保証付き!

 

第7位 OXA ノートパソコン タブレットバッグ 衝撃吸収 耐水性 パソコン ケース

出典: Amazon.co.jp

OXA ノートパソコン タブレットバッグ 衝撃吸収 耐水性 パソコン ケース

参考販売価格: ¥ 1,599
サイズ:内寸:約14 x 10 x 1.1 インチ・外寸:約 14.5 x 10.5 x 1.5インチ

衝撃耐久性:★★★★☆
収納力:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

オレンジ色がポイントの「衝撃吸収」「耐水性」に優れたインナーケースです。

伸縮可能なハンドルはバッグに収納している時にも嵩張らず、スリムに収納できます。前面のポケットはマチがないのでマウスなど厚みのあるアイテムの収納には向きませんが、ケーブル等の厚みのない周辺アクセサリの収納は可能です。

薄型でスタイリッシュなデザインのインナーケースを探している人におすすめです。

サイズは「13-13.5型」以外に「11-12.9型」、「14-15.6型」があります。二年の保証付き!

 

第6位 マークス バッグインバッグ TOGAKURE L ブラック TGK-PO4-BK

出典: Amazon.co.jp

マークス バッグインバッグ TOGAKURE L ブラック TGK-PO4-BK

参考販売価格: ¥ 2,990
サイズ:600mm×345mm×245mm

衝撃耐久性:★★★☆☆
収納力:★★★★★
コスパ:★★☆☆☆

ポリエステル製のインナーケースです。

こちらの商品の特徴は、超軽量(170g)で、前面のポケットが縦、横どちらからでも出し入れできるという点になります。

このポケットの仕様により、インナーケースを縦横どちらにバッグ内で収納しても、ポケットの中に収納したものを取り出しやすくなっており非常に機能的◎また裏面にもクリアファイルなどの書類を挟んでおけるようになっているのもなかなか他では見かけない仕様で気が利いているなと思いました。

価格がやや高い点で6位としましたが、個人的には総合的にいちばん使ってみたいと思えるインナーケースです。

カラーは「ブラック」の他に「ブラウン」「ライムイエロー」「ネイビー」など6色あります。

 

第5位 リヒトラブ バッグインバッグ A7554-24 黒 A4

出典: Amazon.co.jp

リヒトラブ バッグインバッグ A7554-24 黒 A4

参考販売価格: ¥ 787
サイズ:幅350mm×奥行17mm×高さ255mm

衝撃耐久性:★★☆☆☆
収納力:★★★★☆
コスパ:★★★★★

私が現在愛用しているポリエステル+ポリウレタン製のインナーケースです。

コスパの良さと、収納性の高さで選びました。

PCを持ち運ぶのにも、もちろんしっかり機能しますが、ポケットが豊富なのでPCの代わりにメインポケットにA4サイズの書類を入れて、外側のポケットにスマホやペン類を収納して使っても便利です。

ダブルファスナー式で、メインポケットはコの字に開くので、バッグの中で使う場合はファスナーを開けた状態でバッグの中の仕切りとしても◎

薄型で嵩張らず、多用途に使える点が気に入っています。

 

第4位 エレコム 保護ケース ノートPC ワイド 衝撃吸収 ZEROSHOCK スリム

出典: Amazon.co.jp

エレコム 保護ケース ノートPC ワイド 衝撃吸収 ZEROSHOCK スリム

参考販売価格: ¥ 1,285
サイズ:内寸:幅330mm×厚み25mm×高さ230mm・外寸:幅356mm×厚み28mm×高さ258mm

衝撃耐久性:★★★★★
収納力:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

PVC + 低反発ウレタン製のセミハードタイプのインナーケースです。

セミハードタイプなので衝撃耐久性に優れているのはもちろんのこと、表面は撥水性にも優れた素材となっています。

前面のポケットはマチがほとんどないので、あまり収納力は期待できませんが、しっかりした素材で作られたシンプルなデザインは高級感もあり、ビジネスバッグの中で嵩張らない薄型なので、ビジネスパーソンにおすすめしたいインナーケースです。

カラーは「ブラック」の他に「ホワイト」「ピンク」があります。

 

第3位 サンワサプライ 衝撃吸収PCインナーケース

出典: Amazon.co.jp

サンワサプライ 衝撃吸収PCインナーケース

参考販売価格: ¥ 1,374
サイズ:パソコン収納部/W330×D40×H235mm・外寸/W360×D25×H270mm

衝撃耐久性:★★★★★
収納力:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

低反発ポリウレタンを使用したセミハードタイプのインナーケースです。

衝撃耐久性に優れた低反発ポリウレタンでしっかりノートパソコンを守ってくれるのはもちろんのこと、ハンドルを使わないときはケース本体に固定できる、折りたたみ式ハンドルが付いているのがおすすめポイントのひとつ。

また、前面にはマチ付きの大容量ポケットが付いているので、マウスなども一緒に収納できて便利◎

カラーは「ブラック」の他に「ホワイト」も選ぶことができ、サイズは「13.3型」以外に「10.1-12.1型」、「15.6型」があります。

 

第2位 WIWU PCインナーバッグ 防震 防水

出典: Amazon.co.jp

WIWU PCインナーバッグ 防震 防水

参考販売価格: ¥ 1,750
サイズ:内寸:330mm×230mm×20mm・外寸:幅360×奥行25×高さ260mm

衝撃耐久性:★★★★☆
収納力:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

防水・防傷加工されたナイロン+ポリエステル製のインナーケースです。

スッキリとした見た目に反して、収納力があり、前面の3つのファスナー付ポケットに周辺機器をスッキリ収納できる仕様となっています。

またバッグの側面にはハンドルが付いているので、持ち運びにも便利◎美しいデザインかつ収納性に優れているインナーケースを探している人におすすめです。

カラーは「ブラック」の他に「グレー」も選ぶことができます。

 

第1位 エレコム インナーバッグ 15.6インチ 分離型 取っ手付き BM-IBSP15BK

出典: Amazon.co.jp

エレコム インナーバッグ 15.6インチ 分離型 取っ手付き BM-IBSP15BK

参考販売価格: ¥ 2,199
サイズ:内寸:約 幅385×奥行50×高さ290(mm)・外寸:約 幅405×奥行95×高さ300(mm)

衝撃耐久性:★★★☆☆
収納力:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

ポリエステル製のインナーケースです。

こちらの商品のいちばんの特徴は「パソコン収納部」と「アクセサリ収納部」をファスナーで切り離せる仕様になっている点。

「アクセサリ収納部」にはマウスやACアダプタなど厚みのあるアイテムも余裕をもって収納できるマチがあり、それぞれのポケットにアイテムのマークがあり整理しやすいですね。また「パソコン収納部」にはハンドルが付いているので、持ち運びにも便利◎

分離していないときで厚みが9.5cmとややバッグインするには嵩張りますが、ノートパソコン周辺のアクセサリを機能的に収納できるインナーケースを探している人には使いやすくおすすめです。

 

まとめ

今回は需要の一番多い13-13.3インチ対応でビジネスシーンにおいても実用的にしっかり使えるインナーケースを中心に紹介してきましたが、いかがでしたか?

高価なノートパソコンをしっかり守るため、仕事や旅行でノートパソコンを持ち歩く機会が多い人はもちろん、家の中でもノートパソコンをキズや物理的な故障から保護するのに便利なインナーケースは、それぞれの使用シーンによって複数使い分けるのもおススメです。

ぜひ、自分にとって便利で使いやすいインナーケースを見つけてみてくださいね。

記事内で紹介されている商品

Mosiso ラップトップ スリーブケース EVA …

サイトを見る

OXA ノートパソコン タブレットバッグ 衝…

サイトを見る

マークス バッグインバッグ TOGAKURE L ブ…

サイトを見る

リヒトラブ バッグインバッグ A7554-24 黒…

サイトを見る

エレコム 保護ケース ノートPC ワイド 衝…

サイトを見る

サンワサプライ 衝撃吸収PCインナーケース

サイトを見る

WIWU PCインナーバッグ 防震 防水

サイトを見る

エレコム インナーバッグ 15.6インチ 分離…

サイトを見る

関連記事