買いたいものを検索してください

【2020年最新版】iPadはどれを選べばよい?おすすめの機種を紹介!

iPhoneは非常に便利なスマートフォンで、ただ単に使いやすいだけでなく、その高いデザイン性から人気のスマホ端末となっています。周りのスマホユーザーをみてもiPhoneを使用しているという人が多いのが日本の現状ではないでしょうか。

iPhoneは性能の高い機能を多数搭載しており、高画質なカメラ性能や、繊細で美しいディスプレイ表示が魅力。さらに、iPhoneに搭載されたiOSは、説明書も特に必要なく直感的に操作可能なシステムとなっているのも人気の理由です。

しかし、いくら手の平上で操作できるiPhoneであっても画面サイズには限界があります。

そのため、文章コンテンツの編集や画像編集などの作業においては少し不便かもしれません。

「もっと大画面で効率的に作業したい」

「大きな画面でゲームや動画コンテンツを楽しみたい」

こんな悩みを持っている人におすすめしたいのがiPhoneと同じiOSを搭載したタブレット端末「iPad」です。

今回はiPadの選び方やおすすめ機種を紹介します!

 

iPadを持つメリット

iPad
NINO

多くのユーザーはスマートフォンをメイン端末として利用していると思います。

iPadはあくまでサブ端末という位置付けになるかもしれませんが、iPhoneと比較した場合のiPadの特徴について挙げてみます。

1つ目は画面の大きさです。iPadはiPhoneに比べ画面サイズが大きいので、視認性が大きく向上します。

テレビで見るより映画館で見る方が、より迫力ある映像を楽しめるのと同じように、普段iPhone上で楽しんでいる動画を始めとしたエンターテインメントコンテンツを、より大きい画面であるiPad上で視聴することにより、大きな満足を得ることができるしょう。

そして、その大きな画面を使うことにより、文章ファイルや表作成といったファイル編集も効率が格段にあがります

iPad上で画像編集やスタイラスペンを用いた描画も容易にできるでしょう。電子書籍の閲覧も文字が大きく表示でき、iPadがいつでもどこでも何冊でも持ち歩ける読みやすい本として活躍してくれます。

さらに、以前はiPhoneと同じiOSとして動いていたiPadもOSが進化を遂げ、今ではiPad OSが搭載され、よりiPadを活用できるような操作が可能になりました。

サブ端末として活用されていたiPadも、今ではメイン端末としてビジネス・家庭を問わず活用されているケースが多いです。

 

iPadの選び方

記事執筆時点(2020年1月)でApple製のタブレットとして販売されているiPadの機種は以下のとおりです。

  • 12.9インチ iPad Pro(第3世代)
  • 11インチiPad Pro(第3世代)
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad(第7世代)
  • iPad mini

これら5機種は同じiPadでも個々の性能は大きく変わります。

特に、「Pro」名称が付く上位2機種については、通常のiPadよりもより高性能な機能を多く搭載した使い勝手の良いタブレット端末に仕上がっています。

iPadを選ぶポイントとしては以下のような項目が挙げられるので、それぞれチェックしてみましょう。

 

 画面サイズ

iPad最大の特徴は、その大きな画面サイズです。

iPhoneの画面ではもの足りないという人は、iPadの画面サイズの大きさに魅力を感じている人が多いと思います。

現行のiPadモデル5機種はそれぞれ画面サイズが異なります。

主にiPhoneでは5.8〜6.5インチに納まる画面サイズであるのに対して、iPadでは7.9インチから最大12.9インチまでの画面サイズが用意されています。 iPhoneとiPadを隣同士に並べるとその違いは明らかです。

iPhoneよりも大きな画面で、文章ファイル編集やスタイラスペンでの描画、ゲームアプリのプレイ、動画コンテンツの再生やWEBページ閲覧まで、効率良くこなすことができます。

 

カメラ性能

iPadにももちろん外側・内側ともにカメラを搭載。

iPhone同様に気軽に高画質な写真や動画を撮影することができるので、タブレット端末でも取り出すだけで簡単に撮影ができます。

上位モデルでは光学式手ぶれ補正を搭載しているので、多少手元がぶれてしまいがちなカメラ撮影時も安心してしっかりとした写真もできます。

 

処理能力

iPadでは、画面が大きくなる分、グラフィックスを駆使したようなアプリでは端末内での処理に負荷がかかってしまいます。

「iPad Pro」では、プロセッサ処理能力が十分なA12X Fusionが搭載されているので、サクサクとタスクをこなすことが可能です。

 

対応アクセサリー

iPad miniを除く、現行モデルのiPadでは、マグネット式で接続するだけで簡単に使えるキーボードアクセサリー「Smart Keyboard」に対応しています。

物理的に接続するだけで接続処理が完結するので、面倒なペアリングといった作業も不要で簡単です。

Smart Connectorに対応したアクセサリーを使用すれば、すぐに専用のキーボードを使用してタイピングができます。

また、iPad ProではApple独自のスタイラスペンであるApple Pencilにも対応。

反応速度が非常に良く、実際に紙上で書いているかのような感覚で、タブレット端末上で手書き入力を行えます。特に「Pro」シリーズのみ対応している第2世代のApple Pencilの使い勝手は抜群です。

一方、下位モデルのiPadでは、Smart Connectorは搭載していないものの、第1世代のApple Pencilに対応しています。

 

オーディオ出力

iPadには個々の機種により搭載しているスピーカー数が異なります。

下位モデルでは2つのステレオスピーカーがあるのに対し、上位モデルのiPad Proでは4つのステレオスピーカーを搭載。

数だけでも単純に倍あるので、そこから出力される音の臨場感やダイナミックさは、タブレット端末とは思えないような迫力あるもの。

iPadで音楽や動画を楽しむなら「iPad Pro」の4個のステレオスピーカーで楽しむと、より満足のいくものとなるでしょう。

 

本体容量

iPad本体内部に保存するファイルやアプリを保存する際に重要となるのがストレージ容量です。

iPadでは、端末購入後に本体内部のストレージを増やすことができないので、端末購入時にストレージを選ぶ必要があります。

普段から写真や動画を多くとったり、ファイルを多く保存したるする場合、また、たくさんのアプリをiPadに入れておきたいという人は、なるべく容量が大きいモデルを選択することをおすすめします。

 

本体価格

ストレージの大きいモデルを選ぶと、その分本体価格が高くなります。また、多くの高性能機能を搭載した上位モデルであるiPad Proも本体価格が高いです

さらに、ディスプレイサイズが大きければ大きいほど、こちらも端末代金が上乗せとなります。

単純に一番大きな画面サイズが欲しいというだけで、12.9インチのiPad Proを選んでしまうと、構成によっては20万円近い端末費用が必要となります。

自分自身がどの程度のサイズ感を求めているか、どの機能を利用したいのか。

自分に合ったiPadの利用方法を考慮した上で、価格も納得のいくモデルを選ぶことをおすすめします。

 

iPadの主要性能の比較

iPadの選び方のポイントがわかったところで、現行取扱いのある5機種のiPadモデルの主な性能を比較してみましょう。

使いたい機能に対応しているかなど、概要をチェックしておくと選びやすくなります。

 

機種 12.9インチ
iPad Pro
11インチ
iPad Pro
iPad Air iPad
(第7世代)
iPad mini
ディスプレイ 12.9インチ
Liquid Retina
11インチ
Liquid Retina
10.5インチ
Retina
10.2インチ
Retina
7.9インチ
Retina
解像度 2,732×2,048
264ppi
2,388×1,668
264ppi
2,224×1,668
264ppi
2,160×1,620
264ppi
2,048×1,536
326ppi
背面カメラ  1,200万画像 1,200万画像 800万画像 800万画像 800万画像
前面カメラ 700万画像 700万画像 700万画像 120万画素 700万画像
処理能力 A12X Bionic A12X
Bionic
A12
Bionic
A10
Fusion
A12
Bionic
セキュリティ Face ID Face ID Touch ID Touch ID Touch ID
Smart Keyboard対応
※Folioも対応

※Folioも対応
Apple Pencil対応 第2世代 第2世代 第1世代 第1世代 第1世代
オーディオ出力 4スピーカー 4スピーカー 2スピーカー 2スピーカー 2スピーカー
ストレージ容量 64GB/256GB/512GB/1TB 64GB/256GB/512GB/1TB 64GB/256GB 32GB/256GB 64GB/256GB
本体価格
(税別)
111,800円〜 89,800円〜 54,800円〜 34,800円〜 45,800円〜
本体カラー シルバー/スペースグレイ シルバー/スペースグレイ シルバー/スペースグレイ/ゴールド シルバー/スペースグレイ/ゴールド シルバー/スペースグレイ/ゴールド

 

ライターおすすめのiPadはコレ!「11インチiPad Pro」

おすすめiPadは数あるiPadシリーズの中でも「11インチiPad Pro」です。

iPadシリーズの中でも上位モデルであるiPad Proは決してビジネス用途のような作業用のみならず、エンターテイメント的にファミリーで使用するようなシーンでも大活躍してくれます。

特に、純正アクセサリーのSmart Keyboard FolioとApple Pencil(第2世代)がかなり便利です。

外出先でタイピングを行うにも、手元のカバンにすっきり納まる11インチの筐体を取り出し、すぐにPCライクな文字入力作業ができます。

また、Apple Pencilの活躍により、各種ノートをとる際も、手書き入力したノートをデジタル管理しています。紙媒体とはことなりかさばることもなく、保管が楽です。

処理能力も抜群で、マインクラフトやフォートナイトといったゲームもサクサクとプレイできています。

また、ベゼルレスデザインでFace ID対応しているので、顔認証という高いセキュリティ性を担保できています。

「Pro」シリーズには12.9インチのディスプレイもありますが、11インチはサイズ感と携帯性のバランスに優れたモデル。かつ最高峰の機能を余すことなく搭載した機種なので、活用の幅は無限大です。

iPadを120%楽しんで使いこなしたいのであれば、ぜひとも11インチiPad Proを使うことをおすすめします!

日本のスマートフォン市場で圧倒的なシェアを誇るiPhoneシリーズ。そのiPhoneと同じiOSを搭載するタブレット端末がご存知のiPadです。

iPadには、通常のシリーズに加え、性能や機能がさらに充実したiPad Proというシリーズが存在します。iPadを持つならぜひともおすすめしたいのが、このiPad Proです。

現在発売されているiPad Proのモデルは極めて高い画面解像度をはじめとし、処理能力の高さ、そして画面の更新レートが非常に高速なので、実際に画面操作すると明らかに滑らかに動く様子がよくわかります。美しい画面表示です。

外部アクセサリー品も充実していて、SmartConnector(スマートコネクター)を搭載し、純正アクセサリーであるSmartKeyboardとペアリングすることなく、マグネット式でくっつけるだけで簡単に接続できます。キーボード操作も完璧です。

さらに、スタイラスペンであるApple Pencilも使うことができ、手書きメモや絵を描くことも可能。こちらの反応速度や感度もかなり良く、実際にペンを使って書いているような印象。他んびはないシームレスに動くスタイラスペンであることが特徴です。

iPad Proのサイズ展開は、12.9インチモデルと10.5インチモデルがありますが、モバイル性を考慮するなよりコンパクトな10.5インチモデルがおすすめ。大画面で利用したいなら12.9インチだと迫力ある画面を手にすることができます。

NINOさんのプロフィール

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」(月間45万PV)を運営。プライベートでは2児の父で、子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。

 

目的別iPadのおすすめ

 

ゲーム用iPadが欲しい人にはコレがおすすめ!

iPadの大画面を活かしてゲームをプレイしたい人もいると思います。

近年、スマホやタブレットゲームはグラフィックのキレイなゲームが多く、フォートナイトやマインクラフトといった本格的なゲームを行うには、それなりにiPad自体の処理能力も必要になってきます。

ゲームをプレイするなら、処理能力と画面サイズを考慮し、A12X Bionicチップ搭載の「12.9インチiPad Pro」「11インチiPad Pro」もしくはA12 Bionicチップ搭載の「iPad Air」を使いたいところ。

もちろんこれ以下の機種でもゲームプレイは問題ありませんが、これら3機種であれば、ストレスなく快適にゲームをできるのでおすすめです!

 

動画や音楽を楽しみたいならコレがおすすめ!

動画や音楽を楽しむのであれば、ゲーム項目で紹介したような高度な処理能力は必要ないので、エントリーモデルの「iPad(第7世代)」であっても全く問題ないと思います。

ただし、せっかく動画を楽しむならディスプレイサイズが大きなiPadの方がより楽しめますよね。

予算や使い勝手の許容できる範囲で最適なディスプレイサイズを選ぶようにしましょう。

また、ちょっと予算を多めにとれるのであれば、4スピーカー搭載の「iPad Pro」を選択すると良いでしょう。2スピーカーと4スピーカーでの再生時の臨場感は圧倒的に違います。

4スピーカーのダイナミックな音を聞くと、映像もより没頭できると思います。

 

持ち運び性を重視するなら「iPad mini」がおすすめ!

ディスプレイサイズの大きさは希望したいけど、そこまで大きなタブレットは・・・というように、iPadに持ち運び性能を重視するのなら、「iPad mini」の一択です。

7.9インチの小柄なボディで携帯性は抜群。中身は、上位モデルにも引けを取らない高性能な機能を数多く搭載しています。

 

iPadを使うならぜひ持っておきたいおすすめのアクセサリー

Smart Keyboard

iPad mini以外の現行iPadであれば全て対応しているSmart Keyboard。

タブレットであるiPadでの文字入力をPCライクに使いこなせるアクセサリーです。

メールやブログ、文書ファイル作成など文字入力をよく行うのであれば、大変活用できるのでおすすめです。

「iPad Pro」シリーズでは、両面のカバーもできるSmart Keyboard Folioに対応しています。

10.5インチのiPad Proを普段利用しています。外付けのキーボードとして利用しているのは、Apple純正アクセサリーである「Smart Keyboard」です。
iPad画面の保護カバーも兼ねながらフタを開けると、キーボードがでてきます。しかも接続はSmartConnectorなので、iPad Proの側面にカチッとマグネット式でくっつけるだけ。ペアリングの必要もないので、接続が非常に簡単です。
キーボードタイプもUSキーボードとJISキーボードから選べるので、普段慣れている入力スタイルに合わせて選択できます。
キーボード入力用にiPadを広げ専用のスペース部分にたてかければ、もはやノートブックPCなみの使いやすい環境です。これをどこでも持ち運びできるのでモバイル性にも優れていますね。作業環境を選ばずにいつでもハイパフォーマンスにiPadを使いこなせています。

NINOさんのプロフィール

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」(月間45万PV)を運営。プライベートでは2児の父で、子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。

 

iPad用キーボードについてもっと知りたい方はこちら!

 

Apple Pencil

Apple純正のスタイラスペンで、手書き入力をするときに役立つアクセサリーです。

手書きノートと同じように直感的にメモをとったり絵を描いたりする際に便利なアイテムです。

反応速度がとてもよく、タブレット上で書いているとは思えないようなスムーズな書き心地は病みつきになります。

専用のノートアプリやドローイングアプリと一緒に使うと、さらに活用の幅が広がるでしょう。

なお、iPad機種によって第1世代と第2世代の対応が異なるので注意してください。

Apple社が純正アクセサリーとして扱っているスタイラスペンがApple Pencilです。
その名のとおり鉛筆のような形状をした細さで、iPad Pro専用に設計された製品となっています。
それがゆえ、iPad Proとの親和性は非常に高く、ペアリングも簡単。
実際にApple Pencilを使ってみると、遅延もほとんどなく、実際のペンで描いているような繊細な表現まですることが可能です。
充電がなくなってしまっても、上側先端についているLightning端子を15秒間iPadに接続するだけで30分間バッテリーが持続する急速充電機能も備えています。
iPad Proにおいては最高のスタイラスペンといっても過言ではありません。
注意点として、通常のiPadシリーズで使用することはできず、上級モデルであるiPad Proでのみ利用できるスタイラスペンとなります。

NINOさんのプロフィール

Mac,iPhone,iPadなどのApple製品、最新ガジェットのレビュー、今WEBで話題になっている情報を発信するブログ「FatherLog」(月間45万PV)を運営。プライベートでは2児の父で、子供と触れあう時間を大切にしたいとの思いから地方へ移住。ワークライフバランスが人生のモットー。

 

iPad向けスタイラスペンについてもっと知りたい方はこちらもチェック!

 

iPadでより快適なiPhone生活を

iPad
NINO

iPhone生活をさらに便利なものにしてくれるiPadはサブ端末としてはぜひとも持っておきたいアイテム。

オーバースペックなiPadを選択する必要は決してありませんが、iPadでの使いこなしを考えた上で、モデルを選ぶことが重要です。

ぜひとも、それぞれの使い方にあったiPadを探してみてください!

記事内で紹介されている商品

Apple iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB)…

サイトを見る

Apple iPad Pro (12.9インチ, Wi-Fi, 512G…

サイトを見る

Apple iPad Air (10.5インチ, Wi-Fi, 64GB…

サイトを見る

Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB)

サイトを見る

Apple iPad mini Wi-Fi 64GB

サイトを見る

Apple Pencil (第一世代)

サイトを見る

Apple Pencil(第2世代)

サイトを見る

関連記事