iPhone充電するなら何本か持っておきたい、おすすめのLightningケーブルを紹介!

世界中で愛されているiPhoneシリーズ。特に日本国内ではその人気が高く、利用しているユーザーもかなり多いことと思います。

iPhoneは充電やPCとの同期と行った作業を行う際にLightningケーブルを使用します。標準付属でも付いているこのケーブルですが、使用にともなってケーブルが劣化してしまったり、あるいは紛失してしまったりする場合もあります。

今回は、メインケーブルとしても予備ケーブルとしても持っておきたいLightningケーブルのおすすめ製品を紹介したいと思います。

 

あなたのLightningケーブル大丈夫ですか?

Lightningケーブル

iPhone充電用としてなくてはならないLightningケーブル。充電する際にはiPhoneのLightningポートにこのケーブルを差し込み、充電を行います。iPhoneユーザーにとっては最重要品といっても過言ではありません。

もともとiPhoneを購入すると、製品ケースの中に付属アクセサリとして純正のLightningケーブルが1本ついてきます。これを使用して普段の充電をしているという人も多いと思います。

しかし、このLightningケーブルは長い期間使用していると、経年劣化によりケーブルにダメージが入ることが多いです。ケーブルのビニル被覆が剥がれてしまったり、端子部分の接続が悪くなり思うように充電ができなかったり、中には、充電ケーブルが断線してしまう場合もあります。

コレばかりは経年劣化によるものなので仕方ないことではありますが、私がおすすめしたいのは、iPhone充電用のLightningケーブルは1本ではなく複数本持っていた方が良いということです。

 

Lighningケーブルの性能や種類はさまざま

Lightningケーブル

ただの充電するためのケーブルであるLightningケーブルですが、実はかなり奥深いもので社外品として販売されているアクセサリ品はその種類や性能がさまざまです。

社外品を選んでいく上で、まず、頭に入れておきたいことがあります。

それはAppleのMFi認証を受けているかどうかということ。

Apple社の社外アクセサリ品にはMFi認証をとった製品が存在します。MFiはMade for iPhoneの略称で、Apple社の認定を受けたアクセサリ製品であるという証です。このMFi認証がない製品の中には粗悪な製品も含まれている場合もあるので、まずはこのMFi認証があるということを軸に商品を選ぶことをおすすめします。

Lightningケーブルの選ぶポイントとしては、耐久性とケーブル長がポイントになってきます。

まず1つめの耐久性ですが、純正のLightningケーブルは長期間の使用により経年劣化しやすいので、耐久性の高いものを選んでおくと良いということです。製品によっては、ケーブリが太く耐久性の高い素材が使用されているものや、米国の軍事規格をパスしているような耐久性の高い製品があります。このような、高耐久素材を使用している製品は長い間使用しても劣化しにくいです。

次にケーブル長です。

純正のLightningケーブルは長さが約1mです。それに対し、MFi認証を取っている社外品アクセサリでは、ケーブル長がさまざまです。

ケーブル長が1mだとコンセントに接続しているアダプタからの距離が限られてしまいます。自宅でよこになりながらソファやベットで使用したいという場合に、時としてケーブル長が足りなく不自由することもあるかもしれません。そんな時には2m・3mあるような長いLightningケーブルを用意するとスッキリ解決することもあります。

 

インフルエンサーが愛用しているLightningケーブル

 

to buy編集部

to buy編集部

ここで、to buyに登録しているインフルエンサーが愛用しているLightningケーブルを紹介します!

 

Anker PowerLine II ライトニングUSBケーブル
iPhone関連のアクセサリ製品やモバイルバッテリー製品で有名なAnkerブランドです。

Anker PowerLine Ⅱは、ケーブルそのものの耐久製が非常に優れている製品です。

メーカー公称値によれば、一般的なケーブルの12倍も優れた耐久度をもっているケーブルで12,000回以上の折り曲げテストもクリアしているもの。さらに80kgの引っ張りにも耐えられる性能をもっているので、充電を完了しケーブルを抜く際についつい引っ張ってしまいがちな人でも安心です。

また、製品は18ヶ月の製品保証が付帯していてい、アフターケアもばっちりです。

ケーブルの長さは、0.3m、0.9m、1.8m、最大で3mのケーブルまであるので用途に応じて最適なケーブルを選べるほか、ケーブルカラーも定番のホワイト以外に、ブラックもあります。

iPhoneの純正Lightningケーブルの他にぜひとももう一つ持っておきたいケーブルです。

 

他のおすすめなLightningケーブルを紹介!

Anker PowerLine+ II

筆者おすすめのLightningケーブルであるAnker PowerLine IIの上位モデルとなるのが、PowerLine+ IIです。名称に「+」が付いています。

ナイロンの編み込み仕様を採用したこのケーブルは、耐久度が最高レベルといっても過言ではありません。一般的なケーブルの30倍の耐久度を誇ります。さらに30,000回にわたる厳しい折り曲げテストにも合格しているだけあって、長期間使用することを考慮しても安心の仕様です。

ケーブル長は、必要に応じて0.3m、0.9m、1.8m、最大で3mのケーブルまである中から最適なケーブルを選べます。ケーブルをしまうことができるトラベルポーチが付属し、ケーブルの長さ調整用にも使用可能。

さらにカラー展開も豊富で、ブラック・ゴールド・シルバー・レッドから選ぶことができます。製品は18ヶ月保証が付帯しています。

 

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル

耐久度としては純正ケーブルと似たような構造なので同等程度のものと思いますが、価格が安く手に入れやすいというのが最大の特徴です。

公称値として4,000回以上の折り曲げテストにクリアしていて、耐熱端子を採用しているので長期間にわたり安全に使用できます。

端子部分もコンパクトな設計なので、iPhone自体に大きな耐衝撃ケースを装着している人でも問題無く差し込めます。

ケーブル長は、必要に応じて0.9m、1.8m、最大で3mのケーブルまである中から最適なものを選べます。

 

Amazonベーシック ライトニングUSBケーブル

ネット通販大手のAmazonブランドから販売されているUSBケーブルです。もちろんMFi認証がある製品なので安心。

価格帯も非常に安く、1本1,000円以下の価格で入手することが可能。最短で10cmのケーブルから、60cm、90cm、180cm、300cmと種類も豊富です。製品は1年間の保証付き。

 

まとめ

iPhoneを毎日充電していると、長期間経った後にどうしても発生してくるケーブルの経年劣化問題。どれだけキレイに使っていてもこの問題を免れることは難しいです。

iPhoneを長期間使用するのであれば、予備のケーブルとしても持って置いて損はないと思います。また、モバイルバッテリーを使っている人にとっては、自宅でのアダプタからの充電用ケーブルとモバイルバッテリーで使うケーブルを共有するよりは、それぞれにLightningケーブルがあった方が明らかに効率的です。

毎日の充電に使うLightningケーブルですが、長期間使用することを見据え、ぜひとも耐久製の高いモデルをもっておくと良いでしょう!

記事内で紹介されている商品

Anker PowerLine II ライトニングUSBケー…

サイトを見る

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル

サイトを見る

Amazonベーシック ライトニングUSB充電ケ…

サイトを見る

関連記事