小学生の子どもを持つママが教える!キッズ携帯おすすめランキング4選

この記事を、ご覧になっているお父さん、お母さんは、キッズ携帯を持たせようか、どんな機種にしようか、お考えの方々でしょうか?

我が家も、小学校一年生の子どもがおりまして、皆さんと同じく検討中です。

本人が、キッズ携帯を欲しがっている訳ではないのですが、子どもが巻き込まれるニュースを目にすると、習い事や、友人と遊ぶ時などに、持っていたら安心かなと、思っています。

ただ、まだ一年生で、よく忘れものや、無くしものをしてくるので、高価な商品を持たせて、無くされる心配もあるんですよね。

キッズ携帯と言えども、携帯ですので、無くして不正使用されたり、携帯がきっかけで、何か事件に巻き込まれたら・・・と不安はつきません。

 

わたし自身は、小学校5年生から、携帯を持っていました。

きっかけは、通学途中に誘拐されかけたことでした。

その当時は、まだ携帯を持っている子が、ほとんど居らず、キッズ携帯自体が無かったので、大人と同じ携帯を使っていました。

スマホなど無い時代でしたので、両親に送り迎えを頼むとき、これから帰ると連絡するときなど、両親との連絡手段として、使用していました。

確かに便利でしたが、今考えると、すぐ子どもと連絡が取れるという、両親の安心材料だったのかなと思います。

わたしもまだまだ、キッズ携帯には疎いので、今のキッズ携帯には、どんな種類があるのか、どんな機能があるのか、そもそも、今持たせるべきなのか・・・一緒に考えていきましょう!

 

キッズ携帯の種類

キッズ携帯にも、フィーチャーフォン(ガラケー)タイプとスマートフォンタイプがあります。

それぞれの特徴や、メリット・デメリットについて、紹介していきたいと思います。

 

フィーチャーフォン(ガラケー)タイプ

フィーチャーフォンとは、音声通話とSMSだけを、サポートする機種がほとんどだった中、WAPブラウザー、高機能な電話帳、SMS以外のメッセージ手段などが搭載された、携帯のことです。

明らかに、それまでの音声通話とSMSだけの、携帯とは異なるので、高機能な携帯を指す言葉として、フィーチャーフォンと呼ばれています。

その後、スマートフォンが普及し、ガラパゴス化した携帯電話機として、ガラケーとも呼ばれるようになりました。

キッズ携帯と呼ばれている商品は、主にこちらのタイプが多く販売されています。

スマートフォンタイプと比較して、分かりやすいメリットとしては、基本料金が安い、充電が長く持つというところです。

また、機能がシンプルで、最低限必要なものだけなので、使い方もすぐ覚えられるかと思います。

 

通話やメールなども、特定の相手のみ、利用が出来るので、安心して、子どもに渡すことが出来ます。

デメリットとしては、アプリのダウンロードや、インターネットが全く使えない商品もあるので、小学校高学年になって、友達とのコミュニケーションツールとして、使用したい場合には、不便です。

保護者の知識や、設定の手間を減らして、利用制限が出来るので、自分で判断のつかない、小学校低学年のお子さんや、初めて携帯を持つお子さんに、ぴったりなタイプかと思います。

 

スマートフォンタイプ

スマートフォンとは、フィーチャーフォンと比べて、よりスマートで、よりパソコンに近い商品のことを言います。

インターネットも自由に使うことができ、アプリのインストールやアンインストール、アップデートなども自由に行え、Wi-Fi機能も使えるのが一般的です。

スマートフォンタイプのメリットとしては、機能は、大人のスマートフォンとほぼ変わらないので、アプリやインターネットが使える点です。

 

大人のスマートフォンと違うのは、アプリやインターネットの利用制限をかけられるので、安心して使わせられるというところでしょうか。

フィーチャーフォンタイプと比較して、大人のスマートフォンと同じくらい基本料金が高い、高機能なため、充電の持ちが悪いというところが、デメリットではあります。

小学校高学年になると、スマートフォンタイプを持っている子どもが多く、フィーチャーフォンタイプのキッズ携帯では恥ずかしいと思うことも多いそうなので、年齢に合わせて買い替えるのもいいですね。

 

SIMの選び方

SIMって、よく聞きますが、そもそもなんのことなのでしょう?

SIMとは、Subscriber Identity Module Card 略して、SIMカードのことで、日本語に訳すと、加入者識別モジュールカードという意味です。

SIMカードは、スマートフォンの身分証明書のようなもので、どこの携帯会社と契約しているか、加入者は誰なのか、という情報が記されており、これがないと、スマートフォンが使えません。

最近は、格安SIMという言葉を、よく耳にするようになりましたが、携帯会社大手3社のdocomo・au・SoftBankのSIMとは、何が違うか、メリット・デメリットを見ながら、比較していきます。

 

docomo・au・SoftBank

メリット

・かけ放題プランがあるので、通話料が安い。

・ネット通信が安定している。

・契約期間が長いと、新しいスマートフォンが安く手に入る。

・修理や故障、問い合わせなどの、サポートが手厚い。

・通信エリアが広い。

 

デメリット

・基本料金が高い。

・機種代が高い

・契約期間に、縛りがある。

 

格安SIM

メリット

・月額の基本料金が、大手より半額も安い。

・料金プランの種類が多い。

・特定のアプリのみだが、通信料が使い放題のものもある。

 

デメリット

・通話料が高い。

・大手では無料だった、故障や修理代金が有料。

・修理期間中、代替機がない。

・通信速度が遅い。

・キャリアメールが使えず、PCメールとして認識されてしまうため、メールが届かない場合がある。

 

キッズ携帯の便利な機能

キッズ携帯には、子どもに持たせるからこその、便利な機能がついています。

・防犯ブザーがついている。

・防水、防塵機能がついている。

・入力画面があいうえお表になっている。

・GPS機能で居場所が見つけられる。

・通信制限がかけられる。

・電話帳の登録件数が限られている。

・メールの送受信相手が限定されている。

 

商品を選ぶポイント

キッズ携帯を選ぶにあたっての、ポイントについて、見ていきたいと思います。

 

キャリア

基本料金が安いキャリアで選ぶよりも、ご家族のキャリアと合わせる方が、断然お得です。

大手各社は、家族割や家族間通話・SMSの無料など、お得なプランを用意しています。

保護者の方が、恐らく、スマートフォンかフィーチャーフォンをお持ちだと思いますので、ご家族全員で、キャリアを合わせましょう。

 

機種の種類

キッズ携帯でも、各社キャリアにもよりますが、スマートフォンタイプとフィーチャーフォンタイプがありますので、年齢やお子さんの使用用途に合わせて、選択しましょう。

 

デザイン

キッズ携帯は、大人の携帯に比べて、種類が少ないので、デザイン自体多くはありませんが、お子さんの好みに合わせて、自分の好きなカラーやデザインで、選択させてあげましょう。

お気に入りのデザインなら、更に大切にしてくれることでしょう。

 

おすすめキッズ携帯ランキング4選

保護者のキャリアによっても、料金形態は変わってしまうので、料金は除いた、キッズ携帯本体のいいなと思う点を見て、今気になっている、キッズ携帯を、ランキング形式でご紹介します。

 

第4位 docomo キッズケータイ F-03J

出典: Amazon.co.jp

docomo 富士通 キッズケータイ F-03J [ブルー] 白ロム

フィーチャーフォンタイプのキッズ携帯です。

色が剥がれず、抗菌コートが施されている、防水・防塵のキッズ携帯です。

カラーは、イエロー、ブルー、ピンクの3色で、子どもらしい可愛い色使いです。

防犯ブザーを引っ張ると、ブザーと同時に、電話発信し、位置情報も送信されるので、もしもの時も、安心です。

 

SMSは、チャット形式で見やすく、絵文字も使え、画面テーマも、4種類から自分の好みを選択できます。

保護者のスマートフォンから、キッズ携帯の電話帳や定型文、設定なども編集出来る、保護者にも楽な機能がついています。

2017年のグッドデザイン賞を、受賞しています。

別途、追加をすれば、子どもの帰宅状況がわかる「おかえり通知」、子どもがそばから離れたら通知してくれる「みまもりアラート」などの機能もあるので、小さい子どもに持たせるのに、適しています。

 

第3位 au miraie f

現在販売されている、キッズ携帯の中では、唯一のスマートフォンタイプです。

子供っぽくないデザインですが、防水・防塵・耐衝撃にも対応している、キッズ携帯です。

カラーは、スカイブルー、スノーラベンダー、リーフグリーンの3色です。

カメラも、メインとサブ両方ついていて、メインカメラは、1,300万画素と高画質です。

スマートフォンタイプで、見た目は大人の携帯と変わりませんが、キッズ携帯のカテゴリーなので、防犯ブザーや位置情報機能も、きちんとついています。

 

防犯ブザーを鳴らすと、位置情報の送信だけではなく、カメラで自動撮影された周辺の写真も、登録された連絡先に送信されます。

セコムへの通報サービス、現場急行サービスもあるので、緊急時も安心です。

設定した学齢に合わせて、有害なサイトや、危険なアプリを、ブロックする、フィルタリング機能や、利用可能時間を制限できる、利用時間制限も設定出来ます。

不適切な言葉の入力を自動チェックしてくれる、あんしん文字入力機能があり、お子さんに使って欲しくない言葉が入力されると、警告が表示され、保護者が入力履歴を確認することが出来ます。

小学校低学年のお子さんには、少しサイズが大きめですが、設定も幅広くあるので、小学生から中学生まで利用でき、お子さんに長く利用して欲しい方に、おすすめです。

 

第2位 SoftBank キッズフォン

ソフトバンク キッズフォン

フィーチャーフォンタイプのキッズ携帯で、フィーチャーフォンタイプのキッズ携帯では、唯一カメラがついているタイプです。

メインカメラだけではなく、サブカメラも搭載しています。

顔認証スタンプが使えるカメラなので、お友達やご家族との自撮りも楽しめちゃいます。

防水・防塵・耐衝撃の機能、他のキッズ携帯と同じく、防犯ブザーもついています。

カラーは、ブルー、ピンク、イエローと、子どもらしい、ハッキリとした色味で、タッチパネルなので、大きな画面でメールも写真も楽しめます。

大人の持つスマートフォンに憧れるお子さんでも、このキッズ携帯なら、スマートフォンにとても似ているので、満足して頂けるのではないでしょうか。

 

第1位 au mamorino4

出典: Amazon.co.jp

au mamorino4 (プリンセスパープル)

フィーチャーフォンタイプのキッズ携帯で、防水・防塵・耐衝撃に対応しています。

カラーは、プリンセスパープル、サニーイエロー、スポーティーブルーの3色です。

こちらもSoftBankのキッズフォンと同じく、タッチパネルで、ディスプレイも大きいので、操作も快適です。

また、手入力不要で、声を使って操作出来る、音声操作補助機能を搭載しているので、電話もSMSも音声操作可能です。

防犯ブザーもついていて、防犯ブザーを引っ張ると、セコムへの通報サービス、現場急行サービスもあります。

 

また、GPS機能もあり、連続測位により、移動経路も確認出来るので、どこに行ったのかもわかります。

スケジュール登録をすれば、音と振動で、お子さんに教えてくれる機能も、塾や習い事の始まる小学生には、便利な機能です。

mamorino4は、シンプルな機能搭載でありながら、子どもが使いやすい大きな画面で、タッチパネル仕様、SMS既読機能や移動経路の確認など、保護者にも便利な機能もあります。

スマートフォンに憧れる、小学校低学年のお子さんにも、無理なく使え、シンプルながら、保護者にも安心な機能が多彩なので、この機種を1位にしました。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お子さんに、キッズ携帯をもたせるかどうか決まりましたか?

わたしは、習い事の行き帰りが不安なので、習い事を始めるときに、合わせて購入しようかと考えました。

どの学齢でも、親子できちんと約束を決めて、携帯がきっかけの事件・事故に巻き込まれないようにしましょう。

安心して生活出来る、便利なアイテムとして、キッズ携帯を利用していきましょうね。

記事内で紹介されている商品

docomo 富士通 キッズケータイ F-03J [ブ…

サイトを見る

ソフトバンク キッズフォン

サイトを見る

au mamorino4 (プリンセスパープル)

サイトを見る

関連記事