おすすめのiPhone用ガラスフィルムを厳選紹介!

操作のしやすさだけでなく、端末のデザインにも存分にこだわりがあるiPhoneシリーズ。端末価格自体も高価なものなので、1度購入したら長くキレイに使い続けたいですよね。

画面割れの修理費用も高くなってしまいがちなので、日常的な傷や衝撃に備えるためにも、表面硬度の高いガラスフィルムを着ける手段は非常に有効です。

これまでのiPhoneで搭載されていた高解像度のRetinaディスプレイや、有機ELディスプレイを搭載したiPhone XシリーズのSuperRetinaディスプレイは、画面解像度が非常に高いので、ガラスフィルムとの相性が抜群です。

この記事は、iPhone用のおすすめのガラスフィルムを紹介します!

 

ガラスフィルムの特徴

 

ガラスフィルムの特徴は、その薄さや硬度にあります。

保護フィルムには大別するとPET(ポリエチレンテレフタレート)製素材のものとガラス製素材のものがあります。この記事で紹介するのは後者のガラスフィルムです。

 

表面硬度が高く傷が付きにくい

ガラスフィルム一番の特徴は硬さです。表面硬度とよばれる指標があり、最近の主流製品では「9H」という表記をよく見かけると思います。この「9H」がガラスフィルム表面の硬さを示す指標で、具体的には鉛筆硬度でいう9Hを使用すると傷が付くという定義です。8Hまでの硬さならこすっても傷が付きません。

机上で使用する鉛筆は硬度が高いものでも2Hや3H程度のものだと思いますので、9Hという硬度が如何に固いかが分かると思います。

日常的に使用していく分では、9Hという硬さの物体とiPhone画面が触れあうことはなかなかないと思うので、9Hという表面硬度があれば傷からがっちりガードしてくれるでしょう。

 

耐衝撃性も高い

ガラスフィルムは、厚さによって耐衝撃性が大きく変わりますが、最近のガラスフィルム製品では薄いものであっても十分な衝撃性を持ち合わせているものも増えてきています。

実際に、ガラスフィルムを貼ったスマホを落下させてしまった場合は、画面上に受けた衝撃をガラスフィルムに逃がして吸収し、ガラスフィルム自体が破損します。このようにスマホ画面を保護しています。

 

滑らかな指触り加工や多機能製の製品もある

最近のガラスフィルム製品では、表面上に撥油コーティングが施されてるものが多く、指触りが滑らかで、指紋などの汚れも簡単にキレイにできます。

さらに、通常の液晶保護フィルムと同じような覗き見防止タイプやブルーライトカットといった多機能性のものの豊富になってきています。

 

ガラスフィルムのデメリット

ガラスフィルム唯一の欠点はコスト面です。PET製フィルムに比べても2倍から3倍程度高くなるものもあります。

平均的な価格帯としては1,000円〜2,000円前後、高機能を搭載した製品やプレムアムモデルになると3,000円を超えるような製品もあります。

1枚あたりの価格が高いので、製品を選ぶときはずっと使い続ける覚悟で慎重に考えておくと良いと思います。

 

ガラスフィルムの選び方

 

利用しているiPhoneの対応製品で選ぶ

iPhoneは、「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」などの機種によって、画面サイズ・フロントカメラの位置・レシーバーの位置・ホームボタンの位置や有無など異なります。

ガラスフィルムは機種ごとの大きさにそれぞれ対応した製品です。必ず、自身が使用しているiPhoneの機種に対応した製品を選ぶことが重要です。

 

フィルムの表面硬度で選ぶ

ガラスフィルムには表面硬度と呼ばれる傷に対する耐久性が数値化されています。9H硬度を持つものであれば、日常に傷から保護するのに十分な表面硬度であるといえます。

 

フィルムの種類で選ぶ

ガラスフィルムには、フロントカメラ部分やレシーバー部分を含めて覆ってくれるフルカバータイプ、カメラ部分やレシーバー部分を一部切り欠いている通常のガラスフィルムが存在します。貼り付け勝手からいくと、通常のフィルムの方が覆う部分も小さいので簡単。フルカバータイプのものだと、画面全体を完璧に覆ってくれるかわりに、画面に貼り付けるときに多少調整が難しくなります。

 

機能性の高い通常のフィルムを選ぶ

フィルムには多機能製を持たせたいと考えているのであれば、通常のPET製フィルムを選択すると良いでしょう。

光沢機能・ブルーライトカット・覗き見防止といった日常生活でも役立つ機能が満載です。また、フィルム自体の価格も安いので入手しやすいです。

衝撃性が高く透明度も高いガラスフィルムを選ぶ

落下等による耐衝撃性能や、画面を見たときの透明度を求めるのであれば、断然ガラスフィルムがおすすめ。価格こそ通常のフィルムより高くなりますが、スマホの高画質画面をそのままみることができ、画質も抜群。

ゲームプレイ、写真、動画といったデジタルコンテンツもスマホ性能そのままにキレイに楽しめます。

 

筆者が愛用する、おすすめのガラスフィルムはコレ!

 

Anker KARAPAX GlassGuard

 

Anker KARAPAX GlassGuard
スマホ保護フィルムで個人的に断然オススメしたいのは「ガラスフィルム」。
そのなかでも、モバイルバッテリーでもお馴染みの「Anker」が展開するガラスフィルム製品シリーズ「KARAPAX」。
貼り付け後の仕上がりがとてもキレイなことに加え、9Hの表面硬度を誇ることから、日常的に使用するスマホを、毎日の傷や衝撃といったリスクから保護してくれる安心感は大きいです。
表面硬度9Hという耐衝撃性や、撥油コーティングが施されたキレイ透明度はガラスフィルムとしても特徴的な機能。
KARAPAXシリーズの場合、貼り付けるときに、付属の調整フレームを使います。これにより、ガラスフィルムに貼り上がりがキレイで気泡レスに貼れます。
画面上にボタンや、内側カメラがある場合は、フィルムの微妙な位置調整が重要になりますが、付属の調整フレームを利用すると驚くほど簡単に貼れるのです!
高機能なガラスフィルムを探していて貼り付けに自身がない人には、ぜひともオススメしたいアイテムです。

 

フルカバータイプや遮光タイプのガラスフィルムも!

iPhone用ガラスフィルムの他のおすすめ品を紹介します。また、iPhoneにはさまざまな機種が存在するので、ここではiPhone最新機種である「iPhone X」に対応した製品を紹介しています。

 

Spigen ガラスフィルム GLAS.tR SLIM

iPhone等のモバイル端末アクセサリーブランドとして人気の高いSpigen製品。

表面硬度は9H以上という硬さを誇りながら、薄さが0.4mmという非常に薄い仕上がり。画面貼り付け後もスリムなので全く違和感ありません。エッジ部分は2.5Dラウンド加工が施されているので、指触りもとてもなめらか。

画面貼り付け時には、フィルム両側にウイング部分が付いているので、両手で細かな位置を調節しながらキレイに貼り付け可能。

 

Patchworks ガラスフィルム ITG 3D Full Cover

iPhone Xでは内側部分に顔認証に利用するTrueDepthカメラが設置されるノッチと呼ばれる部分が存在するので、各社のフィルムはノッチを避けるように切り欠きのあるタイプが主流です。

このITG 3D Full Coverは、内側カメラ部分はレシーバー部分も含めて全面カバーをしてくれるタイプです。

薄さは0.33mmと非常に薄く、表面硬度は9H以上なのでそうそう傷つきません。

周囲も2.5Dのラウンド加工がされているので、グリップ感や指触りも滑らかです。

画面全部を余すことなく保護したいという人におすすめです。

 

エレコム iPhone X用ガラスフィルム PM-A17XFLGGGO

アクセサリーメーカーとしては信頼のエレコム製。

ガラスフィルムの素材に、iPhoneの画面と同じ素材である「Gorillaガラス3」を使用することにより、薄さ0.21mmを実現。通常の市販品よりも薄いながら、強靱な傷耐性をもっているガラスフィルムです。

もちろん、指紋防止加工やラウンドエッジ加工といった他のガラスフィルムと同じような機能を持っているので、貼り付け時も心配無用。

画面強度にこだわりたいという人にはぜひともおすすめな1品です。

 

エレコム iPhone X用フルカバーガラスフィルム PM-A17XFLGGRDTB

こちらも同じくエレコム製。

さきほどのGorillaガラス採用のフィルムとはことなり、画面前面を覆ってくれるフルカバータイプのフィルムです。

ガラスフィルムの素材は、Gorillaガラス3と同等ともいえる「ドラゴントレイル」を採用。Gorillaガラス3は海外メーカー製の強靱ガラスであるのに対し、ドラゴントレイルは日本のメーカーである旭硝子製の強靱ガラスで、耐傷性に優れています。

こちらも指紋防止加工やラウンド加工といったガラスフィルムの標準的な機能はもちろん搭載。

一言で置き換えるなら「傷耐性の強いガラスフィルム」と評価できるでしょう。

 

まとめ

ガラスフィルムにもさまざまな製品があります。

通販で販売されている製品の中には、安さを売りにした製品もありますが、貼り付け時に気泡が残ってしまったり、サイズが若干合わない、強度面でも耐久性があまりなかったというような製品も中には存在します。

今回おすすめした製品は、アクセサリーメーカーとしても有名なものばかりで信頼できるブランドです。

機能性とコスト面を比較しながら、お気に入りのガラスフィルムをぜひとも探してみてください!

記事内で紹介されている商品

Anker KARAPAX GlassGuard

サイトを見る

Spigen ガラスフィルム GLAS.tR SLIM

サイトを見る

Patchworks ガラスフィルム ITG 3D Full C…

サイトを見る

エレコム iPhone X用ガラスフィルム PM-A1…

サイトを見る

エレコム iPhone X用 フルカバーガラス フ…

サイトを見る

関連記事