買いたいものを検索してください

旅行の思い出づくりにも!持ち運びしやすい自撮り棒おすすめランキングTOP10

「自撮り棒を使うって、ちょっと恥ずかしい」という気持ちがずっとあり、今まで自撮り棒を使うことを避けていました。

そんな私も遅ればせながら、つい最近自撮り棒デビューを果たしました。

きっかけは、母親と叔母との旅行。「せっかくなら、楽しい思い出を共有したいし、写真もみんなで撮りたい」そんな思いから、購入を決意しました。

商品を調べるにつれて、昔の自撮り棒より便利な機能がついているものが発売されていることに驚きました!

自撮りはもちろん、大人数での集合写真や動画もステキに仕上がる自撮り棒の選び方とランキングをご紹介します。

 

自撮り棒の選び方

どの自撮り棒も同じに見えますが、スマートフォンの機種によって使えない場合もあるため、事前にどのタイプを選ぶかをチェクしておきましょう。失敗しないように購入前に選び方のポイントを押さえてくださいね!

 

対応OSをチェクする

自撮り棒で使用するスマートフォンにあったものでないと使用できない場合があります。iPhone用・Android用・両用と種類が分かれています。

対応OSの自撮り棒だとしても、画面サイズが合わないと使用できない恐れもあります。スマートフォンのケースのサイズも考慮して購入しましょう。

 

シャッターの種類で選ぶ

自撮り棒に『有線タイプ』とBluetoothを使用した『無線タイプ』が存在します。

イヤフォンジャックに接続してシャッターを切ることができるのが有線タイプ。初期設定が不要なため簡単に使うことができます。

イヤフォンジャックでシャッターがきることができないOSにはBluetoothを使用した無線タイプがおすすめです。事前時ペアリングやシャッターリモコンの充電が必要ですが、一度設定すれば自動で接続してくれるので便利ですよ。

 

大人数でとるなら三脚タイプを選ぶ

グリップ部分が三脚になるものも登場しています。大人数での集合写真や動画を撮る時にも便利ですよ。そのほかにも写りが確認できるミラー付きのものや、夜間での撮影しやすいLEDライトがついているものもあります。

 

自撮り棒おすすめランキングTOP10

第10位 atongm セルカ棒 シャッターボタン付き

出典: Amazon.co.jp

atongm セルカ棒 シャッターボタン付き

LEDライトつきだから夜間の撮影も便利

暗闇でもキレイな写真を撮りたい方にぴったりなatongmの自撮り棒。自撮り棒に付属のLEDライトは、3段階の明るさ調節が可能です。

AndroidもiPhoneも対応しているので使うスマートフォンを選ばないのも魅力のひとつ。Bluetoothを使用してシャッターを切る無線タイプのため初期設定が必要ですが、ペアリングが終了すればすぐにカメラの設置して使えます。

折りたたむと12.4㎝とコンパクトなので、小さなカバンで移動するときにもかさばらず便利です。自撮り棒の重さも130gと軽量なので、女性の方も長時間使いやすいですよ。

ただし三脚として使えずシャッターボタンも取り外しができず大人数での旅行などには向いていないため第10位になりました。

対応OS iPhone/Android対応 シャッターボタン 取り外し不可
有線/無線  無線 三脚 なし
収納サイズ 12.4㎝ 重量 130g

 

第9位 Tenswall 自撮り棒 Bluetooth無線 シャッターボタン付き

出典: Amazon.co.jp

Tenswall 自撮り棒 Bluetooth無線 シャッターボタン付き

コスパ最強の無線タイプのシンプルな自撮り棒

シンプルながらも軽量で使いやすいTenswallの自撮り棒が第9位にランクインしました。価格は1000円以下というプチプライスですが、Bluetoothでシャッターが切れる便利な機能も付いています。

折りたたむと収納サイズも11.5㎝とかなりコンパクトなので、ちょっとしたお出かけにもぴったりです。初めて自撮り棒を使う方や、携帯用としてコンパクトなものが欲しい方に最適なアイテムですよ。

対応OS  iPhone/Android対応 シャッターボタン  取り外し不可
有線/無線  無線 三脚  なし
収納サイズ 11.5㎝ 重量  90g

 

第8位 FNOVA 自撮り棒

出典: Amazon.co.jp

FNOVA 自撮り棒
ブランド
カテゴリ

LEDライト&取り外せるBluetoothのリモコンシャッター付き

FNOVAの自撮り棒は三脚とLEDライトが付いているの高機能なアイテムです。OSもiPhone・Android、どちらにも対応しています。

無線タイプの自撮り棒で取り外し可能なシャッターが付いているため離れた場所から写真を押すことが可能です。大人数での集合写真も簡単に撮影可能です。

しかも三段補光のLEDライトも付いているため、夜間の撮影にも便利!近距離撮影の時は肌色を明るく見せることもできます。

対応OS  iPhone/Android対応 シャッターボタン  取り外し可能
有線/無線   無線 三脚  あり
収納サイズ  22cm 重量  209g

 

第7位 Humixx 自撮り棒

スマホだけでなくデジカメの三脚としても使える自撮り棒

Humixxの自撮り棒の部分は、伸縮する棒の部分がアルミニウム合金でできているため、スマホの重さにも耐久でき曲がりにくくなっています。

他の自撮り棒に比べ三脚部分が太く、ぐらつきも少ないので安心して撮影できます。手持ちのデジカメをマウンティングすることもできるので、シンプルに三脚として使用もできるアイテムですよ。

対応OS  iPhone/Android対応 シャッターボタン  取り外し可能
有線/無線    無線 三脚 あり
収納サイズ  20cm 重量  163g

 

第6位 Carantee 自撮り棒

ミラー付き!有線・無線両用だから使用スマホを選ばない優れもの

画素の良い自撮りをしたい方にぴったりなのがCaranteeの自撮り棒です。背面部分にミラーがついているため、どんな写真に仕上がるか確認しながら撮影することが可能です。

しかもどのスマホもデザリング不要で撮影ができる有線もついています。何人かでひとつの自撮り棒を使い回すなら、有線タイプは設定不要で簡単に使えるのでとても便利!

収納サイズは25cmと他の自撮り棒よりもやや大きめですが重量は166gと軽いのでm手持ち撮影時に疲れることはありません。

対応OS  iPhone/Android対応 シャッターボタン   取り外し可能
有線/無線 有線/無線どちらも可能 三脚  あり
収納サイズ  25cm 重量  166g

 

第5位 DeliToo 自撮り棒 三脚一脚兼用  bluetooth無線

出典: Amazon.co.jp

DeliToo 自撮り棒 三脚一脚兼用 bluetooth無線
ブランド
カテゴリ

軽いのに安定感のある三脚なので安心して撮影できる

三脚としても使える自撮り棒の中では収納サイズが18㎝と小さいため、荷物がかさばる旅行の時にも使いやすいのがDeliTooの自撮り棒です。

自撮り棒の重さが軽いとグラつきやすくなりますが、グリップに滑り止めがついているため手ブレを抑えながら撮影できます。

スマホを挟む部分は約5.5cmから9cmまで広がるため、画面が大きなスマホでも使用可能です。

対応OS  iPhone/Android対応 シャッターボタン  取り外し可能
有線/無線  無線 三脚  あり
収納サイズ  18cm 重量  135g

 

第4位 DeliToo 自撮り棒 GoPro対応

出典: Amazon.co.jp

DeliToo 自撮り棒 GoPro対応

スマホだけでなくGoProも取り付け可能な多機能自撮り棒

DeliTooの自撮り棒の最大の特徴は、三脚部分の取り外しが可能なところです。収納サイズは30㎝と決してコンパクトではありませんが、90㎝まで伸縮可能なのも特徴のひとつ。

パーツを自在に組み立てることもできるので、GoProを取り付け撮影することも可能です。使用シーンや使う機材に合わせてオリジナルにカスタムしやすい本格的な自撮り棒ですよ。

対応OS  iPhone/Android対応 シャッターボタン  取り外し可能
有線/無線  無線 三脚  あり(取り外し可能)
収納サイズ 30 cm 重量  174g

 

第3位 DeliToo 自撮り棒

コンパクトで場所を取らない超軽量タイプの自撮り棒

DeliTooの自撮り棒は102gと軽量なタイプなので、女性が長時間の使用も疲れないのが特徴です。しかも棒の部分がスマホの重さで曲がらないように、丈夫なアルミニウム合金でできているのもうれしいポイント!

フル充電すれば最大50000枚も撮影可能なスタミナのあるバッテリーも搭載されているので、長期旅行の時でも安心して使用できます。

対応OS  iPhone/Android対応 シャッターボタン  取り外し不可
有線/無線  無線 三脚  なし
収納サイズ  12㎝ 重量  102g

 

第2位 Rakum 自撮り棒 bluetooth 無線 シャッターボタン付き

出典: Amazon.co.jp

Rakum 自撮り棒 bluetooth 無線 シャッターボタン付き
ブランド
カテゴリ

シャッターリモコンは充電不要の乾電池タイプ

Rakumの自撮り棒は、シャッターリモコンでは珍しい乾電池タイプです。他のメーカーの自撮り棒のシャッターボタンは充電式のリモコンですが、充電不要のタイプの自撮り棒なら急な使用にも対応できます。

あらゆる機能がついているにも関わらず値段も手頃ですが、長さが最長が68㎝と他の自撮り棒よりやや短いため、第2位にランクインしています。

対応OS  iPhone/Android対応 シャッターボタン   取り外し可能
有線/無線   無線 三脚  あり
収納サイズ  19㎝ 重量  140g

 

第1位 TAWARON 自撮り棒

丈夫なアルミ合金でできたbluetoothタイプの自撮り棒

TAWARONの自撮り棒は、Androidのみの対応ですがシャッターボタンにズームインとズームアウトの機能がついています。大人数での写真撮影はもちろん、離れた場所からカメラの調整が可能なアイテムです。

しかもスマホクリップは最大10.5㎝まで伸びるため、画面な大きなスマホでも難なく使用することができますよ。三脚としても100㎝まで伸びるため、目線の高さを調節しやすく撮影の幅が広がります。

あらゆる機能を搭載しながら、シンプルで使いやすく持ち運びしやすいTAWARONの自撮り棒が第1位になりました!

対応OS   iPhone/Android対応 シャッターボタン  取り外し可能
有線/無線  無線 三脚  あり
収納サイズ  20㎝ 重量 235g

 

自撮り棒の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、自撮り棒の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

自分にあった自撮り棒で楽しい思い出づくりを!

イベントや旅行だけでなく普段のお出かけも、自撮り棒があればステキな写真もラクに撮影できます。

三脚タイプの自撮り棒を選べば、他の人に声をかける手間もなく集合写真もラクに撮れる優れものです。

ただし人が多い場所での使用は迷惑になる恐れもあるので注意しながら、自撮り棒をうまく活用して楽しい思い出を写真や動画におさめてくださいね!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

atongm セルカ棒 シャッターボタン付き

サイトを見る

Tenswall 自撮り棒 Bluetooth無線 シャッ…

サイトを見る

FNOVA 自撮り棒

サイトを見る

Carantee 自撮り棒

サイトを見る

DeliToo 自撮り棒 三脚一脚兼用 bluetoot…

サイトを見る

DeliToo 自撮り棒 GoPro対応

サイトを見る

DeliToo 自撮り棒

サイトを見る

Rakum 自撮り棒 bluetooth 無線 シャッタ…

サイトを見る

TAWARON 自撮り棒

サイトを見る

関連記事