買いたいものを検索してください

冷却ファン・スマホクーラーおすすめ人気ランキングTOP10【2021年】

スマホは毎日の生活に欠かせないものになっています。私もそうですね。思わずSNSを長時間してしまったり、スマホゲームを長時間したりするとスマホがとても熱くなったことはありませんか?

それからスマホケースによってはスマホの熱がこもってすごく熱くなる場合があります。熱を持ったときはそのままケースから出したり風にあてて冷えるまで放置のようなことをする方も多いと思いますが、実はこれは大変危険な行為だそうです。今回は熱くなったスマホをレスキューしてくれるスマホクーラーについてご紹介します。

 

スマホの発熱はなぜ危険?

スマホ

それは、生活の一部であるスマホが壊れたらスマホのない生活を余儀なくされる、そんな生活は考えられないからです。

後でネットで調べてみるとスマホを冷めるまで放置するという方法はあまりよくないようです。なぜならスマホが熱を発した場合は早急に冷やさないと大変危険であるそうなんです。

熱を持ってしまうとバッテリーが劣化したり動作がおかしくなって止まってしまったり、スマホの機能がおかしくなり、本体が故障する危険もあります。最悪の場合は発火の原因になることもあるそうです。

なので早急に冷やすことが大事なんですね。実際に誤作動を経験している私は、驚きました。とくに夏に向けては気候がさらに追い打ちをかけるので対策は大事になってきます。

以下では、具体的な「スマホが熱くなる」原因と対策についてご説明させていただきたいと思います。

 

そもそもスマホが熱くなる原因は?

スマホを充電している

 

充電中のバッテリーとカバー

スマホが熱くなる主な原因は、充電だそうです。そもそも、スマホのバッテリーは充電すると熱くなるという性質を持っています。

さらに、カバーにも原因があります。スマホにカバーをつけている人は多いと思いますが、熱を放熱しにくいカバーをつけていると、充電中に熱さを持続させやすくなってしまうことも。充電中の熱さが気になる人は、一度カバーを外して充電してみても良いかもしれませんね。

 

気温の上昇

気温が高い7月〜9月は、スマホが熱くなるという声も増えるそうです。屋外で使うことが多い人は特に気をつけたいところ。

その場の対処法としては、冷たすぎないペットボトルなどを当てて水滴がつかないようにすること。保冷剤などで急激に冷やすと電子回路がダメージを受けますので気をつけてください。

 

負荷のかかるアプリやシステムの不具合

動画やゲームなど、スマホには負荷がかかりやすいアプリもたくさん存在します。スマホが急に熱くなったりした場合は一度アプリを終了させるようにしてください。

同時にたくさんのアプリを開いているのも負荷がかかる原因になります。定期的にアプリを終了させる癖をつけた方が良いかもしれませんね。

 

スマホが熱くなったときの対処法をご紹介!

スマホ
Ayaka

 

充電をやめる・「ながら充電」を避ける

前述したように、スマホは充電中に熱くなることが多々あります。そんなときはとりあえず、充電するのをやめましょう。

また、ただ充電しているだけではなく、充電しながらスマホを操作しているとより熱くなる原因になります。同時に行うことはバッテリーに負荷をかけてしまいます。「ながら充電」をやめるだけで、スマホが熱くなるのを防げるかもしれませんよ。

 

冷却専用アプリを使用する

なんとスマホが熱くなったときに使える「スマホ冷却アプリ」があるんです!冷却アプリにも色々な種類があり、たとえば

  • 不要なアプリの削除
  • 不要なタスクの停止
  • 不要なファイルの削除
  • 熱くなる原因を検索する
  • 温度変化のチェック
  • 加熱しているアプリの検出

など様々な機能が行えるのです。(アプリによって使える機能は異なります)スマホの機種によっても使えるものと使えないものがありますので、自分のスマホで使えるかどうかぜひチェックしてみてくださいね。

 

システム上の負荷を減らす

先述したように、スマホに負荷のかかるアプリや動画を一旦終了させ、システム上の負荷を減らすことも大切です。

「これ以上消すアプリがない」「動画やアプリにムダはない」という場合は、画面の輝度を下げたりすることもひとつの手です。音量を少し下げたり省エネモードにしたり、という手もあります。

また連続してスマホを使用する時間を減らすことも大事。スマホにかかる負荷をなるべく減らしてあげましょう。

 

冷却機能つきスマホを使う

「スマホが熱くなるのをどうしても避けたい」という人は、そもそも「冷却機能がついたスマホ」を購入してみてはいかがでしょうか?

最近ではサムスンやシャープより、冷却機能が強化されたスマホも販売されています。通常のスマホよりも発熱を抑えることができるそうです。スマホでゲームをしたり動画を見る機会が多い人、スマホの過熱に悩まされている人はぜひ検討してみてくださいね。

 

「スマホクーラー」を使う

スマホクーラーはスマホの裏側につけて使用します。繰り返し使える粘着シートや、ホルダーでスマホと一体化させて取りつける方法などがあるので、自分で使いやすいものを選べると良いですね。

またスマホクーラーには電源が必要なものと必要じゃないものがあります。どこで使うか、いつ使うかなど自分の使用方法をよく考えて選ぶようにしましょう。

スマホクーラーはとても手軽に過熱を防ぐことができるので、スマホの熱さでお悩みの人はぜひ検討してみた方がいいでしょう。

 

スマホクーラーとは?

スマートフォン

スマホが熱を持ったときに冷やすグッズがスマホクーラーです。スマホは過剰に使うと熱を持ってしまいます。そうすると、誤作動を起こしたり故障の原因になりかねないんですね。実際にゲームや動画を長時間見ていると急に動かなくなったり他のアプリが開いたりと誤作動を起こした経験がある方もいるのではないでしょうか。

しばらくして元に戻ったのは自然にスマホがひえて正常な状態に戻ったからという可能性もあります。こういったことを繰り返しているとスマホを使うときのストレスだけでなくスマホの故障の原因にもつながります。そのために開発されたのがスマホクーラーです。具体的にどういった商品かご紹介します。

 

スマホクーラーの特徴

スマホをクーラーで冷やしてあげようというグッズですねスマホが登場してスマホゲームが人気が出てきてからスマホの熱対策に登場したのがスマホクーラーのきっかけです。昨今のスマホゲームはさらなる進化をしているので、スマホの熱との戦いにもなっているようです。スマホクーラーは効率的になるべく早くスマホを冷やす役割があります。

 

スマホクーラーの価格帯は?

メーカーや種類によっても異なりますが、安い商品で1000円台から人気のある商品でも4000円台後半の5000円を切るくらいの値段が多いようです。

ただこれはネット販売の価格帯であり、実店舗で買うと特殊な商品があったり種類も少なかったりで割引などはあまりないかもしれませんので、その場合はもう少しお値段は高くなる場合もあります。

スマホはネットを使うのが主な目的になりますから、ネットで販売されるというのが最近の主流です。スマホゲームをされてる方の悩みが熱による不具合ということも多くあることから人気になりさまざまなメーカーから新商品も続々出てきて企業同士で競争の激しいアイテムだと思います。

価格競争が起こっているのでどんどん安くいいものが手に入るという物でもあるので消費者にとってはうれしいことですよね。

 

ペルチェ素子って何?

スマホクーラーを探していると「ペルチェ素子搭載」と書いてあることがあります。

ペルチェ素子は半導体素子で、加熱と冷却、2つの温度を持つことができるのです。ペルチェ素子に電流を流すと、片側は冷え、片側は熱くなるという性質があります。つまりスマホの放熱を片側で行いつつ、反対側で冷却を行うことができる、というスマホクーラーにピッタリなんですね。

 

スマホクーラーはこんな方におすすめ!

スマホクーラーは、スマホを使っている人のすべてに必要なものではありません。でも、絶対に持っていた方が安心で安全にスマホを使えるという方もいます。今回はぜひスマホクーラーを使った方がいい方をご紹介します。

スマホゲームなど長時間スマホを使う方

やはりスマホゲームがスマホが熱くなっている原因の1位になっているようです。スマホゲームの進化がスマホの熱を逃がさない原因なのはやはり使いすぎです。長時間ずっとスマホを使っていること、時間も忘れて集中していることも原因になります。

動画アプリを使いすぎている方

さきほどのスマホゲームもここに入るのですが、アプリの質と量にも関係します。使っているアプリが3D動画や4K動画の撮影などバッテリーに負荷がかかっていると熱を出します。たくさんのアプリを同時に起動するのも負担がかかります。

ゲームもしない女性だと関係ないと思うかもしれませんが、私の場合だとSNSに動画を撮ってあげることがありますが、その場合も何度も撮りためていくと熱を持つこともあります。スマホは便利ですが、便利な機能ほど負担がかかっているということを頭に入れておきましょう。

バッテリーに負荷がかかっている方

バッテリーに負荷をかける1番の原因は、いわゆる「ながら充電」です。充電しながらみなさんはスマホを使っていませんか?たぶん、スマホをたくさん使うヘビーユーザーの方はこの使い方をしてしまいますよね。私も実はあります。時間がないときや動画などを撮影するときは充電が待てません。

でも、このときにスマホがとても熱くなるということはみなさんもお気づきですよね。通常では使うときに自然に放電をスマホをするようになっているのですが、通電しながら使うと熱をさらに持ち続けることになり熱くなるそうです。

スマホクーラーで冷やせばいいということもありますが、この使い方についてはバッテリーを長持ちさせるためにも「ながら充電」はやめた方がよさそうです。

長時間日の当たる場所で使っている方

これは、私が実際に体験したのでよくわかりますが、直射日光などの外部からの熱もよくないようです。スマホは使うと通常でも熱くはなっているのですが、放電して平常に保っています。だけど外界から熱が当たるとさらに熱くなり放電しても熱が逃がしにくくなります。

そして、私のように防水ケースなどを使っているとさらに密閉されて熱がこもるというわけです。防水ケースは水の中で使うためのものなので、私のようにそのまま放置しておくというのもやめておいたほうがいいようです。

なぜかすぐスマホが発熱をする方

これもよく起こっていますよね。この場合は、実はスマホ自体に不具合があることもあるようです。長くスマホを使っていると熱を持ちやすくなることもありますよね。

バッテリーの関係であったりスマホ自体の不具合であったりもするので、通常に使っても冷やしても熱をすぐ持つようであれば、スマホクーラーで解決はできないので、携帯ショップに一度相談してみるのもいいと思います。発火の原因にもなりかねないのでなるべく早く相談しましょう。

 

スマホクーラーのタイプ

スマホクーラーには主に2つのタイプがあります。今回は2つのスマホクーラーのタイプとそれぞれのメリット、デメリットについてご紹介します。

 

冷却ファンタイプ

冷却ファンを搭載したタイプですね。いわゆる扇風機のようなファンのついているタイプです。形状はメーカーや種類によって違いますが、冷風を当てて一気に冷やすとか当てながら冷やして熱を逃す仕組みです。スマホの背面に冷たい風を送り続けるという感じですね。

ファンタイプのメリットは動作時間が長いこと。暑くない季節や、室内で使えば冷却効果を実感できるでしょう。

逆にデメリットは暑い夏などの屋外ではあまり効果がないというところ。ファンから送られる風の温度が高いので、暑い環境での使用はおすすめできません。

スマホ 冷却 ファン ケース型バッテリー 5000mAh

出典: Amazon.co.jp

スマホ 冷却 ファン ケース型バッテリー 5000mAh

 

シートタイプ

いろいろなところで冷却装置として使われるペルチェ素子をシートに採用したタイプですね。電源を入れると片面が吸熱し反対面に発熱が起こるという仕組みです。こちらをスマホの背面につけることで冷やすというやり方です。最近はミニファンもついていてダブルで冷やすような仕組みになっている商品が多くなっています。

シートタイプのメリットは真夏の屋外でも使用できるほど急冷効果があるということ。

デメリットは動作時間があまり長くないということ。うまく使うためにはスマホクーラーもつけっぱなしにせず「発熱したら使用する」というふうにうまくつきあっていくことですね。

サンワダイレクト スマホクーラー 400-CLN027

出典: Amazon.co.jp

サンワダイレクト スマホクーラー 400-CLN027

 

スマホクーラーの選び方のポイント

スマホ
Ayaka

スマホクーラーはネットゲームをする方にとても人気なので、ネットでたくさんの種類の商品がいろいろなメーカーから出ています。たくさん選べるのはいいのですが、どれを選んでいいのか情報が多すぎてわかりにくいという声もあります。今回はスマホクーラーを選ぶポイントをご紹介します。

 

自分の欲しい機能を考えた上で価格で選ぶ

スマホクーラーはネット販売では1000円台から5000円未満のあたりが売れ筋です。だいたいこのあたりの金額で収まっていることが多いですね。なるべく安く済ませたいなら、まずは価格の安い商品の機能面をチェックしてみましょう。

そこまで長時間スマホゲームなどはしないでたまに熱くなるときに念のため使いたいというように単純に冷やしたいだけならお値段が安い商品でも十分効果があると思います。

もちろん、1000円以下で安すぎる商品は、なんちゃってスマホクーラーの場合もあるので機能面や口コミはチェックしましょう。それからゲームのヘビーユーザーの方はスマホクーラーの中で高値といわれる4000円から5000円あたりの商品がおすすめです。

バッテリーの容量が多く長く使えることやゲームを中断しなくてもいいとか、スマホにつけるとコントローラーのようになり使いやすいなど細かい便利機能が満足だという方々もとても多いです。まずは欲しい機能に見合った商品を選んでそこから価格をあわせていくのが満足度が高くなる買い方だと思います。

 

対応インチ・サイズで選ぶ

スマホクーラーは、ゲームをする方は一体型が今がとても人気のようです。その場合はスマホにぴったりと入るサイズということになります。

その他の商品でも持ち運んで使うことが多いならコンパクトサイズがいいと思いますし、自宅で使うならしっかり大きなサイズだと冷やしやすいかもしれません。どのように使いたいかを考えてサイズもチェックしましょう。

 

持続時間で選ぶ

やはりバッテリーが大きいと持続時間も長く使えます。ゲームはやめられないということは多いので、スマホクーラーで冷やすときも電源は切らずにそのままゲームやSNSを使えるという商品も最近は多いです。なかなか電源を切れない方は持続時間の長いもので使いながら冷やせる商品がおすすめです。

 

スタンド式だと、立てかけながら冷却できる

スマホクーラーにはスタンド式のものあり、長時間の動画再生ZOOMなどでのオンライン会議でも便利に使用することができます。

手で持たずにスマホを見ることができるのでお料理中に参考動画をみたりなど、忙しいときでもとても役に立ちそうですね。

サンワダイレクト スマホクーラー

 

【2020・2021年最新】スマホクーラーおすすめ人気ランキングTOP10

スマホクーラーはネットでも人気があります。今回は、2020年現在販売されているスマホクーラーの中から注目の最新商品や使いやすいなどと口コミの多い定番商品を含めランキング方式でご紹介します。

 

第10位 SANWA SUPPLY TK-CLNP8SV ノートパソコン冷却パット

No.10

出典: Amazon.co.jp

タイプ 冷却パッド
ペルチェ素子 ×
対応スマホ/インチ 全サイズ対象
カラー シルバー、ブルー
静音

貼るだけで邪魔にならない冷却パッド

10位は、サンワサプライの冷却パッド。ファンやクーラーのような家電ではなく、IT機器に貼り付けて本体の熱を逃がすシートタイプの商品です。

ノートパソコン用と銘打ってはいますが、商品1つのサイズが小さいため、スマホやタブレット、携帯ゲーム機など様々な機器が対象。スタンドやコントローラーなどに比べると薄く、持ち運びにも邪魔になりません。

スマホは別にケースがある方など、逐一クーラーと交互に設置・取り外しが面倒という方にもぴったり。家電ではない分、コスパが良いのも魅力です。

 

第9位 スマホ 冷却 ファン ケース型バッテリー 5000mAh

No.9

出典: Amazon.co.jp

スマホ 冷却 ファン ケース型バッテリー 5000mAh
タイプ 冷却ファン付きスタンドタイプ
ペルチェ素子 ×
対応スマホ/インチ 3.7~5.5インチ
カラー
静音

発売されてから高評価が止まらない!コスパも良しの最新モデル

こちらの商品は発売を開始してから購入された方の評価が高いスマホクーラーですね。こちらのバッテリー5000mAhの他に4000mAhもあります。やはり大容量のバッテリー搭載ということが力強い味方になるようですね。放熱機能だけで稼働時間は8時間から15時間(使用環境などでこのくらい違いが出るようです)も使えるということも大きな便利機能だと思います。

充電をしながら使えるという商品も多くありますが、実際に長時間ゲームをしていると充電がなくなってしまいます。充電を何度も繰り返すというストレスからの解放が叶う大容量バッテリー搭載のスマホクーラーです。それからバッテリー容量が大きいと重いのではないかと思われがちですが重量は155gと大変軽い設計になっています。持ち歩くときも軽くていいですよね。

格安スマホなどを使っている方はどうしても本体が熱くなりがちだということもききます。性能上なのかお値段が安いからなのかはわかりませんが、有名キャリアの人と同じアプリでゲームをしたりSNSで動画を見たり投稿したりしますよね。熱の問題がネックになってフリーズや誤作動を起こっているとすれば冷やすことでずいぶん改善する可能性があります。

発売開始から間もないのでレビュー自体は少ないのですが、レビューの日付を見ると2019年の今購入した人たちの高評価には注目です。こういったスマホクーラーのような商品は定番で安心商品だけでなく、新製品からもどんどんいい商品がどんどんこの先も出ると考えられます。

 

第8位 サンワサプライ アウトレット 冷却クーラー

No.8

出典: Amazon.co.jp

サンワサプライ アウトレット 冷却クーラー
ブランド
タイプ 冷却ファン付きスタンドタイプ
ペルチェ素子 ×
対応スマホ/インチ 幅53~95mm、奥行き15mm以下
カラー
静音 ×

手が触れる部分もしっかりカバー

8位はサンワサプライのスタンド型冷却クーラーです。スタンド型というと下から支えるイメージが強いですが、この商品は両サイドから挟み込むようにして固定するのが特徴。下部が空いている分、充電や有線による通信などもクーラーを取り付けたまま行えます。

スマホを支える部分に手を添えて掴めば、手が直接スマホに触れることも防ぎ、手指の熱が伝わりにくいメリットも持っています。

ファンタイプのクーラーですが、ノイズは最大でも33㏈と静音設計で、周囲への迷惑対策はもちろん、ゲーム音などの邪魔にもなりません。

 

第7位 MOMOFLY ダブルファン付き スマホ冷却ファン

No.7

出典: Amazon.co.jp

MOMOFLY ダブルファン付き スマホ冷却ファン
ブランド
カテゴリ
タイプ 冷却ファン
ペルチェ素子
対応スマホ/インチ 幅8cm以内
カラー 黒、白
静音

長さは問わず利用可能

7位はベルチェ素子搭載の冷却ファン。ファンの部分だけを商品にしたような形状で、スタンド型やコントローラータイプなどに比べると小型です。しかしファンはパワフルで、27度の室温でも最低6度まで下げられます。

また8位同様サイドから挟むタイプなので、幅8cm以内の条件さえクリアすれば、スマホの長さは問いません。細長い形のスマホでも気にせず使えますし、機種変更時に冷却ファンまで買い替えるリスクも抑えられます

ただ給電式のため、ケーブルを繋いでいる時のみ稼働する点は注意。モバイルバッテリーなどを使えば持ち運びも可能ですが、ワイヤレスでは使えません。

 

第6位 Geeoce「最新一体式」 PUBG Mobile 荒野行動 コントローラー ゲームパット

No.6

出典: Amazon.co.jp

Geeoce「最新一体式」 PUBG Mobile 荒野行動 コントローラー ゲームパット
ブランド
カテゴリ
タイプ 冷却ファンコントローラータイプ
ペルチェ素子 ×
対応スマホ/インチ 4.5~6.5
カラー
静音

人気の荒野行動、フォートナイト、PUBG mobileなどiPhoneやAndroidの射撃ゲームに対応

こちらの商品は主にスマホをゲームで使う人におすすめのスマホクーラーです。人気のゲーム人気の荒野行動、フォートナイトにも対応しています。私の息子もそうですが、バーチャルの中で世界中の人と繋がれるのでハマっちゃうんですよね。

しかも、スマホの向こうには実際に同じゲームをしている人が存在するので一緒にミッションをこなしているときなどはやめどきもむずかしいのではないでしょうか。こちらの商品はスマホ冷却ファン付きで強力な風力で快速散熱可能です。

内蔵バッテリーはスマホの温度を下げるだけでなくスマホへの充電することもできます。そのためゲーム中、電源切る心配がありません。2000mAhのリチウムイオンバッテリーを採用により、ファンのみ5時間連続稼働可能です。ゲームする時に、冷却しながら充電できて、電池が切らなくていいのがいいですよね。消費電力の少ないDCモーターを採用しています。

伸縮式のジャケットで、4インチから6.5インチまでのiPhoneやandroidに対応できます。それからスマホを冷やす役割というよりもつけることでゲームがよりやりやすくスキルがあがった、というレビューも多いです。スマホにも優しく、使う人もより楽しくゲームのできる便利アイテムです。

 

第5位 Anker PowerCore Play 6700

タイプ 冷却ファンコントローラータイプ
ペルチェ素子 ×
対応スマホ/インチ 長さ約14.5~16.4cm
カラー ブラック
静音 ×

充電中もスマホ操作したい方に

5位はAnkerのPowerCore Play 6700。数字は6700mAhを示し、モバイルバッテリーとしても機能する冷却ファンです。ファンのみ稼働させるのであれば、1日は使い続けられる寿命の長さも魅力。

スマホ本体のバッテリー寿命が短く、充電しつつ操作をしたい方にもおすすめです。コントローラー型でもあるので、横向きでゲームや動画視聴を行う方に向いています。商品はやや重さを感じますが、その分持ちやすさを重視しているのでプラマイゼロの印象。

サイズ指定が上限と下限両方にあるので、購入前に使う予定のスマホを確認しておきましょう。

 

第4位 MOMOFLY スマホ タブレット 冷却ファン

No.4

出典: Amazon.co.jp

MOMOFLY スマホ タブレット 冷却ファン
ブランド
カテゴリ
タイプ 冷却ファン
ペルチェ素子
対応スマホ/インチ 全サイズ対象
カラー
静音

サイズを選ばずタブレット用にも

背面に1つファンを取り付ける、簡易タイプの冷却装置が4位です。スタンドではないため、設置する機器のサイズは問いません。スマホだけでなく、タブレット用の冷却ファンとしても使えます

ファンは1個ですが、ベルチェ素子によって13度まで冷やすことができるパワフルさを備えています。給電式のため常に電源と接続している必要はありますが、冷却ファン自体は56gと軽量。スマホを手に持っている時でも負担なりません。

モバイルバッテリーなど対応する電源があれば、冷却ファンも持ち歩きでき、場所を選ばずスマホの熱対策が可能です。

 

第3位 AksBlay スマホ散熱器

タイプ 冷却クーラー
ペルチェ素子 ×
対応スマホ/インチ 幅62~85mm
カラー
静音

3時間はワイヤレスで稼働

AksBlayのスマホ散熱器は、充電式のためワイヤレスで稼働させられます。最大3時間ですから、映画などの長編作品や、ゲーム用にもうってつけです。

4位以上に軽い55gかつ無線利用可能な点は、使用シーンを問わないのも魅力。持ち運びはもちろん、屋外でこの冷却ファンを付けて使うことも容易です。またスマホへの取り付けも挟むタイプゆえ、幅のサイズさえ合っていれば多くの機種で使えます。ベルチェ素子こそ搭載されていませんが、使いやすさの点で上位としました。

 

第2位 Becamo 荒野行動 PUBG Mobile ゲームコントローラー 冷却ファン付き ゲームパッド

No.2

出典: Amazon.co.jp

Becamo 荒野行動 PUBG Mobile ゲームコントローラー 冷却ファン付き ゲームパッド
ブランド
カテゴリ
タイプ 冷却ファンコントローラータイプ
ペルチェ素子 ×
対応スマホ/インチ 4.7~6.5インチ
カラー
静音 ×

スマホゲームヘビーユーザーも感動!2019年最新版の放熱対応一体式コントローラー

こちらの商品は、とても人気のために模倣商品も出てしまってメーカーが正規販売店の注意表記までしているところですね。実際に2019年の今、とても売れているというスマホクーラーです。とくにヘビーなスマホゲームユーザー向けの商品です。こちらの商品は2000人プレーヤーの悩みを調査に基づいて作られたそうです。

そして2019年最新版の放熱対応一体式コントローラーを開発したというわけですね。吸盤式と固定式接触式のいわゆるデメリットの教訓に基づいて、スマホ用コントローラーが全範囲導電シリカゲルと反転設計を採用しています。反応よく、2つ種類の接触マットを含めて、個人の好みによって、接触マットを選択できます。

ロック解除いらず、楽に使えるようになっています。とくに大人気スマホゲーム「PUBGモバイル」「荒野行動」がより楽しめるスマホ用ゲームコントローラーです。ゲームをより本格的に楽しめるコントローラーの役目がほしいところを全部ひっくるめてくっついているということで人気になっています。簡単に取り付けできます。

ゲーム内の射撃、照準、位置移動、方向転換がスムーズにでき、4本指操作可能です。2000mAh容量のレベルA+なリチウムイオンバッテリーを採用しています。今は学生さんだけでなく大人の男性も多くの方がスマホゲームをしていますよね。働き方改革とはメデァアで騒いでいますが、本当にそうなるのは一部の世の中を知らない富裕層のような気がしてなりませんよね。

何をしてもハラスメントになる時代でもありますし、男性のみなさんはありあまった体力と冒険心をスマホのリアルなゲームの中にぶつけて、ストレスを解消して毎日頑張っているのかなと思ったりもします。リアルな世界ではストレスはなかなか解消されませんが、バーチャルの世界は誰にも制御されず自由に冒険の旅をすることが可能なスマホクーラです。

 

第1位 サンワダイレクト スマホクーラー 400-CLN027

No.1

出典: Amazon.co.jp

サンワダイレクト スマホクーラー 400-CLN027
タイプ スマホクーラー
ペルチェ素子
対応スマホ/インチ 全スマホ対象
カラー
静音

スマホクーラーといえば「サンワダイレクト」というくらいの人気の定番商品

こちらの商品は、オフィス用品や家具など大人の男性に人気のサンワダイレクトの商品ですね。モバイル系の商品もシンプルで使いやすくお値段も抑えているというラインナップがありその中の1つです。安心のメーカーでスタンダードだということで人気の定番商品ですね。特徴はペルチェ素子の力でスマホを強力に瞬間冷却するスマートフォンクーラーということです。

スイッチを入れることで、ペルチェ素子冷却シートが急速に冷えます。シート部分をスマートフォンへ直接当てて冷やすタイプですね。こちらはホルダー固定タイプではないので機器のサイズを選ばず色々な機種に対応します。そこが売れている理由かなと思いますね。機器の熱を持った箇所へピンポイントで冷やすことができます。

静音設計です。付属のmicroUSBケーブルで約3時間充電することで、約1.5時間使用することができます。充電状況が一目でわかるLEDライト付きで、動作中は緑色、充電中は赤色、充電が終わると赤いLEDが消えます。

一気にスマホを時間をかけず冷やすことができ使用後すぐに効果を感じることができます。夏に車での仕事の移動が多い社会人の方などもスマホは熱を持ちやすくなりますので休憩時間などに上手く利用していくといいですね。

 

【比較表】おすすめ人気スマホクーラーの比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

商品名 Becamo 荒野行動 PUBG Mobile ゲームコントローラー 冷却ファン付き ゲームパッド jpantech Jpantech スマホ 冷却 フォン 2500mAh C.Tno スマホ 冷却 フォン バッテリー 2000mAh EletecPro Nintendo switch 冷却ファン スマホクーラー USB給電式 5000mAhモバイルバッテリー搭載 Geeoce「最新一体式」 PUBG Mobile 荒野行動 コントローラー ゲームパット サンワダイレクト スマホクーラー サンワダイレクト スマホクーラー 400-CLN027 スマホ 冷却 ファン ケース型バッテリー 5000mAh
リンク Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! AmazonYahoo! AmazonYahoo! Amazon AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

スマホクーラーが気になる人はこちらの記事もチェック!

 

スマホクーラーで長時間利用にも発熱心配なし!

スマホクーラー

今からの若い世代は無料スマホゲームが当たり前にどんどんなると思います。とくに動画が主流なので、スマホはありえないくらい熱くなっているはずです。たまに不具合が起きるということも起こっているのは熱がこもっているからです。

以前は充電やギガ数などに制限があったのでそこまでスマホを長時間使うということはなかったのですが、最近はモバイルバッテリーや携帯会社もまずはギガ数を上げる方向に行き、スマホを24時間起きているときはチェックしないと気が済まないという人も増えているようです。そう考えると熱による故障も起きやすくなル用に思います。大事なスマホはスマホクーラーで冷やしながら使っていくほうがよさそうです。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

スマホ 冷却 ファン ケース型バッテリー 5…

サイトを見る

サンワダイレクト スマホクーラー 400-CLN…

サイトを見る

サンワダイレクト スマホクーラー

サイトを見る

SANWA SUPPLY TK-CLNP8SV ノートパソコン…

サイトを見る

サンワサプライ アウトレット 冷却クーラー

サイトを見る

MOMOFLY ダブルファン付き スマホ冷却ファン

サイトを見る

Geeoce「最新一体式」 PUBG Mobile 荒野行…

サイトを見る

Anker PowerCore Play 6700

サイトを見る

MOMOFLY スマホ タブレット 冷却ファン

サイトを見る

AksBlay スマホ散熱器

サイトを見る

Becamo 荒野行動 PUBG Mobile ゲームコン…

サイトを見る

関連記事