買いたいものを検索してください

【割れにくい・貼り方も】iPhone用ガラスフィルムおすすめ人気6選|ブルーライトカットも紹介!

iPhoneを衝撃から守るためにはガラスフィルムが欠かせません。自分のiPhoneに合うガラスフィルムの選び方や、あると便利な機能、気泡を入れずキレイに貼る方法などを紹介します。おすすめの商品もあわせてチェックしてみましょう。

 

ガラスフィルムと保護フィルムの違い

落下による破損や日常的な衝撃など、大切なiPhoneの画面が割れてしまうのは絶対に避けたいものです。iPhoneやスマートフォンに傷がつかないように、画面を保護するフィルムには、どのような種類があるのでしょうか。

まずは、ガラス製のものや、PETなどのプラスチック製のものなど、種類による違いを紹介します。

 

画面割れに強いガラスフィルム

ガラスフィルムは、落下やぶつけた際の衝撃による画面割れに強いのが特徴です。しなやかさはありませんが十分な強度があるので、しっかりと画面を守ってくれます。

ガラス特有のツルツルとした光沢で、見た目がよいのも特徴です。また、貼るときに気泡が入りにくく、なめらかな質感の美しさも魅力といえるでしょう。

見た目にこだわりたい人や、衝撃からしっかりとガードしたい人にぴったりです。

 

厚みのない保護フィルム

保護フィルムの素材には『ガラス』の他に、PETなどの『プラスチック』で作られたものがあります。しなやかで柔らかくケースに干渉しない薄さが特徴で、タッチした時の感度が落ちることも少ないでしょう。

しかし、ガラスフィルムに比べると強度の低いものがほとんどです。日常的につく傷などは保護できますが、落下した際の衝撃には弱いでしょう。

強い衝撃から守りたいというよりも、画面につく細かな傷からiphoneを守りたい人や、薄めの保護フィルムを探している人にぴったりといえます。

 

【指紋防止も】ガラスフィルムの選び方

新しいiPhoneやスマートフォンを購入した時、まず画面にガラスフィルムを貼っておくと安心です。しかし、どのようなガラスフィルムを選べばよいのか分からないという人も少なくありません。

ガラスフィルムを選ぶときは、どのような点に気をつけて選べばよいのでしょうか?

 

ケースの有無で2.5Dと3Dを選ぶ

iPhoneのガラスフィルムには、大きく分けて『2.5D』と『3D』という2種類のタイプがあります。これは、ガラスフィルムに施されている『ラウンドエッジ加工』の違いを表すものです。

ガラスフィルムにはラウンドエッジ加工という、四隅の角を丸く加工し曲面をつけることで、端からの衝撃に対する強度を上げる工夫がされています。

2.5Dの場合はこのラウンドエッジ加工が浅めで、ケースに干渉しにくいのが特徴です。3Dはラウンドエッジ加工がしっかりと施されているので画面全体をカバーでき、よりフィット感があります。

ケースをつけない場合や、ガラスフィルムの浮き、ホコリの侵入が気になる場合は3Dを選ぶとより衝撃に対する安心感が得られるでしょう。

また、平面部分を保護する2.5DはケースをつけてiPhoneを使う場合に向いていて、ケースに干渉しにくい3Dは何もつけない場合に最適です。

 

よく利用するシーンに合わせて考える

ガラスフィルムの質感は、光沢があり透明感重視の『グレア』と、サラサラとしたタッチしたときの感触が快適な『アンチグレア』タイプがあります。グレアタイプはガラスらしいツヤがあり、動画や写真などを見るときにiPhone本来の画質を楽しみやすいでしょう。

アンチグレアタイプは光沢が少ないツヤ消しタイプで、指紋が付きにくく反射しにくい特徴があります。スマホゲームをよくプレイする人や、文字を入力することが多い人、屋外で使うことが多い人におすすめです。

自分がどのようなシーンでiPhoneを使用するのかによって、グレアかアンチグレアかを選ぶとよいでしょう。

 

使用感の良さをチェック

ガラスフィルムは、0.33mmや0.2mmなど、商品によって厚みが異なります。薄いタイプの商品はタッチ感度がよく、ゲームなどで素早く正確な反応を求められるシーンで使い勝手がよいでしょう。

また、ガラスのフチの加工精度によって持ったときに違和感がないか、段差や浮きなどがないかなども確認すべき重要なポイントです。薄くても強度があるガラスフィルムを選ぶことで、ケースとの干渉も気になりにくいでしょう。

厚みや段差、保護する範囲などを確認し、指触りが滑らかで使用感のよい商品を選ぶことで、ストレスなくiPhoneを使用できます。

 

【ブルーライトカット】ガラスフィルムの便利機能

画面保護に欠かせないガラスフィルムは、さまざまな機能のある商品が販売されています。衝撃吸収やのぞき見防止、ブルーライトカットなど、使い勝手のよいものを選ぶとよいでしょう。

iPhone用のガラスフィルムを購入する際に、あると便利な機能を紹介します。

 

プライバシーを守るのぞき見防止

ガラスフィルムの中には、横からののぞき見を防ぐ『ブラインド加工』がされているものがあります。メッセージのやり取りや動画の閲覧などのプライベートなことはもちろん、仕事のデータや社内の機密情報を見る際にも役立つのがこの機能です。

横から覗こうとすると画面が黒く見えにくくなる機能で、画面は若干暗くなることがありますが、プライバシーをしっかりと守れます。電車内や外でスマホを見ることが多い人は、ぜひチェックしておきたい機能です。

 

目が疲れにくいブルーライトカット

仕事でパソコンを使う目を酷使している人に試してもらいたいのが、有害な青色光であるブルーライトカット機能のあるガラスフィルムです。

長時間パソコンで目を酷使しながら、iPhoneでもブルーライトを浴びてしまうと、目に更なる負担をかけてしまいます。

目を疲れにくくするためにも、ブルーライトを80~90%ほどカットできるガラスフィルムを選ぶとよいでしょう。カット率は商品によって異なるため、自分の環境や目の疲れに合わせて選ぶことをおすすめします。

 

より安全な衝撃吸収

画面を絶対に傷つけたくないという人や、iPhoneを落としやすい人にこだわってほしいのは、やはり衝撃に対する強さです。ガラスの強度はもちろん、衝撃吸収の機能があるものを選ぶとよいでしょう。

衝撃吸収機能は、ガラスフィルム自体が落下やぶつけた際の強い衝撃を吸収してくれるため、割れにくくなる機能です。

他のフィルムよりも強度があり、万が一割れてしまった場合でも飛散防止加工がされている衝撃吸収タイプなら、破片が飛び散るのを防げます。

 

【貼り方】ガラスフィルムをキレイに貼る方法

ガラスフィルムを画面に貼る際に、気泡が入ったりズレてしまったりと、失敗してしまうケースは珍しくありません。せっかく購入したガラスフィルムを無駄にしてしまうと、がっかりしてしまうでしょう。

失敗せずキレイにガラスフィルムを貼るには、基本的な手順に沿って慎重に貼っていくことが大切です。キレイに貼るためのコツや、貼りやすい商品についてチェックしてみましょう。

 

基本的な手順

まずは、iPhoneの画面についた汚れやホコリなどを拭き取ります。アルコールが含まれているウェットティッシュで指紋などをしっかり拭き取り、水分が残った場合は清潔な布で拭いておきましょう。

次に、セロテープをガラスフィルムの表面に、上下対角線になるように貼ります。セロテープで持ち手を作ることで、iPhoneやフィルムに触れずに作業できるため便利です。

ホコリなどが入ってしまった場合は気泡の原因になるため、セロテープを使ってホコリを取りのぞき、布で空気を押し出しましょう。

 

キレイに貼るためのコツ

キレイにガラスフィルムを貼るためには、気泡が入らないようにホコリに気を付けることが大切です。湿気のあるお風呂場など、ホコリが舞いにくい場所で作業するようにしましょう。

また、明るい場所で行うことで、万が一ホコリが入ったり指紋がついたりした場合も見つけやすくなります。粘着面を下にしたまま、そっと画面に貼るようにするとキレイに貼れるでしょう。

 

失敗しにくい貼り付けキット付き

ガラスフィルムを貼るときに気泡が入りやすいという人は、貼り付けキットが付属しているガラスフィルムを試してみましょう。

ガイド枠がついているタイプでは、iPhone本体を枠にはめた後、ガラスフィルムを乗せるだけで貼れるため簡単です。

また、ガラスフィルムがズレないようにするためのガイドステッカーや、貼り付けるときに持ち手になるシールなどが入っているキット付きの商品も販売されています。

 

【2.5Dタイプ】ガラスフィルムおすすめ人気3選

ここからは、お気に入りのスマホケースと合わせて使いたい、衝撃に強い2.5Dのガラスフィルムを紹介します。

商品によって対応しているiPhoneに違いがあるため、注意しながら選ぶことも重要です。

 

Deff BUMPER GLASS 強化ガラスフィルム

『Deff BUMPER GLASS 強化ガラスフィルム』は、ガラスフィルムの弱点である側面の強度に着目して作られた、iPhone11/iPhone XR対応の商品です。側面にポリカーボネート素材のバンパーを使用することで、衝撃を受けにくい設計になっています。

ガラスの素材もアルミノシリケートガラスを使用しているため、強度が高いのも特徴です。強化ガラスとバンパー仕様で、画面を下向きに置くことが多い人でも安心して使えます。

 

クリスタルアーマー 抗菌耐衝撃ガラスフィルム

『クリスタルアーマー 抗菌耐衝撃ガラスフィルム』は、PAPER THINという厚さ0.15mmのiPhone 11 Pro/XS/Xに対応した強化ガラスフィルムです。薄いフィルムでありながら強度があり、ガラスフィルム特有の感触が軽減されています。

厚めのガラスフィルムではタッチ感度が気になるという人や、iPhoneの重さが気になるという人に向いているでしょう。

また、ガラスに含まれる銀イオンの抗菌効果にも期待ができる商品です。

 

LEPLUS GLASS PREMIUM FILM

ケースを使用する人に使ってみて欲しいのが『LEPLUS LASS PREMIUM FILM』です。iPhone 11/iPhone XRに対応しており、本体よりも1mmほど小さいサイズのケースでも干渉しにくい設計になっています。

透明度の高いスーパークリアタイプや反射防止のマットタイプ、指触りが滑らかなゲーム特化タイプ、目に優しいブルーライトカットタイプの4種類から、自分に合ったタイプを選べるのも嬉しいポイントです。

 

【3Dタイプ】ガラスフィルムおすすめ人気3選

3Dタイプのガラスフィルムは、iPhoneを端までしっかりとカバーしてくれるため、日常的につく傷や側面からの衝撃、引っかかりなども防いでくれます。

人気の高い3Dタイプのガラスフィルムを特徴と合わせてチェックしていきましょう。

また、こちらも2.5Dと同様に、商品によって対応しているiPhoneが異なります。自分のiPhoneの種類を確認した上で商品を選びましょう。

 

Deff TOUGH GLASS 3D 強化ガラスフィルム

iPhone 11/iPhone XR対応の『Deff TOUGH GLASS 3D 強化ガラスフィルム』は、高質感・高透過率を誇る、クリアで上質な強化ガラスを使用しています。特殊な薬品で2段階の硬化処理を行い、強度をアップさせた化学強化ガラスで耐久性の高さが特徴です。

また、ヒビの入りやすいフチを樹脂で保護し、割れにくい工夫もされています。iPhoneを落とした時の衝撃吸収効果がアップしているため、強度の高い3Dガラスフィルムを探している人に試して欲しい商品です。

 

Truffol サファイアガラス製フルカバー

とにかく硬度と透明度が高い3Dガラスフィルムがいいという人に試してもらいたいのが『Truffol サファイアガラス製フルカバー』です。硬度が高い人工サファイアを使用した強化ガラスで、一般的なガラスよりも2倍ほど強度が高くなっています。

クリアで見やすいディスプレイを実現しつつ、強度も高いというハイクラスのガラスフィルムです。アンチフィンガープリントコーティング加工が施されているため、画面に指紋が付きにくく、汚れが落としやすいのもポイントでしょう。

iPhone 11 Pro Max/XS Max/12 mini/12/12 Proに対応しています。

 

ABSOLUTE PERFECT ENCLOSURE

iPhone 12 mini/12Pro Max/12/12 Proに対応している『ABSOLUTE PERFECT ENCLOSURE』は、9Hの硬度でしっかりと保護する強化ガラスを使用しています。0.2mmと薄いタイプの3Dガラスですが、傷がつきにくく安心して使用できるでしょう。

CNCガラス加工というフチをなめらかにする加工が施されていて、強化ガラスフィルムにありがちな指触りの引っかかりが軽減されています。アンチフィンガープリントによって、画面に指紋が付きにくいのも特徴です。

 

ガラスフィルムの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ガラスフィルムの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

iPhone関連記事はこちら!

手帳型ケース

 

ガラスフィルムでiPhoneの画面を守ろう

iPhoneを落としたり、ぶつけたりして画面にヒビが入ってしまうと、見た目が悪くなるだけでなく、操作がきかなくなることがあります。そうなってしまう前に、iPhoneの画面はしっかりとガラスフィルムで保護しておきましょう。

ガラスフィルムで画面を保護することで、大切なiPhoneを長く使用できます。強度のあるものや使い勝手のよいガラスフィルムを選び、キレイな画面を長持ちさせましょう。

記事内で紹介されている商品

Deff BUMPER GLASS 強化ガラスフィルム

サイトを見る

クリスタルアーマー 抗菌耐衝撃ガラスフィ…

サイトを見る

LEPLUS GLASS PREMIUM FILM

サイトを見る

Deff TOUGH GLASS 3D 強化ガラスフィルム

サイトを見る

Truffol サファイアガラス製フルカバー

サイトを見る

ABSOLUTE PERFECT ENCLOSURE

サイトを見る

関連記事