買いたいものを検索してください

なに、この漢字?と思ったら漢字辞典!漢字辞典おすすめランキングTOP8

この春、小学生の子供に漢字学習用に漢字辞典を購入しようと思っている親は多いのではないでしょうか。どの漢字辞典を選べばいいのか迷っている人も多いと思います。

漢字学習は最初が肝心!

漢字辞典だって同じです!

漢字自体に不慣れな子供には、漢字辞典の使い方がややこしく、憂鬱に感じるかもしれません。

そんな時に、イラストやデザインが楽しそうな商品を選ぶことによって、楽しく漢字を学習するためのきっかけにもなるはずです。

現在の小学校での漢字辞典の使用は、小学4年生の授業からですが、使い方や漢字学習の習慣づけや漢字自体に慣れる意味でも小学生に入る前から身近に置いておくべき商品だと思います。

学校の宿題や家庭学習をするときに利用することで、いろんな漢字を覚えられる機会が増えるはずです。

 

そもそも、漢字辞典って必要?

漢字

小学生の頃は「辞書って楽しい!」と思ったことがあるはずなのに、気づいたら辞書を引かなくなっていませんか?高校生頃になると電子辞書が登場し、いつからか紙の漢字辞書なんて引かなくなってしまった人が多いはず。

最近ではスマホやネットで調べることができますし「そもそも漢字辞書なんて必要なの?」という問いに迫られます。漢字辞書の必要性って、何なのでしょうか?

漢和辞典や国語辞典に比べると、漢字辞典をわざわざ持っているという人は多くないイメージもあると思います。自分あるいはお子さんに漢字辞典が必要か迷っているという方は、以下のポイントを踏まえて考えてみてください。

 

スマホやネットで調べるよりも、覚える

「辞書を引く」という手間がかかりますが、その手間をかけることで言葉の内容をより深く頭に刻むことができます。またその意味だけでなく他の意味、派生語、熟語、由来など様々な知識を入れることができるのです。

 

こまめに引けば、スマホより早い

日頃から辞書を引き慣れている人は、そのスピードがものすごく早いです。すぐそこに辞書があれば、スマホで言葉を入力して調べるよりも早いでしょう。

辞書は「慣れ」が何より大切。まずはこまめに引くことが大切です。

 

語彙力が高まり、知識と思考が広がる

ひとつの言葉を調べたつもりでも、辞書を引いて調べると隣に並ぶ言葉や、同じ読みかたで違う意味のものを自然に学ぶことができます。

ネットで調べるよりも必然的に語彙力が増えていくということ。辞書を引く習慣をつけると言葉により繊細になり、色々な言葉に注目することになります。

知識が増えると思考も広がり、様々なところで良い影響が出てくるでしょう。

 

索引がしやすい

漢字辞典の特徴として部首索引や総画索引など、読み方以外でも探すことができます。もちろん音訓の読みでも探すことができるため、いずれか1つしか知らない場合にも、目的の漢字を見つけやすいです。

国語辞典や百科事典などで知った言葉に使われている漢字について知りたくなった時にも活用することができます。

 

派生語が学べる

その漢字に関わる言葉を学べるのも漢字辞典の特徴です。派生語はある漢字の前後に言葉がついて、独立した別の言葉になったもの。例えば寒の派生語の1つに寒がる、暗の派生語に真っ暗などがあります。

 

漢字辞典と漢和辞典の違い

漢字辞典

漢字辞典と漢和辞典の違いってなんだろう?

 

漢字辞典

単字の意味を調べるときに使う辞典。

 

漢和辞典

単字の意味だけではなく、その単字の使い方も調べられる辞典。

その漢字を用いた熟語の両方の意味を調べ、学習することができます。

 

漢字辞典の基本的な使い方

 

「漢字辞典の使いかたなんて知ってるよ!」と思う人もいると思いますが、しばらく使っていないと意外と忘れてしまうもの。

簡単に漢字辞典の使いかたをおさらいしておきましょう。

 

音訓索引

漢字の読みかたがわかっている場合に使うのが、音訓索引です。音読みでも訓読みでも調べることができ、たとえば「船」なら「ふね」「セン」どちらでも調べることができます。その読み方が音読みか訓読みかまで知っている必要はありません。

例えば米を「コメ」と知っていれば、「こ」の項目から探すことができます。米のページではほかの読み方も表示されていますから、銘柄に多い〇〇「マイ」、アメリカを指す「ベイ」国など、コメと読むのかわからない言葉も理解できます。

その文字の下にページ数が書いてあるので、そこのページへ飛びましょう。

 

部首索引

部首がわかっている場合は部首索引を使います。部首索引は部首の画数が小さいものから並んでいます。辞書によって多少違うかもしれませんが、部首ごとにたくさんの漢字が並んでおり、調べたい漢字を探します。

読み方はわからないけれど、その漢字自体は提示されているので確認できる、なおかつ、部首がわかるようなら部首索引を使いましょう。

例えば海という漢字は、部首がさんずいです。さんずいの名前は知らなくても、細いシのようなものが部首である、画数が3になることはわかりやすいかもしれませんね。部首索引は画数順に並んでいるので、3画の項目からさんずいを見つけましょう。

さんずいの項には、さんずいを用いた漢字を表記したページが記されているので該当ページを開きます。各漢字は画数順に並んでいるので、海の9画(もしくはさんずいを除いた6画)を予め確認しておくとスムーズです。

 

総画索引

調べたい漢字の読みかたも部首もわからない場合は総画索引を使います。自分で画数を数えて調べましょう。

ただ漢字の総画数が分かっているなら、部首をいちいち確認するより総画索引で探してしまったほうが早いことも。もちろん同じ画数だけだと表示される漢字も多いので、部首を知っていれば絞り込みができるメリットもあります。

たとえば「雨」なら8画なので、8画のところで調べて雨を探します。そこの指示するページ数へ飛びましょう。

辞書によっては間違いやすい総画数の漢字に印がついている場合もあります。自分の思っている総画数でない場合もありますので、そういうときは印のついた漢字をチェックしてみるといいですね。

総画索引の場合も画数順なので、百なら6画のページから探します。2画以上かかりそうなのに1画で書いてしまう箇所や、反対に1画に見えて2画以上になりそうな箇所など、画数を間違えやすい漢字には注意です。

 

年齢による漢字辞典の違い

漢字辞典の一般的な収録漢字数は約1000字~50000字と幅がとても広いです。小学生と大人が使う辞典では、文字数が違うのは当たり前です。

年齢や自分のレベルに合った辞典を使うことで、使い易く便利に使えます。自分に合うレベルを知るために、収録字数などにも気を配りましょう。

 

小学生

小学生

辞典の収録字数 約1006字~3000字程度。

小学校の6年間で習う教育漢字は1006字です。小学生用はどの出版社も力を入れており、どれを選んでも失敗はないはずです。

ただ、子供に合った引き方を知り、それに合った辞書を選びましょう。

 

中学生

中学生

辞典の収録字数 親字数約900~4600程度。

中学生になると少しずつ目指す進路が変わってきます。しかしながら、義務教育なのでほとんど同じレベルと考えてよいでしょう。

一番安心できるのは、入学時に学校指定の辞典を選ぶと失敗がないでしょう。学年が上がるにつれ、少しずつレベルも異なってくるため、自分のレベルを考えて選んでいきましょう。

 

高校生

高校生

辞典の収録字数 親字数約10700~親字数約14000程度。

高校生になると、授業で漢文を習うことになります。そのため、中学生より多い字数の辞書が必要になってきます。

三年後の大学受験も踏まえて、高校1年生の辞典選びは、慎重にしましょう!

 

小学生の漢字辞典は子供の興味を持つ商品を!

こども

 

小学生の漢字辞典には、子供が学習するのに興味をもつような漢字辞典が必要です。自分の子供が学習するのに何に興味があるのかも合わせて確認することも大事です。

好きなキャラクターや好きな色など、どんな興味でもかまいません。取っ掛かりは、すべて興味から始まると私は思っています。

我が家では、漢字辞典に限らず、興味がある商品すべて、ドラえもんの漢字学習漫画を使っています。この漢字学習は漢字学習でも、”漫画”というポイントが、意外とうちの子供には合っているようで、興味のある科目の漢字学習漫画は何度何度も読み返します。

私は、漫画を読んでるだけ、と思っていましたが、何度も読み返した漢字学習漫画の科目は得意科目ですし、高得点です。ドラえもん…あなどれません(笑)

好きこそものの上手なれ!ですね。

 

漢字の収録数

小学生には小学校で習う教育漢字1006字程度が収録されている辞典が望ましいでしょう。なぜなら、収録数が多いとページ数も多く、初めて辞書を引く子供にとって探しにくく、ややこしく感じるためです。

必要字数程度から始めてみるとよいでしょう。子供のレベルに合ったも商品を与えることで、楽しく漢字辞典に親しめるはずです。

 

イラスト

漢字の成り立ちなど、イラストで楽しく親しめる商品がおすすめです。子供の興味を引くためにも、子供にとって絵は大事な存在なのです。

漢字辞典を眺めることで、いろんな情報を覚えていってくれるはずです。

 

漢字辞典のおすすめな選び方

漢字ファミリー

はじめて使う漢字辞典を購入する時は、子供と一緒に選びましょう。そして、一番優先すべきことは、簡単に一人で調べられるということ!

学年ごとに漢字を探せたり、部首でカラー分けされている辞典もあります。ことわざや慣用句をイラストで説明している商品もあり、さまざまです。

どんな探し方が子供に合っているか、家にある漢字辞典で一度引いてみて、一緒に考え選びましょう。

 

【小学生向け】漢字辞典おすすめランキングTOP8

第8位 正しく書ける 正しく使える 小学漢字1006

出典: Amazon.co.jp

正しく書ける 正しく使える 小学漢字1006
カテゴリ

まず8位にしたのがこちらの商品。

まず、こちらの商品のおすすめのポイントは、手のひらサイズで、どこでも持ち運べて調べられること!学校に、塾に、おうちと持ち運びに軽くて便利で使いやすい商品です。

コンパクトサイズなのに、教育漢字1006字だけでなく熟語や例文もある商品なんです。

辞典自体が小さいため、文字が小さいことが少々惜しいですが、このコスパで、この内容ならサブ辞典として利用しても便利で使いやすい商品でしょう。

 

第7位 小学生のための漢字をおぼえる辞典

続いて7位がこちらの商品。
1,006字を学年ごとに分類分けしています。

私の大好きな五味太郎さんのカラーイラスト付きで漢字の意味や読み方、なりたちを楽しくおぼえられるようになっている商品です。中でも、ことわざや慣用句が多くのっています。

五味太郎さんの作品には、だじゃれにひねったことわざや慣用句を扱った絵本もあり、幼い子供の頃から漢字に慣れ親しむためにも絵本から親しんでもいいですね。

 

第6位 例解学習漢字辞典 第8版

6位はこちらの商品。漢字3,000字だけでも多い数ですが、25,000語も熟語が詰まっている商品です。

小学生用の漢字辞典なのに十分すぎる収録数です。小学館ということもあり、ロングセラーははずせませんね。ロングセラーなのには訳がある!

 

第5位 下村式 小学漢字学習辞典 第5版

5位は下村式のこちらの商品。
辞書のひきかたをちょっと教えたらすぐに使い始めました。

他の辞典とは仲間分けが違っていて、普通の辞典を引き慣れた私は、はじめ戸惑いました。しかし、その仲間分けにも意味があり、とても興味深く感じました。

「なりたち」の絵解き説明や熟語も多く、いかにも下村式らしく独特の表記方法や説明があり、1つの漢字を奥深く理解できると思い、わが子に与えました。

こちらは漫画ではありませんが、眺めて覚えることが出来ます。時間のある時に読んで、私に「なりたち」を自慢げに説明してくれました。こちら、下村式 小学国語学習辞典 とあわせて使うととても便利でした!

 

第4位 ドラえもん はじめての漢字辞典

4位は子供に非常におすすめしたい商品。オールカラーで、総ふりがな付き、小学入学前から使えます。

漢字は習う学年ごとにまとめてあり、とてもわかりやすいです。やはり、おすすめはドラえもん。大好きなドラえもんが、分かりやすく解説してくれています。

「なりたち」もドラえもんが説明していて、漫画の様に楽しく学習できるはずです。うちの子は、はじめは漢字を引くより、ページ横の「なりたち」ばかり読んていました。

漫画を読む感覚で辞書にも慣れていきました。ドラえもん好きな子供のはじめての漢字辞典におすすめです。

 

第3位 三省堂 例解小学漢字辞典 第五版

親しみやすい表紙の絵柄にも注目して欲しいこちらの商品が3位です!子供が好きそうな表紙!小学生にとってのわかりやすさや使いやすさを追求する姿勢が表れています。

小学校の授業であるあるネタ! 調べたページに付箋を貼っていく作業、たくさん貼られた付箋は漢字学習をしっかり行った勲章、しかし、付箋で文字が見えないことありますよね?

そんなあるあるをすっきり解消!ふせんを貼っても文字が隠れないように工夫された商品なんです。

他にも、こだわりの専用用紙を使っており、子供にめくりやすい紙の厚さで、重さも抜群に軽く、学校へ持っていくことも考えての配慮に、子供を持つ親としては感動とうれしいポイントばかりの商品です!

小学生のために作られた漢字辞典といっても過言ではないでしょう!

 

第2位 小学新漢字辞典

大半の小学校で使用していることもあり、子供には馴染みがある商品なようです。国語の教科書内容を参考に編集され、授業に沿って利用しやすい辞典です。

学校で使用するだけあって、文字が大きく読みやすく、小学生が習う基本的な重要語、慣用句や四字熟語も豊富に収録されているので失敗はないはずです。

学校でも使い、家でも使うことで慣れ親しめる!慣れ親しんでいるから、興味が湧いてくること、子供にはありだと思います。

 

第1位 新レインボー 小学漢字辞典改訂第5版小型版

出典: Amazon.co.jp

新レインボー 小学漢字辞典改訂第5版小型版
カテゴリ

オールカラーで見やすく、漢字すべてにふりがながあり、小学生前から使えるこちらの商品が1位になります。

付録についている別冊「まんがでわかる 漢字辞典のつかい方」で、入学前から自分で使えるように配慮され、さすが学研ですね!

小学生の目線に立って漢字を引きやすくするためだけに、紙面デザインを工夫していることにも注目です。

さらに、漢字がすぐに見つけられるように、見出しの字を大きくする工夫もしてあり、子供目線で取り掛かりやすい工夫も親としては高ポイントです。

身のまわりでよく目にする常用漢字表にのっていない漢字までも収録してあり、先取り漢字学習をするこどもにも奥深く知識を得られるおすすめの1冊です。アマゾン ベストセラー第1位という理由も納得です。

 

漢字辞典の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、漢字辞典の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

漢字辞典で漢字に強くなる!

漢字

ここまでランキング形式で漢字辞典についてお話してきました。初めて手に取る漢字辞典だからこそ、気に入った商品を選んであげてください。

今までなら、「なにこの漢字?」と聞いていたのに、分からない漢字を自分で調べるようになり、漢字辞典を通し、わが子の成長を感じられるはずです。

自分に合った漢字辞典に出逢う事で、漢字に対する興味も違ってくるはずです。ぜひ、お気に入りの1冊を見つけてあげてください。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

正しく書ける 正しく使える 小学漢字1006

サイトを見る

小学生のための漢字をおぼえる辞典

サイトを見る

例解学習漢字辞典 第8版

サイトを見る

下村式 小学漢字学習辞典 第5版

サイトを見る

ドラえもん はじめての漢字辞典

サイトを見る

三省堂 例解小学漢字辞典 第五版

サイトを見る

小学新漢字辞典 光村の辞典

サイトを見る

新レインボー 小学漢字辞典改訂第5版小型版

サイトを見る

関連記事