買いたいものを検索してください

【来客用・防災用】寝袋おすすめランキングTOP9【コンパクトタイプも!】

寝袋(シュラフ)と言えば、キャンプを楽しむ時や車内泊を楽しむ際に寝具として利用するケースが多いかと思います。近年では一昔前の寝袋よりもコンパクトに収納できる商品も多く登場していることもあって、急に誰かの家にお泊りするする際に布団の代わりに寝袋を利用するケースも多いかも知れません。

今回は寝袋について商品の形状、中綿の素材、使用シチュエーション、各種用語、おすすめブランド、おすすめ商品などの項目別に紹介していきたいと思います。

 

寝袋の形状の違いに注目!主に二種類

寝袋の種類は形状別に「人形」、「卵型」などがありますが、今回は特にメジャーとされる「レクタングラー・封筒型」と、「マミー型」の違いを細かく見ていきたいと思います。

 

【レクタングラー・封筒型】安価で初心者向き

メリット

  • 「マミー型」と比べてゆったりとしたデザインなので、いつもの布団のように寝られるのが好印象。
  • 同じモデルの寝袋であれば2つ繋げられる商品も多いので簡単にダブルサイズの寝袋として運用することが可能。
  • ファスナーで簡単に開閉が出来るので、暑い時に簡単に温度調節が可能。

デメリット

  • 構造上「マミー型」と比べて密着性が低く寒さに弱い。
  • マミー型と比べてコンパクトに収納しずらいのでソロキャンプ利用時に向かない。
  • 加えて「マミー型」よりも重量が重たい商品が多い。

 

【マミー型】ミイラを意味する「Mummy」に由来する名称

メリット

  • ミイラに似た形から「マミー型」と呼ばれることもあり、寝袋と身体の密着性が高く体温を逃がしにくい
  • 上記で示したように密着性が高いことから保湿性も高め。
  • 「レクタングラー・封筒型」に比べてコンパクトに収納しやすい。

デメリット

  • 密着性が高い反面身動きが取りにくい。
  • 保湿性が高いことから湿気の多い時期に使用するのに向かない。
  • 密着性が高く体温を逃がしにくい仕様から暑い季節には使いにくい

 

寝袋(シュラフ)の選び方

 

中綿の素材に注目!

ここでは寝心地の良さや耐寒性などを決める中綿の素材を紹介!代表的な化学繊維とダウンとの違いを比較していきます。

【化学繊維(人工素材)】安価かつメンテナンスが面倒だ!と思う方におすすめ

中綿に化学繊維を使用した商品の利点は濡れに強い、後に紹介するダウン(羽毛)よりも安価、収納した状態で保管できるメリットがあるものの、ダウン(羽毛)と比べて保温性に劣っていたり、重量が約2倍体積も1.5倍ほどになるなどのデメリットがあります。

ただ、天然素材なダウン(羽毛)と比べて洗濯方法や保管方法に気をつけなくても良く、特にものぐさな方におすすめ!

【ダウン(羽毛)】保温性が高く柔らかな寝心地が特徴

ダウン(羽毛)の利点はなんと言っても軽く収納する際もコンパクトに出来ること、保温性に優れていること、ダウンジャケット同様にふかふかして寝心地がグッド!

欠点としては化学繊維と比べて価格が高いこと、水に弱いこと、洗濯の際には専用の洗剤が必要なこと、保管方法に気をつけないとカビが発生しやすい点があげられます。ダウン(羽毛)利点を活かし、寒冷地へ行く時やソロキャンプ時にはダウン(羽毛)を中綿として使った寝袋がマストかも知れません!

 

重さをチェック!コンパクトなものがおすすめ

寝袋は持ち運びを考えるなら、軽くてコンパクトなものがおすすめです。しかし軽い寝袋は中綿が少なく、敷いた場所が硬い地面なら寝心地は最悪なものに。薄ければ保温性も下がってしまいます。

夏場や柔らかい地面、車中泊などであれば軽さ優先で構いませんが、冬場や標高が高い場所であれば寝心地を優先し、1kg程度(中綿700g前後)の寝袋がおすすめです。

 

サイズは体型や使用人数に合わせて選ぼう

寝袋は「シングル」だけでなく、2人用の「ダブル」や、より大きなサイズである「キング」などもあります。1人だからシングルと決めるのではなく、体格が良い方であればダブル、2人でもゆったり過ごしたいならキングと、人数だけでなく利用者の体型も踏まえて選びましょう。

また封筒型の寝袋であれば、同じシリーズの商品同士を繋げて、シングルをダブルにするという使い方が可能です!家族で利用するだけでなく個人で出かけることもあるなら、状況に応じて使い分けるのもおすすめです。

 

使用シーンはいつ?

 

寝袋には大きく分けて3シーズン用、4シーズン用、夏用、冬用の3つのバリエーションがありますが、今回は夏用と3シーズン用について細かく紹介していきます。

【夏用】

夏用は文字通り夏にピッタリな寝袋で、主に快適温度が10℃くらいまでの商品が対象とのこと。なお、夏でも標高の高い場所や高緯度地帯で使用する場合には夏用の寝袋ですと寒さを感じる可能性があるので、夏季の気温が比較的高めな中緯度から低緯度の地域の平地で夏キャンプをする時に使用するのがおすすめ!

【3シーズン用】

3シーズン用は春、夏、秋に対応した寝袋で快適温度が0℃~5℃あたりとなっており、暑い日は寝袋のジッパーを開いて掛け布団のように、寒い日にはすっぽり包まって使用するのが前提の寝袋となっています。

 

温度表示についての細かな用語を解説

寝袋には様々な温度表示がなされていることがありますが、今回は快適温度、下限温度、極限温度の細かな意味について解説していきたいと思います。

 

快適温度

快適温度とは、寝袋を使ってストレス無く快適に眠れる温度帯を指しており、例えば基礎代謝の低い方や寝袋で寝るのに慣れていない方であれば、快適温度=その場所の気温と判断して寝袋を購入することをおすすめします!

 

下限温度

下限温度とは基礎代謝が高く、寒さに対する耐性が強い方(暑がりな人)が快適に睡眠をとれる温度のことを指しており、基礎代謝が低い方の場合は下限温度よりも快適温度のスペックに着目して商品選びを行う必要があります。

 

極限温度

極限温度とは、基礎代謝が低く、寒さに対する耐性が低い人(寒がりな人)が寝袋に包まって6時間耐えることの出来る温度のことを指しており、基礎代謝が高い低いに限らずこの数値を参考にして商品選びを行うのは避けたほうが良いかも知れません。

 

初心者必見!安定の人気ブランドをご紹介

寝袋はいろんなメーカーから様々な種類が発売されていますが、ここではいくつかメジャーなメーカーを紹介!今回はメジャーなナンガ、モンベル、コールマンの3社で気になる寝袋を簡単にスペックのみ紹介していきたいと思います。

 

ナンガ UDD BAG 450DX

収納サイズ 14cm✕30cm
使用サイズ 228cm✕85cm
形状 マミー型
重さ 825g
快適温度 1℃
おすすめの季節 春・夏・秋・冬
中綿の種類 ダウン

 

モンベル シームレス ドライ ダウンハガー900

収納サイズ 14cm✕28cm
使用サイズ
形状 マミー型
重さ 541g
快適温度 4℃
おすすめの季節 春・夏・秋・冬
中綿の種類 ダウン

 

コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ

出典: Amazon.co.jp

コールマン マルチレイヤースリーピングバッグ
ブランド
カテゴリ
収納サイズ 約52cm✕29cm✕38cm
使用サイズ 約200cm✕90cm
形状 レクタングラー・封筒型
重さ 4900g
快適温度 -5℃
おすすめの季節 春・夏・秋・冬
中綿の種類 ポリエステル

 

寝袋(シュラフ)人気おすすめランキングTOP9

ということで、上ではメジャーな3メーカーで気になる寝袋(シュラフ)をサクッと紹介していきましたが、ここでは様々な寝袋(シュラフ)メーカーから気になるアイテムを9種類ピックアップして詳しく紹介していきたいと思います。

 

第9位 Ohuhu 寝袋 封筒型 2人用

収納サイズ 約48×30cm
使用サイズ 約150×220cm
形状 封筒型
重さ
快適温度 0℃~10℃
おすすめの季節 秋・冬
中綿の種類 コットン

ファスナーによる連結で2人用から1人用にも

まず第9位は、Ohuhuの2人用寝袋。封筒型でファスナーによる連結・解体ができ、1人用×2の寝袋としても使うことができます。快適温度は低めなので、寒さが気になる秋冬におすすめ。メーカーでは季節問わず利用可能としているので、薄着にするなどすれば春夏の暖かい日にも使えるでしょう。

表面はポリエステルによる防水、中綿はコットンで吸湿性や感触がよいのも魅力です。

 

第8位 CANWAY 寝袋 2人用

収納サイズ 約48×30cm
使用サイズ 約150×220cm
形状 封筒型
重さ 2.7kg
快適温度 0℃~15℃
おすすめの季節 秋・冬
中綿の種類 コットン

枕の立体感が嬉しい2人用

8位も2人用の寝袋です。こちらは枕がついているので、フラットなままでは寝られないという方におすすめ。サイズや機能は9位と大差なく、価格がわずかにこちらの寝袋の方が安いこともあって上位としました。

9位同様、ファスナーによる連結と解体が可能で、1人用としても活躍してくれます。またファスナーはダブルタイプかつL字になっており、暑い時は開けて涼しさを保てることや、破損しにくく耐性が高いところも魅力です。

 

第7位 キャプテンスタッグ プレーリー 封筒型シュラフ(寝袋)600

No.7

出典: Amazon.co.jp

キャプテンスタッグ プレーリー 封筒型シュラフ(寝袋)600
ブランド
カテゴリ
収納サイズ
使用サイズ 185cm✕75cm
形状 レクタングラー・封筒型
重さ 600g
快適温度 15℃
おすすめの季節
中綿の種類 ポリエステル

急な来客用の寝具としても!

重量も軽めで価格も爆安なので夏用の寝袋を探している方はもちろんのこと、急な来客用の寝具として購入するのもおすすめなモデル!

寝袋を色々と探してみると、多くのモデルが安くても数千円なアイテムが多い中で、キャプテンスタッグ社の「プレーリー 封筒型シュラフ(寝袋)600」は実売価格が1000円以下ととってもお得!

価格が安い分快適温度は15℃とかなりスペックは低めですが、とりあえず夏用の寝袋が欲しい、急な来客に備えて簡易的な寝具をいくつか用意しておきたいと思った時にマストなモデルとなっています!

 

第6位 マクロス GIGANTIC TREE 3WAY多用途寝袋

収納サイズ 42cm✕42cm
使用サイズ 190cm✕75cm
形状 レクタングラー・封筒型
重さ 1100g
快適温度 -5℃
おすすめの季節 春・夏・秋・冬
中綿の種類 ポリエステル

キャンプ以外でのシチュエーションにもおすすめ!

価格も安価ながらも寝袋としての性能の高さはもちろんのこと、掛け布団、クッションとしても使えるなど、キャンプ以外のシチュエーションでも使えるのがおすすめ!

マクロス社の「GIGANTIC TREE 3WAY多用途寝袋」は、マイナーメーカーかつ地味なスタイルの寝袋ですが、中綿がポリエステルなので洗濯機での洗浄が可能な上に、耐冷温度も-5℃まで対応と意外なほどにハイスペック!

また、寝袋として利用する以外に掛け布団、クッションなどに変形させての利用が可能となっているので、寝袋1つで色々な使い方が出来る商品に興味のある方におすすめです!

 

第5位 キングジム 着る布団&エアーマット フリーサイズ

No.5

出典: Amazon.co.jp

キングジム 着る布団&エアーマット フリーサイズ
ブランド
カテゴリ
収納サイズ 30cm✕16cm
使用サイズ 160cm✕60cm
形状 人形
重さ 700g
快適温度
おすすめの季節
中綿の種類 ホロファイバー

普段使いから非常事態の防寒にも!

着たまま寝れる寝袋を探している方はもちろんのこと、企業で従業員が帰宅困難者となった時の備えとしておすすめ

寝袋と言えば布団のように寝れるものや、身体に毛布を包まるように使用するモデルが多い中、今回紹介する「着る布団&エアーマット フリーサイズ」は服のように着たまま寝れるので、避難時の状況によって即座に移動しなければならない時にも楽々移動できるのが最高!

加えて、寝心地を良くするためのエアーマット(エアーマットに空気を入れるためのエアーポンプも付属)しているので、固い床の上でも快適に就寝しやすいのも最高!

室内で利用するのが前提なので快適温度やおすすめの季節についてはデータがありませんが、比較的価格も安価なので試しに人形の寝袋を導入してみたい方や、おうち時間でも楽しく過ごしたい方におすすめな寝袋となっています。

 

第4位 ロゴス neos 丸洗いアリーバ・-15

収納サイズ 31cm✕31cm✕52cm
使用サイズ 210cm✕80cm
形状 マミー型
重さ 2500g
快適温度 -15℃
おすすめの季節
中綿の種類 ダイナチューブファイバー

収納サイズが少々大きめですが、洗濯もしやすくある程度の寒冷地でも対応できる寝袋を探している方におすすめ!

ロゴス社の「neos 丸洗いアリーバ・-15」は、収納サイズが大きめかつ重量がかさばる分、適正温度が-15℃までとある程度の寒冷地でも対応できるのがウリな商品!

なお、日本で-15℃以下の環境を体験することの出来るエリアは、北海道かその他エリアの高山帯でしか体感することが出来ないこともあり、本州、四国、九州あたりの低地であればガンガン冬季でも使えるスペックを誇る寝袋となっています。

 

第3位 Marmot Radium 30

収納サイズ
使用サイズ
形状 マミー型
重さ 1033g
快適温度 -18℃
おすすめの季節
中綿の種類 ダウン・フェザー

耐寒性に優れていながらも中綿にダウン・フェザーを使っているので軽めなのが最高!

安価で耐寒性に優れた寝袋もどんどん登場してきていますが、多くの商品の場合化学繊維を中綿として用いていることから重量がかさばることが多々あります。

今回紹介するMarmot社の「Radium 30」は、ダウンジャケットの中綿として使用するダウン・フェザーを中綿として採用しているために商品重量も軽めなのが最高!加えて、-18℃まで対応できることもあり、北海道以外のエリアであれば冬季でもガンガン使用できるモデルの1つとなっています。

 

第2位 THE NORTH FACE ワンバッグ

収納サイズ 36cm✕28cm
使用サイズ 198cm✕不明
形状 マミー型
重さ 1701g
快適温度 -15℃
おすすめの季節 春・夏・秋・冬
中綿の種類 Heatseeker PRO、RDS認定800フィル ProDown

取り外しパーツを活用して、シーズン問わずの寝袋に!

取り外し可能な3つのパーツを組み合わせることで夏にピッタリな軽量タイプの寝袋としても使えるのはもちろんのこと、パーツをすべて組み合わせて防寒性高めな冬用の寝袋としても運用可能なのが最高

耐寒性に優れている寝袋は多くの場合冬専用の商品が多いなか、THE NORTH FACEから発売中の「ワンバッグ」は、パーツを組み替えることでオールシーズン対応の寝袋として使用できる一品。加えて外装は撥水加工がなされているので水濡れの対応も成されているのも嬉しいところ!

まさに、天気や季節を問わずに対応できる寝袋が欲しい方にメチャおすすめです!

 

第1位 スノーピーク グランドオフトン シングル1000

No.1

出典: Amazon.co.jp

スノーピーク グランドオフトン シングル1000
ブランド
カテゴリ
収納サイズ 31cm✕50cm
使用サイズ 180cm✕110cm
形状 レクタングラー・封筒型
重さ 4600g
快適温度 -8℃
おすすめの季節
中綿の種類 ウォッシャブルダウン

オフトンという商品名の通り、寝袋とは思えないほどに寝心地の良さを追求した一品

これまで紹介してきた寝袋は良くも悪くも全て寝袋感全開なアイテムばかりでしたが、今回紹介するスノーピーク製の「グランドオフトン シングル1000」は商品名にオフトンと記してあるようにまるで布団のような寝心地を実現しているのが最高!

加えて、寝心地を良くする厚さ5cmのマットも付属することもあり、寝袋の下が不整地であってもストレス無く眠りにつける上に、快適温度も-8℃と本州の冬であれば高山地帯以外であれば楽々対応可能なスペックの高さも好印象!

寝心地重視な反面商品重量は重めですが、自家用車などでキャンプ地へと移動するなら重量も大きな問題にはならないこともあり、寝心地の良さ重視の寝袋を探している方にはマストな寝袋となっています。

 

寝袋(シュラフ)人気おすすめランキングTOP10の商品比較表をチェック!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

商品名 スノーピーク(snow peak) グランドオフトン シングル1000 BD-050 THE NORTH FACE ワンバッグ マーモット(Marmot) Radium 30 TOALGG3942 9436 ダークシトロン/Mグリーン ONE ロゴス(LOGOS) neos 丸洗いアリーバ・-15 72940340 キングジム 着る布団&エアーマット BFT-001 マクロス GIGANTIC TREE 3WAY多用途寝袋 キャプテンスタッグ プレーリー 封筒型シュラフ(寝袋)600 CANWAY 寝袋 2人用 Ohuhu 寝袋 封筒型 2人用
収納サイズ 14cm✕30cm 36cm✕28cm 31cm✕31cm✕52cm 30cm✕16cm 42cm✕42cm 約48×30cm 約48×30cm
使用サイズ 228cm✕85cm 198cm✕不明 210cm✕80cm 160cm✕60cm 190cm✕75cm 185cm✕75cm 約150×220cm 約150×220cm
形状 マミー型 マミー型 マミー型 マミー型 人形 レクタングラー・封筒型 レクタングラー・封筒型 封筒型 封筒型
重さ 825g 1701g 1033g 2500g 700g 1100g 600g 2.7kg
快適温度 1℃ -15℃ -18℃ -15℃ -5℃ 15℃ 0℃~15℃ 0℃~10℃
おすすめの季節 春・夏・秋・冬 春・夏・秋・冬 春・夏・秋・冬 秋・冬 秋・冬
中綿の種類 ダウン Heatseeker PRO、RDS認定800フィル ProDown ダウン・フェザー ダイナチューブファイバー ホロファイバー ポリエステル ポリエステル コットン コットン
リンク AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

to buyインフルエンサーおすすめの寝袋もご紹介!

SEALLINE シールライン シラスサック

ナイロン製の防水バッグです。軽量で薄手なのに、しっかりと湿気から守ってくれます。

登山の時の着替えはこれに入れて、ザックに詰め込んでいます。

サイズ違いも持っていますが、
小さいサイズはカメラや携帯などを
雨から守ったり、大きいサイズは、
寝袋や、温泉の着替えを入れたり。

海水浴の着替えや、子供たちのプールの着替えにもとても便利で、
何種類も使っています。

ザックカバーだけでは、
ザックの中が大雨の時に
濡れてしまうのを
こちらのおかげで
濡れずに済んでいます☆

 

寝袋の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、寝袋の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

寝袋の関連記事もチェック!

 

寝具の代わりにストックしておくのにおすすめアイテムまでバリエーション豊富!

以上、色々と寝袋を紹介していきましたが、単純な寝袋の耐寒スペックだけを振り返ってみても夏季対応品のように軽さと低価格を実現しているモデル、寝袋を分解することで3シーズンないしは4シーズン対応できるもの、耐寒性能を追い求めた冬用など寝袋の種類は思っていた以上に多種多様!

そして、使用用途もキャンプや車内泊などの寝袋本来の使用用途に合致しているものから、寝袋を装着したまま寝たり歩いたりすることが可能で災害時に重宝する人形の寝袋、自宅の寝具とそのまま置き換える事のできる良い寝心地を追い求めた寝袋まで登場し、アウトドア好きな方はもちろんのこと、急な来客に備えて通常の寝具の代わりに購入するのに便利な寝袋まで商品化されています。

ぜひ、寝袋の存在がマストなアウトドア好きな方はもちろんのこと、今まで寝袋を使う機会やシチュエーションに恵まれなかった人であっても使える機種も登場しているので、インドア派な方々も今後は寝袋に注目してみるのも良いかも知れません!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ナンガ (NANGA) UDD BAG 450DX レギュラー…

サイトを見る

モンベル シームレス ドライ ダウンハガー…

サイトを見る

コールマン マルチレイヤースリーピングバ…

サイトを見る

Ohuhu 寝袋 封筒型 2人用

サイトを見る

キャプテンスタッグ プレーリー 封筒型シ…

サイトを見る

マクロス GIGANTIC TREE 3WAY多用途寝袋

サイトを見る

キングジム 着る布団&エアーマット フリー…

サイトを見る

ロゴス neos 丸洗いアリーバ・-15

サイトを見る

THE NORTH FACE ワンバッグ

サイトを見る

スノーピーク グランドオフトン シングル1…

サイトを見る

SEALLINE シールライン シラスサック

サイトを見る

関連記事