北欧×無印 大好きライターのおすすめ無印収納アイテム

無印良品のお店のキャッチフレーズってご存知ですか?

「わけあって、安い」なんだそうです。

安くて良い品として開発され、ノーブランドの商品発想でつくられた無印!私も大学生のころに、無印良品の文房具で講義を受けていた学生でした。シンプルなデザインで書きやすいノート、手頃な値段で色とりどりのペンを使っていたことを思い出します。

そんな時代から、無印良品は商品開発しながら、生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくることをテーマにシンプルで美しい商品を送り出してきたようです。時代の求める意識と寄り添いながら、あれからずぅーっと長く愛されてきました。

 

無印良品の今

無印良品が世界でも人気だということをご存知ですよね。ニューヨーク近代美術館 (MoMA) デザインストアーに無印良品のインショップがオープンしています。(2005年10月)そして、iFデザイン賞(ドイツ)も史上初5つの金賞受賞と高い評価で人気なのです。

海外のSNSでも日本と同様に収納事例など投稿されている方が多数います。昔も今も、変わらずの人気です。

(現在の無印良品店舗数:国内・海外計:452店舗・418店舗  計870店舗)

 

私が無印良品の収納グッズをおすすめする理由

無印良品の収納アイテムが愛される理由と同じです!それは、商品のすべてがシンプルでどんなテイストのおうちにもマッチすることだと思います。長く暮らしていると、子供の成長や好み、流行などで必ず生活スタイルが変化してきます。

その時に、買い替えや買い足しが出来る定番商品が多いということがメリットだと思います。私自身も転勤族でいろんな間取りの家に住み替えてきました。その都度、無印良品の商品で自分に合った生活スタイルをつくってきました。

商品のサイズ展開も多く、自分にあったカスタマイズも自由自在です。時代や消費者のニーズに沿っている無印だからこそかもしれません。収納するなら、無印良品といっても過言ではありません。今まで、私が使って追加購入し続けている収納アイテムをご紹介させてください。

キッチンにおすすめの無印収納アイテム

アクリル仕切棚

やはり、こちらです!私の様に食器好きな人にはおすすめです。食器がたくさんあっても、アクリル仕切棚で出し入れがスムーズ、簡単でノンストレスです。このアイテムにとても助けられている一人です。

食器だけでなく、いろんなものの収納に一役買ってくれます!クリアでどんなお部屋の雰囲気も壊さないうれしいアイテムです。大きいスペースに使用するなら、複数並べて、収納するもののサイズに合わせ使用すると整理整頓が楽になるはずです。

 

アクリル仕切棚

 

アクリル仕切りスタンド

こちらは、キッチンで幅広いジャンルで活躍してくれるアイテムです。最近、流行りの立てる収納を可能にしてくれます。フライパンや食器さらには、冷凍庫の食材を立てて収納するとなだれ防止で、簡単に物を取り出せますよ。

キッチン以外でも、衣類を立てて収納する際にもとても便利です。私は、食器を立てる収納で使用中ですが、安定感があり、サイズ違いの購入を検討中です。

 

小物入れにおすすめの無印収納アイテム

アクリル小分けケース

女性の持ち物で一番細やかな小物といえばアクセサリー。特にネックレスは、くさりが絡まって、ほどくことに一苦労ってことよくありませんか?そんなストレスを解消するため、このケースで1つ1つを分けて収納することでくさりの絡まりをなくすことができました。

つけたいときに、さっと取り出せるノンストレスな収納に便利です。

 

アクリル小分け

 

中でも私のおすすめな使用法は、旅行先に必要なものだけケースに入れ、セットで持っていくことです。絡まることもなくすこともありません。年末年始の帰省時や旅行には大活躍です。

 

アクリル小分け

 

無印のおすすめファイルボックス

ポリプロピレンファイルボックススタンダードタイプ・ワイド

これも、おすすめ!大物収納にはしっかりした造りでシンプルなファイルボックスが絶対おすすめです!ファイルだけの収納ではなく、キッチンや洗面所、リビングなど幅広い収納グッズで大活躍です。色の氾濫が抑えられ、すっきりとした印象を好む方にはホワイトグレーをおすすめします。また。扉があり、中身が一目瞭然でわかることが最優先の場所であれば、ラベリングをするか、半透明で判断がしやすくなる透過(半クリア)がおすすめです。

 

ちなみに、私はキッチンでフライパン立てや調味料の収納に使用しています。フライパンは重ねずBOXに立てて収納することで取り出しやすいメリットと、ファイルボックスが汚れてもボックスを取り出して簡単に洗えるので衛生面でも◎です。

 

無印のおすすめクリアケース

ポリプロピレン衣装ケース

 

おすすめする理由でもお話ししましたが、押入れやクローゼットの衣類の収納にはこれが一番です。自分のスペースに合わせて幅を合わせてジャストサイズできれいに収納してみましょう。サイズも変わらないので、買い替えや買い足しにも臨機応変に対応できることも無印良品の強みだと思います。

また、この商品には奥行きの違うタイプの商品があり奥行きが65cmのものは押し入れに、55cmのものはクローゼットにおすすめです。

 

PP収納ケース用フロントインデックス(ネット限定商品)

大人気の衣装ケースの目隠しとして「PP収納ケース用フロントインデックス」が新発売されたそうです。ポリプロピレン収納ケースの前面が半透明になっており、中身が見えることで前面に白の※プラダンを挟んで使用する人が多かったからでしょうか?

私もその一人です(笑)サイズを測ってプラダンを切る作業から解放されそうです。こういった消費者のニーズをすぐに形に出来る行動力も素敵すぎます!

※プラダンとは、紙ダンボールと同じ形状をしたポリプロピレン製の中空シートのこと。紙ダンボールに比べ、水・油に強く、丈夫で長持ちです。

 

ポリプロピレン衣装ケース ホワイトグレー

こちらは、フロントインデックスも不要のホワイトグレーです。真っ白い見た目が魅力のこの衣装ケース、中身が見えないのでリビングなど人から見えるスペースの収納に重宝しそうです。個人的に、ホワイトグレーシリーズが好みなので、もっと種類が増えることを期待しています。

ちなみに、私は押入れには、ポリプロピレン衣装ケース(約奥行65cm)を使用し、クローゼットにはポリプロピレン衣装ケース(約奥行55cm)を使用して、ジャストサイズで収納しています。半透明の前面には白のプラダンで色のごちゃつきを抑えています。

衣装ケース(プラダン)

衣装ケース

 

まとめ

私の大好きな無印良品!なくてはならないと言っていいほど、私の生活を助けてくれています。学生時代から、主婦になった今もなお、私が利用し続ける理由としては、無印良品が時代にあった生活スタイルに合わせて変化し続けているからなのでしょう。特に、収納ケースに関しては、部屋の間取りまでも考えてのサイズ展開に感動すら覚えましたし、おしゃれ×実用なんて誰も想像すらできなかったように思えます。本当に脱帽です。

無印良品は2003年より、年始のメッセージとしてステートメントを発言してきています。

自然、当然、無印。

無印良品の考え方を感じてもらうための手段、とても素敵です。(こちらは、2017年2月1日一番新しいものです。)自然=エコの発想も時代のニーズにこたえています。

さて、今年はどんなメッセージなのでしょうか?とても楽しみです。

記事内で紹介されている商品

無印良品 アクリル仕切棚

サイトを見る

無印良品 アクリル仕切りスタンド

サイトを見る

無印良品 アクリル小分けケース

サイトを見る

無印良品 ポリプロピレンファイルボックス…

サイトを見る

無印良品 ポリプロピレン衣装ケース引出式

サイトを見る

無印良品 ポリプロピレンケース 引出式 浅型

サイトを見る

関連記事