替え時や種類は?商品選びのポイントも!ベッドマットレスおすすめランキングTOP8

普段、眠る時にベッドを使用している方が多いと思いますが、お使いのベッドマットレスの使い心地はいかがでしょうか。

眠る時間は人生の3分の1と言われています。

非常に長い時間、私達はベッドマットレスを使っているわけですね。

快眠につながるように、そして健康的な生活を送れるように、毎日使うベッドマットレスは慎重に選んでいきたいものです。

理想の寝姿は、立っている時と同じ姿勢なのだそうですよ。

ベッドマットレスに横になった時に、背骨がS字のラインを描いていれば丁度良い、という目安があります。

ベッドマットレスは柔らかすぎても硬すぎても身体には良くない、というわけですね。

ここでは、ベッドマットレスの替え時、ベッドマットレスの種類、ベッドマットレスの選び方のポイント、ベッドマットレスの人気ブランド、ランキング形式でのおすすめベッドマットレスの紹介までを書いていきたいと思います。

 

ベッドマットレスはいつが替え時?

ベッドマットレスは毎日使っている消耗品なので、使ううちに少しずつ品質が低下してきているものです。

高機能なベッドマットレスであっても、10年経てば交換時期と言われています。

一般的なベッドマットレスの場合には、さらに交換時期が早くなり、5年~7年程度ではないかと思います。

使い方やベッドマットレスの品質によって、替え時が異なるので、いつ交換したら良いのか迷ってしまいますね。

替え時の目安となる項目を見ていきましょう。

ベッドマットレス

 

スプリングの不具合がみられる

ベッドマットレスでスプリングタイプの場合には、スプリングの不具合で買い替え時期がわかります。

スプリングが軋む音が聞こえる場合や、スプリングの一部が背中に当たるとわかる場合には、買い替えのサインだと思って下さい。

無理をして使い続けると、熟睡出来なくなるだけでなく、身体がだるくなったり、背中や腰を痛めることにもなりかねません。

 

わたやウレタンの素材の劣化がみられる

ベッドマットレスには、スプリングの上にクッション性の高いわた、ウレタン等の素材が入っています。

このクッション部分の機能が低下すると、寝心地が悪くなり、背中や腰が痛くなってしまいます。

わたやウレタン等の素材の劣化がみられる場合にも、ベッドマットレス自体の買い替えをする必要があります。

 

汚れやカビ

ベッドの上でジュースを飲んでいてこぼしてしまったり、長年寝汗をかいてカビが生えてしまった、という場合には、買い替えの検討も必要になるかもしれません。

ジュースをこぼした時に、すぐに洗濯したり(洗濯出来るベッドマットレスに限る)太陽光の下で完全に乾燥させることが出来るのであれば使い続けても大丈夫です。

しかし、生乾き状態が続くのであれば、雑菌が繁殖して非常に人体に良く無い影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

カビが生えてしまって放置した場合には、衛生面からも買い替えることをおすすめします。

 

ベッドマットレスには種類がある!

ベッドマットレスには、様々な種類があります。

大きく分けると「スプリングタイプ」と「ノンコイルタイプ」の2ジャンルに分類出来ます。

「スプリングタイプ」は、ベッドマットレスの内部にコイルを持ち、コイルでマットレス全体を支えるという特徴があります。

「ノンコイルタイプ」はマットレスの内側にコイルを持たず、マットレスの上にさらに敷いて使ったり、布団の下に敷いたりする使い方も出来るのが特徴的です。

 

スプリングタイプ

スプリングタイプの中でも、さらにコイルの特徴により3種類に分けられます。

ボンネルコイルマットレス

ひとつひとつ螺旋状に巻かれたコイルが連結しており、マットレスに人が寝た場合には、身体を面で支えます。

硬さがあるので、畳に寝るような感覚が好きな方におすすめのタイプです。

ボンネルコイルマットレスに使われるバネの数はおおよそ200本程度です。

スプリングが連結しているので、横揺れが響くようになっています。

寝返りをうった場合には、隣で寝ている人を起こしてしまうかもしれません。

しかし、価格帯が非常にリーズナブルなので、まず価格ありき、という方に向いている商品だと思います。

 

ポケットコイルマットレス

ポケットコイルマットレスは、ポケット状の袋にコイルが1つずつ入っているタイプ。

このポケットの袋がマットレスに敷き詰められているので、身体を点で支えることになります。

身体にフィットして、比較的寝心地が良いとされています。

ポケットコイルに使われるバネの数は500本以もあり、身体を点でしっかりと支える基盤となっています。

また、コイルが独立している構造をしているので、横揺れにも強く、寝返りを隣で寝ている人が打っても大丈夫でしょう。

価格はボンネルコイルマットレスよりも、若干高くなりますが、寝心地重視の方に支持されています。

 

高密度連続スプリングマットレス

高密度連続スプリングマットレスは、コイルが高密度に配置されているタイプのマットレスです。

体重をしっかり支え、体圧を分散してくれ、S字カーブの寝姿勢を保ってくれると期待出来ます。

動きに対する荷重を点ではなく面で支えることにより、寝ている時に部分的な落ち込みが感じられる事も無いのが特徴的です。

体重が重い人でもマットレスに埋もれてしまうということもありません。

横揺れも無いですし、耐久性も高く設計されています。

しっかりとした作りなので、ホテルのベッドに採用されることも多いタイプだそうです。

ベッドマットレス

 

ノンコイルタイプ

ノンコイルタイプは、ウレタンや樹脂素材のマットレスが中心となっています。それぞれの特徴を見ていきましょう。ノンコイルタイプは、一般的にコイルタイプよりも低価格帯で購入出来る点が魅力です。

 

低反発マットレス

低反発マットレスは、ソフトなマットレスで体圧分散が出来る仕様になっています。

しかし、体重が重い方が使うと、身体を支える力が弱いために良い寝心地は得られず、寝返りもうちにくいという状況になるかもしれません。

女性やお子様のように軽い方には向いている商品でしょう。

低反発ウレタンは、アメリカのNASA で開発されたマットレスということで注目を浴びましたが、低反発ウレタンは、身体の形状に密着して変形するため、蒸れやすく耐久性が高いとは言えないというデメリットがあります。

低価格でも購入出来る点は良いですが、ブランド品は高額になります。

 

高反発マットレス(ウレタン)

高反発マットレスは適度な弾力があり、表面は硬めなのが特徴的です。

寝た時の姿勢がキープしやすく、寝返りもうちやすく、体重が重い方や腰痛の方に向いているタイプだと思います。

体圧分散は一般的なマットレスというレベルです。

価格帯はノンコイルタイプとしては若干高めで、ブランド商品の場合は10万円以上の商品もあります。

 

網状マットレス

ここ何年かですっかり浸透してきているマットレスとして、網状マットレスがあります。

一番のメリットは、通気性に優れているという点です。

汗をかきやすい方はマットレスにカビを生やしてしまうこともあると思うので、こういった通気性の良いマットレスが向いています。

また丸洗いが出来るため、清潔に使えるという点も良いと思います。

ただ、通気性に優れているということは、保温性が期待出来ないので寒さを感じる事があるかもしれません。

価格帯はノンコイルタイプとしては若干高めで、ブランドの商品では10万円以上と高額です。

ベッドマットレス

 

どう選ぶ?ベッドマットレス選びのポイント3つ

ベッドマットレスには様々なメーカー、ブランドから色々な種類や特徴のある商品が販売されています。

ここでは、どういった点に注目してベッドマットレスを選んでいったら良いのか、見ていきましょう。

 

タイプで選ぶ

コイルタイプか、ノンコイルタイプかで、選ぶというのも良いと思います。

コイルタイプの方がノンコイルタイプよりも耐久性に優れているので、耐久性を求めるのであればコイルタイプを選ぶと良いと思います。

また、寝心地を追求するのであれば、ホテルでも使われている高密度連続スプリングマットレスを選ぶとはずれが無いのではないでしょうか。

コイルタイプはノンコイルタイプよりも、一般的に価格帯が上がってしまいますが、両者のメリット・デメリットを考えて決めていただければと思います。

 

サイズで選ぶ

ベッドマットレスのサイズで選ぶことが考えられます。

一人で使用する場合でも、背が高い方向けの長いマットレスの用意があるかどうか等は調べておく必要があります。

また、1つのベッドで2人で眠る場合には、ベッドマットレスのサイズも大き目のタイプを選んでいきましょう。

 

マットレスの硬さで選ぶ

寝心地の良さは人によって変わってきます。

体重が軽い方と、体重が重い方とでは、同じマットレスを使っても身体のしずみ方が異なるので、寝心地も変わってくると思います。

体重が軽い方であれば、やわらかめのマットレスを、体重が重い方であれば、硬めのマットレスが向いているとされています。

ノンコイルマットレスの場合には、硬さを表す「N(ニュートン)」という単位を指標にすると良いでしょう。

この「N(ニュートン)」を使った指標としては、

110N 以上が硬め、75N~110N未満で普通、75N未満でやわらかめ となっています。

体重が軽めの方は、75N未満を、体重が重い方は110N以上を選ぶようにすると丁度良いのではないかと思います。

 

ブランドで選ぶ

ベッドマットレスは、長く使う商品だから、やはり信頼出来るブランドの商品を選びたい、という方も多いのではないでしょうか。

ブランドのベッドマットレスであれば、保証も付いていますし、アフターサービスも安心ですよね。

フランスベッドや日本ベッド、パラマウントベッドやシモンズなど、様々な老舗ブランドからベッドマットレスが販売されています。

ノンコイルタイプでも、エアウィーブやマニフレックスなども有名ですね。

お気に入りのブランドがあれば是非チェックしてみましょう。

 

ベッドマットレスの人気ブランドはコレ!

ベッドマットレスの人気ブランドについて商品特徴等を見ていきましょう。

 

フランスベッド

フランスベッドは日本の大手寝具メーカで、家庭用ベッドだけでなく医療用ベッドも取り扱っています。

70年もの歴史がある老舗日本企業で、ベッドやベッドマットレスを購入しよう、となったら、まず候補に挙がるブランドでは無いかと思います。

国内販売シェアNo.1 なのも信頼出来るポイントですね。

フランスベッドは、日本で「高密度連続スプリング」タイプのマットレスを唯一製造・販売しているというところが大きな特徴です。

高品質なベッドマットレスが比較的リーズナブル価格で購入出来るという点が嬉しいブランドです。

 

日本ベッド

日本のベッドメーカーの中で最も歴史が古いメーカーで、皇室や迎賓館に納品実績がある老舗企業として知られています。

品質の良いブランドとして定評があり、ポケットコイルタイプのマットレスの中では群を抜いて寝心地が良いベッドマットレスと言われています。

コイルの密度が高く、寝ている時のどのような姿勢にも対応出来るため、寝心地がよく質の良い睡眠につながると考えられます。

価格帯は高めですが、長く使える商品となるため、品質で選ぶのならおすすめのブランドです。

 

シモンズ

世界中に愛用者を持つシモンズは、120年以上もの歴史を持つ老舗メーカーです。

世界初のベッドマットレスを販売したことで知られており、大型サイズのクイーンサイズやキングサイズの開発で圧倒的な知名度を誇っています。

ポケットコイルタイプのベッドマットレスが主流のブランドで、コイルが二重になっているダブルタイプは一流ホテル等で使われている高価格帯商品です。

一般的なポケットコイルの商品では、意外とリーズナブルな価格帯の商品もあるので、気になる方は要チェックです。

 

エアウィーヴ

エアヴィーヴは日本の繊維製品メーカーとして創業し、近年アスリートを使ったCMで人気となっているブランドです。

ノンコイルタイプのマットレスを扱っており、エアファイバーという樹脂素材を使ったマットレスは通気性が優れており、丸洗いできるという清潔さも人気の理由です。

耐久性は一般的なベッドマットレスよりは低く、ノンコイルタイプの中では高めとなっています。

 

 ベッドマットレスのおすすめランキングTOP8

8位 日本ベッド シルキーポケット

出典: Amazon.co.jp

日本ベッド シルキーポケット
ブランド
カテゴリ

一流ホテルでの寝心地が実現

日本ベッドの「シルキーポケット」シリーズのシングルサイズです。

シングルのサイズは、幅98×長さ195×高さ25 cmで、一般的なシングルベッドマットレスの大きさです。

セミダブルは幅120なので、お使いのベッド幅に合わせて選んでみて下さい。

「シルキーポケット」は、3つの硬さから選べるようになっていて、体格のしっかりとした方向けの「ハード」、標準タイプの「レギュラー」、横寝をされる方におすすめの「ソフト」があります。

それぞれφ1.2~φ1.4までスプリング線径を変えて、マットレスの骨格であるバネから寝心地を作り込んでいるということです。

サイズは、シングル、セミダブル、ダブル、クイーン、キング、ハーフクイーン、スモールシングルまでの幅広いラインナップなので、ベッドマットレスだけの買い替えにも対応出来るようになっています。

スプリング数は、シングルサイズで1200 となっており、キメ細かな動きにも寄り添ってくれる仕様が嬉しいですね。

衛生に配慮した全日本ベッド工業会基準をクリアーしたマットレスとなっています。

価格帯は高めですが、一流ホテルでの寝心地が家でも体験出来るということなので、お値段以上の価値があるように思います。

 

7位 シーリーベッド モノグラム6000

出典: Amazon.co.jp

シーリーベッド モノグラム6000
ブランド
カテゴリ

体圧にあわせて反発力が変化☆理想の寝姿勢に

シーリーのベッドマットレスで、シングルタイプ。

シーリーは世界中の一流ホテルで使われていることでも知られており、科学的に研究開発を進めて製品化しているメーカーなので信頼出来ると思います。

こちらは、身体の体圧にあわせて反発力が変化するという「ポスチャーテックコイル」を使用しています。

コイルの巻きの始点(センサリーアーム)に微妙な角度をつけることで、荷重が増えるにつれて反発力が増大していきます。

体型や体重差に関わらず、常に理想の寝姿勢を提供してくれるというから、これは嬉しいですね。

生産国は日本です。

マットレスの硬さによって、ハードタイプとソフトタイプの2種類から選べるようになっています。

シングルサイズは、幅970×長さ1950 ×高さ280cmとなっています。

サイズ展開は、他にセミダブル、ダブル、ダブルワイドの用意があります。

価格帯も一流ホテル仕様のベッドマットレスという品質を考えると、お買い得感があるように思います。

 

6位 アスリープ ファインレボマットレス

ファインレボ+ウレタン構造で揺れの少ない安定感

アスリープは、アイシン精機が手掛けているブランドで、近年じわじわと口コミで良さが広まってきています。

「ファインレボ」という樹脂素材を使っているところが大きな特徴で、何とファインレボの耐久年数は30年というから、これは長期的に使えて良さそうな印象です。

通常のベッドマットレスは10年で買い替えるとされているので、30年はすごいですね。

こちらは、ファインレボとウレタンを使った仕様なので、振動が大幅に減って、寝心地の良さが実現出来ているという点が魅力のベッドマットレスです。

横向きでも仰向きでも、どちらでも快適に眠れます。

特殊な機能綿をアップカバーとオーバーカバーに採用しているので、水洗いが可能になっています。

キレイに保てるのが嬉しいですね。

さらに、マットレスカバーに竹炭繊維を織り込み、菌の繁殖をおさえてくれています。

サイズは、幅97×長さ197×高さ21 cm となっており、重量は16kg です。

安心安全の日本製というところも嬉しいですね。

価格帯は若干高めですが、最新の寝心地の良さを追求するブランドという点を考えれば妥当ではないかと思います。

 

5位 IKEA MALFORS フォームマットレス

出典: Amazon.co.jp

IKEA MALFORS フォームマットレス
カテゴリ

25年品質保証!価格帯で選ぶならコレ

IKEAのベッドマットレスです。

何より価格帯で選ぶ、という方におすすめです。

サイズは、幅90×長さ200× 厚さ12 cmと、一般的なマットレスと比べると厚みが無いタイプです。

ポケットコイルの数は350個程度しか無いので、体重が重い方はきしみや一定の箇所のしずみが気になってくるかもしれません。

ただ、学生期間の間だけの使用である等の期間限定の消耗品としてベッドマットレスをお考えの方にはうってつけだと思います。

3~4年使うという場合には、コスパも良いので非常におすすめです。

長期間に渡って使うタイプのベッドマットレスとしては、あまりおすすめではありません。

25年もの長期保証が付いていますが、日常的な使用による摩耗、破損、傷などは適用対象では無いので、注意が必要です。

初期不良には対応してくれるという意味合いだと思われます。

価格帯が非常に安いので、転勤時にちょっと買う、という場合等に便利に使えるのではないでしょうか。

 

4位 フランスベッド 電動リクライニングマットレス

出典: Amazon.co.jp

フランスベッド 電動リクライニングマットレス
ブランド
カテゴリ

電動リクライニングマットレス

フランスベッドの電動リクライニングマットレスです。

フランスベッドは、介護用ベッドにも定評があるので信頼出来る商品だと思います。

一般的なベッドマットレスではありませんが、ある程度の年齢の方であればベッドマットレスを買い替える際に、こちらも是非候補にしてみて下さい。

リクライニングベッドで通常のマットレスとしても使えますし(※フランスベッド製の対応商品)、フローリングでソファ感覚として使ったり、畳の上で座椅子感覚で寛げるタイプの便利な商品です。

リクライニング機能を内蔵しており、背上げ角度65度、脚上げ角度25度までリモコンで簡単に無段階可動が出来るようになっています。

手元コントローラーは、左右どちらからでも出せる仕様なので、とても使い勝手が良くなっています。

付属品として2mの延長コードが同梱されている点も良いですね。

サイズは、幅97×長さ195×高さ21 cm となっています。

耐荷重は100kg。

防ダニ、抗菌防臭加工なのも嬉しいですね。

安心安全の日本製というところも心強いです。

特許取得商品というのも信頼出来るポイントだと思います。

価格帯は、電動リクライニング機能という点を考えると、価格以上の価値があるという印象です。

 

3位 シモンズ マットレス

出典: Amazon.co.jp

シモンズ マットレス
ブランド
カテゴリ

シモンズのロングセラーマットレス♬

シモンズのロングセラーベッドマットレスです。

程良い硬さが魅力で、線径1.9mmのポケットコイルを使用しているベッドマットレスです。

ホテルでも多く導入されているというので、品質には信頼が持てます。

硬さがあるベッドマットレスなので、腰痛の方や体重が重めの方に向いていると思います。

こちらはシングルサイズですが、他にも「クイーン」「セミダブル」「ダブル」のサイズの用意もあります。

シモンズでは、ポケットコイルが並行配列の形をとっており、これによりマットレス本体の耐久性が高まると期待されます。

長期間使えるベッドマットレスを探しておられる方におすすめです。

こちらは、シモンズの中でも買いやすいシンプルなベッドマットレスなので、高機能ながらもリーズナブルな価格設定となっています。

 

2位 エアウィーヴ ホワイト ベッドマットレス

出典: Amazon.co.jp

エアウィーヴ ホワイト ベッドマットレス
ブランド
カテゴリ

マットレスも洗えて清潔さをキープ

エアウィーヴのベッドマットレスです。

エアヴィーヴのマットレスは、ノンコイルタイプでエアファイバーという樹脂素材で作られています。

このベッドマットレスは、表裏で硬さの違う3分割のエアファイバーを好みに合わせて組み合わせる事が可能になっているという優れものです。

肩部分を柔らかめにしたり、脚を柔らかめにしたり、腰をかためにするなどのカスタマイズが出来るところが良いと思います。

体調や年齢によって異なる組み合わせで寝られるところが嬉しいですね。

復元性が高いので、身体の動きにスムーズにマットレスパッドが反応して、楽に寝返りがうてます。

また、通気性が良く、蒸れにくい構造になっているのも良いと思います。

体圧分散も均等に出来るので、身体に負担がかからないので熟睡できるかもしれませんね。

ノンコイルタイプで高品質のベッドマットレスをお探しの方におすすめです。

カバーはもちろん、マットレスの中身も洗えるので、いつも清潔に保っていられます。

価格帯は若干高めですが、快適さを選ぶのであれば、妥当ではないかと思います。

 

1位 フランスベッド THE FRANCEBEDシリーズ マットレス

出典: Amazon.co.jp

フランスベッド THE FRANCEBEDシリーズ マットレス
ブランド
カテゴリ

完全受注生産の最上級ベッドマットレス

フランスベッドの最上級ベッドマットレス「THE FRANCEBED 」シリーズです。

フランスベッドの最上級のダブルデッキスプリングシステムマットレスにシルク混の生地を使用しています。

高温多湿の日本の気候にふさわしい高通気設計で、マットに使われているスプリングはしなやかさを醸し出すマイクロ連続スプリングの2段構成だそうです。

加重分散、寝心地、高い耐久性が特徴的なベッドマットレスだそうです。

高密度マイクロ連続スプリングの周囲に発泡性のウレタンを注入した、「コンプルマットレス」。

マットレスの端の沈み込みを防いで、寝返りをうった時に安心感が感じられる寝心地を実現してくれます。

防ダニ・抗菌防臭加工・ベンチレーター加工。

完全受注生産になり、納期は45 日だそうです。

マットレスの製造に熟練したトップクラスの職人の手によって、マットレス専用の工程をいくつも経てようやく完成するというから、これは期待出来そうですね。

こちらのサイズはセミダブルサイズですが、サイズ展開は全部で6種類あります。

「SS」「S」「M」「D」「WD」「Q」の6種類のサイズに対応しているので、手持ちのベッドに合わせる事が出来ます。

もちろん、安心の日本製です。

価格帯は高いですが、一流の品を長い期間使うということを考えれば、お値段以上の価値があるという印象です。

 

ベッドマットレスの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ベッドマットレスの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ベッドマットレスで良質な睡眠をGET

自分に合うベッドマットレスを選んでいくことで、睡眠の質が上がりそうですね。

睡眠は健康上も、美容面でもとても大切なので、ベッドマットレスも慎重に選んでいきたいものです。

また、買い替え時期も見逃さずにしておきたいですね。

毎日使っているから、その大切さになかなか気が付かないかもしれませんが、ベッドマットレスは快適な睡眠に導いてくれる素晴らしいアイテムです。

ここで紹介したベッドマットレスは、高品質な商品、人気の高い商品、話題の商品を選んでみました。

ベッドマットレスを選ぶ際に、少しでも参考にしていただけると幸いです。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

日本ベッド シルキーポケット

サイトを見る

シーリーベッド モノグラム6000

サイトを見る

アスリープ ファインレボマットレス

サイトを見る

IKEA MALFORS フォームマットレス

サイトを見る

フランスベッド 電動リクライニングマット…

サイトを見る

シモンズ マットレス

サイトを見る

エアウィーヴ ホワイト ベッドマットレス

サイトを見る

フランスベッド THE FRANCEBEDシリーズ マ…

サイトを見る

関連記事