座り心地抜群にするための選び方は?座椅子おすすめランキングTOP10

低いテーブルの前で座る場合、地べたに直接か座布団・クッションなどを敷くことが多いと思います。しかしそれでは上半身が疲れてしまい、猫背気味になってしまいませんか?背もたれのある座椅子に座れば、長時間でも体がリラックスでき、プライベートでも仕事でも快適です。

今回はそんな座椅子について、様々なタイプや特徴をご紹介。併せておすすめ商品をランキング形式でまとめましたので、購入前の参考にしてみてください。

 

座椅子の魅力はココ!こんな人におすすめのアイテム♪

座椅子

座椅子はほとんどの商品に脚がなく、床に直接置くタイプです。背もたれがあるタイプならばもたれかかることもでき、心身の休息にはうってつけ。休日にのんびり読書をして過ごしたい方などに向いています。

また座面部分はクッション性が高く、低反発やビーズクッションなど、いわゆる人をダメにする素材を使っていることも。ついつい長居したくなる心地よさも魅力です。その一方で、腰痛対策や骨盤ケアが期待できる座椅子もあり、クッション付きの椅子でも長時間座ると痛くなってしまう方などにもおすすめです。

 

リクライニング機能付き座椅子が人気

座椅子にの猫

座椅子の中には、背もたれの角度が調整できるリクライニングタイプもあります。通常の椅子の角度ではのんびりできない時に、背もたれを倒して使いましょう。中には完全に倒して座面と並行にできる座椅子もあり、簡易ベットのような使い方も可能。仮眠を取りたい時や寝転がりたい場合にぴったりです。

 

座椅子のお手入れ方法は?

座椅子

座椅子はカバーが取り外せるタイプとそうでないタイプがあります。カバーは洗濯可能な座椅子も多いので、今回は取り外せない、もしくはカバーを外した本体もしっかりお手入れしたい場合の方法をご紹介します。

まずは掃除機や布団たたきなどで表面のゴミやホコリを取りましょう。小さい座椅子なら、ベランダなどに干すのも良いです。

もし食べ物などの汚れが付いている場合は、洗濯用洗剤をつけた布やブラシで軽く押し当てるように取り除いてください。その後、水だけをつけた布で洗剤成分の拭き取り、最後に乾いた布で水分の拭き取りをして終了です。可能なら完全に乾くように、日のあたる場所に置いておきましょう。

素材によっては洗剤に制限があったり、陰干しのみ可とする座椅子もあるので、お手入れの前には洗濯表示や説明書などをチェックしてください。

 

どう選ぶ?座椅子選びのポイント3つ

リビングにある座椅子

座椅子はリクライニングやお手入れ以外にも特徴があります。購入時は、下記の要素を中心に、自分の求める座椅子を探しましょう。

 

部屋と座椅子のデザイン相性を考える

座椅子はインテリアでもありますから、自室のイメージに合うカラーを探しましょう。迷った時はモノクロや茶系が無難。比較的どんな部屋にも合わせやすいです。

 

座面部分は厚みがあるか

座面は座椅子によって、薄い作りになっていることも。その場合長時間座っていると、床の冷たさや硬さを感じて不快になりがちです。床に置いているとわかりにくいぐらいの厚みは欲しいところ。可能なら10cm以上厚い座椅子を探しましょう。

 

使わない場合の収納方法

毎日座椅子を使わない、出しっぱなしにしたくないなら、折り畳み式の座椅子がおすすめ。背もたれを座面側に倒して分厚いクッションのようにできるので、机の下や部屋の隅などに寄せておけば場所をとりません。

座椅子はコンパクトタイプもありますが、背もたれの高さや座面の広さなどが制限され、ゆったりすることが難しいです。快適さを求めるなら、本体は大きく、かつ折り畳める商品をおすすめします。

 

座椅子のおすすめランキングTOP10!

では最後に、私が選んだおすすめの座椅子をご紹介します。ここまで触れてきたように様々なタイプがあるので、トップはもちろん、下位の座椅子もぜひチェックしてみてください。個人的な順位基準としては、コスパ、リクライニングや肘掛けの有無、また人をダメにしそうな心地よさをチェックしました。

 

第10位 ITO製作所 正座革命

いつでもどこでもリラックス可能な携帯座椅子

10位は正座革命という携帯座椅子です。座椅子のなかでは小ぶりで、持ち運びに特化した作りになっています。あくまで座る部分のみ、リクライニングなどもないため、自室用としては不向きですが、最大の魅力は正座時の苦痛を和らげてくれること。

簡単に言えば、足がしびれなくなる座椅子です。正座をする時にこの座椅子を挟むように座ると、足が圧迫されにくくなり、しびれが軽減される仕組み。お茶やお花のお稽古事や冠婚葬祭の場で役立ちますから、予定がある方は要チェックです。カラーも3色あり、目立ちにくさや好みで選べます。

 

第9位 不二貿易 和座椅子

自室を旅館に?和風座椅子

9位に選んだのは、和室が似合う和座椅子です。旅館の客室にありそうなデザインが特徴。こちらも背もたれは木材なので、上半身のリラックスは難しく、この順位としました。反面、座椅子は洋室向けデザインも多いので、自室が和風デザインの方には調和が取りやすいです。

木の温かみを感じさせてくれるところも魅力的。カラーは木そのままのナチュラルとブラウン、ブラックです。また座る部分のクッションの有無も選択できますから、自分でクッションやカバーを取り入れるなど、アレンジにも向いた座椅子と言えます。

 

第8位 山善 立ち上がり楽々座椅子

出典: Amazon.co.jp

山善 立ち上がり楽々座椅子

床からの立ち上がりが面倒な方におすすめ!

8位は山善の立ち上がり楽々座椅子をチョイス。脚がある座椅子で、底面と床が離れているのが最大の特徴です。普通の椅子のような座り方になるため、椅子から離れる際に苦労しません。肘掛が木製でしっかりしていることもあり、体重をかけやすく、足腰の負担ケアとして活躍してくれます。

カラーは茶系でストライプ、ブラウン、モカブラウンの3種類。ちなみに背もたれ部分は倒して底面に重ねることができ、その上から座ってもOKです。よりクッション感を得たいならこの使い方もあり。ネジの付け替えが必要ですが、高さ調節も行えますよ。

 

第7位 セルタン カバーリング食パン座椅子

見た目から癒されるパン座椅子

好みによっては1位かもしれない、パン座椅子が7位です。ふかふかのパンに飛び込む…そんな妄想を膨らませたことがある方にはぴったり。座椅子全体が大きなパンになっていて、その上に座ることができます。背もたれ部分は5段階のリクライニングができ、椅子からベッド代わりまで好きな高さで利用できます。

食パンは中身が白か茶色かで2種類、ほか目玉焼きをのせたトースト、カビの生えた食パン、メロンパンから選べます。またパンのデザインは本体に直接縫い付けられている場合と取り外し可能なカバーになっている場合とがあり、後者ならカバーを洗濯することも可能。定期的にメンテナンスした方に向いています。

 

第6位 アイリスオーヤマ フロアチェア

 

コスパ◎のシンプル座椅子

6位はアイリスオーヤマの座椅子。リクライニング機能がないからか、ほかの座椅子と比べてコスパが良いメリットを持っています。椅子は椅子として使う方は、アイリスオーヤマでコスパ節約するのもおすすめ。一方折り畳むことはできるため、普段使わない場合はテーブル下に入れるなど収納場所に困りません。

またクッションを別に重ねているのかと思うほど、座面の厚みがあるのも魅力。13.5cmもあります。座椅子を使うとお尻が痛い、床の冷たさを感じやすいと悩んでいる方は、この座椅子で解消しましょう。

 

第5位 明光ホームテック 腰の神様がくれた座椅子

出典: Amazon.co.jp

明光ホームテック 腰の神様がくれた座椅子

腰・足側もリクライニングで腰ケア!

腰の神様がくれた座椅子はリクライニングですが、腰にあたる部分が個別に稼働するのも特徴。座った時に腰に隙間ができるデメリットを無くしています。もたれかかっているはずなのに腰が痛い、疲れる、そんな方にぴったりです。

また背中側だけでなく、足側の先端もリクライニングするタイプ。高めにしてより深く座り込むこともでき、腰への負担を抑えてくれます。単なる休息だけでなく、腰のために座椅子を探しているなら要チェックです。

 

第4位 タンスのゲン ゲーム座椅子

出典: Amazon.co.jp

タンスのゲン ゲーム座椅子

腹もたれや脇もたれにも使える姿勢自由型

背もたれの上部が二股という一風変わったデザインが、タンスのゲンのゲーム座椅子における特徴。実はこの座椅子に限っては、背もたれは背中を預ける場所とは限りません。例えば逆向きになり、お腹を預けて座ることでテレビゲームに興じやすい姿勢になるんです。先端の二股は、腕を置くのにちょうど良い形。

背もたれはリクライニング機能もありますが、より直角に近い位置に固定すれば、猫背になるのを防ぐ役割も果たしてくれます。また大きく倒して仰向けに寝転び、ストレッチに使うことも可能。リラックス用でありながら、姿勢のケアにも役立ってくれます。読書やスマホが趣味という方にもおすすめです。

 

第3位 tegopo コンパクト座椅子

場所をとらない省スペース座椅子

3位の座椅子は小ぶりで、最大幅55cmほどのコンパクトさが魅力。リラックスはしたいけど座椅子を置けるようなスペースが作りにくい部屋で活躍します。背もたれを倒して折り畳むこともでき、収納時はより小さくできるのも魅力。

肘掛けから背中から、腰部分を包むような作りもポイント。ややキツイかなという感触はわざとであり、腰痛や骨盤のズレに悩んでいる方に適したデザインなんです。背もたれが41cmほどなので、頭までしっかり支えて欲しいという方のみ、注意してください。リクライニングが可能なので、悩みケアしつつのんびりすることもできますよ。

 

第2位 Aning 座椅子

カラーバリエーション豊富&洗濯で清潔キープなカバーが魅力的

2位に選んだのは、ビーズクッションを採用した座椅子。肘掛けはありませんが、子供から高齢の方まで使いやすい感触です。背もたれは5段階リクライニングができ、姿勢よく座るのも睡眠用に倒すのも自在。また椅子自体も折り畳みでき、使わない時は隅に寄せてスペースを取りません。

カラーはピンクが2種類にグリーン、ライトブルーの計4色ですが、いずれも本体縫い付けではなく水洗い可能なカバーです。自分はもちろん、ご家族の衛生面も気にしたい方におすすめ。メッシュ地でもあり、汗などのムレ対策もしてくれます。

 

第1位 サンワダイレクト ふあふあフロアチェア

出典: Amazon.co.jp

サンワダイレクト ふあふあフロアチェア

低反発で沈み込み調節自在なリクライニング座椅子

ベストアイテムに決めたのは、サンワダイレクトのふあふあフロアチェアです。ふわふわではなく「ふあふあ」なのは、低反発ゆえに跳ね返りが少ないからかもしれません。体が沈み込み、包んでくれるような心地よい感触は、ちょっと休憩のつもりでも離れなくなってしまいます。

また背もたれは42段階もの細かいリクライニングが可能。今まで座椅子を使い、「あとちょっと傾けたい…」と歯がゆい思いをしたことがある方におすすめです。

 

座椅子の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、座椅子の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

座椅子でくつろぎタイムもさらにリラックス♪

のんびりまったり過ごしたい時は、それに見合ったアイテムを揃えることも大事。座椅子は背中を預けられるので、ただのクッションよりも身体を休めやすいです。リクライニングありの座椅子なら、ちょうど良い角度に設定でき、よりリラックスできます。

自分の心身を休めるのにぴったりな座椅子を見つけて、次の休日は自室をくつろぎ空間にしてみては?

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

ITO製作所 正座革命

サイトを見る

不二貿易 和座椅子

サイトを見る

山善 立ち上がり楽々座椅子

サイトを見る

セルタン カバーリング食パン座椅子

サイトを見る

アイリスオーヤマ フロアチェア

サイトを見る

明光ホームテック 腰の神様がくれた座椅子

サイトを見る

タンスのゲン ゲーム座椅子

サイトを見る

tegopo コンパクト座椅子

サイトを見る

サンワダイレクト ふあふあフロアチェア

サイトを見る

関連記事