買いたいものを検索してください

2019年度最新版!購入前に知っておくべきポイントは?リクライニングチェアのおすすめランキングTOP8

背もたれを倒して座ることができるリクライニングチェアは、ゆったりとしたリラックスタイムを過ごすための必須アイテムの1つです。最近は上質で高価な商品だけでなく、簡単に手が出せるお手頃価格の商品も増えてきました。座椅子のような形の商品からソファのような重厚感のある商品、折りたたみアウトドアに最適な商品など、形状やデザインも様々です。

筆者の家にもリクライニングチェアがいくつかあります。それぞれ座る人の体形や用途に合わせて購入しました。ぴったりフィットする商品を買ったので、あまりの居心地の良さにうたた寝してしまうこともよくあります。

今回は、人気のリクライニングチェアをランキング形式でご紹介します。リクライニングチェアをお探しの方に知っておいて欲しい情報も併せてご紹介しますので、参考にしてください。

 

リクライニングチェアとは?

リクライニングチェア 座椅子タイプ1

 

「リクライニング」という言葉は、英単語の動詞reclineからきています。reclineは、「もたれかかる」「後ろに倒れる」などの意味があります。リクライニングチェアとは、背もたれに角度調節機能がついており、背もたれを好きな角度に調整して座ることができる椅子のことです。

リクライニングチェアは、テレビ鑑賞や読書などを楽しむときによく使われます。普通の椅子にくらべて、体に負担がかからないように作られています。背もたれを完全に倒し、ベッドのように使用できるものもあります。

リクライニングチェアは、細かい角度の設定ができます。自分にぴったりで座り心地のいい椅子を探している方におすすめです。

 

リクライニングチェアのタイプ

リクライニングチェア 座椅子タイプ3

 

ここでは、リクライニングチェアのタイプについてご説明します。

 

手動タイプ

ほとんどの家庭用のリクライニングチェアは手動で背もたれの角度を調整します。数十万円もする高級品でも手動の商品がほとんどです。

手動タイプは、手で背もたれを押して角度を調整するタイプと、レバーで調整するタイプの大きく2つに分かれます。低価格の商品は手で調整するものが多く、高価格の商品はレバーで調整するものが多いです。

手で調整するタイプは、座面から降りて背もたれを調整する必要がありますが、レバータイプは座ったままで角度調整が可能です。

 

電動タイプ

エステや美容室などでよく使えわれているリクライニングチェアは、電動タイプがほとんどです。電動の場合、ボタンなどを操作することで背もたれの角度を調整することができます。電気を使うため、椅子の電源ケーブルをコンセントに差し込む必要があり、コンセントが近くにない場所では使うことができません。

残念ながら、一般向けの一人がけ電動リクライニングチェアはほとんど販売されていません。理由は、電動機能がつくことで価格が高くなってしまうことと、手動で操作しても大した手間がかからないことだと思われます。

もし電動の商品を使ってみたいと思われているなら、電動リクライニング製品が豊富な2人がけ以上のソファを検討したほうが良いかもしれません。

 

収納が気になる方におすすめ!

リクライニングチェア 座椅子タイプ2

 

どのリクライニングチェアも結構大きいので、部屋のスペースをとります。そのため、使いたい時だけ広げて使うことができる折り畳み機能が付いているリクライニングチェアは大変人気があります。

折りたたみ式のリクライニングチェアはコンパクトに収納でき、場所も取りません。軽量で持ち運びが楽にできているものが多く、アウトドアで便利に使える商品もあります。筆者も庭でお昼寝するときに使ったことがあります。ワンタッチでリクライニングベッドになる商品などは、屋外でのお昼寝に便利です。

ちなみに、筆者宅のリクライニングチェアは全て折りたためません。平らにできる座椅子タイプは、平らにすると割と薄くなるので、押し入れの上のほうなどのデッドスペースに収納しています。

 

リクライニングチェア選びのポイント!

ここでは、商品選びのポイントについてご説明します。

 

大きさで選ぶ

リクライニングチェアには、様々な形、素材、サイズ、機能があり、好みの商品を探し出すのは一苦労です。使用する部屋や座る人の体格により、適する大きさが異なります。まずは商品の大きさから確認し、そのあと、素材や機能で絞り込むのが良いと思います。

まず、設置場所に入る大きさかどうかを確認しましょう。大きすぎると、部屋に入れた時に圧迫感があり、結局使わなくなってしまうかもしません。逆に小さすぎると、座り心地が窮屈でリラックスできないかもしれません。

 

背もたれの高さで選ぶ

リクライニングチェアは背もたれを倒して使う椅子なので、背もたれに高さがないと倒した時に頭を首で支え続けなければならなくなり、肩凝りの原因になります。背もたれの高さは必ず確認してください。

背もたれの高さは高めがおすすめです。背もたれの高さは、座る人の座高よりも高めのものを選びましょう。実際に座ってみて、背もたれのほうが頭の位置よりも十分高ければ大丈夫です。

 

素材で選ぶ(革製・布製)

リクライニングチェアは、座面や背もたれにクッション性がある商品がほとんどです。クッション性のある部分はカバーで包まれています。カバーの素材は様々ですが、革製と布製で取り外しできないものがほとんどです。

革製は値段が高いです。ただ、耐久性が高く、お手入れが楽です。撥水性があり、水や食品をこぼした時に、汚れを拭き取りやすいという利点もあります。

布製は肌触りがよく、比較的値段が安いことが特長です。ただし、汚れがしみ込みやすく、水や食品をこぼすとシミやニオイがついてしまいます。椅子を洗濯することは難しいため、予め別のカバーをつけるなど、工夫する必要があります。

 

機能で選ぶ(肘掛け・足置き)

足を乗せて伸ばすことができる足置きがついている商品があります。足置きのことをオットマン(フットレスト)と呼びます。オットマンには、本体一体型と本体と独立したタイプがあります。

一体型は、畳んで本体にしまえることが多いです。オットマンが必要な方は、収納しやすいものをえらぶとよいかもしれません。悩んでいる方は独立タイプがよいでしょう。独立タイプは、リクライニングチェアと一緒に買わなくても、後で購入することもできます。独立タイプなら、とりあえずオットマンなしで使ってみて、後から買い足すことができます。

肘掛けも、いろんなタイプがあります。そもそも肘掛けが付いていない商品もあります。肘掛けには、パイプのような素材でつかみやすいもの、座面と同じ素材でクッション性があり腕を置いた時のフィット感が良いものなど、多種多様です。

足置きも肘掛けも購入前にしっかりチェックし、好みに応じて好きなものを選びましょう。

 

価格で選ぶ

やっぱり気になるのが価格ですよね。リクライニングチェアは価格帯が広い商品の1つです。数千円の低価格の商品から、高いものでは数十万円もする商品まであります。値段の安いものはシンプルなつくりの商品が多く、高価格のものは高級な素材を使い凝った作りの商品が多いです。

価格は商品選びの際に重要ですが、価格メインで商品を選んでしまうと、「座り心地が悪い」「かえって肩こりになる」など、買い直しが必要になってしまうこともあります。

リクライニングチェアは、「安い商品が悪く、高い商品が良い」とは一概に言えない商品です。座り心地は、座る人の体形や好みによって異なります。予算が少ない場合は、商品価格を見ながらお店で座ってみて、納得のいく商品を選ぶと良いでしょう。

 

部屋のサイズ別 おすすめサイズ!

リクライニングチェア ソファタイプ

 

部屋の大きさにより、最適なリクライニングチェアのサイズが異なってきます。ここでは、部屋の大きさごとにおすすめのリクライニングチェアのサイズをご紹介します。

 

6畳にはコンパクトサイズがおすすめ!

6畳ほどの空間に、大きいリクライニングチェアを置くと、それだけで部屋が一杯になってしまいます。一人暮らしなどで、テレビなどを置いている部屋などは更に圧迫感を感じるでしょう。

狭い部屋なら、コンパクトサイズのリクライニングチェアがおすすめです。コンパクトサイズの商品は、狭い部屋で使われることを想定して作られているため、折りたためることが多く、使わないときには押し入れなどにしまうこともできます。

 

10畳には大きいサイズがおすすめ!

広い部屋でゆったりとリクライニングチェアでリラックスしたいなら、大きめサイズが良いでしょう。背もたれに十分な長さがあれば、倒して昼寝することもできます。

ただ大きめのチェアはどうしてもスペースをとります。椅子の快適さよりは、部屋を広く使いたいのなら、小さめのチェアを使うのもありでしょう。

 

リクライニングチェアで人気のブランド・メーカーは?

<a href=“https://tobuy.jp/posts/w2lLqMF6Ry7“>KYON</a>
KYON
ここでは、リクライニングチェアの人気ブランドの特徴や魅力についてご紹介します。

 

自分好みにしたいなら、カバーの種類が多い「無印良品」

無印良品のリクライニングチェアは、「リクライニングソファ」という名で販売されています。無駄のないシンプルでおしゃれなデザインが人気です。

カバーが別売りになっており、オーダーメイドで作ることができます。部屋の雰囲気や好みに合わせて、素材と色を38種類から選べます。帆布・平織・チノ・デニムなど、色・織り方・素材が異なる数多くの生地の中から、好みのものを選び自分好みの見た目に仕上げられると人気があります。

 

コスパの高い商品を求めるなら「ニトリ」

「お値段以上ニトリ♪」と宣伝しているだけあって、同じような機能性の商品でも他のメーカーに比べニトリの商品のほうが価格がぐっと安いです。座椅子タイプの商品なら、1000円台からあります。

商品バリエーションも豊富です。他にはないデザインの商品もあり、例えば食パンの形をした座椅子タイプのリクライニングチェアなどもあります。ニトリのオンラインショップで「リクライニング」というキーワードで検索すると、商品が数十もヒットします。

 

世界中で人気のリクライニングチェアなら「エコーネス社」

エコーネス社は北欧最大規模のリクライニングチェアメーカーです。なんと世界50カ国以上で800万台以上が販売されているそうです。筆者も何度か大きな家具店にリクライニングチェアを見に行きましたが、店員さんにリクライニングチェアの事を尋ねると必ずエコーネス社の「ストレスレスチェア」を紹介されました。

最大の特長は、リクライニングのしやすさです。座って重心を後ろに掛けるだけで、自然とリクライニングします。

外国製ですが、色んな国で販売されているだけあって、どんな人にも合うようにS、M、Lと3サイズがご用意されています。色のバリエーションも豊富で、計50色以上の豊富なカラーから選べます。

 

2019年度最新版!リクライニングチェアのおすすめランキングTOP8

リクライニングチェアのおすすめ商品をランキング形式ご紹介します。

 

第8位 滝口木材 籐リクライニングチェア

出典: Amazon.co.jp

滝口木材 籐リクライニングチェア
ブランド
カテゴリ

アジアンリゾートみたいな籐製チェア

17000円位の価格です。リゾート地にありそうな籐製チェアです。頭から足までしっかりカバーできる大きめサイズになっています。

背もたれは3段階リクライニングで、オットマンは座面の下に収納可能です。側面には雑誌などが入れられるポケットが付いています。

夏などの暑い季節にぴったりの涼しげなデザインが魅力のリクライニングチェアです。

 

第7位 コイズミファニテック 楽座 リクライニングチェア

出典: Amazon.co.jp

コイズミファニテック 楽座 リクライニングチェア
ブランド
カテゴリ

立ち座りが大変な年配の人向けチェア

26000円程の値段の商品です。年配の人向けのリクライニングチェアです。握りやすい肘掛け付きで、年配が楽に立ったり座ったりできるように作られています。

座面高さを調整するができ、高さは5段階から選べます。背もたれのリクライニング角度は座面の横にあるレバーで簡単に調整できます。脚は木製ですがスキー型形状なので、床を傷めにくいです。

年配の人向けのギフトとしてよく利用される商品ですが、組み立てが必要です。

 

第6位 セブンエステ LUX 電動 リクライニングチェア

出典: Amazon.co.jp

セブンエステ LUX 電動 リクライニングチェア

ゆったり電動リクライニングチェア

65000円位の価格の電動リクライニングチェアです。背もたれとフットレストの個別操作も同時操作も可能です。背もたれを完全に倒しフットレストを上げて、ベッドのようにすることも可能です。コントローラーは片手で操作できます。

クッションが分厚く、例えば頭を置く部分は厚みが24cmもあり、ついつい眠たくなるほどふわふわです。肘掛けもボリュームがあり、居心地のいい椅子です。

50Kgと重量のある商品です。もともとエステや美容室向けに作られた商品で、家庭用にはあまり向いていないでしょう。

 

第5位 コールマン インフィニティチェア

便利で贅沢なアウトドアチェア

7000円位の値段で販売されています。キャンプなどのアウトドア用アイテムで人気のコールマンのリクライニング式アウトドア用チェアです。アウトドアのシーンで手軽に使えるように、設置や収納が簡単にできるように作られています。コンパクトに収まり、取っ手がついているので持ち運びに便利です。

ドリンクホルダーやトレーなど、チェアに取り付けて使う別売りパーツが豊富です。

キャンプなどのアウトドアシーンで使う人が多いですが、自宅の庭や屋内でも使っている人もいます。

 

第4位 明光ホームテック TVが見やすい回転チェア レオ

出典: Amazon.co.jp

明光ホームテック TVが見やすい回転チェア レオ
ブランド
カテゴリ

テレビが見やすいチェア

価格12800円ほどする、回転するリクライニングチェアです。TVを見るときなどに楽な姿勢でつくろぐことができるように設計されたそうです。大きめサイズでゆったりとした座り心地。低反発クッション採用で、座ると体を包み込むような感触がします。

座面が回転式になっていて、座ってまま360度回転することができます。座面が回転すると、座ったまま後ろにあるものが取れたり、立ち座りが楽になったりと、思っていなかった使い方ができ便利です。

リクライニング機能も充実しており、背もたれは折り畳み式で7段階、頭部は14段階のリクライニングが可能です。

 

第3位 カリモク家具 アンピオ リクライナー

出典: Amazon.co.jp

カリモク家具 アンピオ リクライナー
ブランド
カテゴリ

カリモク家具の国産高級チェア

24万円程の高級リクライニングチェアです。あの有名なカリモク家具の一品で、安心安全の国産品です。主材にはオークが使われており、生地は牛本革(一部合成皮革)が採用されています。

段数のない無段階リクライニングで、背もたれの角度は自由自在です。脚置きが内蔵されおり、レバーを軽く押すだけで飛び出します。背もたれの高さも十分で、頭まですっぽり包み込んでくれます。

敬老の日や、父の日・母の日ギフトに良く選ばれる商品です。高級なリクライニングチェアは外国産も多いですが、これは日本メーカーの商品なので日本人の体形に合わせて作られています。フィット感は抜群です。組み立てなどは不要なので、プレゼントとして高齢の方などにギフトとして送っても、届いてすぐに使えるので安心です。

サイズが大きく重量もあるので、広い部屋に置きっぱなしにして使いたい方におすすめです。

 

第2位 山善 リクライニングチェア  MTH-67BKF

出典: Amazon.co.jp

山善 リクライニングチェア MTH-67BKF
ブランド
カテゴリ

ボリュームたっぷり低反発のふかふか座面

価格6090円の商品です。本体サイズは幅67cm×奥行き59cm×高さ67cmで、座椅子のような形になっています。14段ものリクライニング段数があり、使う人の好みに合わせて、背もたれの角度が細かく調整できます。コンパクトに折りたたむこともでき、収納に便利です。

座面には低反発クッションが使われており、座り心地は抜群です。肘掛けもついています。背もたれは55cmで、小柄の方なら頭が少しのりそうな長さです。

合皮製のシートが使われているため、水などをこぼしてしまってさっとふけば汚れが残りません。子供がいると水や食べ物などをこぼさないように気を付けていても、汚してしまうこともあります。少しでもそんな心配がある方には、合皮製シートの商品がおすすめです。

 

第1位 アイリスオーヤマ フロアチェア ZC-9

場所を取らずに気軽に使えるコンパクトチェア

定価3,218円の商品です。幅41.5cm×奥行き58cm×高さ48cmの超コンパクトサイズで使いやすく、手に取りやすい価格が魅力です。

座面の厚みは約13.5cmもあり肉厚でクッション性に優れています。起毛地が使用されていて、柔らかくふわふわっとした生地です。

座椅子を複数部屋に置くとどうしても圧迫感がありますが、この商品はコンパクトサイズでシンプルなつくりなので、圧迫感が少なく済みます。また、コンパクトに折りたためる折り畳み式で簡単にたためるので、移動が楽です。折りたたみ枕としても使えます。ただ、背もたれに高さがないので、お昼寝には向いていません。

1人暮らしの方のお部屋やお子様用におすすめです。

 

リクライニングチェアの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、リクライニングチェアの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング

 

自分にぴったりなリクライニングチェアを見つけよう!

今回は様々なリクライニングチェアをご紹介しました。気になる商品はありましたか?

普通の椅子もいいですが、倒して使えるリクライニングチェアなら今よりもっとリラックスしてくつろぐことができるはずです。読書やテレビ鑑賞だけでなく、お昼寝にも良いですよ。最近は手ごろな値段で買えるものも多くなり、手に入れやすくなりました。この機に、あなたのご家庭にも一台置いてみませんか。予想以上の心地よさに、驚くかもしれませんよ。

あなたの好みや体形に合ったリクライニングチェアを手に入れて、家でのリラックスタイムがより快適な時間にしてくださいね。

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

滝口木材 籐リクライニングチェア

サイトを見る

コイズミファニテック 楽座 リクライニン…

サイトを見る

セブンエステ LUX 電動 リクライニングチ…

サイトを見る

コールマン インフィニティチェア

サイトを見る

明光ホームテック TVが見やすい回転チェア…

サイトを見る

カリモク家具 アンピオ リクライナー

サイトを見る

山善 リクライニングチェア MTH-67BKF

サイトを見る

アイリスオーヤマ フロアチェア ZC-9

サイトを見る

関連記事