癒される明かり!おすすめペンダントライト  

ペンダントライトといえば、メインタイプで代表的なルイスポールセンや小型タイプなど、種類も商品も豊富にあります。そして、使い方もさまざまです。みなさん、ペンダントライトを購入する時はどんな時ですか。たぶん、新築で家を建てた時、お部屋の雰囲気を変えたいと思う時でしょう。

購入する際に、なにをポイントに商品を選んでいますか。そう質問すると、「デザイン」と答える人が多いかもしれません。私もデザインで購入する1人でした。しかし、調べているうち、大事なポイントや目的別の実用性が分かってきました。そのポイントについて詳しくお話ししたいと思います。

家族で楽しい食卓を彩る明かりがきっと見つかると思います。

お気に入りのペンダントライトを見つけ、家族で心地よい時間を過ごしてみてください。

 

ペンダントライトとは何?

 基本的にライトには、ペンダントライトとシェーリングライトとダウンライトがあります。

 

ペンダントライト

チェーンやコードで、天井から吊り下げるタイプのインテリア照明

 

シェーリングライト

天井に直接取り付けるタイプのインテリア照明

 

ダウンライト

天井に埋め込んで取り付ける小型なインテリア照明

 

3種類の中でもペンダントライトに、おしゃれなイメージをお持ちの人も多いと思います。取扱店も増え、選択肢も増え嬉しい反面、決めかねている人も多いのでは?デザインだけではなく、それぞれの特徴を最大限に生かすポイントや光の届き方にまで配慮したデザインの実用性など、交えてお話しさせてください。

 

ペンダントライト

メリット

  • インテリアのアクセントになり、おしゃれ。
  • 一か所をピンポイントに照らす。
  • 部屋の雰囲気づくりに有効的。
  • ダクトレールを設置し、移動も可能。

 

デメリット

  • 吊り下げる照明のため位置が低い。
  • そのため、光が当たる範囲が狭い。

 

ペンダントライトはどこにつけるとおしゃれ?

ペンダントライトをどこにつけるといいのか悩む人も多いと思います。まずは、ペンダントライトの設置場所としては、インテリアアクセントとして効果的な箇所を選ぶことが多いです。それ以上に、実用性も兼ねられる位置を選びましょう。

種類やデザイン、お部屋の用途により、商品ごとに適した部屋、適した高さがあります。それぞれの特性を生かしつつ、おしゃれな空間を演出できるBESTな場所を選びたいと思います。

そこで、ペンダントライトが、数倍素敵に見えるポイントのお話をしたいと思います。

 

ペンダントライト設置のおすすめの部屋

ダイニング

一か所をピンポイントに照らすメリットを生かし、ダイニングテーブルの上の設置がおすすめです。テーブルから設置する高さにも理想があり、その高さにすることで照明が美しく、ペンダントライトの光の効果も最大限に引き出せる黄金位置があるのです。それについては、後述の「ペンダントライト設置のおすすめの高さ」 で、詳しく説明させてください。

ペンダントライトは、部屋の雰囲気づくりにつかうためにもおすすめの照明です。その電球は蛍光灯ではなく、白熱灯を使用するケースが多いようです。テーブルの食事にオレンジ色の明かりが当たり、おいしそうに見え、食卓を彩ってくれるでしょう。

ダイニングに設置するペンダントライトは、サイズは問わず、バランスを重視して選びましょう。大き目のペンダントライト1つにする場合、テーブルの中心に位置した時のバランスに合わせてサイズを選びましょう。

小ぶりなサイズの場合はダイニングテーブルの長さのバランスに合わせて数を決めるようにしましょう。テーブルの幅より大きいサイズの商品は、食事をする際に邪魔になるので別の部屋で使用するなど、TPOにあわせた選択により素敵な空間になるようです。

 

寝室

光が当たる範囲が狭いことがメリットになります。光の色の注意点として、寝室の照明は、青白い光ではなく、オレンジ色の光をおすすめします。寝室やリラックスタイムには赤みがかった照明がおすすめなのです。白熱灯や電球色のあかりが向いています。

青白い光は目覚めに効果的で、リラックスとは真逆の効果なのです。脳の体内時計が狂わないよう、寝る前はオレンジ色の光や間接照明で過ごすことこそがBESTな癒し効果です。それを考えながら位置を決め、小ぶりなシンプルなペンダントライトを選びましょう。

 

玄関

おうちに入って、最初に目にするのが玄関ライトです。おうちの第一印象にもなるので、インテリアのアクセントになる小ぶりな素敵なペンダントライトを1つ選びましょう。

 

ペンダントライト設置のおすすめの高さ

机から約65cm

ペンダントライトのメーカーによって異なりますが、基本的にダイニングペンダントの高さ位置は、机の上からペンダントの下の部分までが約65cmくらいがBESTポジションなのです。購入する商品のメーカーの理想の設置位置(高さ)も参考にすることで、更に素敵な明かりになると思います。

実は、我が家もこの高さで生活しています。はじめは低いと感じました。この設置位置に変えてから直接目に入ってくる光がより少なくなり、テーブルへの距離が縮まったことで食卓の料理も明るくオレンジ色の明かりであたたかく感じるようになりました。あと、間接的な光と柔らかな明かりのため、夜寝つきが良くなりました。

 

ペンダントライトランキング

第1位 ルイスポールセンLC Shutters ペンダントライト ホワイト

出典: Amazon.co.jp

サイズ:φ439×H300mm(重量3.4kg)
光の色:優しいオレンジ色
照明性能:木漏れ日のような優しい光
デザイン:複雑に加工された独創的なフォルムのシェード
消費電力:60W形 45W/LEDランプ 7.8W

私の一目惚れで、すぐ購入を決めたペンダントライト!それが、機能、快適性、雰囲気にも定評があり耐久性にも優れたデザインで有名なルイスポールセンのLCシャッターズ ホワイトなのです。2つ並べての設置も考えましたが、思った以上に重さがあるため、ダイニングにメインタイプとして1つ設置しています。

1つで存在感のあるデザインも素敵です。設置高さはダイニングテーブルより高さ65cmにすることで、テーブル上の物が美しい光で包まれように設計されているのだそうです。一番の決め手はデザインと優しい光の漏れです。これ、本当にため息の出るほど美しく素敵なんです。「木漏れ日のような優しい光を放つ、この陰影を計算してデザインされた」という説明にも納得の商品です。

我が家のガラス窓に写る光景がとても美しく夕方になると見惚れてしまうほどなのです。 色違いで、LCシャッターズカラーもあります。かわいらしい色合いを好む方はこちらの商品をおすすめします。

 

第2位 ルイスポールセン ペンダントライト Pakhus

出典: Amazon.co.jp

サイズ:φ110×H170mm (重量0.6kg)
光の色:優しいオレンジ色
照明性能:上下に緩やかに広がりきらめく光
デザイン:グレアカットリングで眩しさを抑える・上下にも光を続けられる
消費電力:60W形45W

同じルイスポールセンのペンダントライトなのですが、こちらは幅広くいろんな用途に応じて使用することができる商品です。玄関や廊下、寝室、ダイニングなどさまざまな部屋でダウンライトやシーリングライトのかわりに使用することができ、デザインもシンプルで、機能性も抜群です。

小型ペンダントライトなので、2個、3個並べて使うことをおすすめします。ダクトレールを使用することで、ライトの移動が可能になり、部屋の模様替えなどで光の変化を楽しむことができ、空間を小さなあたたかな明かりが、癒してくれるでしょう。グレアカットリングが光源の眩しさを抑えることに配慮し、柔らかな光を上下に届けてくれるよう設計されたフォルムです。ダイニングなどどこにでも使用できる、生活にやさしい配慮が人気の秘密なのでしょう。

ダクトレール  複数のライトをレール上に取付けできる照明用のパーツ。

グレア  不快感や物の見えづらさを生じさせるようなまぶしさのこと。

 

第3位 倉敷意匠 x 後藤照明 アルミシェード ペンダントライト

出典: Amazon.co.jp

サイズ:φ27.8×H16.5cm(重量880g)
光の色:あたたかな柔らかな光
照明性能:シンプルな機能のみで照らす
デザイン:職人さんが手作業で作成する ONLY ONE 商品
消費電力:60W

こちらは、伝統を重んじる昔ながらのシンプルなデザインの商品。北欧ブランドの家具や日本の間取りにもマッチしやすいシンプルそのものなMADE IN JAPAN(日本製)のインテリア照明です。東京下町の職人さんたちの手で作られているため、ONLY ONE な商品です。デザインがシンプルな上に、余分な機能はなく、それだけに長く使い続けられるモノづくりにポリシーを持ったブランドの潔さも魅力のひとつです。

改めて、日本本来の美しさにも気付かされる定番で、安心できるおすすめライトです。

 

まとめ

いかがでしたか。毎日の生活の中で明かりが自分の生活を豊かにしてくれる、そんなペンダントライトを見つけてください。今、使っているペンダントライトの位置を変えてみることで、日常がやさしく変化し、穏やかな明かりで過ごせればと思います。ペンダントライトもデザインによって、作り手の思いによって、さまざまなストーリーがあることに驚かされます。

照明デザインの好みで選んだり、実用性で選んでもかまいません。そのペンダントライトの特性を知り生かすことが、生活を豊かにし、癒しの空間を演出してくれるでしょう。

優しい明かりで癒される、そんなペンダントライトに出逢えることができますように。

記事内で紹介されている商品

ルイスポールセン LC Shutters ペンダント…

サイトを見る

ルイスポールセン ペンダントライト Pakhus

サイトを見る

倉敷意匠 x 後藤照明 アルミシェード ペン…

サイトを見る

関連記事