インテリアコーディネーターが教えるリラックスタイムにおすすめビーズクッション

どんな体型にも変形して身体にフィットするソファサイズのビーズクッション商品。

時には腰かけ用の商品として、またお昼寝用の枕として、生活シーンにもフレキシブルにフィットするビーズクッションの商品。リビングにビーズクッションの商品が1つあるとくつろぎの時間がより癒されますね。充填するビーズの大きさやクッションのサイズ感など用途やシーンに合わせて最適なビーズクッションを選びたいものですよね。

ということで今回は魅力的なビーズクッションの商品の選び方をインテリアコーディネーターの今西が詳しくご説明していきたいと思います!

 

持ってて損なし!ビーズクッションはリラックスタイムに相性抜群な商品

ソファサイズのビーズクッションの商品は、ご存知の方も多いかもしれませんが本当に便利な商品です。「人をだめにするソファ」なんてことも言われているほどですよね。

特徴的なビーズクッションではありますが、価格としては大きい商品ですとそれなりにします。クッションというよりはもはやソファのような商品ですからね。

クッションやまくらなど、インテリア系の商品において困るのが、商品選びを失敗したときに捨てるに捨てれなくなってしまうということ。消耗品なわけでもありませんし、小物と違って場所もかなりとるのではないかと思います。

そうなると、使わなくなるんじゃないかと心配、、、。と思う方も多いのではないでしょうか。そんなあなたでも安心していただきたいのがこのソファサイズのビーズクッションです。

ソファサイズのビーズクッションは本当にリラックスタイムに合います。合いすぎて離れられなくなるかもしれません。(そういう意味では、良い意味で後悔するかもしれませんね!笑)

ということでここでは、ソファサイズのビーズクッションの商品が、いかにリラックスタイムに重宝するのかを、シチュエーションに合わせてご紹介したいと思います。

 

自宅で映画をよく観る方は絶対買うべき

まず一番に言えるのがこれですね。ビーズクッションは言葉通りクッションの中の素材が綿などではなく、柔らかい素材のビーズがたくさん入っています。

細かなビーズなので、自分の身体のラインにぴったりフィットしてくれる商品なんです。なので、テレビを見る際やちょっと横になる際など、座ると重みに沿ってビーズが優しく包み込むようにフィットしてくれるんです。

普段、リラックスしたいときのクッションは、反発力がありすぎてなかなか体のラインにフィットしてくれない、、、なんてことはありませんか?特に、映画を自宅で見る方なんかは、長時間座っているわけなのでフィット感あるクッションが欲しいもの。そんな時にビーズクッションはとても相性が良いのではないかなと思います。

また、ビーズクッションの商品は、ソファの代替になるくらい大きいサイズ感の商品がほとんどです。「人をだめにするビーズクッション」というと、ソファサイズの大きいサイズ感の商品を指しますね。ソファサイズのビーズクッションは、映画の際に本当に重宝します。かなり贅沢に映画を楽しむことができます。

ソファタイプの大きめサイズの商品を購入した方は、映画館よりも自宅で映画を見るほうが好きになるかも?!

 

腰痛がひどい方に

ビーズクッションの包み込むようなフィット感は、椅子に長時間座った際に感じる腰痛の際にも非常に頼もしい見方になってくれます。

例えば、長時間のドライブやデスクワーク、硬い椅子に座らなくてはならない時など、どうしても腰に負担がかかりやすい状況となることってありますよね。

一方でビーズクッションの場合には腰にしっかりとビーズ素材がフィットしてくれます。リラックスタイムくらいは、優しいビーズクッション、いえ、ビーズソファに包まれても良いのではないでしょうか?

もちろん腰に負担がかからない態勢でいることが大事ですが、リラックスタイムにはソファサイズの優しいビーズクッションに癒されてみてはいかがでしょうか。

 

ちょっと仮眠をとりたいときに

ちょっと仮眠をとりたいときにも、ビーズクッションは重宝すると思います。

先ほども言いましたが、ソファサイズのビーズクッションは、本当にふんわりと座った人を包み込んでくれます。

イメージとしては大きなサイズのふわふわ食パンに乗っかったような感じですね。

そんな座り心地のよいソファに座って仮眠ができないわけがない!あっという間にとりこになりますよ。

ソファサイズのビーズクッションなら、心も体もリラックスできるはずです。

 

どう使いたいか用途に合わせてビーズクッションのサイズを決める

ビーズクッションにもソファー代わりになる大きなサイズのものからクッションとして使う様な小さなサイズまで様々な大きさがあります。大きさを決める際に重要なポイントは

  • 置く部屋、場所の大きさとのバランス
  • どのように使いたいのか

この2つです。特にソファーとして利用するなら大きなサイズのものが必要に

なってくるので部屋とのバランスも考えながら選ぶことが重要です。

座卓の椅子代わりとして使うのであればソファーサイズよりも小さめのサイズを選びます。

また今ある椅子やソファーに補助的に使うなら小さめサイズをクッションとして活用することが出来ます。といったように用途に合わせて大きさを選ぶことが出来ます。

 

ビーズのサイズは何を選べばよい?!

今人気なのは身体の形に合わせて変化しやすい極少ビーズが人気です。0.5mmくらいから1mmくらいが主流です。ビーズ一つ一つの大きさが小さいと体圧分散されやすくしっかりと体にフィットしやすいのでオススメです。

またメンテナンスが出来るビーズ充填穴があるものを選ぶとビーズがへたって来た時に入れ替えが出来長く使うことが出来ます。

 

カバーのカラーはインテリア空間にマッチするものを

クッションサイズのものでも空間に与える影響が大きいので今のインテリア空間にマッチしたカラ―やデザインのカバーを選ぶのがポイントです。

またカバーの材質は伸縮性のある生地が使用されたカバーがオススメです。しかし柔らかすぎるとヘタりやすいのである程度の耐久性を持った生地を使用されたカバーを選ぶのがポイントです。デニムカバーやフェイクレザーが使用されたカバーなど様々な素材がありますが、まずは座り心地やカバーを触った感触をチェックしてみることをオススメします。長くキレイに使う為にはメンテナンスが出来ることも重要なポイントなのでメンテナンスしやすいカバーを選びたいですね。

 

ビーズクッションと言えば人気の快適で動けなくなる魔法のソファー「ヨギボ―」

日本の上陸して3年。アメリカ生まれのカラダに完全にフィットするビーズソファー。天国の座り心地で体を包み込み、極上の癒しを実現してくれるソファー。

同一素材で柔らかい素材で出来たカバーはどの方向から座っても体にフィットする最先端の特許申請中の新技術で作られています。体全体を包みこむ大きなものから腰かけ程度の小さなものまでライフスタイルに合わせて選べるバリエーションがあります。

私も座った事がありますが昔わたしが使っていたビーズクッションとは大違いでした。ぎっしりビーズが詰まっているので座った時に安定感があって体にしっくりなじむ感じが

まさに極上の癒しの時間でした。しかも使わない時は立てて置けるので省スペースなのもうれしいポイント。もちろんお洗濯やビーズの充填も出来るので長く使えるビーズクッションです。

 

リラックスタイムをより極上の時間にしてくれるオススメビーズクッション5選

インテリアコーディネーター今西オススメのビーズクッションを5つの商品をご紹介しますね。

商品選びポイントは

  • カバーのお手入れのしやすさ
  • ビーズのメンテナンス
  • 空間をおしゃれにするデザイン性のある商品

ということで、これらをポイントとして商品を選んでみました!

気になる商品がありましたらうれしいです!

 

1人サイズで省スペース。優しく体を支えてくれる「ヨギボ―ポッド」

まずご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は読書やスマホ、リラックスタイムにぴったりサイズのヨギボ―ポッドです。

商品のカラー展開も全15色と、インテリアに合わせて商品のカラーを選べるのもうれしいポイントです。

こちらの商品はカバーはコットンとポリエステルの混合素材で伸縮性もありお肌なじみの良いカバーです。

こちらの商品のカバーはもちろんお洗濯も出来るのでいつでも清潔に使うことが出来るという点がポイント高いですね。一度座るとその座り心地のよさにまさに動きたくなくなる魔法のソファーです。

 

もっちりふんわりと体を包みこんでくれてまさに人をダメにするクッション「ポトラクッション」

こちらの商品は楽天ランキングでも1位の人気商品。

こちらの商品は全11カラ―できっとお気に入りの商品をを見つけられます。

サイズ感としては、コンパクトサイズで背中を支えてくれたり、お昼寝の時は抱き枕としても活用出来ます。

リラックスタイムを思いのまま過ごすことが出来る商品だと思います。

また、こちらの商品は替えカバーも豊富で、上質な空間を演出するレザータイプのカバーや冬にうれしいボアタイプのカバーなど季節やインテリアに合わせてカバーを替えられるというのもうれしいポイント。充填ビーズもありメンテナンスも○です。

 

Fromパリ インテリアの主役としてお部屋のアクセントにソファータイプの「レイジーバッグパリ」

出典: Amazon.co.jp

ビーズクッション ソファ アルモS LAZY BAG PARIS

次にご紹介するのがこちらの商品。

デザイナーズブランドのこちらビーズクッションの商品なら空間をもっとおしゃれに。

ソファータイプの商品でお部屋の主役として置きたいビーズクッションの商品です。

女性一人でも持ち運べる商品の軽さで配置換えも楽々。こちらの商品のカバーはドライクリーニングや乾拭きが可能なタイプのカバーとなっていて、メンテナンス可能なのがうれしいポイントだと思います。

 

可愛いぬいぐるみ型が癒される「【MOGU】ぬいぐるみ型クッション もぐっち みーたん」

次にご紹介するのがこちらの商品。

こちらの商品は、空間にかわいらしさをプラスしてくれるクッションです。サイズ感としては小さめサイズで抱き枕として、タブレットのスタンドとしても活用出来る商品となっています。手洗い可能でメンテナンスも出来るのがおすすめポイントの一つでもありますね。

赤ちゃんの柔肌の様な質感で癒しの時間を。ライフスタイルの変化に合わせてケアをしてくれるクッションシリーズ「MOGU」だからこそできる「座る」「寝る」をより心地よくしてくれるクッションです。

 

男前インテリアにぴったり人工皮革でお手入れ簡単「ボンボンソファ 」

インテリア性も重視したビーズクッションが欲しいあなたにおすすめのボンボンソファという商品です。

こちらの商品カバーは見た目高級感のあるレザー調の質感なので、いつものおうちの空間に上質さをプラスしてくれます。人工皮革のカバーなので汚れに強く拭き取りが出来る素材でメンテナンス性もばっちりなのが魅力ポイント。

中のビーズは量を調節することが出来お好みの柔らかさを楽しむことが出来ます。普通のソファーと比べると総重量4KGと軽量でインテリアの配置換え気軽に出来ます。人工皮革のカバーのほかにもデニム地のカバーなどもあり好みに合わせてチョイスが出来るというのもうれしいポイントです。

 

まとめ

実際にビーズクッションの商品を愛用している筆者がおすすめの商品をご紹介させていただきましたが、お気に入りの商品は見つかりましたでしょうか。

軽量で体にフィットしてリラックスタイムをより癒しの時間にしてくれるビーズクッションの商品。持ち運びも自由で模様替えも楽々。よりインテリアを楽しみたいあなたにぴったりの商品ですね。

是非お気に入りのビーズクッションの商品を見つけて下さいね。

記事内で紹介されている商品

Yogibo Pod 人をダメにするソファ

サイトを見る

ハナロロ ポトラクッション

サイトを見る

ビーズクッション ソファ アルモS LAZY BA…

サイトを見る

MOGU もぐっち み~たん

サイトを見る

関連記事