アロマ歴20年ユーザーが教える!おすすめアロマオイル10選

日ごろからアロマの香りが漂うお部屋で生活を送りたい!すでにア ロマを取り入れているけれど、もっとアロマの香りをさまざまな方法で楽 しみたい!そんな方が多いのではないでしょうか。

アロマ歴20年の筆者が、はじめて使ったのはニールズヤードの初 心者向けのアロマセットでした。エッセンシャルオイルが10種類く らいとキャリアオイル、キャンドルタイプのアロマポッド、 テキストなどがセットになっていたものです。香りには好みがありますので、いろいろなエッセンシャルオイ ルの香りを初心者のうちに使えたのはとても良かったと思っています。

 

目次

アロマオイルとは?


植物に由来する天然香料・精油(エッセンシャルオイル)や合成の 香料を、プロピレングリコールやアルコール、植物油(キャリアオイル)や鉱物油などで希釈した製品を指すことが多いようですが、 メーカーや店舗によっては、精油(エッセンシャルオイル)のこと をアロマオイルと呼んでいる場合もあり、精油(エッセンシャルオイル)はアロマオイルの一部であると言えるのではないでしょうか 。アロマオイルを選ぶときにはメーカーさんのホームページや商品 の表示を見て、100%天然成分でできた商品を選びましょう。

 

精油(=エッセンシャルオイル)との違いは?

精油(エッセンシャルオイル)は100%その素材から作られてい ますが、上記でも書きましたように、アロマオイルの場合は合成の 香料を使った場合やほかの成分で薄めている場合があります。なお 、アロマテラピーでは「100%植物から抽出されたアロマオイル 」(=精油、エッセンシャルオイル)を使用しますので、よく表示 を確認して購入しましょう。

 

アロマオイルの正しい使い方

アロマオイルは様々な使用方法があります。いくつか使い方につい てまとめてみました。なお、使う量については精油(エッセンシャ ルオイル)の分量を目安にしています。下記の目的で使う場合はアロマオイルの中でも精油(エッセンシャルオイル) のみを利用いただき自己責任のもと使用方法を守り、安全にお使いください。 また、異常を感じた場合はすぐにご使用をお止めください。

 

ハンカチに垂らして使う

芳香浴法と呼ばれる、拡散されたアロマオイルの成分の香りを楽し む方法です。心や体のバランスを整えると言われています。
ハンカチに1~2滴ほど 精油(エッセンシャルオイル)を垂らし、デスクや枕元に置きます。オレンジの精油など、色の付いたオイルを利用するとき は、色が落ちなくなる可能性がありますので、シミになっても良い ハンカチやムエットを使いましょう。

 

アロマディフューザーに入れて使う

こちらも芳香浴法と呼ばれます。水をセットしたあと、2~3滴の 精油(エッセンシャルオイル)を垂らして作動させます。機種によ っては、専用のアロマオイルや精油(エッセンシャルオイル) を垂らす場所が指定されている場合がありますので取扱い説明書 をご確認ください。
また機器の故障をさけるため必ず本体の取扱説明書を確認し、アロマオイルや 精油(エッセンシャルオイル)非対応の加湿器やディフューザーでは使わないようご注意ください。

 

お風呂で使う

沐浴法の一種です。お湯を張った浴槽に全身浴なら1~5滴、半身 浴なら1~3滴の 精油(エッセンシャルオイル)を垂らします。肌に刺激を感じた場 合はすぐに水で流し、使用を止めてください。また、手浴や足浴としても使うことが出来ます。この場合は洗面器にお湯を張り、1~3 滴の 精油(エッセンシャルオイル)を垂らします。・トリートメントオイルとして使う
精油(エッセンシャルオイル)を1%以下になるようキャリアオイ ルで薄めてから、肌に直接塗りマッサージします。事前にパッチテストを行い肌 に異常が起こらないかを確認します。また、フェイスオイルとして 利用する場合は精油(エッセンシャルオイル)は0.5% 以下に薄めます。

 

手作り化粧品に使う

化粧水や乳液、クリームなどの手作り化粧品のレシピに数滴加えることで、自分好 みの香りをつけることができます。使用前にはパッチテストを行ってください。

 

ルームスプレーとして

スプレーボトルに無水アルコールを入れ、好みの香りのアロマオイ ルを1~3%位の濃度になるように入れます。お部屋のリネン類、 カーペットやカーテンなどの嫌な臭いを取り、自分好みの香りをつ けることができます。ただし、香りの持続性はあまりありませんの で、香りを漂わせたい目的だけの場合はディフューザーの方がおす すめです。「シトロネラ」や「ゼラニウム」、「 レモングラス」 など虫が嫌う精油(エッセンシャルオイル)を使えば、虫よけスプ レーにもなります。

 

使い方としておすすめしない方法としては次になります。

  • 飲む、料理に使う(少量であっても、希釈したものであっても)
  • 直接原液を肌に付ける(キャリアオイル等で薄めたもので、パッチテストをクリ アすればOKです)
  • 目の中に入れる(手に付いたアロマオイルで目をこすらないよう に注意しましょう)

 

注意が必要な方

  • 妊娠中(アロマテラピートリートメントを受ける際なども専門家 に相談してください)
  • 病気などで禁忌とされている方(専門家にご相談ください)
  • 子供さんのいるご家庭(お子さんの手の届く場所へ保管しないよ うにしましょう)
  • ペットのいるご家庭 (ペットが触れないところに保管しましょう)

 

アロマオイル選びのポイント・注意点は?

購入前のポイント

  • 遮光瓶に入った商品を選びましょう。
  • 100%天然成分で作られた成分のアロマオイルを選びましょう。※成分の明記がない等で困ったときは精油(エッセンシャルオイル)かどうかを確認して購入 しましょう。
  • 1年で使い切れる量を購入しましょう。(柑橘系の場合は3~6か月)

 

購入後のポイント

  • 開封後は1年を目安に使い切りましょう。(柑橘系の場合は3~6か月)
  • 蓋をしっかりと締め、立てて保管しましょう。
  • 直射日光や紫外線の当たらない場所に保管しましょう。
  • 高温を避けて保管しましょう。
  • 原液を直接肌に付けないように注意しましょう。
  • 光毒性のある、グレープフルーツ、ベルガモット、レモンなどを含 むアロマオイルは日中の使用に気を付けましょう。
  • イランイラン、ジャスミン、ティートリー、ブラックペッパー、ペパーミント、メリッサ、ユーカリ、オレンジ、グレープフルーツなどを含むアロマオイルでは希釈したものであっても炎症や紅斑、かゆみを起こす場合があ りますので違和感があるなら、すぐに使用をやめましょう。

 

香りの7分類

基本的には「好きな香り」を、その時の気分や体調、どんな自分になりたいか?に合わせて選びます が、 初心者の方は専門家が調合した「 ブレンドオイル」から使ってみるのもおススメです。
香りの系統を挙げると次のようになります。同じ系統同士や隣同士 のオイルは相性がよくブレンドにも向いています。

 

フローラル系:ラベンダー、カモミール、ローズ、ジャスミン、 ゼラニウムなど

お花から抽出されます。リラックスしたいときやエレガントな気分 になりたいときにおすすめの系統です。なお、 ローズの精油は精油の中でも高価です。

 

柑橘系:ベルガモット、レモン、ライム、グレープフルーツ、シ トロネラ、メイチャンなど

柑橘系の果物や、柑橘系の果物の香りに似た葉っぱなどから抽出さ れます。 スッキリとした気分になりたいときなど、初心者の方にもおすすめ の使いやすい系統です。

 

ハーブ系:ローズマリー、ペパーミント、マージョラム、タイム 、クラリセージ、フェンネル、メリッサなど

ハーブの葉っぱやハーブの花から抽出されます。清涼感の強い香り をもつ系統です。

 

樹木系:ユーカリ、ティーツリー、サイプレス、プチグレン、カ ユプテ、シダーウッドなど

樹木の木や皮から抽出したオイルです。爽やかで森林浴をしているような気分になる系統です。

 

スパイス系:シナモン、カルダモン、ジンジャー、コリアンダー 、クミン、アニシード、ブラックパッパーなど

香辛料としても使われるので、香りのイメージが付きやすいのではないでしょうか。他のオイルにブレンドして使われることが多い系統です。

 

樹脂系:ベンゾイン、フランキンセンス、ミルラなど

樹木の樹脂から抽出されます。甘みのある奥深い香りがする系統です。

 

エキゾチック系(オリエンタル系):サンダルウッド、イランイ ラン、パチュリ、ベチパー、パルマローザなど

個性的な香りが多いので少し扱いが難しいです。 他のオイルに少量ブレンドされて使うことが多い系統です。

 

利用頻度の高いアロマオイル ランキング

筆者が今までによく使ったアロマオイルの香り順にランキングいたしました。ご紹介しているのはすべて100%天然成分でできた精 油(エッセンシャルオイル)かキャリアオイルですのでご安心くだ さい。

 

5位 オレンジ

爽やかなオレンジの香りがギュッと凝縮されているオイルです。 オイル自体に黄色~ オレンジの色が付いていますので服などにこぼさないようご注意く ださい。また、柑橘系オイルの日持ちは3か月~ 約半年くらいと言われていますので、 大容量の瓶を購入しないようお気を付けください。なお、 オイルが余ってしまった場合はクレンザーに混ぜてお掃除に使うな ど二次利用ができます。

 

NAGOMI AROMA オレンジ・スイート

出典: Amazon.co.jp

NAGOMI AROMA オレンジ・スイート

AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会) 表示基準適合認定精油です。
リフレッシュ目的でラベンダーやペパーミント等とブレンドしてデ ィフューザーで使っています。とても爽やかな気分になれますよ。 お風呂に入れると肌がピリピリ感じる場合がありますので事前 にパッチテストをお勧めします。

  • メーカー: ナゴミアロマ
  • 容量:5ml
  • 瓶:茶色のガラス製(遮光性)
  • 香り:オレンジ
  • 原産国: オーストラリア、イタリア、ブラジル(時期によって、 産地が変更になる場合があります)
  • 学名:  C itrus sinensis
  • 抽出部位: 果皮
  • 抽出方法: 冷却圧搾法

 

4位 ペパーミント

スーッとした清涼感のある香りが特徴です。 鼻が詰まったときはディフューザーで使うとスーッとして気持ちが 良いですし、 キャリアオイルで希釈して肩こり等のマッサージにも使っています 。マッサージに使う場合は、 必ず希釈をすることと初めに皮膚にパッチテストをしてから使って くださいね。

 

GAIA  エッセンシャルオイル ペパーミント

出典: Amazon.co.jp

GAIA エッセンシャルオイル ペパーミント

AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会) 表示基準適合認定精油です。  オイルの変質や酸化を防止し、より長期間の保存が可能となりよい香りが持続するよう 、一本ごとに窒素ガスを充填しているこだわりを持っています。 誰にでも好まれる香りだと思いますし、 他のオイルとブレンドしても使いやすい香りです。 夏場は入浴時に浴槽に数滴入れると身体がスーッとします。

  • メーカー: GAIA(ガイア)
  • 容量:5ml
  • 瓶:ブルーのガラス製(遮光性)
  • 香り:ペパーミント
  • 原産国:アメリカ
  • 学名:  Mentha piperita
  • 抽出部位: 葉
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法

 

3位  ユーカリ

筆者は記事を執筆するときの集中力アップや、 花粉症や風邪のシーズンにも重宝します。 鼻にツンとくる刺激のある香りですので好みがわかれるかもしれま せん。ユーカリにも種類がいくつかあり、それぞれ香りや成分、 使いどころが異なってきます。
高齢者のかたやお子さまがいるご家庭でご利用の場合は、 ケトン類を含まないユーカリラディアータ( 学名:Eucalyptus radiata )をおすすめします。

 

生活の木 ユーカリラディアータ

英国ソイルアソシエーション認定オーガニック精油です。 集中力アップをしたいとき、 ディフューザーでミントオイルやレモンオイルとブレンドして使う ことが多いです。

  • メーカー: 生活の木
  • 容量:3ml
  • 瓶:茶色のガラス製(遮光性)
  • 香り:ユーカリ
  • 原産国:南アフリカ
  • 学名: Eucalyptus radiata
  • 抽出部位: 葉、枝
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法

 

ユーカリ 精油 NOWエッセンシャルオイル

出典: Amazon.co.jp

ユーカリ 精油 NOWエッセンシャルオイル

大容量でコスパが良いので、 ダニなどの虫よけスプレーを作る際にも惜しみなく使うことができ ます。スプレーボトルに無水エタノールを入れ、 ユーカリオイルを数滴垂らしカーテンやラグマット、 リネンにスプレーして使っています。
こちらはユーカリグロブロスになりますので、 妊娠中の方や高齢者の方、 お子さまやペットのいるご家庭では使用を控えた方が良いと思いま す。

  • メーカー: NOW
  • 容量:30ml
  • 瓶:茶色のガラス製(遮光性)
  • 香り:ユーカリ
  • 原産国:中国
  • 学名:  Eucalyptus globus
  • 抽出部位: 葉、小枝
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法

 

2位 ティーツリー

免疫力が落ちているな?と感じる時や疲れが溜まっているときに重 宝して使っています。花粉症や風邪のシーズンにも重宝します。  フレッシュな香りで森林浴をしているような気分になれます。

 

ニールズヤード レメディーズ エッセンシャルオイル ティートリー・オーガニック

出典: Amazon.co.jp

ニールズヤード レメディーズ エッセンシャルオイル ティートリー・オーガニック

英国ソイルアソシエーション認定オーガニック精油です。ラベンダ ーオイルと混ぜてディフューザーで使うほか、無水エタノールにユ ーカリラディアータオイル、ティートリーオイル、 ペパーミントオイルを少量ずつ混ぜたものをマスクの裏側にスプレ ーして使うこともあります。センシティブな時期はオーガニックの 商品を好んで使っています。

  • メーカー: ニールズヤードレメディーズ(NEAL’S YARD REMEDIES)
  • 容量:5ml
  • 瓶:ブルーのガラス製(遮光性)
  • 香り:ティートリー
  • 原産国:イギリス
  • 学名: Melaleuca alternifolia
  • 抽出部位: 葉
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法

 

1位 ラベンダー

リラックスしたいとき、夜眠るときに単独または他のオイルとブレ ンドしてディフューザーで使っています。
なお、 ラベンダーにもたくさんの種類がありますが、それぞれ成分の配合 が異なり利用目的も香りも違ってきます。リラックス目的でラベン ダーを使う場合は「真正ラベンダー」または「ラベンダートゥルー 」と記載のあるオイル(学名:Lavandula angustifolia、Lavandula officinalis)を購入するのがおすすめです。

 

GAIA  エッセンシャルオイル ラベンダー・トゥルー

出典: Amazon.co.jp

GAIA エッセンシャルオイル ラベンダー・トゥルー

AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会) 表示基準適合認定精油です。 オイルの変質や酸化を防止し、より長期間の保存が可能 となりよい香りが持続するよう 、一本ごとに窒素ガスを充填して いるこだわりを持っています。筆者は5ml入りでは持ちませんので30ml以上の大きな瓶で購 入していますが、初めて購入される方には3mlまたは5ml入り の瓶で好みの香りかどうかお確かめください。

  • メーカー:GAIA(ガイア)
  • 容量:5ml
  • 瓶:ブルーのガラス製(遮光性)
  • 香り:ラベンダー
  • 原産国:フランス
  • 学名: Lavandula angustifolia
  • 抽出部位:全草
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法

 

ease アロマオイル エッセンシャルオイル 真正ラベンダー

出典: Amazon.co.jp

ease アロマオイル エッセンシャルオイル 真正ラベンダー

大量消費をされる場合には、大容量タイプの商品の方 がコスパが良いのでおすすめです。 格安メーカーではありますが、 AEAJ(公益社団法人日本アロマ環境協会) 表示基準適合認定精油です。  オーストラリアにあるアロマの販売 店(数社)より、毎月定期的にまとまった量を仕入れすることによ り、原価を下げることが出来ているそうです。リラクゼーションサロンも運営されている日本のメーカーです。

  • メーカー:イーズアロマ
  • 容量:50ml
  • 瓶:茶色のガラス製(遮光性)
  • 香り:ラベンダー
  • 原産国:フランス
  • 学名: Lavandula angustifolia
  • 抽出部位: 花穂
  • 抽出方法:水蒸気蒸留法

 

キャリアオイル

ホホバ

キャリアオイルにもスイートアーモンド、ホホバ、オリーブ、 マカダミアナッツなど 、さまざまな種類があります。 キャリア オイル単体で香りのついているものもありますので、 ここでは精油(エッセンシャルオイル)の香りを邪魔しないホホバオイルをセレクトしました 。伸びが良いのでマッサージオイルとしても使いやすく、肌や髪、 頭皮などにうるおいを与えてくれます。

  • メーカー:生活の木
  • 容量:25ml
  • 瓶:茶色のガラス製(遮光性)
  • 香り: ほとんどなし
  • 原産国:アメリカ
  • 学名: Simmodsia sinensis
  • 抽出方法: 低温圧搾法

 

番外編:初心者の方にもおすすめ

アロマオイルを初めて使うのでよくわからない方や贈り物をされる 時には、 少量のオイルが数種類セットになった商品がおすすめです。お好み に合わせて使っていくと次第に、 空になる瓶といつまでも残っている瓶に分かれると思います。 空になった香りの瓶を追加で購入されると良いと思います。また、 あらかじめ専門家がブレンドしているオイルも使いやすいのでおす すめです。

 

生活の木アロマ入門セット検定2級

出典: Amazon.co.jp

生活の木アロマ入門セット検定2級

元々は、アロマ検定2級で使われるオイルのセットになりますが、 一般的にアロマテラピーに良く使われる10種類のオイルが少量(1.5ml) ずつ入っているので好みのオイルを見つけるのに最適かと思います 。 スポイトやムエットも入っていますのでさまざまなオイルをブレン ドをして香りの相性を確かめてみる使い方にもおすすめです。

  • メーカー:生活の木
  • 容量:1.5mlx10
  • 瓶:茶色のガラス製(遮光性)
  • 香り: イランイラン、ジュニパー、ゼラニウム、ティートゥリー、 ユーカリ、ラベンダー、レモン、ローズマリー、ペパーミント、 ス

 

ブレンドオイル

GAIA  ブレンドエッセンシャルオイル 安らかな眠り

出典: Amazon.co.jp

GAIA ブレンドエッセンシャルオイル 安らかな眠り

ラベンダー、ユーカリプタス、 プチグレインなどの精油を専門家が独自にブレンドしたリラックス 系の落ち着いた感じの眠りをさそう香りです。

  • メーカー: GAIA(ガイア)
  • 容量:10ml
  • 瓶:ブルーのガラス製(遮光性)
  • 香り:  ラベンダー、ユーカリプタス、プチグレインなどのブレンド

 

まとめ

いかがでしたか。 今回は良く使われる基本のアロマオイルだけのご紹介になりましたが、 紹介しきれていない様々な香りのアロマオイルもあり、アロマテラピーとしての使い方も豊富にあります。
この記事をきっかけに、 アロマの香りを取り入れる生活にお役立ちいただ けると幸いです。

記事内で紹介されている商品

NAGOMI AROMA オレンジ・スイート

サイトを見る

GAIA エッセンシャルオイル ペパーミント

サイトを見る

生活の木 ユーカリラディアータ

サイトを見る

ユーカリ 精油 NOWエッセンシャルオイル

サイトを見る

ニールズヤード レメディーズ エッセンシ…

サイトを見る

GAIA エッセンシャルオイル ラベンダー・…

サイトを見る

ease アロマオイル エッセンシャルオイル …

サイトを見る

生活の木アロマ入門セット検定2級

サイトを見る

GAIA ブレンドエッセンシャルオイル 安ら…

サイトを見る

関連記事