飾って華やかに♪クリスマスリースおすすめランキングTOP10

飾るだけで、一気にクリスマスムードを演出してくれるクリスマスリース。最近、ドライフラワーのリースハマっている筆者も半年後のクリスマスに向けてどんなリースを飾ろうか、今から楽しみで仕方ありません。

もともと、リースを飾る習慣はなかったのですが、ドライフラワーリースに出会ってからは一変。ダークなカラーの魅力に惹かれ、季節の移り変わりを感じるために、インテリアとして、楽しむようになりました。

春のカスミソウが持つ、繊細でかわいらしい雰囲気も素敵なのですが、移り変わりによって青の濃さが変わる夏の紫陽花が筆者はお気に入りです。特に、リースが大活躍するクリスマス時は、ユーカリを活かしたリースがおすすめ。冬のしっとりした雰囲気を盛り上げるのに一役買ってくれますよ!

 

クリスマスリースの魅力

クリスマスリースの魅力
やはり、飾るだけで室内が一気に華やかになるところですかね。しかも、大きさも千差万別。玄関やリビングなどの壁に飾るなら、23~30cmのサイズだと存在感があるので、おすすめです。クリスマスツリーだと、場所も取るし、片付けが大変という場合にぴったりのアイテムです。

販売しているリースを購入するがおすすめですが、1から手作りするのも楽しいですよ!楽天やamazonなどでキットも売っているので、友達や家族とパーティー前に作ると、一気にクリスマスムードに引き込まれます!

 

クリスマスリースの種類

天然素材

ドライフラワーリースが好きな筆者一押しの素材。ユーカリのリースなら、季節が過ぎても飾ってあるだけでおしゃれですよ。造花には感じることのできない植物の香りも堪能できるので、癒されます。

 

プラスチック素材

天然素材だと、儚くてちょっと寂しい、というかたにおすすめなのが、プラスチック素材のリース。天然素材とは異なって、枯れることがないので、使いまわしも簡単。誇りを被っても、濡れふきんでふくだけで、輝きを取り戻すことができますよ!

 

紙素材

幼稚園の頃、手作りしたのを思い出す、紙素材のクリスマスリース。そういえば、筆者の友人に、紙皿のふちの部分だけを残したリースを作っていた友人もいましたね。小さなお子様と一緒に楽しみながら作れるのもポイント!世界でたった一つのオリジナルのリース作りが楽しますよ!

 

布素材

最近、素敵だな、と思ったのがリボンや布の端切れを使ったクリスマスリース!近くに行くまで、何でできているのかわからなかったので、正体をしたっと気は、感動しました。蝶々型のリボンをベースに括り付けるだけで、フェミニンなクリスマスリースが完成!

ドライフラワーのクリスマスリースと同様、季節が過ぎても飾って置けるデザインがあるのもポイント!リボンの可愛さのおかげで、「季節外れ感」もないので、使い勝手がいいですよ!

 

クリスマスリースの選び方

種類を紹介したものの、結局は見た目がかわいいものを飾るのが一番!筆者も基本、素材よりも見た目重視で、室内にリースを飾っています。ちなみに、筆者が重点を置いているポイントは、こちら!

 

サイズ

20~30cmが存在感があって、おしゃれなデザインのものが多い気がします。当然といえば、当然ですが飾りもバリエーション豊かで、派手目なデザインがクリスマスなどのイベントにぴったり。

部屋のドアや玄関先に飾っておくと、「もう、クリスマスか」とちょっと切なくなることもありますけどね。

 

素材

市販のクリスマスリースを購入する際、紙素材や布素材の場合は、ものによっては、チープに見えてしまうので注意が必要です。迷った際は、アクセントにオーナメントや木の実などが付いているリースがおすすめですよ!

 

デザイン

素材にも繋がりますが、基本的に単一の素材だけで作ったものよりも、素材を掛け合わせているクリスマスリースの方が派手目でおしゃれ。布地ベース×天然素材、リボン×オーナメントなど、華やかなデザインのリースがたくさん。

購入してきたリースに、お気に入りの素材を組み合わせてアレンジするのも楽しみの1つです。

 

おすすめのクリスマスリース

8位:フローレックス FLOREX クリスマスリース

出典: Amazon.co.jp

フローレックス(FLOREX) クリスマスリース ハンドメイドアレンジ ボールリース 径25cm RW-812

クリスマスリースといえば、定番は「フローレックス」のようなデザインですよね。スーパーやカフェでクリスマス気分を演出する際に飾られているのをよく見かけます。

直径25cmとインテリアとしても存在感をばっちり発揮してくれる大きさなので、ツリーを飾らなくても、室内を一気にクリスマスムードにしてくれますよ!

 

7位:LOWYA  ロウヤ クリスマスリース

出典: Amazon.co.jp

LOWYA (ロウヤ) クリスマスリース クリスマス リース 壁掛け 玄関飾り 天然素材使用 松ぼっくり 星 34~35cm

まるで、雪が降り積もったような質感が魅力的な「ロウヤ」のクリスマスリース。まるで、森の中で出会った素材をかけ合わせたかのようなデザインが魅力的です。

市販の中でも、見た目から物語を連想できるリースは、神秘的な雰囲気ただようクリスマスにはうってつけ。ハンドメイドっぽく見えるので、もしかしたら、どうやって作ったのか質問されるかもしれませんね。

室内の雰囲気によっては、ちょっとデザインがごちゃっとして汚く見えてしまうかも、という懸念点がありますが、それ以外はクリスマスにぴったりのリースだと思います。

 

6位:LTWHOME WHCWFB クリスマスリース

出典: Amazon.co.jp

「LTWHOME」「乙女の心」リースシリーズWHCWFB 可愛いは最高!ピンクの力は世界を美しくなる! ドア、壁飾り インテリア品

トナカイの羊毛フェルトと優しい色味のボンボンがかわいいクリスマスリース。ふわふわで、思わず触れたくなる女の子らしいデザインが特徴です。リースの土台が、ピンクなのも華やかで魅力的!

ちょっとデザインが幼いかな、と思う方もいらっしゃると思いますが、ワンポイントとして室内に飾れば、光ってくれるアイテムだと思いますよ。

ただ、埃を被った際、掃除をするのがちょっと大変そうだなのでこの順位にしました。「LTWHOME」というシリーズはこのほかにも、天然素材を使ったリースを販売しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

 

5位:花七曜 クリスマスリース

出典: Amazon.co.jp

* 花七曜 * ヒイラギのクリスマスリース / クリスマス リース プリザーブドフラワー ドライフラワー 飾り ナチュラル クリスマスリース 手作り オーナメント 店舗 ディスプレイ

筆者おすすめのドライフラワーリース。ヒイラギの緑と木の実の赤でクリスマスムードを演出。シンプルながらも、おしゃれに見えるのは、ヒイラギの葉のギザギザのおかげかもしれません。

これだけだと、リースとしてはちょっと物足りないという方は、個別で販売しているドライフラワーを継ぎ足して、ボリュームを出すのもおすすめです。ハンドメイドに凝っている方の場合、練習台にもうってつけですよ!

 

4位:LTWHOME WHEEFW クリスマスリース

出典: Amazon.co.jp

「LTWHOME」「生命の尊い」リースシリーズWHEEFW 復活祭テーマ、卵、漿果、羽の素材 ドア、壁飾り インテリア品

「自分で作る」ことを前提に選んでしまうので、デザインがさっぱりしたものに寄ってしまいますね。申し訳ないです!そのような中で、筆者が最近気に入っているのが「LTWHOME」シリーズのリース!

さきほどご紹介した、羊毛フェルトが主役のリースもこちらのブランドでしたね!

派手目のものから落ち着いたデザインのものまで幅広く扱ってくれているのも気に入っている理由の1つ。ヒゲヅルが土台となっているこのリースは、クリスマスはもちろん、イベント終了後に飾っておいても季節感にずれが生じないリースなので、しまい忘れてしまっても大丈夫ですよ。

 

3位:ザ・ローズショップ クリスマスリース

出典: Amazon.co.jp

白い高原のナチュラルリース ドライフラワー バラ ギフト

クリスマスリースを選ぶ際、大切にしたいのがリースの雰囲気。色味やデザイン、質感が「冬」を感じるものであれば、積極的に室内に飾るようにしています。

ただ、カラーがうるさいものや華やかなものだと、室内のインテリアとの相性を考えるのが難しいので、どうしても落ち着いたデザインになってしまうのです。

ドライフラワーを使用したリースなら、ちょうどいい質感で、華やかな印象を与えてくれるものが多いので、おすすめ。

「ザ・ローズショップ 」のリースは、ホワイトとダークグリーンを基調にしたカラーで、冬を連想できるので、購入しました。

 

2位:GREENHOUSE クリスマスリース

出典: Amazon.co.jp

GREENHOUSE クリスマス CMナチュラルリース L プレート付 ホワイトグラデーション CM811-A

一目見ただけで、「欲しい!」と思ったクリスマスリース。筆者のインテリアが全体的にシックなデザインなので、あまり浮かないようなクリスマスリースを探していた際に出会いました。

装飾品がたっぷりついているもの、ダークに仕上げているのでそれほどくどく感じません。また、ホワイトをベースとしたスモーキーカラーのデザインで、雪が降り積もったイメージを連想させるのも魅力です。

クリスマスはもちろん、冬のシーズン限定のインテリア通しても役立ってくれるのもうれしいポイント。秋から移り変わる時期に飾り、冬の魅力を満喫するのにぴったりです。

 

1位:Yesurprise クリスマスリース

出典: Amazon.co.jp

Yesurprise クリスマスリース 飾り 花 リボン ボール プレゼント デコレーション 華やか クリスマス用品 (グリーン)

1位は、王道のクリスマスツリーを選ばせていただきました。2位のリースと迷ったのですが、やっぱり、クリスマス気分を盛り上げるのに、赤と緑のリースは必須だなと感じた次第です。

Yesurpriseのリースの特徴は、リースの上にゴールドのパウダーが降りかかっている点。ふわふわした触感も魅力的で、華やかさを演出。クリスマスシーズンになると、室内を一段と力を入れるというご家庭にもぴったり。

筆者の場合、室内というよりも玄関先に置いて、訪問者にクリスマス気分を味わってもらうために購入しました。リビングと玄関先とリースを使い分けるのもこなれた雰囲気が出せるのでおすすめです。

 

まとめ

クリスマスツリーといえども、デザインは様々。色味や質感で演出してくれる雰囲気もガラッと変わるので、選ぶ際は自宅のインテリアとの兼ね合いも考えることが重要です。

筆者のように、販売しているシンプルなデザインのクリスマスリースをアレンジして、オリジナルのリースを作るのにも、心の底からお薦めします。

「世界に一つだけ」という魅力が加わるだけで、そのクリスマスリースを飾るのが、毎年楽しみになりますよ。まずは、市販のクリスマスリースから楽しんで、徐々にハンドメイドに移行して行くのもいいかも!今回ご紹介したリースを参考に将来作ってみたいデザイン像を形作ってみてくださいね。

記事内で紹介されている商品

フローレックス(FLOREX) クリスマスリース…

サイトを見る

LOWYA (ロウヤ) クリスマスリース クリ…

サイトを見る

「LTWHOME」「乙女の心」リースシリーズWH…

サイトを見る

* 花七曜 * ヒイラギのクリスマスリース…

サイトを見る

「LTWHOME」「生命の尊い」リースシリーズ…

サイトを見る

白い高原のナチュラルリース ドライフラ…

サイトを見る

GREENHOUSE クリスマス CMナチュラルリー…

サイトを見る

Yesurprise クリスマスリース 飾り 花…

サイトを見る

関連記事