暖房好きが紹介する!遠赤外線ヒーターおすすめランキング!

エアコンの空気がなかなか流れてこない!そう思ったのがきっかけだったように思います。特に暖房の場合、空気は暖かいもの程上に行ってしまうだめ、天井付近に設置することが多いエアコンでは、足元まで温めるのが難しいんです。

そこでピンポイントで足元を暖めようと、遠赤外線ヒーターに目をつけました。部屋全体を暖める必要がなく、求めるところへ的確に力を発揮してくれる遠赤外線ヒーターの魅力をお伝えします。

 

遠赤外線ヒーターとほか暖房機器の違い

遠赤外線ヒーター

暖房器具は、上でも触れたエアコンのように、遠赤外線ヒーター以外にもいくつかありますね。ここではそれらとの違いから、遠赤外線ヒーターの特徴を見ていきます。

 

エアコンは風でヒーターは光

まずはエアコンから。エアー・コンディション(コンディショナーやコンディショニングとされることもある)の略である通り、機械から発する風が熱を持っているのが特徴です。温風に設定すれば近くにいる人も暖まり、暖房だけでなく冷房機能を兼ねている商品も多いですね。

対し、遠赤外線ヒーターは赤外線の光によってそれ自体が熱を持っているのが特徴。ゆえに広範囲に暖かさを広げることはできません。ゆえにすぐ暖まりたい人は近くに来る必要がありますし、多人数よりも1人や少数向けと言えます。またヒーターという名前からもわかりますが、冷たくする性能は当然ありません。

 

電気ストーブとは同じもの?

近くに寄って暖まる器具と言えばストーブも当てはまりますが、実は電気ストーブに限っては、遠赤外線ヒーターと同じものです。

名称が2つあるのは、特徴の捉え方とカテゴリによるもの。特徴の捉え方というのは、つまりヒーターの中で遠赤外線を用いているものなのか、ストーブの中で電力によって動くものなのか、どちらの機能を見ているのかに依ります。両方を兼ね備えているために、どちらの呼び方もされるんですね。

一方カテゴリで見ると、ヒーターは暖房器具全般を指すこともあり、その1つとしてストーブがあって、さらに電気を使うものという小カテゴリに分類されるため、ヒーターに変わりないという見方。

また遠赤外線ヒーターの中にはニクロム線電気ストーブというカテゴリがあり、それだけを指していることもあります。遠赤外線ヒーターと電気ストーブが別物とする意見もあるのは、状況によってシーズやハロゲン、カーボンなどの、ニクロム電気以外のヒーターを指し、区別している場合もあることに由来します。

 

遠赤外線ヒーターのタイプ

先ほどちょっと触れましたが、遠赤外線ヒーターにもいくつかのタイプがあります。ハロゲンや1種類としての電気ストーブは聞いたことがある方も多いでしょうが、あまり耳慣れない、以下の2種類についても理解しておきましょう。

 

スロースターターのシーズ

まずはシーズヒーター。ほかの種類に比べると耐久性が高いため、1つの商品を長持ちさせたい人にはおすすめです。しかしその分、暖まるまでに時間がかかってしまうデメリットも。数分でも我慢できない!なんて人には不向きかもしれませんね。

 

乾燥対策にもなるカーボン

暖房器具の多くは、空気を乾燥させる性能も併せ持っており、喉やお肌の調子に影響することもあるでしょう。しかし炭素を素材にしているカーボンヒーターは、比較的乾燥を抑えやすい商品と言われます。

商品価格は高めに設定されていることもありますが、電力消費など長期的な面でコスパが見込めるのもメリットです。

 

遠赤外線ヒーターの機能

遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターには、共通して存在する暖房以外の機能もいくつか存在。商品によっては全てではなくいずれかのみ備えていることもあるので、購入時にどれを優先するか考えておくとスムーズですよ。

 

首振り機能でヒーターでも部屋を暖める

まずは首振り機能。扇風機のように動くため、熱が一方向に固定されず、場所全体を暖めやすいです。ヒーターではあっても部屋を暖かくしたい、自分以外にも人がいる場合におすすめします。

 

利用中のコスパを抑える省エネ機能

エアコンやほかの機器に比べてしまうと、電気代が高いと言われる遠赤外線ヒーター。しかし商品の中には自らの電力使用量を抑えてくれる省エネ機能を備えたものもあるんです。

さほど寒くなく、ヒーターの強さや温めるスピードを求めない時には率先して利用しましょう。

 

人感知センサー機能で誰もいない時は制限

結果的なエコという意味では、人感知センサーも付いていると便利です。これは遠赤外線ヒーターのある場所に人がいなくなると、自動で暖房機能を制限してくれるというもの。

食事や入浴などで一時的に部屋を空ける時に役立ちます。完全に止めるわけではないので、戻ってきた時に再び一から暖め直す必要がありません。

 

遠赤外線ヒーターを選ぶときのポイント

遠赤外線ヒーター

欲しい機能や種類が決まったら、併せて以下のポイントについても考えてみてください。選択時に悩んだり、買ってから後悔する可能性を少しでも下げましょう。

 

持ち運びしやすい形状か

まずは持ち運びのしやすさ。余裕があれば、部屋ごとに遠赤外線ヒーターを置いても良いですが、そうでなければ移動するたびに運ぶ必要があります。

自分1人用であれば小型のものを選べば解決ですが、家族と一緒に使う大型のものが必要な場合は注意。円筒型や持ち手の有無など、移動させやすい形を優先しましょう。

 

暖める強さが調節できる

ヒーターの暖房機能は、全ての人にちょうど良い温度とは限りません。また日によって寒さの度合いも異なるわけですから、ちょうど良い暖かさを調整できるものがベスト。無いよりは強弱の2段階でもあればマシですが、可能ならば3段階以上が望ましいです。

 

消費電力が記載されていればチェック!

機能のところで省エネについても触れましたが、そもそも機能として存在しなくても、もともとの消費電力が低ければカバーできますよね。商品や説明書などで消費電力が記載されていたら、ぜひ確認を。

一概には言えませんが、研究・開発の進歩により、新しい製品ほど消費電力を抑えている傾向にあります。新品はその分値段も高いですが、電力料金の計算を含めると安いことも多いですよ。

 

私の遠赤外線ヒーター

出典: Amazon.co.jp

トヨトミ 速暖遠赤外線カーボンヒーター 

個人的におすすめしたいのが、TOYOTOMI の速暖遠赤外線カーボンヒーター。強弱の2段階が設定でき、消費電力は強で1000W、弱で500Wです。遠赤外線なのは強モードのみですが、弱でもすぐに暖まりやすいです。

ほかにも首振りが自動と手動の2段階、災害等で倒れた際に運転を止める防災型2重転倒OFFスイッチなどが備わっているので、いざという時にも便利。

 

暖房好きが選ぶ!遠赤外線ヒーターのおすすめ

ほかにも様々な遠赤外線ヒーターがあるので、人気製品やここまでのポイントを抑えている商品などを中心に、ランキング形式でご紹介します。

 

1位:山善 遠赤外線カーボンヒーター

出典: Amazon.co.jp

山善 遠赤外線カーボンヒーター 

まずは山善のカーボンヒーター。強弱の切り替えが可能で、消費電力は強で900W、弱で450W。1時間利用した場合、強なら約24円、弱なら約12円という例まで提示されています(1kW/h=27円で計算)。

そのほか自動の首振り機能と、転倒時に電源を切る機能がついています。

 

2位:ZEPEAL アンティーク調カーボンストーブ

出典: Amazon.co.jp

ZEPEAL アンティーク調カーボンストーブ 

持ち運びとデザインが魅力のカーボンストーブを2位に。高さがおよそ40cmほどで、重さが1.6kgと軽いです。消費電力は150から400Wまでで、好きな暖かさを選べるなど機能面も充実。さらに転倒オフスイッチや5時間のオートオフタイマーもあるため、切り忘れ防止にも役立ちます。

本当に自分の近くだけで良いなら、値段も低めですしおすすめ。

 

3位:KOIZUMI カーボンヒーター

3位は置き場所に困らない円筒系のカーボンヒーター。消費電力は強モードで900W、弱で450Wです。転倒時オフにする機能や、3時間での自動オフ機能が備わっています。値段は1位や2位に比べると高めですが、機能面では両者の良いところを備えているので、場合によってはこちらの方が使いやすそうですね。

 

4位:KOIZUMI グラファイトヒーター

3位と同メーカーのグラファイトヒーターを4位に選びました。消費電力が少ないのが特徴で、強弱2段階において600W及び300Wとなっています。600Wでも暑いと感じる人もいるほどですから、暖房機能が低いと懸念する必要はなさそう。

またサクラクレパスとコラボしており、紫や青、緑と、ヒーターにしてはバリエーションに富んだカラーが揃っています。好みに併せて選べるのも嬉しいですね。

 

5位:APIX 2ウェイカーボンヒーター

縦はもちろん、横に置いても使えるカーボンヒーターが5位。消費電力はさらに低く、強で400W、弱で200Wですから上位商品の半分以下ですね。

加えて3時間のオフタイマーと、転倒時オフ機能が備わっています。暖かさはそんなに強力でなくても良い、とにかく値段重視という人におすすめ。

 

6位:DAIKIN セラムヒート

6位はここまでに比べると、値段が高くなっているのが特徴。シーズヒーターであり、3段階の強さが調節できます。また1回の起動の中で強弱をつけるリズムモードを搭載。1つの強さで使いっぱなしより、15%の電力節約が可能です。温度センサー付きで、暖まっていると感知すれば機能をセーブするのも省エネに繋がっています。

ただ機能が充実しているためか、重さが9kg近くあるので、持ち運びには不向きかもしれません。

 

7位:高須産業 浴室換気乾燥暖房機

最後は遠赤外線ですが、浴室乾燥機としても使うヒーターをピックアップ。天井に備え付けるタイプで、ヒーターは600W×2の1200Wで、パワフルです。最大で24時間、連続運転ができ、お風呂上がりの体の冷え防止はもちろん、雨天時の洗濯物用としても活躍します。

ワイヤレスリモコンがついているので、ヒーターのそばまで行って起動する手間が省けます。入浴前後に、予め暖めておいてから使うことも可能です。利用場面が限定されることと、値段の高さがデメリットでしょうか。

 

まとめ

もしエアコンなど広範囲を暖める機器のみ持っているなら、遠赤外線ヒーターにも目を向けてみてください。寒い日、自宅に帰ってすぐ暖まれますし、自分のライフスタイルに併せて様々な機能を選べます。

まだまだ暑い盛りですが、暖房器具にとっては売れない時期ゆえ安売りされることも多いので、今のうちから防寒対策を講じてはいかがでしょう?

記事内で紹介されている商品

トヨトミ 速暖遠赤外線カーボンヒーター 

サイトを見る

山善 遠赤外線カーボンヒーター 

サイトを見る

ZEPEAL アンティーク調カーボンストーブ 

サイトを見る

コイズミ カーボンヒーター 

サイトを見る

コイズミ グラファイトヒーター  

サイトを見る

APIX 2ウェイカーボンヒーター 

サイトを見る

ダイキン セラムヒート

サイトを見る

高須産業 浴室換気乾燥暖房機 

サイトを見る

関連記事