2018年の冬はこれで乗り切る!寝室用暖房器具おすすめ10選

暖房器具は電気、石油、ガスなど熱源の違いだけでもそれぞれ特徴があります。ストーブ、ファンヒーター、オイルヒーターなど器具の種類も多いので、購入するとなるとどれを選んだらよいか悩む人も多いでしょう。

なかでも、寝室で使う暖房器具は、静音性や安全性の高さも求められます。数多くの種類から寝室向きの暖房器具を選んだうえで、さらにどれにするかを選ばなければならないので面倒ではないでしょうか。この記事では、用途別に寝室用暖房器具の特徴や選ぶときのポイントを解説し、おすすめの寝室用暖房器具を10機種紹介します。

 

用途別のおすすめ寝室用暖房器具

眠りを邪魔しない暖房器具

寝室は眠るための部屋ですから、余分な光や音は安眠の妨げになってしまいます。操作パネルなどが明るく光らないもので運転音がうるさくないものを選ぶようにしましょう。

パネルヒーターやオイルヒーターは音が比較的静かです。ファンヒーターはファンの音や吹き出し口から出る風の音が静かなものを選ぶようにします。また、風が直接かからないように、風向きを変えられるものが適当です。

 

安全性の高い暖房器具

寝室での暖房器具は、安全に使えるものでなければなりません。暖房器具から離れたところで寝ていても、寝ているあいだに布団を飛ばして、暖房器具にかかってしまうということもあり得ます。

火を使わないもの、万が一布団がかかっても燃えるようなことがないものがよいでしょう。倒れたときの安全装置もしっかりしているものを選ぶことが大事です。

 

タイマーなどで消せる暖房器具

寝室の暖房器具は寝る前に部屋を暖めて、寝るときに消すのが理想です。しかし、寒いときは寝付くまで暖房をつけておきたいということもあるでしょう。寝室で使用するなら、タイマーでOFF時間を設定できるものが便利です。ONの時間も設定できるタイマーが付いていると、朝も部屋を暖めた状態で起きることができます。

 

寝室用暖房器具を選ぶときのポイントはこれ!

安全性は最低限おさえるポイント

寝室の暖房器具を選ぶとき、安全に使えるかどうかは最低限考えなければならないポイントです。部屋の広さや置き場所によって、安全に使える暖房器具の範囲が違ってきます。

たとえば、床に大量に物が置いてある狭い部屋では、安全に使える暖房器具はエアコンくらいしかありません。しかし、床に何も置いていない広い部屋なら、タイマーでOFFにできる石油ファンヒーターやガスファンヒーターでも安全な暖房器具になり得ます。

寝室の状況を考えて、どの種類の暖房器具なら安全に使えるかを考えてみましょう。そして、暖房器具ごとにどんな安全性能が付いているか比較してみることも大事です。

 

静音性能をチェック

寝室で使用する暖房器具は、音がうるさいと気になって眠れません。リビングなどでは気にならない程度の音でも、横になると耳に入りやすくなります。ですから、なるべく運転音が静かなものを選ぶようにしましょう。

パネルファンヒーターやオイルヒーターは音が静かなので寝室向きです。ファンヒーターは機種によって音の大きさに差があるので、事前に音についてもよく調べておくことが大事です。

 

電気代について

暖房器具を使用するならエアコンでもそうではありますが、

電気代について考えておくことは欠かせません。

電気代の節約を考えるならタイマー機能を使用するもいいですし、

家庭内で使用時間のルールを決めるのもよいでしょう。

 

今の時代インターネットで電気代がどれぐらいかかってしまうかなど、

見ることができます。必ずチェックしておきたいポケットです。

 

どうやって消すかを考える

寝室の暖房器具は、消すときのことを考えて選びましょう。あらかじめ部屋を暖めておいて、寝るときには消すというのであればタイマーなどがなくても大丈夫です。しかし、布団に入って30分後、1時間後に消したいというのであれば、タイマーは必要でしょう。

オイルファンヒーターなどは暖まるまで時間がかかりますが、消した後も温かさが持続するので、タイマーなしでも問題ありません。夜中にトイレに立つときや、明け方布団から出たときに暖房が欲しいというのであれば、人感センサーですぐに暖まるセラミックファンヒーターを選ぶとよいでしょう。

 

寝室用暖房器具のおすすめ10選はこれだ!

セラミックヒーター 人感センサー

出典: Amazon.co.jp

セラミックヒーター 人感センサー

スイッチを入れると2秒で暖まるセラミックファンヒーターです。感度のよい人感センサー付きで、人の動きを感じない時間が3分15秒過ぎると自動でオフになり、人の気配を感じるとまた運転を再開します。温風の調整は弱(600W)、強(1200W)、送風の3段階です。万が一倒れたときには自動で運転をストップするので安心です。

 

シャープ  加湿セラミックファンヒーター

出典: Amazon.co.jp

シャープ 加湿セラミックファンヒーター

1台で暖房と加湿、イオン送風の3役をこなすセラミックファンヒーターです。温度と湿度2つのセンサーが働いて省エネ運転をします。本体が倒れたときだけでなく、斜めに傾いたときにも運転を中止する安全装置付きです。倒れた後は起こしてボタンを押さない限りは運転を再開しません。高濃度プラズマクラスター7000を搭載しています。

 

アイリスオーヤマ オイルヒーター

木造6畳、鉄筋コンクリート8畳に対応しているオイルヒーターです。ヒーターの切り替えは弱(500W)、中(700W)、強(1200W)の3段階ですが、温度調節はダイヤル式で無段階調節できます。火を使わない暖房器具なので寝室でも安心です。輻射熱でじんわりと部屋を暖めます。寝室を前もって温めておくと、寝るときにスイッチを切っても温かさが持続します。

 

デロンギ オイルヒーター

火を使わず空気を汚さないファンヒーターは、換気が要らないので寝室の暖房にもってこいです。15分単位でON・OFFの設定ができる24時間タイマー付きなので、寝る時間に合わせてあらかじめ部屋を暖めておけます。無段階温度調整機能を採用しているので、適温設定が可能です。トラッキング事故を防止する安全プラグを採用しています。

 

ダイソン 空気清浄機能付 ヒーター

部屋の空気をきれいにしながら暖めるヒーターです。花粉やウィルスをはじめ、PM2.5やバクテリアのような微細粒子も99.95%除去します。特殊な活性炭フィルターで、嫌な臭いや揮発性化合物の有毒ガスまで強力に除去する高性能な空気清浄機能です。ナイトモードに切り替えるとLEDディスプレーの光を暗くして静音運転を行います。

 

アイリスオーヤマ オイルヒーター

ウェーブ型のフィンで熱効率を高めた10枚フィンのオイルヒーターです。10度~28度の範囲で温度調節ができます。切り忘れを防止するタイマー付きです。2時間、4時間、6時間の設定ができ、指定の時間が来たら自動的に停止します。子どものいたずらを防ぐチャイルドロック機能付きです。エコモードでは、設定温度に合わせて省エネ運転を行います。

 

オイルヒーター S字型フィン11枚

出典: Amazon.co.jp

オイルヒーター S字型フィン11枚

木造8畳、鉄筋コンクリート10畳に対応するオイルヒーターです。出力は500W、700W、1200Wの3段階に、温度は5度~35度のあいだで自由に設定できます。熱効率の良いS字フィンを11枚使用し、電源を切った後も温かさが持続するのが特徴です。ON・OFFや温度設定などはデジタル式のタッチパネルで行います。チャイルドロックや転倒OFFスイッチなど安全装置も付いているので安心です。

 

ダイソン 空気清浄機能付 ヒーター

空気清浄しながら温風や涼風を送り出すので、冬場だけでなく夏場も活躍します。ホコリやカビ、花粉はもちろん、より細かいウィルスやPM2.5、ニオイ、有毒ガスなどまでしっかり取り除く360度HEPAフィルター搭載の高性能空気清浄機能です。温風や涼風はジェットフォーカステクノロジーにより、部屋の隅々まで行き届きます。

 

デロンギ オイルヒーター ドラゴンデジタル

出典: Amazon.co.jp

デロンギ オイルヒーター ドラゴンデジタル

幅広のX字フィンで表面温度を60度にまで下げた安全設計のオイルヒーターです。30分単位のデジタルタイマーでON・OFF時間の設定もできます。「転倒時電源回路自動遮断装置」と「異常温度過昇防止装置」に加え、トラッキング事故を防ぐ「安全プラグ」と適温運転をする温度センサーを搭載しているので、寝室で使用しても安心です。

 

シャープ セラミックファンヒーター

1台で2つの働きをするセラミックファンヒーターで、1200Wの暖房と高濃度プラズマクラスター7000搭載の空気清浄機能を併せ持っています。軽くて省スペースで使えるコンパクトなデザインなので、好きな場所に持ち運べます。人感センサーでのON・OFFも可能です。空気浄化運転だけでも使えるので、1年中活用できて無駄がありません。

 

まとめ

暖房器具には、寝室用暖房器具として向いているものと向いていないものがあります。寝室で使用するなら、何よりも安全面に配慮した暖房器具を選ぶことが大事です。火を使うものや表面が高温になるものは、寝室用の暖房器具としては向きません。

また、安眠の妨げになるので、大きな音や強い光を発する暖房器具も避けたほうがよいでしょう。寝室の暖房は、寝る前に部屋を暖めておき、寝るときに消すようにすると安全です。しかし、地域や季節によっては寝てからもしばらく暖房をつけておかなければならないこともあるでしょう。

その場合には、タイマーで時間設定して自動で切れるようにしておくことが必要です。寝室用暖房器具と一口にいっても、どのような使い方をするかによって最適な暖房器具が違ってくるということを覚えておきましょう。

 

記事内で紹介されている商品

セラミックヒーター 人感センサー

サイトを見る

シャープ 加湿セラミックファンヒーター

サイトを見る

アイリスオーヤマ オイルヒーター

サイトを見る

デロンギ オイルヒーター

サイトを見る

ダイソン 空気清浄機能付 ヒーター  

サイトを見る

オイルヒーター S字型フィン11枚

サイトを見る

デロンギ オイルヒーター ドラゴンデジタル

サイトを見る

シャープ セラミックファンヒーター

サイトを見る

関連記事