買いたいものを検索してください

【比較】家庭用脱毛器おすすめ人気ランキング14選|ケノン・ブラウンなど人気メーカーも!

「ムダ毛対策をしたいけれど、なかなかエステに通う時間が取れない…」そんな方におすすめなのが、自宅で手軽にボディケアが行える家庭用脱毛器です。しかし、ケノンやレイボーテなどたくさんの家庭用脱毛器が販売されていて、どれを選んだら良いのか分からない!という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、家庭用脱毛器の選び方と魅力を解説!あわせて、私がおすすめする家庭用脱毛器もご紹介しますので、ぜひ商品選びの参考になさってくださいね!

 

家庭用脱毛器の効果はある?エステとの比較は?

黒板に書かれたチェックの文字の画像

美容クリニックとは違い、脱毛エステは家庭用脱毛器と同じく「フラッシュ脱毛」を採用しています。そのため、家庭用脱毛器を検討中の方は「脱毛エステと家庭用脱毛器、どちらが良いのだろう」と疑問に思うかと思います。

そこでこの項目では、私が思う脱毛エステと家庭用脱毛器のメリット・デメリットを解説します!購入の参考になれば幸いです。

 

脱毛エステのメリット

脱毛エステのメリットは何と言っても、専用機器で強力にムダ毛除去できることが挙げられます。産毛までしっかりと除去できることが特徴で、しっかり全身つるつるにしたい!という方に向いています。

また、VIOラインの脱毛も楽に行えることもメリットのひとつ。多少の恥ずかしさはありますが、プロが行ってくれるため、デリケートな部分も安全に脱毛できるでしょう。

 

脱毛エステのデメリット

脱毛エステのデメリットは、手間がかかることです。時間を作り、予約をして、店舗まで足を運び…毎日忙しく過ごしている方からすると、「面倒くさい!」と思うことも多いかと思います。

また、予約が取りにくい店舗だと施術の期間が空いてしまうことも多いです。そのため、ポツポツとムダ毛が復活しやすく、メリットをしっかりと感じることは難しいでしょう。持続性はある反面、毎日綺麗でいるためには脱毛エステは不向きといえるでしょう。

 

家庭用脱毛器のメリット

脱毛エステとは違い、自宅で手軽に脱毛できる家庭用脱毛器は、こまめに脱毛できることがメリットです。エステのように脱毛の間隔が空かないので、毎日綺麗な状態を維持することができます。

また、「他人に肌を見られるのが恥ずかしい」という方にも家庭用脱毛器がおすすめです。セルフで行える家庭用脱毛器は、気になる部位も手軽にケアできることがうれしい特徴です。

 

家庭用脱毛器のデメリット

家庭用脱毛器のデメリットは、パワー不足が挙げられます。家庭で安全に使うために高い出力が出せないように設計されているため、産毛まで脱毛することは難しいでしょう。

とはいえ、毎日こまめに使うことで綺麗を維持できることはうれしいポイント。出力自体は弱めですが、個人的には家庭用脱毛器をおすすめします。

 

家庭用脱毛器のタイプとは?

一口に「家庭用脱毛器」といっても、様々なタイプがあります。この項目では、家庭用脱毛器のタイプについてご紹介します。

 

脱毛エステでも使われている「フラッシュ式」

フラッシュ式は、黒い色だけに反応する光を当てることで毛根と周辺にはたらきかけ、ムダ毛を生えにくくします。パワーは比較的弱めですが、痛みが少なく初心者にもおすすめですよ。使い勝手の良さから、多くのエステでも使われています。

 

パワーが強い「レーザー式」

レーザー式は、美容クリニックでも使われるほどパワフルに脱毛ができるタイプです。しっかりと脱毛できる反面、痛みが強いというデメリットがあるため、痛みに弱い方は注意が必要です。

しかしながら、パワーがあるのでメリットを実感しやすいですし、ピンポイントな部位を脱毛できることがメリットです。

 

熱でムダ毛対策をする「サーミコン式」

サーミコン式は、肌表面に飛び出しているムダ毛を熱で焼き切ることで除毛するタイプです。「焼き切る」といっても、熱線が肌に触れにくいようになっているため、火傷の心配も少ないでしょう。

また、焼き切ることで切り口が丸くなるため、カミソリで剃るときと比べてチクチクしにくいというメリットがあります。ただし、毛根にはたらきかけることはできないため、少し経つとすぐにムダ毛が気になるようになります。

 

家庭用脱毛器の選び方のポイント

「カートリッジ」タイプか「使い捨て」タイプを選ぶ

そこでこの項目では、カートリッジタイプと使い捨てタイプのメリットデメリットをご紹介します。

ランニングコストに優れた「カートリッジ式」

カートリッジとは、本体先端部に取り付けてあるアタッチメントのことです。基本的に、脱毛器はショット(ムダ毛への照射)をするごとに消耗していきます。

カートリッジ式の場合だと、ショットを繰り返して使いきってしまってもカートリッジを取り換えるだけでまた使えるようになるため、何度でも使うことができて経済的。ランニングコストに優れた脱毛器をお求めの方におすすめですよ。

お試しにも最適な「使い捨てタイプ」

使い捨てタイプは、ショットを繰り返して使いきってしまうと本体ごと買い替えなければいけません。そのため、ランニングコストは微妙といえるでしょう。

 

「照射面積」で選ぶ!面積が広いと時短につながり便利

レーザー式はピンポイントのムダ毛を脱毛するものなので問題はありませんが、フラッシュ式の場合は照射面積を気にしなければいけません。

照射面積は広ければ広いほど一度に広範囲のムダ毛にアプローチできます。そのため、照射面積が広い脱毛器を選ぶことで時間を短縮しながら一気に脱毛ができるのです。

照射面積の広さの目安は「縦1.5×横3.5cm以上」がおすすめ。購入の際は気にかけてみてくださいね。

 

痛みに弱い人はマスト!「照射レベル調整機能付き」を選ぶ!

商品のなかには、照射レベルが調節できるものがあります。家庭用脱毛器に慣れていない方や痛みに弱い方でも、自分に最適な照射レベルが選べると安心して使えますよ。

商品によってレベルは様々ですが、1~10までの段階ごとに選べる脱毛器が多い傾向にあります。弱い照射ならデリケートゾーンでも気軽に使えるため、便利ですよ。

 

「豊富なカートリッジ」を選ぶとあらゆるケアに便利!

私が実際に「フラッシュ/カートリッジ式」の脱毛器を使ってみて感じたのが、カートリッジが豊富だと使いやすい!ということ。

商品のなかには、腕・足用のカートリッジだけではなく、ビキニラインや顔専用のカートリッジが付いてくることもあります。それらは特定の部位専用に作られているため、あると非常に脱毛が楽になります。

また、脱毛器を使用した後の冷却用カートリッジが付いてくる商品もありますよ。カートリッジが豊富だと脱毛器ひとつであらゆるケアが行えるのでおすすめです!

 

【ケノン・ブラウンなど】家庭用脱毛器の人気メーカー4選

家庭用脱毛器の人気メーカー1. ケノン

出典: Amazon.co.jp

エムテック KE-NON 日本製 まゆ毛用ピンセット付 家庭用 フラッシュ式 マットブラック(ツヤ消し)
ブランド
カテゴリ

家庭用脱毛器の中では口コミ数が圧倒的に多く、ご愛用者のなかでも効果を得られた方が多くいらっしゃいました。家庭用脱毛器のなかでは、照射レベルのパワーが強いようです。

ほぼ全身に使用でき、男性のひげにも使用可能です。カートリッジも長く使えて、交換頻度も少なく一度購入すると長持ちしますので、コスパを考えるとお手頃でしっかりとした脱毛効果を感じることができるブランドです。

また、日本製であることが、大きな安心感になります。電化製品の多くは中国製が多いのですが、中国製は安くてつい手が出てしまうのですが、やはり、肌に使用する脱毛器は日本製がおすすめです。

 

家庭用脱毛器の人気メーカー2. ブラウン

出典: Amazon.co.jp

ブラウン 光美容器 シルクエキスパート Pro5 PL-5117(全身+部分用アタッチメント付きモデル)
ブランド
カテゴリ

家庭用脱毛器の中では最高峰のパワーを持つブラウン

フラッシュ間隔が最短でわずか0.5秒となっており、スムーズに照射を行うことができます。今まで、照射漏れがあっていた部分も少なくなり、完ぺきに近い照射を行うことができるため、手軽にサクッと終わらせてしまいたい方におすすめです。

また、フラッシュレベルも自動で割り当てられるので手動でレベルをいじらずに済むところが便利ですね。

アタッチメントを付け替えるだけで細かい部分など、ビキニラインや、顔などにも使えます。ほぼ全身に使用可能なので1本あれば十分です。また、使用可能な年数もなんと22年分も使えるということで、親子で使用される方もいらっしゃいます。

 

家庭用脱毛器の人気メーカー3. パナソニック

出典: Amazon.co.jp

パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&フェイス用 ハイパワータイプ シルバー ES-WP82-S
ブランド
カテゴリ

パナソニックの商品は数種類あり、顔などにも使える全身タイプのものや、連続照射可能なスピーディーな脱毛器、コンパクトサイズのものなどがあります。電動の除毛器なども販売されているため、同じパナソニックで揃えたい方にもぴったり。

パナソニックビューティーは美容機器も数多く販売されており、常に話題に上がるほど人気商品が多数あります。そんなパナソニックビューティーだからこそのこだわりは、照射後の肌でも潤いを与えてくれることです。使うたびに肌がつるすべへと変化していくことを実感できるところが人気です。

 

家庭用脱毛器の人気メーカー4. ヤーマン

出典: Amazon.co.jp

YA-MAN(ヤーマン) 光美容器 レイボーテ RフラッシュPLUS EXセット ブロンズ STA197T1
ブランド
カテゴリ

美容家電としても人気のヤーマン。脱毛器以外に美顔器も人気が高くて有名です。

ヤーマンの脱毛器は使いやすさや、あったらいいなという機能を随時追加されて新発売されている状態なので、最新の機能がついていて、お手頃なものが多く、ご自宅での美容機器愛用者が多くいらっしゃいます。

連続照射、美肌効果、ハイパワーなどなどより早く脱毛の効果を実感でき、肌のダメージを最小限におさえ、照射前よりも美しくさせてくれます。お手軽なタイプから、本格的なものまで数種類販売されているため、ご自身のライフスタイルに合う商品選びをして満足いく脱毛をやってみましょう。

 

【徹底比較】家庭用脱毛器おすすめ人気ランキングTOP10

第10位 ヤーマン ノーノーヘア スマートプロ

No.10

出典: Amazon.co.jp

ヤーマン ノーノーヘア スマートプロ
ブランド
カテゴリ
脱毛方式 サーミコン式
照射回数
照射面積

熱の力で優しく除毛ケアできる

熱エネルギーを利用して、ムダ毛をカットする脱毛器です。炎症や角質のはがれが目立つカミソリや毛抜きと比べて、炎症が起きにくく、キメが整った肌を維持できることが魅力的。普段、カミソリや毛抜きで除毛している人におすすめですよ。

使い方は簡単で、ノーノーヘアを肌の上ですべらせるだけでOK。直感的に使える手軽さが人気を集めています。しかし、こちらの商品はあくまでもムダ毛を焼き切るのみですので、「しっかり脱毛したい!」という方には不向きでしょう。

 

第9位 パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&フェイス用 ハイパワータイプ ES-WP81-S

No.9

出典: Amazon.co.jp

パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&フェイス用 ハイパワータイプ ES-WP81-S
ブランド
カテゴリ
脱毛方式 フラッシュ式
照射回数 30万回
照射面積 8.3cm²

顔からボディまでケアできる!簡単ステップですべすべな肌へ

Wランプを搭載し、ハイパワーの連続フラッシュが行える脱毛器です。ハイパワーなので男性のヒゲにも使えます。ハイパワーでありながらも、肌に優しい調整フィルターが付いているため、肌への負担が抑えられていることもポイントです。

また、ボディ・フェイス・ビキニラインに使える3つのカートリッジが付属しているため、顔からボディまで全身ケアが行えるのも魅力的。特にフェイス用は美肌へ導く光エネルギーをアップしています。使うほど、美肌に近付けるでしょう。

 

第8位 YIKAVA レディース レーザー脱毛器

No.8

出典: Amazon.co.jp

YIKAVA レディース レーザー脱毛器
ブランド
カテゴリ
脱毛方式 レーザー式
照射回数 50万回
照射面積

パワフルに脱毛ができる!コスパの良さも魅力的

毛のメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えることでムダ毛の再生を抑える脱毛器です。50万回の照射回数で経済的にたっぷりと使えますよ。ただし、カートリッジ式ではないので、使いきったら本体ごと買い替える必要があります。

脱毛器だけではなく、美顔器としても使えるため、美容・ニキビケアにも活躍します。一般的に痛みが強いとされるレーザー式ですが照射レベルが5段階で調整可能ですので、痛みに弱い方でも安心して使えるでしょう。

 

第7位 AUMI IPL脱毛器

脱毛方式 IPL
照射回数 50万回
照射面積

角度がついているので当てやすい

スッキリとしたデザインが特徴的なこちらの脱毛器。かさばらない大きさなので収納にも困りません。ボディからヘッドの部分が角度がついているので、ピンポイントで当てやすく使いやすさも抜群です。自分の肌色や毛髪色に合わせて照射強度を調節することが可能です。

ボディやVIO、フェイスだけでなく、ヘアラインなどとても細かい部分にも使うことができます。痛みもほとんど感じることなく効果を実感できるという口コミも多数です。

 

第6位 ヤーマン レイボーテ Rフラッシュ ダブル

No.6

出典: Amazon.co.jp

ヤーマン レイボーテ Rフラッシュ ダブル
脱毛方式 フラッシュ式
照射回数
照射面積

約3分の簡単スピーディーケアができる!

ワイドな照射口とハイパワーフラッシュを高速連射できるキセノンランプをダブル搭載。全身ケアが最短3分で行える便利なアイテムです。さらに、出力レベルを肌色に合わせて自動判別するオートモードを搭載。適切なレベルで照射することができますよ。

カートリッジの種類がひとつしかないシンプルな設計ですが、価格はややお高めです。とにかくハイパワーな脱毛器が欲しい!という方におすすめですよ。

 

第5位 ブラウン 自宅光美容器 シルクエキスパート PL-5117

No.5

出典: Amazon.co.jp

ブラウン 自宅光美容器 シルクエキスパート PL-5117
ブランド
カテゴリ
脱毛方式 フラッシュ式
照射回数 40万回
照射面積

使いやすくてコスパも良いベストバイアイテム

脱毛エステでは、肌の色や毛の濃さでフラッシュの強さを調整するそうです。『ブラウン』のシルクエキスパートは、その技術に着目し、自動で調整するフラッシュを採用。そのため、自分で調整する必要がなく、部位ごとに最適なフラッシュ脱毛が行えるのですよ。

お手入れ時間が短いことも特徴のひとつ。両足のケアならたったの5分で終わりますよ。もちろん、レベル調節・豊富なカートリッジもついてくるため、使い勝手もとても良いです。

週に1度のケアを4~12週間続けることで、実感できると人気を集めています。使い勝手もとても良くで、しっかりケアできるアイテムをお求めの方は、ぜひシルクエキスパートを選んでみてくださいね。

 

第4位 エムテック KE-NON 脱毛器

No.4

出典: Amazon.co.jp

エムテック KE-NON 脱毛器
ブランド
カテゴリ
脱毛方式 フラッシュ式
照射回数 300万回
照射面積 3.5cm×2.0cm

エステの仕上がりが自宅で叶う!人気脱毛器

エステクラスのワイド照射が行えると話題の『エムテック』KE-NON(ケノン)脱毛器。なんと3.5cm×2.0cmの広範囲に一気に照射できるため、スピーディーにお手入れが行えるでしょう。

本体は肌に触れると高感度センサーが感知し、ボタン操作不要で自動フラッシュされる簡単操作を採用。難しい操作がいらないため、初心者にもおすすめですよ。

また、カートリッジ式なのでコスパに優れていることもポイント。自宅で手軽にお手入れしたい!という方におすすめの1台です。

 

第3位 LOVE DOCK 光脱毛器

脱毛方式 レーザー方式
照射回数 60万回
照射面積 約3cm²

冷感脱毛で痛みを軽減!

ボディはやや大きさがあるので、収納は少しかさばるかもしれませんが、その分効果感は実感しやすく冷却のみモード、脱毛のみモード、冷感脱毛機能と幅広いモードを選択することができ、パーツに適した処理をすることができます。

ボディから顔、VラインとIライン、そして男性の髭にも使うことができ、わずか8分で全身のお手入れができるので、スムーズに処理できるのも特徴的。時間がかかることがないので長く続けられる脱毛器です。

 

第2位 STEADY 脱毛器

脱毛方式 IPL
照射回数 99万回
照射面積 4cm²

プロの脱毛技術をおうちで実感!

コンパクトなボディなのに、照射回数99万回とコスパが良いのが魅力的です。8週間後肌がつるつるになり、最大95%のムダ毛が目立ちにくくなるという結果もあるようです。使用箇所はボディ、フェイス、デリケートゾーン、背中と使用できる部分も幅広いです。

9段階もの照射強度の調節ができるので、デリケートな部分や痛みの感じ方に合わせて細かく調節できるのも魅力的です。また、照射面積も4㎠と他のメーカーと比べて広いので、広い面積の部分なども素早く脱毛することができます。

 

第1位 TOPRED IPL光家庭用脱毛器

脱毛方式 IPL
照射回数 99万回
照射面積

コスパ抜群!家庭用脱毛器、迷ったらコレを選ぶべし

照射回数99万回、フェイスからVIOなどボディに幅広く使え、5段階のレベルに調節が可能、照射面積も比較的広く、冷感脱毛機能付き・・・最新の家庭用脱毛器にある便利な機能が一通りついているのに、なんと1万円以下で購入できるコスパ抜群の脱毛器です。

コンパクトなボディなので、収納にも困らず手軽に使うことができます。また、シンプルなボディなので男女兼用で使うこともでき、照射回数も多いので家族でシェアして使うこともできます。

優秀な家庭用脱毛器が多く販売されていますが、どれを買おうか迷っている・・・という方に、ぜひ一番におすすめしたい脱毛器です。

 

【徹底比較】おすすめ家庭用脱毛器の比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

No.5

No.6

No.7

No.8

No.9

No.10

商品名 TOPRED IPL光家庭用脱毛器 STEADY 脱毛器 LOVE DOCK 光脱毛器 エムテック KE-NON 脱毛器 ブラウン 自宅光美容器 シルクエキスパート PL-5117 ヤーマン レイボーテ Rフラッシュ ダブル AUMI IPL脱毛器 YIKAVA レディース レーザー脱毛器 パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&フェイス用 ハイパワータイプ ES-WP81-S ヤーマン ノーノーヘア スマートプロ
脱毛方式 IPL IPL レーザー方式 フラッシュ式 フラッシュ式 フラッシュ式 IPL レーザー式 フラッシュ式 サーミコン式
照射回数 99万回 99万回 60万回 300万回 40万回 50万回 50万回 30万回
照射面積 4cm² 約3cm² 3.5cm×2.0cm 8.3cm²
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo! 楽天Yahoo!

 

【メンズ】家庭用脱毛器おすすめ人気ランキングTOP4

第4位 JIIN BISON 3イン1脱毛器

脱毛方式 IPL
照射回数 35万回
照射面積 5.12cm²

肌ケアもしたい美容男子へ

脱毛機能だけでなく、美肌ケアもできる脱毛器です。今や男性もスキンケアに力を入れる方が多い時代なので、脱毛と美肌ケアが同時にできるのは嬉しいのではないでしょうか。また、パートナーと一緒に使うことができるので、家庭に1つあると便利です。

照射回数は少なめですが、こちらは色黒さんでも優しく照射できるモードなので、比較的肌色が暗めな男性も安心して使うことができそうです。ボタンを押さなくても自動で光が出る仕組みになっているので簡単に使うことができるのも魅力的です。

 

第3位 Drhob IPL光脱毛

脱毛方式 IPL
照射回数 99万回
照射面積

クールなデザインで男性も使いやすい

照射回数が99万回と、もはや一生買い換えることなく使える脱毛器です。男性の頑固なヒゲにも対応しており、フレッシュ間隔はわずか1秒なので、スピーディーにお手入れすることができるので、男性にとって面倒な作業も素早く終わらせることができます。

冷却機能搭載なので、痛みが苦手な男性も使いやすいかと思います。

何よりグリーンとブラックというシンプルかつクールな見た目なので、男性のおうちにも馴染むようなデザインが魅力的です。

 

第2位 BoSidin レーザー脱毛器

脱毛方式 OPT
照射回数 50万回
照射面積

パワフルで便利なモードが多数搭載!

こちらは比較的大きさのある脱毛器ですが、様々な便利なモードが搭載されているのでこれ1つであらゆる肌ケアをすることができます。

肌のハリや弾力、なめらかさなどにアプローチすることができ、年齢に応じたお手入れをすることができます。その機能はまさにエステ級!男性は

なかなかエステサロンに行く機会はないかと思いますが、この機会に肌のお手入れを頑張ってみるのも良いかもしれません。

脱毛の機能に関しては、照射のスピードがなんとわずか0.2秒!かなり素早くお手入れできるのでストレスフリーで使うことができます。

 

第1位 Omuse 脱毛器

脱毛方式 IPL
照射回数 50万回
照射面積

男性には使いやすいベストサイズ!

もはや持ち運びもできるぐらいコンパクトなサイズの脱毛器です。旅行や出張先でも手軽に使うことができるので、いつでも肌のお手入れが可能です。

家庭用脱毛器は、ほとんどのメーカーが女性目線で作られていますが、こちらは男性目線もしっかり取り入れられているので手に取りやすいかと思います。

男性ならではの髭の悩みにしっかりアプローチし、また口まわりの髭やフェイスラインの髭のお手入れがしやすい持ちやすさ。

複雑なモードがなくシンプルなので、まずは試しに使ってみたい・・・という方にもおすすめです。

 

【メンズ】おすすめ家庭用脱毛器の比較表はこちら!

商品画像
No.1

No.2

No.3

No.4

商品名 Omuse 脱毛器 BoSidin レーザー脱毛器 Drhob IPL光脱毛 JIIN BISON 3イン1脱毛器
脱毛方式 IPL OPT IPL IPL
照射回数 50万回 50万回 99万回 35万回
照射面積 5.12cm²
リンク Amazon楽天Yahoo! Amazon楽天Yahoo! AmazonYahoo! Amazon楽天Yahoo!

 

to buyインフルエンサーおすすめの家庭用脱毛器もご紹介!

スムーズスキン 家庭用脱毛器bare

提供品

サロンへ行く時間がない
見られるのが恥ずかしい
が解消されちゃう!
脱毛全身ケアがお家で出来ちゃう
ズボラな私でも続けられてます!

提供品

スタイリッシュなデザインさながら、しっかりと効果を感じられるので自信を持っておすすめ!
週一回、自宅で簡単ケアで OK!
ズボラな私でも続いています♩

 

家庭用脱毛器の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、家庭用脱毛器の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

家庭用脱毛器の使い方・使用頻度は?

家庭用脱毛器
kuroneko_m4

ここからは、家庭用脱毛器の使い方やお手入れの注意点、使用頻度や空ける期間などをご紹介していきます。

 

家庭用脱毛器の使い方

家庭用脱毛器はエステなどでのアドバイスがない分、説明書をよく読んで使用されることが重要です。

家庭用脱毛器の多くは、毛の黒い色に反応して光で脱毛をしていくので、脱毛器を使用する前は必ず毛の処理をしておく必要があります。

毛の処理の仕方も人それぞれあると思いますが、脱毛器を使用する以上、毛が全くない状態から使用するのも効果が薄くなるので、毛を抜くことはおすすめしません。

また、かみそりでサクッと処理をしてしまいたいところですが、フラッシュをあてるのでなるべく肌に負担をかけたくないので、出来れば電動のシェーバーがおすすめです。電動のシェーバーをお持ちでなければ、脱毛器使用の2日前にかみそりで毛を処理し、肌のケアをしっかりとしておくことです。

使用方法は、各部位によって出力を変え、細かい部分にはアタッチメントを取り換えて使用していきます。毛の太い部分ほどフラッシュをあてると痛みを感じやすいので、出力を一番低くして使用を始めると良いと思います。慣れてきたら時徐々に出力を上げていきましょう。

 

家庭用脱毛器を使用する際の注意点

フラッシュを直接目で見てしまわないように注意しましょう。別売りもしくはセットになっているサングラスを出来るだけ使用するようにしてください。

また、使用頻度を守るようにしましょう。毛の生えてくるサイクルは決まっており、早く脱毛したいからと縮めると効果が得られません。逆に肌の負担もかけてしまうこととなり悪循環となってしまうので説明書に書いてある使用頻度は守るようにしましょう。

効果が早く見たいからと、出力を高くして始めることも痛みのもととなるので、最初は出力を最低限に設定してからはじめてみましょう。痛みがなければ次回から徐々に出力を上げていきましょう。

最後に注意点として見落としがちなのが日焼けです。日焼けした部位は避けていただくよう注意が必要です。黒い部分に反応することから火傷のもとともなりますし、肌にダメージを与えてしまいます。

 

家庭用脱毛器を使用する頻度・期間

毛には生えてくるサイクルがあり、成長期、退行期、休止期の3つがあります。

個人差はありますがおおよそ3週間ほどのサイクルで、脱毛器をあてる時期に最適なタイミングは成長期です。退行期や休止期に脱毛器をあてても効果が見られないため、最適の時期に合わせて行うことが早く脱毛していくための近道となります。

はじめは2週間に一度の使用を推奨されており、毛の生える頻度が減ってきたら1ヵ月に一度~2か月に一度と頻度を減らしていきます。毛が薄くなってまったく脱毛器を使用しなくなると怪我復活してくることもありますので、定期的にメンテナンスは必要となります。

 

おすすめの家庭用脱毛器で自信あふれる素肌を手に入れよう

どれを選んだら良いのか分からない…という方は、今回ご紹介したランキングを参考に,人気のある脱毛器を選んでみてくださいね!お気に入りの脱毛器でツルツル素肌を手に入れましょう!

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

記事内で紹介されている商品

エムテック KE-NON 日本製 まゆ毛用ピンセ…

サイトを見る

ブラウン 光美容器 シルクエキスパート Pr…

サイトを見る

パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&…

サイトを見る

YA-MAN(ヤーマン) 光美容器 レイボーテ R…

サイトを見る

ヤーマン ノーノーヘア スマートプロ

サイトを見る

パナソニック 光美容器 光エステ ボディ&…

サイトを見る

YIKAVA レディース レーザー脱毛器

サイトを見る

ヤーマン レイボーテ Rフラッシュ ダブル

サイトを見る

ブラウン 自宅光美容器 シルクエキスパー…

サイトを見る

エムテック KE-NON 脱毛器

サイトを見る

TOPRED IPL光家庭用脱毛器

サイトを見る

JIIN BISON 3イン1脱毛器

サイトを見る

BoSidin レーザー脱毛器

サイトを見る

家庭用光脱毛器 スムーズスキン bare

サイトを見る

関連記事