日用品ライターが教える三脚おすすめ10選

三脚はカメラを固定して撮影するために必要な道具です。

写真が趣味という人はもちろんですが、発表会や運動会の撮影のように、子どもが生まれてから購入を検討しているという人も多いのではないでしょうか。

写真の良さはカメラの性能で決まる、と思っている人もいるかもしれませんが、写真をキレイに撮影するためにはカメラがしっかりした状態で固定されていることがとても大切です。

そのため、三脚を使うのと使わないのでは、写真の仕上がりに大きな違いが生まれてしまいます。

大切な思い出をキレイに残すためにも、使いやすい三脚を選ぶことが大切です。

そこで今回は、意外と奥の深い三脚の選び方からおすすめの商品までまとめてご紹介します。

 

用途別のおすすめ三脚

アルミ製三脚とカーボン製三脚

三脚にはいろいろな材質がありますが、多いのはアルミ製とカーボン製の2種類です。

カーボン製のメリットとしては、軽くて剛性に優れており、風などの振動に強いことです。

また、アルミ製に比べて冷たさを感じにくいので、野外での撮影や冬場の撮影に向いています。

デメリットとしては、アルミ製に比べてはるかに高価で、場面によっては軽すぎて安定感を欠くことです。

一方アルミ製の三脚は、カーボン製に比べて重さはありますが、安価で手に入りやすいのが最大のメリットです。

登山や旅行には軽くて丈夫なカーボン三脚、普段使いには手軽に使えるアルミ三脚がおすすめです。

 

ナット式とレバー式

三脚は足のロック方法によってナット式とレバー式に分かれます。

ナット式はひねることでロック部分を緩めたり固定したりすることができるタイプです。

構造が単純なので分解してのメンテナンスも簡単です。レバー式はレバーがついていてロックができるタイプです。

ワンタッチで固定できるため、素早くセッティングが可能というメリットがあります。

ただし、自分で分解することはできないので、本格的なメンテナンスをしたい人には不向きです。

屋外で使用した後の掃除はさっと拭きとる程度なら問題ありません。

 

自由雲台と3way雲台

三脚の多くはカメラを置く雲台とセットになっていますが、実は雲台は独立した部品として交換も可能です。

セットになっているものは3way雲台か自由雲台が多いです。

3way雲台はレバーが2つあり3方向に動かすことができるタイプです。

水平を取りやすく、垂直が出しやすいのが特徴です。自由雲台はボールが支えになっていて、そのボールを回して位置を決め固定します。

こちらはレバーがついていない分コンパクトです。それぞれメリットがあるので、自分が扱いやすいと感じるものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

三脚を選ぶときのポイント

剛性で選ぶ

三脚を選ぶとき最も大切なものがこの剛性です。

剛性というのはカメラを乗せたときに安定しており、ぶれずに撮影することができるかどうかです。

当然、重たくて足が太いもののほうが剛性が高く安定していますが、重さがある分持ち運びには不便です。

自分が持ち運びできるギリギリの重さで最もしっかりしたものを選ぶことが大切です。

 

軽さで選ぶ

良い写真をとるためには剛性が欠かせませんが、持ち運びのためには軽さも大切です。

どんなにしっかりしてぶれない三脚でも、持ち運びできなくて使わないのでは意味がありあません。

プロのカメラマンがスタジオで使うわけではないので、家庭用の三脚は軽さで選ぶことも重要です。

旅行先やイベント先で楽に持てるくらいの軽さの三脚を選ぶようにしましょう。女性が使う場合は特に軽さを意識して選ぶようにしましょう。

 

高さで選ぶ

写真を撮影するとき、目線の高さをアイレベルと呼びます。

三脚を立てたときに、カメラのファインダーがアイレベルにあっていると、かがまなくていいので長時間の撮影も楽に行えます。

アイレベルは体型によって異なるので、自分の使いやすい高さの三脚を選ぶことが大切です。

家族で使う場合は、メインの撮影者に合わせたものを買うようにしましょう。

 

三脚のおすすめ10選

SLIK 三脚

SILKのプロ用モデルのノウハウを活かして開発した、ファミリー向けのアルミ三脚です。

丈夫さが求められる脚部分はアルミ、雲台と本体部分はプラスチック製にすることで、軽量化とコストパフォーマンスを実現しています。

4段階伸縮で最高154cmまで伸ばすことができます。雲台は使いやすい3WAY式で初心者でも簡単に扱えるのもポイントです。

 

 HAKUBA 4段三脚 W-312

4段階伸縮式でコンパクトに持ち運べるアルミの軽量三脚です。伸長は128cmと標準的な高さです。

コンパクトカメラ、家庭用ビデオカメラはもちろん、アクションカメラにも使用できます。

耐荷重が1.1kgあり、ミラーレス一眼カメラの使用も可能です。取り付けが簡単なクイックシューを採用しており、ワンタッチで機材交換ができます。

 

Eienn 三脚

三脚と一脚がドッキングしたユニークな商品です。三脚は2段、一脚は4段の高さに調節できます。

アルミ製で軽く、アクティブな撮影に向いています。

一脚はあまりなじみのない人もいますが、登山中の歩行を支える登山ストックとしても使用でき、コンパクトで場所をとらないので、運動会やお祭りなど混雑した場所での撮影に便利です。

 

Fotopro 三脚

重量570gととにかく軽い小型・軽量三脚です。ペットボトル1本分の重さなので、旅行や家族行事にバッグに入れて持ち運ぶことができます。

ねじとセンターポールによるWロック機構でエレベーターをしっかり固定し、カメラの落下を防ぎます。

クイックシューが付属しているのでカメラの取り付けも簡単です。クイックシューは紛失した場合や予備のために追加購入もできます。

 

 

Velbon 三脚 レバー式

家族のレジャーに最適な小型サイズの4段三脚です。

着脱が簡単で扱いやすいクイックシュー機構を採用し、水準器やギヤ式エレベーターも搭載している本格仕様です。

カメラを両側からしっかり支える安定性の高い両持ち構造の雲台を採用しており、カメラの落下を防ぎます。

エレベーターの操作はクランクハンドルによるギヤ式で、細かい高さ調整も可能です。

 

 

三脚  Mactrem PT55 

軽量化と高剛性を両立させた軽量タイプの本格派アルミ三脚です。

ハンドルが発泡ゴムで覆われており、手のひらへの負担を軽減してくれるので長時間の撮影時に役立ちます。

上下、左右、タテ、ヨコの3方向を個別に調整でき、構図の微調整に活躍します。

エレベーターには高い剛性が得られる補強ステーを装備しており、バックラッシュを抑制します。

 

Amazonベーシック 軽量三脚

高品質低価格を目的とした、Amazonグループが全世界で展開するブランド、Amazonベーシックの軽量三脚です。

最大2.9kgまでのほとんどのカメラに使用可能で、足の固定や解除がワンタッチでできます。

水平器が内蔵されており、カメラの水平を確実に確認できます。また、脚の先端はゴム製で可動することができ、安定感があります。

付属のキャリングバックで持ち運びも簡単です。

 

 

Panasonic 標準三脚 VW-CT45

最大148cm、最小52cm、重量1.4kgの標準的な三脚です。

3キロ以下のものであれば、デジタルカメラ、ビデオ、一眼レフなどを問題なく取り付けることができます。

軽くてコンパクトな商品ながらしっかりした高さがあり、最大時でもグラグラしません。

ズーム時にぶれの少ない安定した撮影が可能で、三脚を使ったことがないという初心者の人にもおすすめの商品です。

 

 

Manfrotto 三脚 COMPACT Action

ジョイスティック型ハンドルの雲台が付属した三脚です。

新しい丸型クイックリリースシステムは、カメラの取り付け、取り外しがとてもスピーディーで調整もしやすいのが特徴です。

手でリリースを回しながらカメラに装着し、雲台にスナップするとカメラを簡単にセットして撮影できます。

また、フォトムービーセレクターを使用すると写真と動画の撮影用途に合わせてセッティング可能です。

 

 

CHIHEISENN カメラ三脚

収納サイズ28cm、重量750gの超軽量コンパクトタイプの三脚です。

携帯性の高いデザインで、登山や旅行への携帯に最適な商品です。最低の高さは29cmで、ローアングル撮影もお手の物です。

付属のスマホホルダーを使えばスマホスタンドとしても使用でき、スマホで動画を撮るのも便利です。

カメラの脱着を容易にするクイックシュープレート付きの自由雲台は操作性も高いのがポイントです。

 

まとめ

三脚は地味ですが、きちんとした写真を撮りたいという人にとっては欠かせない道具です。

三脚の良し悪しが写真のできを大きく作用することもあるので、ぜひこだわって選ぶようにしましょう。

安くて軽い三脚を買った結果、ぶれて使い物にならなかったり、反対に頑丈でしっかりした三脚を買ったら重たくて倉庫にしまいっぱなしになったりするのはもったいないことです。

三脚を選ぶときはいくつかのチェックポイントがありますが、特に大切なのは剛性・軽さ・高さ・脚のロック方法・雲台のタイプです。

実際に組み立てたあとの安定感はどうか、折りたたむときに時間がかからないか、収納時のサイズは大きすぎないかなどを総合的にチェックしておきましょう。

記事内で紹介されている商品

HAKUBA 4段三脚 W-312

サイトを見る

Amazonベーシック 軽量三脚

サイトを見る

Panasonic 標準三脚 VW-CT45

サイトを見る

Manfrotto 三脚 COMPACT Action

サイトを見る

CHIHEISENN カメラ三脚

サイトを見る

関連記事