買いたいものを検索してください

ペット大好きライターが教える!ペット用見守りカメラおすすめ8選!

ペット用見守りカメラをご存知でしょうか?

自宅に不在中も、大切なペットの姿を確認できるというこのアイテム。

小型犬や猫人気に牽引され、利用者がどんどん増えているそうです。

私も実家の両親が犬や猫を飼っており、長期不在にすることもあるため、以前からペット用見守りカメラの導入を考えていました。

 

そもそもペット用見守りカメラって?

ペット用見守りカメラのような家庭用ネットワークカメラは、10年以上も前から開発が進んでいたものの、当時はガラケーが主流で、データ通信定額制もなかったため、普及が難しかったそうです。

現在では、スマートフォンが主流となり、WiFiを使用して、監視カメラと連動させて、留守中でもペットの安全を確認できるようになりました。

 

そこで、まず、混同されがちなベビーモニターとの違いを調べてみました。

ベビーモニターとは、別の部屋にいる赤ちゃん様子を音や映像などで確認できる機械のことです。カメラ付き・カメラ無タイプがあり、後者は、音声で赤ちゃんの様子が確認できます

一方のペット用見守りカメラは、一口に見守り用カメラと言っても、ペットとお話できる機能やおやつをあげる機能、ペットの種類に特化したものなどがあります。

 

ペット用見守りカメラの種類ってどれくらいあるの?

・ペットの種類に特化したタイプ

猫の気を引く機能や、遊ぶ機能、ペットにおやつを上げる機能などを備え、見守るだけでなく、留守中のペットの遊び相手になることができます。

 

・兼用タイプ

ペットだけでなく、防犯、ベビーモニター等の用途にも活用できるタイプ

大手メーカーから発売されているものも多く、高機能で高価格帯のものがあります。

 

・低価格でペット用見守りカメラに特化したタイプ

ペットとのコミュニケーション、監視、暗視機能など一通りの機能に加え、それぞれの独自機能を搭載しているタイプもあります。

 

ペット用見守りカメラ選びのポイント

では、どのようなポイントで、ペット用見守りカメラを選べばいいのでしょうか。

値段も4000円台から3万円近くするものまであり、機能も様々。その中から、自分の目的に合ったものを選ぶのは、至難の業ですよね。

そこで、まず、ペットの特徴や性格、家の構造や間取り、なぜペットカメラで見守りたいのかを考慮してから、選ぶ必要があるとの事。

・ペットの種類や年齢

・留守番の時間の長さ

・留守中にお腹を空かせてしまうのが心配

・留守番に退屈してしまわないか

・暗くなる時間にも使用する必要があるのか

・限られた範囲のみ/広範囲で監視する必要があるのか

等々

これらのポイントを押さえて、カメラを選ぶといいようです。

 

例えば、カメラをスマホで操作して動かすのが面倒、ということであれば、カメラを動かすことなく、室内を一望できる魚眼レンズのペット用見守りカメラがおすすめです。

一方、ペットの状態を仔細に監視する必要があるのであれば、ズーム機能は必須となります。

 

私が実家のペット用として選ぶポイントは、「暗闇でも監視できる暗視機能」、「広範囲での撮影可能」、「数日間の留守番にも対応」。

これに加えるとすれば、留守中の給餌のことでした。

 

選んでよかった!おすすめのペット用見守りカメラはこれ!

それでは、個人的にペットの種類別に2点おすすめさせていただきます。

 

猫を飼っている方におすすめ

PAWBO Flash(日本エイサー)

ペットの気を引く独自機能を搭載で、猫飼いにはたまらないポイントを押さえています。

耳は暗視ライト、お腹からはおやつが出てくる仕様は、 遊び心満点。

機能だけでなく、見た目でも楽しませてくれますね。

 

留守中のペットと、スマホ1台でリアルタイムの会話が可能。 同時接続8台までは、グループ会話もできます。

自動で輝度調節をする耳型ライト機能搭載。

レーザーポインターを 床に照射したり、猫が好む音を鳴らして、遊ぶことができます。本体内におやつをセットして、 ご褒美をあげることも可能です。

高画質(HD [1280×720])の画像や動画を保存。 撮影したデータはすぐに SNS へ投稿できます。

 

利用者からは、「見た目だけでなく、画質もきれいで満足」、「おやつ機能や遊ぶ機能が楽しい」という声に加え、「ダルマ型なので、猫が頭で押すと、 転がってしまうことも」との意見もあります。

 

 

犬を飼っている方におすすめ

Furbo (Tomofun)

5,000人以上の獣医師、ドッグトレーナー、ドッグオーナーの 協力の下、ワンちゃんにとって最適な設計がされているというこち らは、新型には犬の顔認識が可能なAIを搭載しています

何と完売につき、現在はプレオーダー中です。

 

1080p フルHD・4倍ズーム・160°ワイドアングルで自動暗視にも対応しており、ペットカメラの中でも最高品質のカメラを搭載。

おやつを100個以上入れることが可能で、留守中のペットとの会話もできます。

愛犬が吠えた際に通知する機能に加え、異常な行動が見られたりするとリアルタイムで通知してくれる「スマートドッグ通知」機能を新たに追加。

スマホに専用のアプリをダウンロード後、Wi-Fiの設定をすれば、 すぐに使用可能なので、私の両親のような機械に疎い世代にも、勧めやすいですね。

 

見た目にもサイズ的にも、アロマディフューザーのようで、インテ リアに溶け込みやすいです。

不都合な点といえば、置き型なので、ペットがいたずらしないよう 、設置場所が限られ、撮影範囲が限定されてしまうことでしょうか 。

 

「機能性はもちろん、デザイン性に優れている」、「話しかけることや餌をあげる機能もついてるので、留守中でも、 あたかも家にいるような状況を作り出せる」との意見があります。

 

 

筆者が気になっているペット用見守りカメラ7選

 

KX-HJC200K-W  (Panasonic)

ネットで検索した際、雑誌でも取り上げられたりと、 話題性が一番あると感じたのが、こちらででした。価格も2万円以上と、高価格の部類です。

留守番中のペットに向けてスマートフォンから声をかけることが可能。

機器間の接続もボタンひとつで簡単。  スマートフォンやタブ レットは合わせて最大8台まで登録できます。

温度センサーは室温が設定範囲を超えた場合、音センサーは設定 以上の大きな音が発生した場合に、そして、開閉センサーで窓やドアが開いたことをスマートフォンに通知してくれます。

また、 人感センサーは温度変化による人の動きを検知してスマートフォン に通知するので、不審者の侵入を知ることができます。

屋外カメラ/屋内カメラは、合わせて最大4台まで接続可能。

合わせて登録することで、センサー反応をきっかけとしてカメラで 録画が可能となります。

利用者からは、「人感センサー、音センサー、温度センサー3拍子揃っている」といった声に加え、「画像が少し不鮮明かも」との意見も

 

ネットワークカメラ (YATWIN)

何と言っても、4000円台という低価格で、 ある程度必要な機能を備えてくれているので、 ペット用見守りカメラを初めて導入する方にも、おすすめです。

カメラは水平355°垂直80°の回転範囲で自動的にレンズが回 り、部屋中を監視。監視範囲の広い部屋にも対応。

最大5箇所まで 、気になる撮影位置を設定可能。アプリで位置変換操作ができ、 マークされた位置をタップすると、カメラが自動的に設定した位置に調整してくれます。

スマホでのペットとの会話も可能です。

天井・壁等、様々な場所に設置可能なので、 気になる個所をしっかり監視。

IR遮断暗視機能で、真っ暗の場所でもハイビジョンの画像が撮影 可能。12個の IR-LEDライトで、カメラ周囲10メートルの監視範囲をカバーしてくれます。

「機器や、ネット関係が苦手でも、 設置が簡単」、「保証とアフターサービスも付いていて安心、 サポート体制も◎」、「部屋の広範囲を監視できるし、 暗闇でも映像が鮮明」等の意見があります。

スマホアプリEyeCloudで簡単設定できます。

 

JSEED BABY02

こちらのモニターの特徴は、特殊なチップを搭載し消費電力を50 %もカットしてくれる点です。

ペットのお留守番には、空調調節などで、電気料金が高額になるの が当たり前なので、電気料金を抑えてくれるのは嬉しいですね

スピーカー内蔵なので、モニターを通してのペットとの会話も可能です。

好感度センサー搭載で、お部屋の中で人やペットなどの動きがあると、自動で録画してスマートフォンに通知。

最大で4つのモニターのデータを1つのスマートフォンに送って管理出来るので、複数の部屋にカメラを設置することが出来、さらに安心です。

接続方法がユニークで、専用のアプリをダウンロードした後に、そのアプリ内の音声を流すとカメラと接続してくれるんです。

 

AtermHC100RC( NEC )

赤外線リモコン機能 により、スマートフォンからエアコンやTV、照明といったリモコン対応機器の操作が、外出先からでも可能です。

室内の温度が一目でわかる温感センサーも搭載しているので、ペッ トの熱中症などが心配な方には、ピッタリです。

動きや音を検知して、 室内の変化を スマホに通知してくれ、 検知機能と連携させて、microSDカード(別売)に画像/動画を自動保存。

自動暗視用赤外線ライト機能搭載。

部屋全体を見渡せる【パン/チルト機能】搭載で、垂直方向120度・水平方向330度、見たい角度に自在に調整可能。 PCからの設定で10か所の定点を決めることができます。

Wi-Fi設定済みなので、設置してすぐに使えますし、専用アプリ「Atermホームコントローラー」で操作も簡単です。

 

おうち安心かしこいカメラ(E-enemo)

出典: Amazon.co.jp

おうち安心かしこいカメラ

こちらの特徴は、何と言っても3つの録画モードです。

・手軽録画 お好きなタイミングで録画。

・スケジュール録画 毎日決まった時間に録画。

・モーションセンサー録画 動いたものに反応し、3分間録画。

録画時間の目安(HDモードの場合)は、16Gでも約72時間なので、長時間の留守番でも安心ですね。

また、Wi-Fi環境ではHDモード、屋外ではSDモードでデータ通信量を抑えて視聴できるなど、環境に合わせて好きな画質での視聴ができる点も人気です。

暗視カメラ、スケジュール録画、センサー、 アラーム通知、カメラから音声を出す機能、おはなし機能、パン・ チルト首振り等の機能を搭載。

監視モード時、モーションセンサーに反応があったときに、 アプリ通知/メール通知してくれます。

購入日から一年間、動作保証制度があり、日本人技術スタッフにより接続サポートが受けられる点も、安心ですね。

 

利用者からは、「映像が綺麗。暗視モードでもしっかりとした映像」、「リビングに設置しても、違和感の無いデザイン」等の声が聞かれます。

注意したいのは、防水機能がないので、屋外での使用ができず、室内使用に限定されている点です。

 

qwatch(I-O DATA)

安心の日本製。

手のひらサイズで、非常にコンパクトなので、 単身者用ワンルーム等でも、場所を取りません。

水平約180°の広範囲を映すことができる魚眼レンズを搭載しています 。 パノラマビューで室内を一望でき、動きまわるペットの様子も簡単に確認することができるんです。

パソコンのブラウザによってカメラで録画した映像を観たいときには、拡大ズームして見ることができます。また「デジタルパン・ チルト」機能搭載で、パソコンのブラウザ上によってズームした撮影の範囲 を上下と左右に動かすことも可能です。

付属の壁掛けプレート(垂直型/斜め型)を使って、お部 屋全体を見渡せる位置にセット可能な点も嬉しいですね。

利用者からは、「 この価格で、画像も良いし機能も十分」、「 暗闇でも暗視モードでしっかり映っている」などの声が。

また、「センサーに反応して自動録画する時間が10秒と決まって いるが、任意に設定できると更に良い」との意見もありました。

土日も電話サポートがあり、返金保証制度もある点は、 安心できますね

アプリ「 QwatchView 」で、簡単設定が可能です。

 

SC-533NH (SC-533NH )

そのまま置いても使用でき、壁や天井に設置することも可能です。

カメラ本体に、人感センサーとドア・窓センサーがセットになっていて異変をいち早く察知。

SDカード(128GBまで対応)に録画するので、録画装置も不要。動くものを感知し、 自動で録画を開始。お知らせ機能も付いています。

パン・ チルト機能や動体検知、警報機能など防犯に便利な機能を搭載。

赤外線LEDで、暗視でもはっきり映像を確認できます。

355°の首ふり機能で広範囲の監視が可能で、HD720P高画質。
3Dボイス搭載でクリアな音声で会話が可能です。

陶器製赤外線LEDで寿命は長くハイパワー、省エネです。

 

まとめ

ライフスタイルの変化などにより、ペット市場も拡大。

それに伴い、ペット用見守りカメラの需要も、どんどん伸び、利用者の選択肢も広がってきていると思います。

今回、紹介させていただいた商品は、ペット用見守りカメラとしてはもちろん、介護用、遠く離れたご家族を見守るため、防犯用としても幅広く活躍してくれます。

ぜひ、これらをご参考に、ご自分の用途に合うカメラを見つけてくださいね。

 

 

  • 記事の情報は最新の情報でない可能性があります。ご購入に際してはメーカーやショップのウェブサイトにてご確認ください。
  • 掲載情報について間違いや誤解を招く表現がございましたら、「お問い合わせ」フォームよりご連絡ください。

関連記事