ペンタックス一眼レフカメラのおすすめレンズ5選

数ある一眼レフカメラあるいはミラーレス一眼カメラの中でも、PENTAX(ペンタックス)製のカメラは、非常に使い勝手が良いことで知られています。

筆者もサブカメラとしてPENTAXのK-5を使っています。

本体に手ブレ補正機能を内蔵していることや、防滴・防塵仕様に長けていてアウトドア用途に最適なこと、交換レンズが豊富であることなどから、大変重宝しているカメラです。

今回は、PENTAXの一眼レフカメラに対応するおすすめのレンズを紹介します!

 

純正の交換レンズが豊富であるのがPENTAXの一眼レフカメラの特徴

一眼レフカメラを他社製品と比較する際の項目として、交換レンズの豊富さという内容も選定基準となりますよね。せっかく一眼レフカメラを購入したのはよいものの、交換レンズの本数が少ないと撮影スタイルにもバリエーションが出ません。

キャノンやニコンの一眼レフカメラは市場でも大きなシェアを占めるので、交換レンズはたくさんあります。

実はPENTAXも同じで、KマウントというPENTAXカメラに適合した交換レンズが豊富です。しかも、サードパーティー製のレンズではなく純正の交換レンズが豊富であることが特徴です。

PENTAXの一眼レフカメラ本体には、手ブレ補正機能を内蔵しているので、レンズ自体に手ブレ補正機構を搭載する必要がなく、レンズが小型化されています。

APS-C機の純正交換レンズも豊富で、価格帯もそこまで高くありません。

カメラでの撮影になれてきたら色々なレンズを使ってみて何通りもの撮影を楽しめるのもPENTAXカメラの魅力です。

 

PENTAXカメラの交換レンズの選び方

広角レンズ・標準レンズ・望遠レンズ

レンズを選ぶ時にはどのようなシーンを撮影したいのか、考慮しておくとよいでしょう。

広角レンズであれば、魚眼の効いたようなレンズで全体的な風景の撮影ができます。

標準レンズであれば比較的目で見ている世界に近いような画角で撮影が可能。望遠レンズを使えば、少し距離が離れた被写体を写真におさめることが可能となります。

この3本のレンズを揃えておけば、全体的に撮影できる広角写真から、遠い被写体を拡大して撮影できる望遠写真まで、あらゆるバリエーションの写真が撮影できるようなって便利です。中には、広角から望遠まで1本のズームレンズで対応しているものもあります。

 

ズームレンズか単焦点レンズか

ズームレンズは1本のレンズで焦点距離を可変させることができるレンズ。18-55mm というように、レンズごとに決められた範囲での焦点距離で撮影できます。

一方で、単焦点レンズでは焦点距離を可変させることができません。50mmであれば焦点距離50mmでの画角のみとなります。

その代わりに単焦点レンズは余計な機構を搭載する必要がないため、絞り(F値)と呼ばれるレンズ越しの像の明るさを表す値がより明るい方へと働きます。光りを多く取り込むことができるため明るくなるのです。絞りを開放すると被写体の背景をやんわりとぼかすことができるのでポートレート写真にも最適です。

ズームレンズは焦点距離を可変させられる分、絞りを大きく解放することができません。

どちらも一長一短があるので、いずれにせよ撮りたいシーンや画角によって大きく異なってくると思います。

 

レンズの携帯性は!?

場面ごとに適したレンズを使用して撮影するのが本来の理想ですが、広角カメラから望遠カメラ、またそれぞれズームレンズや単焦点レンズというように持ち出すとレンズが何本あっても足りません。

自宅外での撮影の場合、カメラ本体とレンズは必ず持ち出さなければならないので、機動性を考慮したレンズ選びも重要です。

 

撮影したいシーンから選ぶ

広々とした風景をピントのあった写真で大きく撮影したいのであれば広角レンズがおすすめ。目の前の世界を余すことなく写真におさめられます。

子どもの運動会や発表会といったシーンでは、撮影したい場所から子どもまでの間に大きな距離があることが多いので、望遠レンズがあると便利です。

友人や子どもと一緒に遊んでいる様子、結婚式や行楽地での撮影といったように、撮る人との距離が割と近いようであれば標準レンズが使い勝手が良いです。

他にも撮影場面は山ほどあると思うので、それぞれに適したレンズを選ぶと最も被写体がはえるような写真がとれます!

 

筆者おすすめのレンズ「PENTAX-DA 18-270mm F3.5-6.3ED SDM」

1本のレンズで広角から超望遠域までカバーすることができる万能レンズです。

しかもAFは超音波駆動で音が全くわからないほどの静音で、瞬時にしっかりとピントが合います。滑らかにピントが合う動作はクセになるほどの快感。

重さは453gと、レンズとしては全く気にならない大きさ。

普段使いから旅行用まで幅広い用途で使うことができて大変便利です。

 

他にもまだある!おすすめのPENTAXレンズ

smc PENTAX-FA 50mmF1.4

大口径でF1.4という明るさを持つAPS-Cで焦点距離50mmの単焦点レンズ。

スナップ写真に適していて、静物や風景写真にもばっちし。大口径レンズならではポートレートの味がでるレンズです。

レンズ自体が非常にコンパクトなので、カメラに装着して持ち歩く携帯性にも優れています。

 

smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]

DAレンズの中で最も広い広角域を撮影できるズームレンズ。

目線での視界を超える超広角域を撮影できるので、壮大に広がるような自然風景をとるのに最適。

標準レンズや望遠レンズでは撮影することのできない広角レンズならではの画角で撮影でき、写真撮影がさらに楽しくなります。

 

smc PENTAX-DA 17-70mmF4AL[IF] SDM

出典: Amazon.co.jp

smc PENTAX-DA 17-70mmF4AL[IF] SDM

標準のズームレンズで35ミリのフルサイズレンズに換算すると26mm〜107mm相当の画角を持っています。

普段使いのレンズとしては最適な画角で、バリエーション豊かな写真撮影が可能。

超音波モーターを搭載し、AFは滑らかで静かな駆動を実現。レンズ全面には汚れに強いSPコーディングが施されているので安心して使えます。

 

 

HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

中望遠から超望遠域をカバーしてくれる望遠ズームレンズ。フルサイズに換算すると焦点距離は84.5mm〜460mm相当の画角です。

レンズ本体には沈胴構造を採用しているので、最大全長89mmの範囲でこの望遠レンズが収縮します。望遠レンズらしからないコンパクトさで遠い被写体をしっかりと撮影できます。

 

PENTAXレンズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ペンタックス レンズの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング

 

PENTAXレンズでカメラをもっと楽しもう

カメラ

PENTAXの一眼レフカメラは純正の交換レンズが豊富で、用途に応じてあらゆるレンズが展開されています。

撮影シーンで最適な写真がとれるようにぜひともお気に入りのレンズを見つけてみてくださいね!

記事内で紹介されている商品

PENTAX-DA 18-270mm F3.5-6.3ED SDM

サイトを見る

smc PENTAX-DA 12-24mmF4 ED AL[IF]

サイトを見る

smc PENTAX-DA 17-70mmF4AL[IF] SDM

サイトを見る

HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR …

サイトを見る

関連記事