買いたいものを検索してください

【資格・規制も】ドローンおすすめ人気5選!初心者・子供にもおすすめ

ドローンで山や海などのハイクオリティな空撮を楽しむためには、ドローンの種類や機能、飛行に関する規制について、理解を深めておくことが重要です。ドローンに関する正しい情報や、初心者でも扱いやすいおすすめ商品を紹介します。

 

ドローンとは?

ドローンは、プロペラで飛行する小型航空機の総称です。遠隔操作や自動制御により動作します。用途に応じてさまざまな種類があり、空撮を楽しんだり産業用として使ったりする目的で利用されるのが一般的です。

 

ドローンの種類と特徴

遠隔操作で飛行するタイプは、専用リモコンやスマホで操縦します。自動制御により飛行するタイプは、あらかじめ設定した軌道に沿って動かすことが可能です。

数ある種類の中でも、「トイドローン」「空撮ドローン」「産業用ドローン」の3種類が、一般的に広く普及しています。

トイドローン

重量が200gに満たないドローンは、飛行に関する規制が緩く気軽に飛ばせることから、「トイドローン」または「ホビードローン」と呼ばれています。

一定の高度を超えたり、空港付近で使用したりしなければ、自宅の敷地内や専用の練習場で飛ばすことが可能です。特別な資格や免許も必要ありません。

ホバリングなどさまざまな操縦を楽しめるタイプや、写真・動画を空撮できるタイプもあるため、ドローン初心者に向いています。

空撮ドローン

重量が200g以上あり、空撮を主な目的として使用されるドローンです。一般的に「ドローン」という場合は、空撮ドローンを指すケースが多いでしょう。

通信可能な距離が長く、広い範囲の景色を高い位置から撮影するのに向いています。空撮による高画質な写真や動画を、趣味や仕事で活用したい人におすすめです。

資格や免許は必要ありませんが、機体が200g以上あることから、飛行の際に法律上の制約を受ける可能性があります。使用する際は、事前のチェックが必要です。

産業用ドローン

産業における多くの分野で活用されているドローンが産業用ドローンです。建設・測量・農業・輸送・放送などのシーンで役立てられています。

天候の変化に強く、人が行けないような高所や危険地帯へも侵入できるため、各種点検作業や災害救助のシーンで活用できることも特徴です。

これまで人が行っていた作業を代替できることから、人手不足を解消できるツールとしても注目されています。高性能なものが多く、価格も高めです。

 

ドローンとラジコンヘリコプターの違い

小型のプロペラ機を、リモコンで遠隔操縦しながら飛ばすという点において、ドローンとラジコンヘリコプターは非常に似ています。

しかし、操縦者が全ての動きをコントロールしなければならないラジコンヘリコプターと違い、ドローンは自律飛行が可能です。

GPSや各種センサーなどの機能を駆使することで、ドローンは優れた安定性と旋回性能を発揮します。「自律性の有無」が、ドローンとラジコンヘリコプターの決定的な違いです。

ドローンの自律性は、障害物の自動回避機能で考えると分かりやすいでしょう。ラジコンヘリコプターの場合、障害物を回避できるかどうかは、操縦者の腕にかかっています。

一方、ドローンは各種搭載機能により障害物を自動検知し、静止したりよけて移動したりする自律性能を発揮するのが特徴です。

 

【機能】ドローンの機能とは?

多くのドローンに搭載されている、「VPS」「GPS」「RTH」といった基本機能について、理解を深めておきましょう。カメラ機能に関しても詳しく解説します。

 

搭載されている基本機能

「VPS機能」は、自機を定点位置に停止させておく機能です。機体の底にあるカメラやセンサーで真下の位置を認識し、定点位置にホバリングし続けます。

ドローンの自律性を支える「GPS機能」でも、自機の位置を把握することが可能です。風であおられても、ある程度の範囲内であれば、GPS機能により自力で姿勢や位置を戻せます。

VPSが相対位置を把握する機能であるのに対し、GPSは絶対位置を把握する機能です。ドローンの種類によっては、他にも相対位置の認識機能を備えたものがあります。

自動帰還機能である「RTH機能」も、多くのドローンに搭載されている機能です。通信が不安定になったり、バッテリー残量が少なくなったりした際に、自動で離陸地点まで戻ります。

 

ドローンに搭載されているカメラ機能

空撮を楽しみたい場合は、カメラ機能のチェックも重要です。カメラ性能の差は、撮影した写真や動画のクオリティに大きく影響します。

鮮明な写真や動画を撮りたいなら、「解像度」にこだわりましょう。「フルHD(1920×1080p)」以上の解像度であれば、より高精細な画質の空撮映像が撮れます。

4K映像に対応したテレビやモニターで再生できるなら、高解像度「4K(3840p×2160p)」のカメラを搭載したドローンもおすすめです。

カメラ機能においては、ブレを抑える「ジンバル性能」も大事なポイントといえます。ジンバルの種類は「2軸」と「3軸」があり、3軸ならよりブレの少ない映像を撮れるでしょう。

 

【操縦方法・資格】ドローンを操縦するには?

現在、日本でドローンを操縦するために、必須の免許や資格はありません。ただし、ドローン関連の民間資格はいくつかあり、ドローンを使う仕事に就きたい場合、持っていると有利に働く可能性があります。資格の勉強で操縦技術を取得できることもメリットです。

また、ドローンを操縦する際には、許可や承認を必要とするケースがあります。申請書の作成が簡単で、いつでも申請可能な、オンライン申請の方法を覚えておきましょう。

 

ドローン操縦の資格

世界最大のドローンメーカー「DJI社」は、ドローンの知識や操作技術を総合的に証明する資格「DJI CAMP」を運営しています。DJI社製のドローン所有者に向くでしょう。

日本ドローン協会(JDA)が運営する通称「ドローン検定」は、取得時に発行される証明書を、国土交通省に飛行許可申請する際の添付書類として使えます。

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)が運営する「DPA操縦士資格」は、国家資格になる可能性があるほど高いレベルで認知されており、ビジネスでドローンを使う人におすすめです。

 

ドローン操縦の基本

ドローンのリモコンには、基本的な操縦をつかさどる2本のスティックが付いています。それぞれの機能と、操作を意味する用語を覚えましょう。

左スティックを前に倒すと機体が上昇し、後ろに倒すと下降します。上昇・下降操作を意味する言葉が「スロットル」です。左スティックを左右に倒すと旋回します。旋回を意味する言葉は「ラダー」です。

右スティックを前後に倒すと、それぞれ前進・後退します。前後移動を指す用語は「エレベーター」です。左右に倒すと平行移動し、「エルロン」と呼ばれます。

スティック操作の割り当てには「モード1」と「モード2」があり、これらの割り当ては「モード2」です。操縦のしやすさなどでモードを選べますが、固定されている機種もあります。

 

ドローンを操縦するための申請方法

ドローン飛行の許可申請は、郵送と持参に加え、オンラインでの申請が可能です。オンライン申請ならいつでも申請書を提出できる上、申請書の作成も簡単です。

オンライン申請では、最初に申請者情報・機体情報・操縦者情報を登録し、続いて申請書を作成・提出します。

申請書の審査が完了した後に発行される許可書をダウンロードし、許可書返信用封筒で地方航空局や空港事務所などに送付すれば完了です。

民間資格の取得認定書を持っている場合は、申請時に提出することで、一部の手続きを省略できます。申請方法についての詳細は、以下のページでも確認しましょう。

申請方法に関して

 

【規制】ドローンの規制

日本では、ドローンの飛行禁止空域や飛行のルールが、航空法により設けられています。アメリカの規制についても、併せてチェックしましょう。

 

日本のドローン規制

重量200g以上のドローンについては、航空法により、飛行禁止空域や飛行のルールが定められています。

規制対象となる空域は、「空港等の周辺の上空の空域」「人口集中地区の上空」「150m以上の高さの空域」の三つです。

飛行のルールについては、「夜間飛行」「目視外飛行」「30m未満の飛行」「イベント上空飛行」「危険物輸送」「物件投下」が禁止されています。

「30m未満の飛行」とは、第三者や第三者の建物・自動車などとの間に、30m以上の距離を保つ必要があるという意味です。私有地内の当事者の人や建物は該当しません。

 

アメリカのドローン規制

アメリカでは、連邦航空局(FAA)が、飛行用途ごとにドローンの規制を定めています。

レジャー目的で飛ばす場合は、FAAの専用サイトに機体情報を登録し、機体番号を機体の見える位置に貼っておかなければなりません。

ルールとしては、「400フィート以上の飛行」「禁止場所での飛行」「目視外飛行」「イベント・スタジアム上空飛行」「事故・消防・災害時での飛行」「薬物・アルコールを摂取しての飛行」が禁止されています。

各州の法律や公園などでも、個別のルールが定められている場合があるため、飛ばす予定の場所で事前にチェックすることが重要です。

 

【コスパ・高画質】おすすめ人気ドローンはこちら

高画質・高機能でありながら、手軽に購入できるドローンを紹介します。初めて空撮にチャレンジする人におすすめです。

 

F181W(Holy Stone)

広角120度1080pの高画質カメラを搭載し、写真や動画の撮影に加え、映像のライブ中継も可能なドローンです。ドローンからの映像を、スマホでリアルタイムに確認できます。

起動も着陸もワンキー操作で行えるなど、ボタンを押すだけの簡単な操作性が魅力です。ドローン初心者でも楽に扱えるでしょう。

スピードを4段階に切り替えられ、熟練度によって自由に変更できます。機体がどこを向いていても、操縦者から見た方向に機体を動かせる「ヘッドレストモード」も魅力です。

 

【デュアルカメラ】おすすめ人気ドローンはこちら

バードビューと真俯瞰のアングルを楽しめる、デュアルカメラ搭載機を紹介します。こだわりの映像にチャレンジしたいなら、特徴をチェックしておきましょう。

 

ドローンGRANFROW GB061(GFORCE)

出典: 楽天市場

ドローンGRANFROW GB061(GFORCE)

720pのHDカメラを、機体正面と底部にそれぞれ1基ずつ備えたドローンです。カメラアングルを切り替えながら、ライブ映像や撮影を楽しめます。

自動高度維持機能を搭載し、離陸・着陸をワンキーで行える操作性の高さが魅力です。モード1とモード2の切り替えもできます。

iOSとAndroidを問わず、Wi-Fi通信でスマホとのリンクが可能です。専用アプリをインストールすれば、スマホで映像を確認しながら動画や写真を撮影できます。

 

【DJI】ドローンおすすめ人気ランキング3選

世界最大の人気メーカー「DJI社」が販売する商品を3点紹介します。本格的な空撮を楽しみたい人におすすめです。

Phantom4 Pro(DJI)

1インチ2,000万画素のCMOSセンサーを搭載し、4K/60fpsの動画と14fpsの静止画を連続撮影できるドローンです。より高精細な写真や動画を撮影できます。

前後左右と上部の5方向における障害物を認識するため、GPSがなくても安定した飛行が可能です。最大飛行時間は約30分、バッテリー残量も分かります。

「インテリジェントフライトモード」により、タッチパネル状に指先で描いた軌道を飛行させたり、自動追尾して撮影させたりできることも魅力です。

 

SPARK(DJI)

手のひらサイズの高性能ミニドローンです。飛行・撮影モードを豊富に搭載し、ブレを抑えるジンバル技術やプロ仕様のカメラレンズにより、高画質の空撮を楽しめます。

機体の動きを手でコントロールできる「ジェスチャーコントロール」が特徴的です。簡単な飛行やセルフィーの撮影、離着陸などの指示を、直感的に行えます。

最大速度は約50km/h、飛行可能時間は約16分と、機体性能も魅力です。さまざまな最先端の技術が詰め込まれており、空撮を存分に楽しめるでしょう。

 

Mavic2Pro(DJI)

スウェーデン製のHasselbladカメラにより、超高画質の映像撮影を期待できるドローンです。色彩の細部まで忠実に再現できる空撮映像を撮影できます。

全方向障害物検知機能により、優れた安定性を発揮します。3軸ジンバルにより、どのような状況下でも、滑らかで安定した映像を実現できることも魅力です。

タスクライブラリ機能では、飛行経路を保存し、異なる時間帯に同じ景色を撮影できます。スフィア・180度・水平方向・垂直方向の4種類のパノラマモードにも対応しています。

 

ドローンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ドローンの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

Amazon売れ筋ランキング 楽天売れ筋ランキング Yahoo!ショッピング売れ筋ランキング

 

ドローンで空撮を楽しもう

ドローンにはいくつかの種類があり、空撮を楽しむためには、空撮ドローンを使うことが必要です。搭載されている機能やカメラ性能も、写真や映像のクオリティを左右します。

ドローンを飛行させるにあたっては、場所ごとのルールを守らなければなりません。正しい情報をしっかりと理解し、高性能ドローンで空撮を楽しみましょう。

記事内で紹介されている商品

関連記事