写真マニアが教える!広角レンズおすすめポイント!

最近インスタ映えを気にして普段の写真に一手間加えたり、加工を行ったりする女性の方が増えてきていますよね。

実際、私自身インスタやツイッターに投稿をする際には、加工や画質は絶対に映えるものを用いて投稿を行っております。

今回は、写真を映えさせてくれる万能アイテム、「広角レンズ」について皆様にご紹介していこうと思います。

広角レンズと言う言葉に???と頭の中にはてなマークが出ていた人もいるのではないでしょうか。なんとなくはわかるけれど、実際どんな時に使うレンズか、よくわからないですよね。名前の「広角」だけでいうならば、広い角(かど)・・・。(?)

私もはじめ手に取った時は何の用途に使用するものか一切知らず、購入を決めました。(おいおい)

そこで、今回は私のように、「何に使用するのかわからない」そして「買うのをやめてしまう」人の広角レンズに対する理解を少しでも深めていただけたら幸いです。

 

広角レンズの特徴は?

広角レンズとは、画角を広くして写真や動画を撮影することができるというレンズです。

たまに、大人数で写真を撮るときに全員が入りきらず、端にいる方が切れてしまう・・・なんてことありますよね。
そんなときに大活躍してくれるレンズがこちらの、画角の広い「広角レンズ」なんです。

 

特に、「誰かにとってもらうのは恥ずかしい」そんな方ですと、自分たちで撮るをえない状況になります。

確かに、セルカ棒など、自分たちの手で撮影するものもありますが、それですと持ち歩きに面倒。
それに、持って歩くのが恥ずかしい(私は人目を気にしてしまうので・・・)

そんな方にぜひ、使用していただきたいのが画角の広い「広角レンズ」なんです(2回目)

では、長々とお話ししてしまいましたが、次に画角の広い広角レンズのメリットについて実際に私が使用してみて感じたことをまとめてみましたので、ご覧ください。

 

広角レンズを使用することによるメリットは?

広角レンズを使用することでどんなメリットがあるのか?

〜広角レンズを使用することによるメリット=

・画角の広い範囲が撮影できる

・躍動感を演出することができる

・ピントがずれにくい

この3つがあるかなと思います。

では、一つずつ、写真を用いながら説明していきたいと思います。

 

広い範囲が撮影できる

これは、カメラ好き女子さんであれば、よく聞いたことがあるのではないでしょうか。

携帯に収めることのできる写真の画角には限度があります。
ああっこっちも入れたい・・でも、この文字も入れたい・・・入らない!!!(泣)なんてこと、写真マニアの私にとっては、ザラにある話であります。

現代ではインスタグラムなどが普及しており、より綺麗に、美しく写真を撮影したいという方も増えてきたのではないかなと思います。

そんなときに、「広角レンズ」はとっても優秀な働きのおかげで、自分の好きな画角をフルサイズに写真一枚に収めることができるんです。

通常ですとこのような画角の写真が撮れますが、広角レンズを使用することで・・

画角の広い範囲の写真を撮影することが可能です。

 

躍動感を演出することができる

躍動感とは、人の遠近法などを使用することで、写真だけれども動いているように見えることです。

よく、美術館などに足を運ぶと、多くの絵画を目にしますが、中には躍動感が多く演出されている絵を目にしますよね。

例えば、大きな男をモチーフとして、写真のど真ん中に焦点を合わせて、その周りに小さな家が立ち並んでいるなど。
大きな男がまるで、動いているように見せてくれるんです。

焦点を当てられている私たちは動き、そしてそれを動画にすることはしますが、写真はあくまで静止画を撮るだけのもの。
その時の撮影したものの躍動感があるからこそ、人々は感動をし、目を奪われるんです。

よく、最近ではおしゃれなインスタグラマーさんが躍動感を演出し、自分たち(被写体)を大きくし、他のもの(建物、風景)などが小さく見せるように撮影を行っていますよね。

私が同じ写真を普通の携帯アプリのみで試行錯誤をして、撮影したとしても、綺麗さや感動を人々に与えるような写真は撮影できないと思います。

広角レンズを実際に使用して、躍動感のある写真を撮影してみました。
下をご覧ください。

通常の桜の花ですと、このような綺麗な写真が撮影できます。

もし、これだけだと躍動感や桜を見上げている雰囲気がつかめない・・そんな時は広角レンズを使用して躍動感をつけましょう。

こちらの写真は広角レンズを下から撮影した時の桜の写真です。

まるで、自分が実際にお花見に来たかのような背景を感じることができます。

 

ピントがずれにくい

広角レンズといえば、今まで2つのメリットで画角の広い写真が取れること、躍動感を出せることをご説明してきました。
が、どれだけ躍動感が出ていても、広範囲を撮影することができていても、結局「ピント」(焦点)がずれていたら意味がありません。

おしゃれな写真だったとしても、その綺麗さが半減してしまいます。
(中にはわざとぼかしというアプリを使用している方もいらっしゃいますが、ここではその場合は考えません)

普通のカメラの場合ですと、

こちらは水滴が乗った花びらの焦点距離長い写真になります。

こちらを焦点距離の短い広角レンズで撮影すると、

写真自体がぼやぼやっとしていることはなく、花の水滴も綺麗に撮影することができます。

こちらも焦点距離の短い広角レンズを使用することで

葉っぱの色味もハッキリと写った写真を撮影据えることが可能になります。

焦点距離の短い広角レンズを撮影する際は、躍動感を出したい写真や、近くにある全ての情景に焦点を合わせたいときにぴったりです。

それは、人物像でも風景などでも広角レンズを使用することで、一際目立つ写真になってくれます

 

Fレンズの機能は何がある?

広角レンズの機能について次に、ご説明していきたいと思います。

F値とは、レンズの絞りを意味しており、レンズの明るさを示す指標として用いられております。

F値が小さいほど、レンズに入る光の量が多く、明るくなります。反対に、F値が大きいとレンズに入る光の量が少なく、暗くなってしまいます。

F値の低いレンズはあまりありませんが、F値が大きいレンズは多くあります。つまり、F値が低いレンズほど、重宝されるというわけですね。

 

私は広角レンズを選ぶ際に、値段をまず重要視して購入するようにしております。

また、F値がなるべく低く、画面を通して明るさが伝わる写真が撮れるレンズを用いるようにしています。

 

それでも選ぶのは難しい!初めて広角レンズを買う方におすすめ!操作が簡単な広角レンズ

(初めて広角レンズを購入なさる方向けに、操作が簡単な広角レンズを1-2商品程度紹介して下さい。)

私が今回お勧めする商品はこちらの広角レンズになります。

【DAISO】広角・接写スマホレンズ

 

こちらの商品、私は値段と利便性で購入を決意しました。

100円とは思えないほど、画質も鮮明で、広角レンズの機能を果たしてくれていると思います。

ハンバーガーを一つ我慢すれば、賞味期限がない一生使用ができる広角レンズがでに入ると思えば、安いものです。

中には、少しお高めの広角レンズもあるとは思いますが、お仕事で使用される方以外は、ダイソーの100円で購入ができる広角レンズで十分だと思いました。

100円ってそんなに性能良くないんじゃないの?すぐ、故障しそう。

そんなイメージを持たれている方もいらっしゃると思いますが、性能はバッチリよく、私は3ヶ月間使用していてまだ一度もレンズが割れたなど、使用ができなくなったことはございません。

それに、100円ですと、もし何らかのミスでレンズが壊れたとしても「まあいっか」とそこまで後悔することもないので。

私的ベストレンズはやはり、王道のダイソーで購入した「広角レンズ」でした。

 

もし、少し機能性を高めたい。そんな広角レンズをお買い求めしたい方は、こちらの広角レンズがオススメです。

 

LIEQI JAPAN LQ-035 スマホ用カメラレンズ

出典: Amazon.co.jp

LIEQI JAPAN LQ-035 スマホ用カメラレンズ

こちらはスマホ用レンズで、暗い場所でも綺麗な写真が撮影できる、「自撮りライト」も備え付けられています。

それも、高品質のLEDとなっており、弱・中・強と三段階に明るさを調整することも可能です。

高級感満載な入れ物で、マグネットタイプなので、一眼レフなどのカメラ好きな友達へのプレゼントにも最適です。

また、ほとんどの機種に取り付けが可能となっております。ipad/iphone7/iphone7plusとxperiaと多くの機種に対応が可能です。

そして、近距離の撮影から遠い距離の撮影、自撮り、夜間撮影まで幅広く対応しています。

これひとつあれば、綺麗な写真が撮影できるというわけですね。

お値段も2000円以下ととても安い価格でアマゾンから購入できますので、是非、機会があれば見てみてください。

 

ActyGo 望遠レンズ付きスマホレンズ

出典: Amazon.co.jp

ActyGo 望遠レンズ付きスマホレンズ

こちらは一眼レフカメラ専門会社が開発した高品質スマホレンズです。
一眼レフカメラを専門的に取り扱ってきた会社だからこそ、専門的な知識を有して作成したレンズになります。

また、ドイツから輸入した高級ガラスを使用しており、品質的にもとっても良いです。

大人数での雰囲気や壮大な風景、室内を広く写したい方に最適です。
被写体から写真が出てきそうな躍動感を演出することができます。

スマホを傷つけない安全設計となっております。
レンズクリップの内側にソフトシリコン素材を使用し、スマホの間に挟むことで、スマホを傷つけることが一切ありません。

また、30日間返品保証もついているので、もしレンズを注文して自分の欲しかったものと異なった場合は返品をすることも可能です。

ぜひ、自分にあったレンズを探してみてくださいね。

 

まとめ

「広角レンズ」は私たちの写真の技術をより、アップさせてくれるものです。
それは、インスタグラマーさんに限らず、写真好きさんには、是非とも利用をしていただきたいです。

私もはじめは、キヤノンやニコンの一眼レフカメラ好きでも何でもないし、どうせ買っても使用しなかったら勿体無いしな・・・(たった100円。されど100円)

と思い、なかなか買うことを躊躇してきました。

しかし、購入した今は広角レンズ様様といった感じで、広角レンズが写真を綺麗にし、躍動感をつけ、ピントを合わせてくれ、写真をより際立たせてくれる存在になりました。

是非、機会がありましたらお手にとって試してみてはいかがでしょうか?

そして、広角レンズで風景や食べ物の写真をインスタ映えするような角度を探し、写真を撮影してみましょう。

記事内で紹介されている商品

LIEQI JAPAN LQ-035 スマホ用カメラレンズ

サイトを見る

ActyGo 望遠レンズ付きスマホレンズ

サイトを見る

関連記事